八重洲地下街で気軽に入れる南インドカレー屋さん『エリックサウス』@東京・八重洲

東京駅の八重洲地下街に、南インドカレーが食べられるお店『エリックサウス』があります。

南インドカレー屋さんって、知らないとなかなか行く機会がないと思いますが、ここは駅の地下街でカウンター中心のお店なので、気軽にサッと入れて、サッと食べられるお店です♪

エリックサウス


スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

南インドカレーが気軽に食べられます!

この日は夜に伺いました。

メニューは、メインの南インドのミールス(カレー定食)の他、ビリヤニプレートもあります。

ビリヤニも魅力的だったのですが、やっぱりカレーな気分だったので、私は「エリックミールス」を。相方は「菜食ミールス」にしました。(各1,450円)

「エリックミールス」のカレーは、選べるカレー2種と、本日の菜食カレーの3種類です。

選べるカレーは、6種類の中から選べます。

エリックサウス

ナンと一緒に食べるんだったら、バターチキンカレーを選ぶんですけど、今日は南インドカレーなので、迷った結果エリックチキンカレーとキーマカレーにしました!

お料理を待ってる間に、ドリンク到着。

シャンディガフとカシスラッシーです。

エリックサウス

そして、ミールスの登場~!

エリックサウス

こちらは、「エリックミールス」です。

カレーは、左からキーマカレー、エリックチキンカレー、本日の菜食カレー(ムング豆と芽キャベツのカレー)、サンバル、ラッサムです。

ライスはターメリックライスとバスマティライス。そして、上に乗ってるパリパリのおせんべいのようなものはパパドです。パパドは細かく砕いてライスにかけて食べると美味しいです!もちろんそのままパリパリ食べてもとっても美味♪

手前の白い液体は、ココナッツチャトニーです。ココナッツにカレーリーフなどで風味付けしたソース。

その隣の白い物体は、ウプマといって、セモリナ粉を野菜とスパイスで練って作るおから風のスナックです。ココナッツチャトニーやサンバルにつけて食べると美味しいです。

ズームしてみましょう!

エリックサウス

右がキーマカレー。ココナッツミルクと黒コショウの風味が広がるひき肉のカレーです。ひき肉は、鶏肉でしたが、なんとなくラム肉が混ざっているような気がしました。。ホントのところはどうなんでしょう。。。

左はエリックチキンカレー。結構辛かったけど、さわやかでチキンも柔らかくとても美味しかったです!

エリックサウス

こちらは、本日の菜食カレー(ムング豆と芽キャベツのカレー)です。ムング豆がたっぷり入っていて食べ応えあります。芽キャベツが春を感じさせますね。

エリックサウス

サンバル(左)、ラッサム(右)は南インド料理には欠かせないですね!

以前は、インドカレーと言えば北インドのナンとバターチキンカレーなどの比較的コッテリのものしか知らなかったので、初めてサンバルとラッサムを食べた時は、インドカレーのイメージとは違って、なんだかやけにさっぱりしているので、そんなに美味しいとは思わなかったのですが、何度か食べているうちに、 この美味しさが分かってきました。黒コショウが効いたラッサムはクセになる感じです!

エリックサウス

別のお皿でやってきたのは、ワダというもの。ウラド豆をハーブやスパイスと共にすりつぶして揚げたおかずドーナツです。ウプマと同じく、おからのような感じで素朴なお味です。このワダもココナッツチャトニーやサンバルにつけて食べるのが美味しいです。

お次は、「菜食ミールス」です!

エリックサウス

左から、韓国かぼちゃとタマリンドのカレー、ムング豆と芽キャベツのカレー。・・・その隣は、、、忘れてしまいました(汗)

エリックサウス

エリックサウス


南インドのミールスって、見た目にも豪華で、何種類ものカレーも食べられて、ヘルシーで、お得感もあって満足度高いですよね!

しかも、こちらではサンバル・ラッサム・バスマティライス・ターメリックライスはおかわり自由です!!

女性だと、なかなかおかわりまでたどり着けませんが、男性のお客さんで、「サンバル・ラッサム・バスマティライス」のセットを4回おかわりしている方がいました!!すごい。。。

南インド料理を初めて食べた時は、結構ハードル高いというか、上級者向けだな~なんて思っていたのですが、(さっきも書きましたが、)美味しさがどんどん分かってきました♪ こうやってハマっていくのでしょうか。。。


関連ランキング:インド料理 | 京橋駅東京駅宝町駅

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク