ヒエラポリス・パムッカレ(世界遺産) – 真っ白な石灰棚の丘とローマ遺跡が沈んだ温泉【トルコ】

ヒエラポリス・パムッカレ(世界遺産) – 真っ白な石灰棚の丘とローマ遺跡が沈んだ温泉【トルコ】

トルコ パムッカレ トルコの旅
記事内に広告が含まれています。

アジアとヨーロッパの狭間にある国トルコ」(Turkey)

トルコ南西部、アナトリア大地に、100段以上にも及ぶ、乳白色の石灰棚が連なる景観が広がっています。また、石灰棚の上には、ローマ時代に造られた遺跡も遺されています。

世界遺産にも登録された「ヒエラポリス・パムッカレ」です。

今回は、「パムッカレ」についてご紹介します。

スポンサーリンク

水を湛えた石灰棚「パムッカレ」(世界遺産)

トルコ パムッカレパムッカレの石灰棚

 

イスタンブールのアジアサイド、ハイダルパシャ駅から15時間。「パムッカレ・エキスプレス」は、午前8時半頃、トルコ南西部にある「デニズリ」の町へと到着しました。

そこからミニバスに乗ってしばらく走ると、全長4km、高さ約200mにも及ぶ真っ白な石灰棚の姿が視界に見えてきます。

「パムッカレ」です。

トルコ パムッカレ白い石灰棚の上で水と戯れる人々

 

「パムッカレ」は、世界遺産に登録されている石灰棚が有名です。

丘の上から湧き出る温泉が大地を流れ落ちる際に石灰分を沈殿させ、棚田のような景観を形作っています。

純白の石灰棚には温水が張られ、水色の空を映し出しています。

以前は写真のようにこの石灰棚の中で遊ぶことができましたが、現在では立ち入りは禁止されているようです。また、流れ落ちる温水の量も枯渇してきているようで、オフシーズンや夜は湯が止められるという話も聞きました。

トルコ パムッカレ本当に真っ白なパムッカレの石灰棚

 

「パムッカレ」とは、綿の宮殿という意味だそうです。

なぜ「綿」かというと、この辺り一帯が綿花の一大生産地であるからだとのこと。

でも、この「パムッカレ」、遠くから見ると確かに巨大な綿のようです。

スポンサーリンク

丘の上のローマ遺跡「ヒエラポリス」と遺跡の沈むプール

トルコ パムッカレ丘の上のローマ遺跡「ヒエラポリス」

 

丘の上にはローマ時代の遺跡「ヒエラポリス」があります。

紀元前2世紀、ペルガモン王国によって造られたこの町は、ローマ統治時代に最盛期を迎え、公共浴場や劇場、競技場などが建設され、大いに繁栄しました。

トルコ パムッカレ遺跡の沈む温水プール「パムッカレ・テルメル」

 

丘の上にあるホテルには、温水プール「パムッカレ・テルメル」がありました。

このプールの面白いところは、水の中にたくさんの遺跡が沈んでいるという点です。

写真ではわかりにくいのですが、神殿の円柱などがプールの中にゴロゴロと転がっています。プールはエメラルドグリーンの温水で小さな泡がぶくぶく浮かぶスパークリングプールでした。

スポンサーリンク

青紫色に染まる夕暮れの「パムッカレ」

トルコ パムッカレ青紫色に染まる夕暮れの石灰棚

トルコ パムッカレアナトリアの大地に夕陽が沈みます。

トルコ パムッカレ石灰棚の水も夕陽を浴びて茜色に

 

夕方、「パムッカレ」の石灰棚で夕陽を見ました。

昼間のうちから「ここは夕暮れ時は絶対に美しいに違いない」と思い、楽しみにしていたのです。

案の定、その景観は息を呑むほど素晴らしいものでした。

真っ白だった棚は、太陽の角度が緩やかになっていくにつれて、朱、紫、青と次第に変化していきます。広大なアナトリアの大地にポツポツと灯りが灯っていく様も綺麗でしたよー。

けれども、石灰棚には灯りはありませんので、真っ暗になった棚を滑らないように降りていくのは結構大変でした。

 

旅行時期:1996年8月

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

イスタンブールのローマ遺跡 - ここはかつてローマ帝国の首都でした【トルコ】
イスタンブールは、かつて「コンスタンティノープル」と呼ばれた東ローマ帝国(ビザンツ帝国)の首都でした。この町は1000年以上もの間、キリスト教世界の中心のひとつでもあったのです。「アヤ・ソフィア」「地下宮殿」「ヴァレンス水道橋」「ヒッポドローム」をご紹介します。
アジアとヨーロッパを繋ぐ文明交差点「イスタンブール」【トルコ】
イスタンブールは、ヨーロッパとアジアの接点にある、この世に2つとない街です。ヨーロッパサイドである旧市街と金閣湾の向こうに見える新市街、ボスポラス海峡を挟んだ向こう側のアジアサイド。夕暮れの海峡を眺め、チャイの甘さを味わいながら、「イスタンブールに来た!」という思いを噛み締めていました。
イスタンブールをぶらぶら散歩 - 旧市街から新市街、アジアサイドまで【トルコ】
イスタンブールをぶらぶら散歩。旧市街から新市街、アジアサイドまで。イスタンブールの町をぶらぶら歩いていると、いろいろなものに出くわします。夕暮れ時は、海峡に何百というジャーミィの尖塔から一斉にアザーンの呼び声が聴こえてきます。異国情緒溢れる光景です。
グランドバザールとエジプシャンバザール(イスタンブール・トルコ)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、トルコ、イスタンブールにある「グランドバザール」と「エジプシャンバザール」
トルコの絶品スイーツ「バクラヴァ」&中東・アラブのスイーツまとめ
近年注目を集めつつある中東のスイーツ。中でも今最も話題となっているのがトルコ生まれの伝統菓子「バクラヴァ」です。「バクラヴァ」とはどんなお菓子なのか、松屋銀座に出店したナーディル・ギュルのバクラヴァや、都内近郊のレストランのバクラヴァ、バクラヴァ以外の中東スイーツについてもご紹介します★

コメント