ネパール・カトマンズ盆地で最も美しい町「バクタプル」(世界遺産)

ネパール バクタプル エスニックな旅
記事内に広告が含まれています。

ヒマラヤ山脈に抱かれた山の国「ネパール」(Nepal:नेपाल)

大国インドと中国の間に挟まれたこの国は、風景も人もなんだかとっても穏やかな感じ。どことなく日本と似た人々の顔と風景は親近感を感じます。

穏やかで優しい印象の国「ネパール」の旅をご紹介します。

今回は、古都バクタプルです!

スポンサーリンク

カトマンズ盆地で最も美しいと言われる信仰の都、バクタプルの街並み

ネパール バクタプルバクタプルの街

 

首都カトマンズからトロリーバスで40分ほどの所にある古都「バクタプル」の街です。

マッラ王朝の都の三つの都のひとつとして知られ、その中でも特に美しい町であるといわれています。

あのキアヌ・リーブス主演の映画「リトル・ブッダ」のロケは、ここで行われたのだそうです。

ネパール バクタプルバクタプルの路地

ネパール バクタプルレンガ敷きの道

バクタプルは、噂に違わぬ美しい街でした。

建物はすべて3,4階建のレンガか木造で、窓には精緻なネワール彫刻が施されています。

道はすべてレンガ敷き。街には車はほとんど走っておらず、人の数もあまり多くありません。

ネパール バクタプル路地に並ぶ土産物屋

ネパール バクタプルダルバール広場への道

ネパール バクタプル路地裏を歩く

ネパール バクタプル建物はレンガ造りが多い

ネパール バクタプル色とりどりの布が干されてます

バクタプルは立体的な街です。

坂が多く、道も建物と共に曲がりくねっています。細い路地は高い建物に遮られて日の光が届かず、薄暗い感じです。

路地では、女性が洗濯をしていたり、裸の子供たちが走り回っていたり、民族帽「トーピー」を被った老人が通り過ぎたりします。

ネパール バクタプルダルバール広場

スポンサーリンク

ネワールの木彫り彫刻

ネパール バクタプル木彫りの「孔雀の窓」

ネパール バクタプルネワールの木彫りの門

 

タチュパル広場の建物にある「プジャリ・マート」。この建物の側面にはネワール彫刻の最高傑作であるといわれる木彫りの「孔雀の窓」が彫られています。

マッラ王朝はネワール人の建てた王朝でした。ネワール人の彫刻技術の高さは世界的に高い評価を受けているそうです。

ネパール バクタプルバクタプルの街とヒマラヤ

ネパール バクタプル遠くに見えるヒマラヤ

ネパール バクタプル日本の田舎にもそっくり

 

バクタプルの街の外に出てみました。

街を少し離れると、こんな青々とした池があり、田んぼや畑がありました。

ヒマラヤの白い峰々も遠くに見えます。

なんだか日本の田舎の風景にそっくりです。

ネパール バクタプル夕暮れのバクタプル

 

夕暮れのバクタプルの町。

7,000メートル級のヒマラヤと、レンガ色の街並みが次第に茜色に染まっていきます。

 

写真の左端に五重塔が見えます。あれは「ニャタポラ寺院」です。

高さ30メートルのカトマンズ盆地で一番高い建物で、ネワール建築の最高傑作のひとつと言われています。残念ながら私が訪れた時は改装中で見ることができませんでした。

 

旅行時期:1996年11月

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

ネパールの首都「カトマンズ」の街並み。ヒマラヤに抱かれた優しい古都【世界遺産】
ネパールの首都「カトマンズ」。あっさりとした人々の顔立ちも、木造が多い街の様子も、日本人としてはなんだかホッとするカトマンズの町。東洋風の建物が並ぶ王宮「ダルバール広場」、ブッダの目が描かれた寺院「スワヤンブナート」「ボダナート」、火葬場のあるヒンドゥーの聖地「パシュパティナート」を訪れました。
ネパール・カトマンズ盆地にある美しい古都「パタン」(世界遺産)
首都カトマンズからバスで20分ほどの所にある古都「パタン」。別名「ラリトプール(美の都)」と呼ばれる3世紀にまで起源が遡る歴史的な都です。パタンでは、バグチャルというゲームをしたり、お好み焼き「ウォー」や地酒「チャン」を飲んだり。町の中心「ダルバール広場」の風情や、数多くある寺院も見応えあります。
ネパール料理の定食「ダルバート」東京都内《おすすめ》24店舗ご紹介!
「ダルバート」とは、ネパールで毎日食べられている日本の定食にあたる料理です。ダルは豆、バートはお米を意味します。ダルとお米の他に、おかず「タルカリ」と漬物の「アチャール」が付きます。東京都内のネパール料理店でいただいた「ダルバート」(または、それに類するもの)を24皿、ご紹介します★

コメント