PR

中国・韓国・台湾の旅

中国・韓国・台湾の旅

中国・韓国・台湾の旅レポートです。(福建省客家土楼・雲南省・香港・マカオ・上海・台湾・韓国)。中国・韓国・台湾へのアクセスや世界遺産や遺跡などの観光名所、穴場スポットの情報。宿泊したホテルやおすすめのレストランなどをご紹介。現地で鑑賞した音楽ライブや舞踊、購入したお土産もご紹介します。

  • 客家土楼(中国)
    客家土楼の旅
布と雑貨

タイ、ベトナム、シンガポール、台湾.etcで買ったお土産《64点》をご紹介★

陶器やホーローの器やカップ、バッグやポーチ、クッションカバーなどの布製品、カゴや置き物、お面などの工芸品。石鹸やコスメ。コーヒーやお茶、紅茶、お菓子などの食品などなど。現地の市場やショッピングモール、土産物屋で購入したお土産の数々です。タイ、ベトナム、シンガポール、台湾、ラオス、ミャンマー、フィリピン、マレーシア、インドネシア、カンボジアで買ったお土産をご紹介します。
エスニックな旅

台南から高雄空港 ”世界で最も美しい駅2位”の「美麗島駅」で途中下車【台湾】

台湾旅、最終日。台南から電車で高雄の空港へ向かう途中、”世界で最も美しい駅”の第2位に選ばれた「美麗島駅」で途中下車をして、美しい駅を堪能しました!そして帰国です。
エスニックな旅

台南の夜市は、曜日ごとに異なる場所で。月曜日は「大東夜市」【台湾】

台湾の風物詩、「夜市」!台南の夜市は、曜日ごとに異なる場所で開催される「流動夜市」。旗がたくさん並ぶ台南の『大東夜市』で、B級グルメを満喫します
スポンサーリンク
エスニックな旅

ノスタルジックな街、台南の『安平』をゆるりと散策【台湾】

台南の中心地から少し離れたところに、『安平』という街があります。安平は、台南で最もノスタルジックな街と言われていて、昔懐かしい街並みや古跡を楽しむことができます。台南の中心地とは、ちょっと違う雰囲気を味わえる街『安平』を巡ってみましょう!
エスニックな旅

台南街歩き★「帆布バッグ」を買い「雙全紅茶」で紅茶を飲み「赤崁楼」を観光する

台湾の古都「台南」の街をぶらぶら歩いて、お買い物をして、美味しいご飯やかき氷を食べて、観光して。。小さい街なので、歩いて結構回れちゃいます。昭和レトロな雰囲気の街並みを歩きながら、台南を満喫しちゃいましょう☺
エスニックな旅

<台南>レトロ感がなんとも言えない『林百貨店』【台湾】

台南にある林百貨店は、山口県出身の経営者「林 方一」により、日本統治時代に創立した百貨店です。1980年代より、空きビルになっていましたが、2014年6月にリニューアルオープンしました!台湾のお土産や、MIT(Made in TAIWAN)グッズ、林百貨店オリジナルグッズなど、素敵でかわいい雑貨などがたくさんあって、見るだけでも楽しめる百貨店です☺
エスニックな旅

<台南>丈夫でかわいい帆布バッグを購入@合成帆布行・永盛帆布行【台湾】

台南というと、美味しい食べ物や南国フルーツなど、”食”のイメージが強いですが、お買い物も楽しめるんです。布製(帆布)バッグの生産が盛んで、丈夫でかわいくて、お値段もリーズナブルなバッグが買えちゃいます! 自分用にもお土産用にもオススメ!台南で代表的な帆布のお店は3店舗ありますが、その内の2店舗に行ったのでご紹介します☺
エスニックな旅

オープンテラスな居酒屋が並ぶ、台南・海安路【台湾】

台湾の古都「台南」。昭和レトロな雰囲気漂う台南の街の中でも、海安路・神農街界隈には、古い建物が多く残っていて、その建物をリノベーションしてバーやカフェなどを営業しているお店が多くあります。南国な雰囲気も味わえて、ゆっくりお酒やお茶を楽しめる、台南に来たら一度は訪れたいスポットです☺
エスニックな旅

台湾・台南のホテル「カインドネスホテル タイナン チーカンタワー(康橋商旅-台南赤崁樓館)」@リピートしたい居心地の良さ

台南での宿泊は、『カインドネスホテル タイナン チーカンタワー(康橋商旅-台南赤崁樓館)』。お値段お手頃、場所も便利で、お部屋も綺麗。いわゆるデラックスホテルではないけれど、とても居心地が良く、スタッフの方も親切で、満足できるオススメのホテルです☺ 次に台南に行ったら、またここに泊まりたい!と思わせるホテルでした♪
エスニックな旅

バスと鉄道を乗り継いで、恒春から枋寮〜台南へ【台湾】

台湾の恒春から台南へ移動します。恒春から四重渓温泉で寛いだ後、車城からバスで枋寮駅へ。そして、枋寮駅から電車で2時間20分かけて台南へ移動します。
エスニックな旅

台湾南部のディープな街「恒春」を巡り、四重渓温泉へ【台湾】

台湾南部の恒春半島にある「恒春」。城壁で囲まれている恒春の街はとても小さく、歩いて回れちゃうくらいの大きさです。古い街並みを散策し、城壁や門、天然ガスが燃えて地面から火が出ている「出火」などを巡ります。
エスニックな旅

台湾南部のリゾート地『墾丁』はどんなところ?【台湾】

台湾南部のリゾート地「墾丁(ケンティン)」。墾丁では、台湾最南端ポイントまでサイクリングをしたり、墾丁夜市を堪能したり、海を見たりと、台北などの都市ではできないことをすることができました!そんな墾丁の観光スポットや街の様子をご紹介します♪
エスニックな旅

リゾート感溢れる「墾丁夜市」は規模も大きく大賑わい【台湾】

台湾の風物詩、「夜市」。日本では夏祭りなどで屋台が出て賑わいますが、台湾の夜市は一年中毎日開催されています!墾丁夜市は、墾丁大街の通り沿いに屋台がズラーっと並び、台北とは違った南国ムード漂う雰囲気のある夜市です。たくさんの人でごった返す中で、B級グルメと雰囲気を楽しみましょう♪
エスニックな旅

墾丁の街から台湾最南端ポイントまでサイクリング【台湾】

墾丁の街中には、レンタサイクルのお店がいくつかあり、バイクや電動自転車を借りてちょっと遠くまでサイクリングをすることができます。今回は、電動自転車を借りて、墾丁の街から台湾最南端のポイントまでサイクリングしちゃいました~? 山道を走り、海を見て、最南端まで行き、夕陽も見られて、楽しいサイクリングとなりました♪
エスニックな旅

台湾・墾丁のホテル「ケンティン コージー ベッド&ブレックファースト(Kenting Cozy B&B)」@かわいい北欧調のお部屋

台湾最南端のリゾート地「墾丁」 には、たくさんの宿泊施設がありますが、今回宿泊したホテル『ケンティン コージー ベッド&ブレックファースト(Kenting Cozy B&B)』は、メイン通りからもすぐで、海にも歩いて数分で行けるロケーションばっちりなホテルです。お部屋は北欧調のインテリアでかわいく、スタッフも親切で居心地の良いホテルでした♪
エスニックな旅

高雄から台湾最南端の街『墾丁』への行き方【台湾】

高雄の左營駅から、墾丁快線(KENTING EXPRESS)のバスで台湾最南端の街「墾丁(ケンティン)」へ行きました?快適なバスの旅。約2時間で、台湾のリゾート「墾丁」へ到着です!
エスニックな旅

「カオシュン インターナショナル プラザ ホテル」(台湾・高雄)@高雄空港近くの綺麗でお手頃なホテル

高雄空港から徒歩5分ほどの便利な場所にあるホテル『カオシュン インターナショナル プラザ ホテル(Kaohsiung International Plaza Hotel)』。空港から近いので、トランジットや夜遅くに到着するときに、非常に便利なホテルです。しかも、施設・お部屋はとても綺麗で、スタッフもとても親切!
エスニックな旅

LCCのバニラエアーで成田から台湾の高雄へ★深夜到着! 空港近くのホテルに宿泊

今年(2016年)のゴールデンウィークに、4泊5日で台湾の墾丁と台南に行ってきました。今回初めて利用したLCCのバニラエアー✈ やっぱりちょっと狭かったけど、GWなのにお値段お安く、お得に旅行することができ大満足☺ 成田空港第3ターミナルから出発です!
エスニックな旅

赤い提灯が並ぶ、ノスタルジック風情満点の「九份」の街【台湾】

「九份」は、台湾を紹介する本やガイドブックに必ず載っている人気の観光地。赤い提灯がたくさん吊り下げられたレトロな建物の並ぶ街のたたずまいが人気で、日本からも多くの観光客が訪れます。さて、「九份」のメインストリート、レトロな風情の漂う「基山街」を歩いてみましょうかー。
エスニックな旅

台湾・平渓線の旅 – 十分駅のランタン上げと台湾のナイアガラ、十分瀑布

「平渓線」は、山あいを走るのんびりとしたローカル線。街の真ん中を列車が走る「十分駅」の風景が有名な路線で、沿線にはほかにも見所がたくさん。台北から気軽に日帰り観光できるということで、人気のスポットとなっています。真夏の暑い午前中、台北駅から列車に乗って、「平渓線」に乗りに行ってきました!
エスニックな旅

台北街歩き – 台北最大の問屋街「迪化街」を散策して「城隍廟」でお参り

台北の町をぶらぶら街歩き。炎天下の中、台湾で一番古い街「迪化街」を散策。迪化街には、漢方薬や乾物、衣服などの商店が軒を連ね、19世紀当時の洋風のコロニアルな雰囲気の建物もちらほら。縁結びにご利益がある「霞海城隍廟」でお参りもしました。その後、甘味どころで冷たい甘味を味わい、足つぼマッサージを受けました!
エスニックな旅

士林夜市(台湾・台北)【市場・バザール】

その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、台湾・台北、士林夜市です。
エスニックな旅

台湾・花蓮県の美しい海岸「七星潭」とアミ族の豊年祭

台湾・花蓮県の旅。「太魯閣峡谷」を終えた後、ガイド兼ドライバーの蘇さんの店でランチ。その後、見渡す限りのコバルトブルーの海が広がる「七星潭」を訪れ、小学校の校庭で行われた「アミ族の豊年祭」を鑑賞しました。どれも見応えがあって、満足できました!
エスニックな旅

【世界遺産】マカオ歴史地区 – マカオの街並みと聖ポール天主堂跡・カジノ・リスボア

香港の尖沙咀からフェリーで約1時間の場所にある「マカオ」。マカオでは「聖ポール天主堂跡」を始めとした22の歴史的建造物と8ヶ所の広場が世界遺産「マカオ歴史地区」として登録されています。マカオといえば、カジノ!マカオには20を超える大規模なカジノがあります。その中でも一番有名なのが「リスボア」です。
エスニックな旅

高層ビルぎっしりの「香港」- スターフェリー・香港トラム・ビクトリアピークの夜景

香港は香港島と九龍半島、広東省に繋がる新界、ランタオ島や南シナ海に浮かぶ200あまりの島から成っています。香港の中心は香港島と九龍半島。高層ビルが建ち並び、世界中の企業が進出する大都会です。一番の見どころは、「ビクトリアピーク」からの夜景。さすが、「100万ドルの夜景」と思わせる必見のスポットです。
エスニックな旅

厦門(アモイ)の都会と、ピアノの音が聴こえる「コロンス島」を散歩【中国】

福建省南東部、アモイの町です。 上海から列車で丸一日。私はアモイに到着しました。アモイは漢字では「厦門」と書きます。北京語での発音は(シャーメン)と言うそうです。列車でアモイにやってくるとまず、長い橋を渡ります。アモイの中心であるアモイ島へと大陸から渡るためです。
エスニックな旅

【中国】運河が張り巡らされた水の都「蘇州」を観光

街中に運河が流れる水の都。「東洋のヴェニス」とも称される町「蘇州」。上海から特急列車で2時間ほど。「蘇州」の町に行きました!紀元前500年頃からの歴史を持つ「蘇州」。近代になって栄え始めた上海とは違い、かなり歴史のある町です。
エスニックな旅

上海、旅立ちの洗礼(年末上海ボッタクられ記)【中国】

上海。戦前には魔都と呼ばれ、世界中の犯罪者や諜報機関が暗躍した町。当時のようないかがわしさはない現在の上海であるが、油断は禁物だ。この魔性の都は異国からやって来たカモから金を巻き上げようと手ぐすね引いて待っているかもしれないのだ。そして、その日、私は上海1日目にして、魔都の洗礼を受けることとなった。
エスニックな旅

夜の上海。ジャズの似合う街、かつて魔都と呼ばれた街【中国】

上海は夜景がきれいです。特に、外灘(バンド)のコロニアル建築群の落ち着いたライトアップと、対岸に光り輝く浦東地区の近未来的なビル群との対比は見事です。また、上海の夜はジャズの音色が似合います。ジャズは、1920年代にここ上海にもたらされたのだそうです。
エスニックな旅

【中国】上海 – 明代に造られた庭園「豫園」と夜景が煌びやかな「豫園商城」

上海に行ったら誰しもが訪れると思われるのが、この豫園。豫園は、1559年(嘉靖38年)から1577年(万暦5年)の18年の歳月を費やし造営されたとされる古典庭園と、かつて上海城の城下町だったところに、当時の街並みを再現した「豫園商城」からなっています。
スポンサーリンク
フォローする