高雄から台湾最南端の街『墾丁』への行き方

墾丁快線バスの旅【台湾2(高雄〜墾丁)】 エスニックな旅
記事内に広告が含まれています。

高雄の左營駅から、墾丁快線(KENTING EXPRESS)のバスで台湾最南端の街「墾丁(ケンティン)」へ行きました!

快適なバスの旅。約2時間で、台湾のリゾート「墾丁」へ到着です!

墾丁快線バスの旅【台湾2(高雄〜墾丁)】

スポンサーリンク

高雄空港からMRTで左営駅へ

宿泊した高雄空港近くの『カオシュン インターナショナル プラザ ホテル(Kaohsiung International Plaza Hotel)』のチェックアウトを済ませたら、目的地『墾丁』へ向かうべく、まずは近くの地下鉄(MRT)の駅まで歩いて行きます。

墾丁は、台湾最南端の街でリゾート地です。南国気分が味わえるかな♪

地下鉄で左営駅へ【台湾2(高雄〜墾丁)】

場所もちゃんと調べず、空港とつながってるだろうと、空港の方へ戻って行ったらMRTの入口発見!

場所は、コチラです。

地下鉄で左営駅へ【台湾2(高雄〜墾丁)】

「大業北路」沿いの「高雄空中大学」のところが、宿泊したホテルで、そこから大業北路を真っすぐ空港へ向かって歩いて、公園の先を右折したところにありました。

地下鉄で左営駅へ【台湾2(高雄〜墾丁)】

「高雄國際機場」から「左營」まで14駅、所要時間は約35分。料金は50元です。

地下鉄で左営駅へ【台湾2(高雄〜墾丁)】

地下鉄で左営駅へ【台湾2(高雄〜墾丁)】

地下に下り、何もなくて殺風景だけどとても綺麗な通路を進み、改札へ。

高雄の地下鉄の切符は、切符ではなくコインです。改札を入るときや出るときにコインをタッチします。小さいからちょっとタッチしにくい。

地下鉄のコイン【台湾12(高雄へ、そして帰国へ)】

写真ボケてますが、この青いプラスチック製コインです。

地下鉄で左営駅へ【台湾2(高雄〜墾丁)】

地下鉄で左営駅へ【台湾2(高雄〜墾丁)】

広々とした綺麗なホームで、全面ホームドアが設置されています。

地下鉄で左営駅へ【台湾2(高雄〜墾丁)】「エミリア」ちゃん

地下鉄で左営駅へ【台湾2(高雄〜墾丁)】「シャオチョン」ちゃん

日本アニメの影響でしょうか。アニメのポスターが多いです。

このキャラクター、調べてみたら、KMRTのキャラクター『進め!高捷(たかめ)少女』の初代「シャオチョン」ちゃん(右)と、2人目「エミリア」ちゃん(左)だそうです。

ちなみに、エミリアちゃんは台湾とドイツのハーフだそう。

地下鉄で左営駅へ【台湾2(高雄〜墾丁)】

地下鉄車内の様子。スマホをいじってる姿は日本と変わりないですね。

高雄のMRTは、2008年3月に本格営業が開始されたそうです。まだ8年しか経ってないので、駅や電車がキレイなはずです。

電車の車体は、ドイツのシーメンス社のものだそうで、確かにヨーロッパを走ってそうなデザインです!

なるほど、電車がドイツ製だから、エミリアちゃんはドイツとのハーフなんですね(笑)

スポンサーリンク

左営駅からバスで墾丁へ

35分ほどで、左営駅に到着!

墾丁行きのバスのチケット売り場を目指します。

墾丁快線バスの旅【台湾2(高雄〜墾丁)】

MRT左営駅を地上に上がり、その正面の建物のエスカレーターをあがった2階にチケット売り場があります。

墾丁快線バスの旅【台湾2(高雄〜墾丁)】

発見!

『墾丁快線-KENTING EXPRESS-』と書いてあります。迷わずたどり着いて良かった。

ここでチケットを買うんですね。意外にお客さんがいてビックリしました!

墾丁快線バスの旅【台湾2(高雄〜墾丁)】

往復だと割安になりますが、帰りは電車を利用する予定なので、片道(388元)チケットを購入。

墾丁快線バスの旅【台湾2(高雄〜墾丁)】

墾丁快線バスの旅【台湾2(高雄〜墾丁)】

このチケット売り場は、「彩虹市集」の建物の前あたりになります。

本当は、高雄を9:30くらいに出発して、お昼前には墾丁に到着の予定でいたのですが、遅れてしまった上に、直近のバスがもう満席で、11:00発のバスになってしまいました。ちなみに、バスは30分おきくらいにあります。

出発まで、ちょっと駅や周辺を散策!

墾丁快線バスの旅【台湾2(高雄〜墾丁)】

こちらは、高鉄「左営駅」の構内。広々としていて、近代的な感じがします。お客さんで賑わっていました。

墾丁快線バスの旅【台湾2(高雄〜墾丁)】

墾丁快線バスの旅【台湾2(高雄〜墾丁)】

セブンイレブンもありました。暑い高雄でも「おでん」が!

墾丁快線バスの旅【台湾2(高雄〜墾丁)】

墾丁快線バスの旅【台湾2(高雄〜墾丁)】

高鉄「左営駅」の入口と、その外から見た町の景色です。

日本の地方都市にありそうな風景。。

墾丁快線バスの旅【台湾2(高雄〜墾丁)】

墾丁快線バスの旅【台湾2(高雄〜墾丁)】

「彩虹市集」の1階にもセブンイレブン。日本のお菓子も結構売られていました。

墾丁快線バスの旅【台湾2(高雄〜墾丁)】

台湾のセブンイレブンのキャラクター「OPEN(オープン)ちゃん」です。 カワイイ!

このオープンちゃん、かなりの人気でグッズやコラボ商品がたくさん販売されているそう。

 

さて、そうこうしている内に出発の時間が迫ってきました。

墾丁快線バスの旅【台湾2(高雄〜墾丁)】

墾丁快線バスの旅【台湾2(高雄〜墾丁)】

バスがたくさん並んでいます。

墾丁行きは、、、ありました!黄色いバス「墾丁快線」です。

墾丁快線バスの旅【台湾2(高雄〜墾丁)】

なかなか立派なバス。

係のおじさんが、バスの出発時間を確認しながら、チケットを見て案内してくれます。

墾丁快線バスの旅【台湾2(高雄〜墾丁)】

座席は自由で、座り心地のいい、ちゃんとしたバスで安心。

墾丁まで、約2時間のバス旅です。

墾丁快線バスの旅【台湾2(高雄〜墾丁)】

旅のお供は、セブンイレブンで買ったフルーツジュース。果汁いっぱいで美味しかった♪

墾丁快線バスの旅【台湾2(高雄〜墾丁)】

それと、ベビースター「地獄拉麺」! とうがらしが、別袋に入ってます。。

これ全部入れてみました~! ・・・後から辛さが来るけど、思ったより辛くなかったかな。

墾丁快線バスの旅【台湾2(高雄〜墾丁)】

墾丁快線バスの旅【台湾2(高雄〜墾丁)】

後は、台湾の昔からの定番お菓子「エッグロール」です。卵と小麦粉で作られたお菓子で、サクサクでシンプルなやさしいお味。結構クセになります。

墾丁快線バスの旅【台湾2(高雄〜墾丁)】

バスからの風景。どんより曇っていますが、南国の木がたくさんです。

こういった景色がしばらく続きました。

墾丁快線バスの旅【台湾2(高雄〜墾丁)】お墓

墾丁快線バスの旅【台湾2(高雄〜墾丁)】橋の上に電車

 

お菓子を食べながら、車窓からの景色を楽しみます。・・・あまり変わり映えのしない景色でしたが。。

墾丁快線バスの旅【台湾2(高雄〜墾丁)】

墾丁快線バスの旅【台湾2(高雄〜墾丁)】

景色が変わって、街の中に入ってきました!

そしてそして、墾丁に到着です!

バスは、墾丁のメイン通り「墾丁大街」の端に止まったようです。

が、ちゃんとした地図を持っていなかったので、「どっちに行こうか。。」分かりません。

一緒にバスを降りた人たちが歩き出したので、その人たちについていけば間違いないだろうと、ついていきました(笑)

すると、お店がたくさん並んでいて賑わっていたので、ここが「墾丁大街」だと確信。

墾丁大街【台湾2(高雄〜墾丁)】

道の両脇に台湾料理のお店がたくさん並んでいます。車も多いです。

ホテル近くの目印の建物を発見して、一安心。

大通りを脇に入ります。

墾丁コージーB&B【台湾2(高雄〜墾丁)】

ちょっと脇に入っただけで、とても静かになります。

予約してあるホテル『好時光』の文字が! 良かった。

墾丁コージーB&B【台湾2(高雄〜墾丁)】

無事に『ケンティン コージー ベッド&ブレックファースト(Kenting Cozy B&B)』に到着~!!

こぢんまりとしたB&Bですが、綺麗でオシャレな感じ。大通りから1本奥に入ったので、静かなのもいいです。期待できそう。

チェックインをしたら、早速街を散策に行きましょう~!

台湾マップ(高雄〜墾丁)

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

台湾南部のリゾート地『墾丁』はどんなところ?(台湾)
台湾南部のリゾート地「墾丁(ケンティン)」。墾丁では、台湾最南端ポイントまでサイクリングをしたり、墾丁夜市を堪能したり、海を見たりと、台北などの都市ではできないことをすることができました!そんな墾丁の観光スポットや街の様子をご紹介します♪
台湾南部のディープな街「恒春」を巡り、四重渓温泉へ(台湾)
台湾南部の恒春半島にある「恒春」。城壁で囲まれている恒春の街はとても小さく、歩いて回れちゃうくらいの大きさです。古い街並みを散策し、城壁や門、天然ガスが燃えて地面から火が出ている「出火」などを巡ります。
台南街歩き|「帆布バッグ」を買い「雙全紅茶」で紅茶を飲み「赤崁楼」を観光する
台湾の古都「台南」の街をぶらぶら歩いて、お買い物をして、美味しいご飯やかき氷を食べて、観光して。。小さい街なので、歩いて結構回れちゃいます。昭和レトロな雰囲気の街並みを歩きながら、台南を満喫しちゃいましょう☺
ノスタルジックな街、台南の『安平』をゆるりと散策(台湾)
台南の中心地から少し離れたところに、『安平』という街があります。安平は、台南で最もノスタルジックな街と言われていて、昔懐かしい街並みや古跡を楽しむことができます。台南の中心地とは、ちょっと違う雰囲気を味わえる街『安平』を巡ってみましょう!
台湾の花蓮でアミ族の豊年祭を観る
台湾花蓮、アミ族の豊年祭。陽気な音楽をバックに、赤い民族衣装の女性たちが踊ります。8月、台湾北東部、特急列車で約2時間の所にある町、花蓮。この町の小学校の校庭で、アミ族の豊年祭が行われるというので観に行きました。
台湾・平渓線の旅|十分駅のランタン上げと台湾のナイアガラ、十分瀑布
「平渓線」は、山あいを走るのんびりとしたローカル線。街の真ん中を列車が走る「十分駅」の風景が有名な路線で、沿線にはほかにも見所がたくさん。台北から気軽に日帰り観光できるということで、人気のスポットとなっています。真夏の暑い午前中、台北駅から列車に乗って、「平渓線」に乗りに行ってきました!
赤い提灯が並ぶ、ノスタルジック風情満点の「九份」の街(台湾)
「九份」は、台湾を紹介する本やガイドブックに必ず載っている人気の観光地。赤い提灯がたくさん吊り下げられたレトロな建物の並ぶ街のたたずまいが人気で、日本からも多くの観光客が訪れます。さて、「九份」のメインストリート、レトロな風情の漂う「基山街」を歩いてみましょうかー。
新台北(下北沢)|コスパ抜群!リーズナブルで美味しい台湾屋台料理
小田急線・京王井の頭線下北沢駅南口から徒歩2分、台湾屋台料理『新台北』はあります。このお店、本場台北の屋台そのままの台湾屋台料理をリーズナブルな価格で食べられるお店。30年近くの間、下北沢で愛され続けている人気の老舗台湾料理店です★
台南の夜市は、曜日ごとに異なる場所で。月曜日は「大東夜市」(台湾)
台湾の風物詩、「夜市」!台南の夜市は、曜日ごとに異なる場所で開催される「流動夜市」。旗がたくさん並ぶ台南の『大東夜市』で、B級グルメを満喫します。
台北でいちばん大きく、いちばん有名な夜市「士林夜市」
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、台湾・台北、士林夜市です。

コメント