墾丁の街から台湾最南端ポイントまでサイクリング【台湾】

台湾最南端の碑【台湾3(最南端)】 エスニックな旅
記事内に広告が含まれています。

墾丁の街中には、レンタサイクルのお店がいくつかあり、バイクや電動自転車を借りてちょっと遠くまでサイクリングをすることができます。

今回は、電動自転車を借りて、墾丁の街から台湾最南端のポイントまでサイクリングしちゃいました~! 山道を走り、海を見て、最南端まで行き、夕陽も見られて、楽しいサイクリングとなりました♪

台湾最南端の碑【台湾3(最南端)】

スポンサーリンク

電動自転車を借りる

墾丁のある台湾最南端の恒春半島には、海の見える眺めのいいスポットや、公園などが所々にあって、そこをバイクや電動自転車で回ることができるとのこと。台湾最南端ポイントにも行けるそうです!!

バスでも行けるようですが、時間が良く分からなかったので、ここはやっぱりレンタサイクルして行くことにしました!

墾丁大街の中心にレンタサイクル屋さんを見つけたので、聞いてみました。

レンタサイクル屋さん【台湾3(最南端)】

『脚踏車旅店』1階がレンタサイクル屋で、2階からは宿泊施設になっているようです。

(写真は、自転車を返却した時に撮ったもの。夕方で暗くなりかけています。)

表に、バイクや電動自転車、普通の自転車が並んでいました。台湾の方たちは、みなさんバイクを借りていましたが、国際免許がない私たちは、電動自転車を借りることに。

レンタサイクル屋さん【台湾3(最南端)】

自転車を選んで、中のカウンターで手続きをします。

料金は忘れてしまったのですが、確か22時くらいまでの返却で、一人600元くらい。それに、保証金として、これも金額忘れてしまいましたが、一人500元とかしたでしょうか。保証金は、自転車返却時にもちろん返金されます。

支払いを済ませたら、お店の脇のスペースで、簡単に電動自転車の乗り方を教わります。

英語を話せるスタッフがいたので、英語でアクセル、ブレーキ、鍵の掛け方などのレクチャーを受けます。

この電動自転車、ペダルはついてますが、こがなくても電気で動くようになっていて、バイク(スクーター)に似てるんです! 電源をONにしてハンドルを手前に回すと自転車が進みます。

船帆石【台湾3(最南端)】レンタルした電動自転車

 

最初、怖い~と思ったんですが、慣れると楽チン♪

時速35キロくらいまで出ます。

スポンサーリンク

墾丁大街~船帆石

ヘルメットをかぶって、いざ出発~!

まずは、墾丁大街を南に走ります。ここは、人通りも車も多いので、ゆっくりと。

墾丁大街を抜けると、急に車も少なくなって、走りやすくなります。海沿いなのですが、道路は山の中。結構坂道がありますが、電動自転車なのでスイスイ行けちゃいます♪ 普通の自転車だと厳しいと思います。。

しばらく走ると、海水浴場が見えてきました。パラソルがたくさん!

電動自転車で鵝鑾鼻へ【台湾3(最南端)】

お天気は曇り・・・という感じでしたが、海水浴を楽しんでいます。

また走り進めて行くと、観光スポットが!

船帆石【台湾3(最南端)】

「はい、チーズ!」。みなさん、大きな岩をバックに写真を撮っています。

あの岩は『船帆石』といって、高さ18メートルで、付近の台地が海岸の珊瑚礁石まで転がり落ちたものだそう。岩質は初期の隆起珊瑚礁で堅いため、長期に渡り海中に屹立しているとのこと。

遠くから見ると、出帆をする帆船に似ている為、『船帆石』と名付けられたのだとか。また、近くで眺めるとアメリカの元大統領ニクソンの横顔に見えるとの事で、「ニクソンの頭」という別名もあるそうです。

船帆石【台湾3(最南端)】

ココナッツジュースや、パイナップルが売られていました。

船帆石【台湾3(最南端)】

船帆石の反対側の景色。墾丁大街の方向です。

スポンサーリンク

船帆石~砂島

船帆石からさらに南へ。

砂島に到着!

砂島【台湾3(最南端)】

残念ながら空はどんよりしていて、海の色もあまりキレイに見えません。

お天気が良かったら、白い砂浜に青い海が綺麗なんだろうなぁ。。

砂島の砂は、ほとんどが貝殻からできているのですが、ここは保護区になっているので、入ることはできないそうです。

砂島【台湾3(最南端)】

砂浜の反対側の景色。岩場が続いています。

それにしても、どんより曇り空。

お天気が良ければ、海を眺めながらゆっくり、というのもいいと思いますが、こんな感じなので先を急ぎましょう!

スポンサーリンク

砂島~鵝鑾鼻公園

砂島からさらに南へ。道は、海側からちょっと内陸(山の中)に入り、電動自転車も35キロくらいで走っていると、半袖だとちょっと肌寒く感じてきます。

次に目指すは、台湾最南端の岬『鵝鑾鼻公園』です!

到着すると、広い駐車場があって、観光バスやたくさんのバイクが駐車されていて、売店などもあり、観光地なんだな~ということが分かります。

自転車を止めようとしたら、「入口でお金払って」みたいなことを言われ、入口に戻ると駐輪場代として10元とられました。

別途、公園の入園料が60元です。

鵝鑾鼻公園【台湾3(最南端)】

広い芝生に、南国チックな木がたくさん!

鵝鑾鼻公園【台湾3(最南端)】

なだらかな丘になっていて、上まで上ると向こう側に海が見えます。

あ~これもお天気良かったら、綺麗なんだろうな~と思いつつ。。空には黒い雲。。。

墾丁からココまで、それほど人がいませんでしたが、ここに来てたくさんの観光客が! 日本人もいて、墾丁に来て初めて会ったかもです。

丘を上り切って右に行くと、灯台があります。

鵝鑾鼻公園【台湾3(最南端)】

鵝鑾鼻公園【台湾3(最南端)】

灯台へ行く途中で、お土産を売るおばさんたちが。

鵝鑾鼻公園【台湾3(最南端)】

真っ白な灯台が現れました!

お天気がイマイチのせいか、どこか寂し気に見えるのは気のせいでしょうか。。

航海上の難所であることから、日本、イギリス、アメリカの要望により1882年に清が建設した世界でも珍しい武装灯台である。清国は撤退時に、この灯台を破壊したが1898年に日本政府により再建された。しかし、太平洋戦争でアメリカ軍の空襲により再度破壊され、現在の灯台は戦後に再建されたものである。「古蹟の灯台」や「東亜の光」と呼称される台湾で最大出力の灯台で、保存史跡に指定されている。現在は鵝鑾鼻公園に含まれ、周囲は広大な緑地となっており、バシー海峡に面して立つ白亜の灯台で墾丁のシンボルにもなっている。

Wikipediaより

寂し気な灯台も、実は珍しい武装灯台であり、墾丁のシンボルにもなっているという有名な灯台だったのです。

鵝鑾鼻公園【台湾3(最南端)】

灯台からの眺めが素晴しく、日本統治時代には台湾八景にも指定されていたそうで、この灯台と岬は、台湾が日本統治下にあった第二次世界大戦前、日本の切手の図柄にもなったとのこと。

なるほど、歴史のある灯台だったんですね。

 

公園の出口には、お土産屋さんもありました。

鵝鑾鼻公園【台湾3(最南端)】

鵝鑾鼻公園【台湾3(最南端)】

鵝鑾鼻公園【台湾3(最南端)】

鵝鑾鼻公園【台湾3(最南端)】

鵝鑾鼻公園【台湾3(最南端)】

なかなか渋いお土産屋さんでした。 南国の定番、ココナッツジュースも売ってます。

スポンサーリンク

鵝鑾鼻公園~龍磐公園

次は、最終目的地である最南端の碑があるポイントに向かいます。

・・・と思ったら、途中で道を間違えたようで、どんどん山の中に入っていってしまいました。 不安になりつつ、自転車をこいでいたら、観光スポットらしきところでへたどり着きました!

龍磐公園【台湾3(最南端)】

人もたくさんいるし、「ここが最南端ポイントかー」と思っていたら、どうやら違ったよう。。(笑)

龍磐公園【台湾3(最南端)】

ここは龍磐公園といって、恆春半島の佳鵝公路の横に位置し、太平洋に面した石灰岩台地でした。石灰岩が長時間に海水に侵食された結果、断崖、ドリーネ、裂溝、石灰岩洞、紅土などが形成され、最も美しい海岸線になったそう。

 

龍磐公園【台湾3(最南端)】

龍磐公園【台湾3(最南端)】

海、断崖、緑、紅土など色々な景色を楽しむことができます。

何度も言ってますが、お天気が良かったらもっと。。。

でも、来る予定はなかったのですが、道を間違えたおかげで、なかなか見られない絶景を見ることができて良かったです!

龍磐公園【台湾3(最南端)】

海と逆側の景色。逆光になってしまいましたが、なんだかいい写真が撮れました!

スポンサーリンク

龍磐公園~最南端ポイント

さて、来た道を戻り、最南端ポイントを目指しましょう~!

途中、ここで間違えたであろう道を見つけ、最南端ポイントへ!

入口で自転車を止め(ここ、蚊がすごかったんです。。)、植物が生い茂る遊歩道を800mほど歩くと、碑が見えました。

台湾最南端の碑【台湾3(最南端)】

みなさん、記念写真を撮ってます!

台湾最南端の碑【台湾3(最南端)】

お~、ここがホントの台湾最南端!!

台湾最南端の碑【台湾3(最南端)】

このモニュメント以外特に何もない最南端ポイントでしたが、開けた海が見られて開放感のある場所でした♪

台湾の最南端に来た!という事実が大事ですね♪

スポンサーリンク

最南端ポイント~墾丁大街

さぁ、日もちょっと傾いて来たので、墾丁の街まで戻りましょう!

電動自転車の運転もかなり慣れ、楽チンだし気持ちいい~とサイクリングを楽しみます。

すると、行きにも寄った砂島で、夕日が!

砂島の夕陽【台湾3(最南端)】

おー、キレイ!

曇ってたので、夕日は見られないかなーと思ってましたが、見られました♪

砂島の夕陽【台湾3(最南端)】

砂島の夕陽【台湾3(最南端)】

砂島の夕陽【台湾3(最南端)】

日が沈むまで、見てました♪

あっという間に沈んじゃいますよね。

ちょうどいいタイミングで夕日を見られてラッキーでした!

では、暗くなる前に戻らなくては!ってことで、墾丁大街まで一直線!!

街に戻ってきました~。

レンタサイクル屋さん【台湾3(最南端)】

無事にレンタサイクル屋さんに到着!

出発してから、3~4時間くらいだったかな。ちょうどいい時間で色々回れて、電動自転車も楽しかったし、バスじゃなくて自転車借りてよかったです。

フロントで保証金を返してもらい、終了~。

墾丁でレンタサイクル、おすすめです☆

台湾マップ(墾丁〜最南端)

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

台湾南部のリゾート地『墾丁』はどんなところ?【台湾】
台湾南部のリゾート地「墾丁(ケンティン)」。墾丁では、台湾最南端ポイントまでサイクリングをしたり、墾丁夜市を堪能したり、海を見たりと、台北などの都市ではできないことをすることができました!そんな墾丁の観光スポットや街の様子をご紹介します♪
台湾南部のディープな街「恒春」を巡り、四重渓温泉へ【台湾】
台湾南部の恒春半島にある「恒春」。城壁で囲まれている恒春の街はとても小さく、歩いて回れちゃうくらいの大きさです。古い街並みを散策し、城壁や門、天然ガスが燃えて地面から火が出ている「出火」などを巡ります。
台南街歩き★「帆布バッグ」を買い「雙全紅茶」で紅茶を飲み「赤崁楼」を観光する
台湾の古都「台南」の街をぶらぶら歩いて、お買い物をして、美味しいご飯やかき氷を食べて、観光して。。小さい街なので、歩いて結構回れちゃいます。昭和レトロな雰囲気の街並みを歩きながら、台南を満喫しちゃいましょう☺
ノスタルジックな街、台南の『安平』をゆるりと散策【台湾】
台南の中心地から少し離れたところに、『安平』という街があります。安平は、台南で最もノスタルジックな街と言われていて、昔懐かしい街並みや古跡を楽しむことができます。台南の中心地とは、ちょっと違う雰囲気を味わえる街『安平』を巡ってみましょう!
台湾の花蓮でアミ族の豊年祭を観る
台湾花蓮、アミ族の豊年祭。陽気な音楽をバックに、赤い民族衣装の女性たちが踊ります。8月、台湾北東部、特急列車で約2時間の所にある町、花蓮。この町の小学校の校庭で、アミ族の豊年祭が行われるというので観に行きました。
台湾・平渓線の旅 - 十分駅のランタン上げと台湾のナイアガラ、十分瀑布
「平渓線」は、山あいを走るのんびりとしたローカル線。街の真ん中を列車が走る「十分駅」の風景が有名な路線で、沿線にはほかにも見所がたくさん。台北から気軽に日帰り観光できるということで、人気のスポットとなっています。真夏の暑い午前中、台北駅から列車に乗って、「平渓線」に乗りに行ってきました!
赤い提灯が並ぶ、ノスタルジック風情満点の「九份」の街【台湾】
「九份」は、台湾を紹介する本やガイドブックに必ず載っている人気の観光地。赤い提灯がたくさん吊り下げられたレトロな建物の並ぶ街のたたずまいが人気で、日本からも多くの観光客が訪れます。さて、「九份」のメインストリート、レトロな風情の漂う「基山街」を歩いてみましょうかー。
新台北(下北沢)|コスパ抜群!リーズナブルで美味しい台湾屋台料理
小田急線・京王井の頭線下北沢駅南口から徒歩2分、台湾屋台料理『新台北』はあります。このお店、本場台北の屋台そのままの台湾屋台料理をリーズナブルな価格で食べられるお店。30年近くの間、下北沢で愛され続けている人気の老舗台湾料理店です★
台南の夜市は、曜日ごとに異なる場所で。月曜日は「大東夜市」【台湾】
台湾の風物詩、「夜市」!台南の夜市は、曜日ごとに異なる場所で開催される「流動夜市」。旗がたくさん並ぶ台南の『大東夜市』で、B級グルメを満喫します。
士林夜市(台湾・台北)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、台湾・台北、士林夜市です。

コメント