ぺトロナスツインタワーと噴水ショー(レイクシンフォニー)【行き方・時間・料金】|クアラルンプール

ぺトロナスツインタワー:クアラルンプール1日目 エスニックな旅
記事内に広告が含まれています。

マレーシアの首都クアラルンプールのシンボル。ツインタワーとしては世界一の高さの高層ビル「ぺトロナスツインタワー」

クアラルンプールを訪れたら、必ず目にその姿が飛び込んでくる、マレーシアで一番有名な建物です。

今回は、その「ぺトロナスツインタワー」とタワーの目の前のKLCC公園で行われる「噴水ショー(レイクシンフォニー)」についてご紹介します。

スポンサーリンク

「ぺトロナスツインタワー」へのアクセス・行き方

「ぺトロナスツインタワー」の最寄駅は、LRT「クラナジャヤ線(Kelana Jaya Line)」「KLCC駅」。駅は、タワーの下のショッピングセンター「スリアKLCC」と直結しているので、アクセスは便利です。

「KLCC駅」は、クアラルンプールの中心「KLセントラル駅」から5駅目。18分程度です。

配車アプリ「Grab」でも同じくらいの時間ですが、特に夕方から夜は道が渋滞しているので、LRTで行った方がスムースと思われます。

Limapulo:クアラルンプール1日目チョウキットにあるお洒落な複合施設「The Row」

 

アクセス至便な「ぺトロナスツインタワー」ですが、今回は、チョウキットにあるお洒落な複合施設「The Row」で夕食を食べたので、そこから歩いて訪問しました。

クアラルンプール1日目途中「KLタワー」が見えたり

クアラルンプール1日目モノレールが走っているのが見えたり

 

大通りの「スルタン・イスマイル通り」と「アンパン通り」を通って、2kmほどぶらぶら歩き。

途中、遠くに「KLタワー」を眺めたり、高架を走るモノレールを見たりしながら歩いていくと、30分ほどで「ぺトロナスツインタワー」に到着!

ぺトロナスツインタワー:クアラルンプール1日目高さ451.9m「ぺトロナスツインタワー」

 

こちらが、「ぺトロナスツインタワー」です。

夜になると写真のようにライトアップされるので、夜に訪れるのが断然おすすめです。

ちなみに、ライトアップの点灯時間はわからないですが、消灯時間は24時だそう。

スポンサーリンク

「ぺトロナスツインタワー」とは?

ぺトロナスツインタワー:クアラルンプール1日目フレームに入るギリギリのところでパシャリ!

 

「ぺトロナスツインタワー」は、1996年に完成した高さ451.9mのツインビル

完成当初は、世界一の高さのビルでしたが、2004年に台北に建てられた「台北101」(高さ509m)に抜かれました(現在の1位は、ドバイにある「ブルジュ・ハリファ」(高さ828m))が、ツインタワーとしては現在でも世界一の高さです。

建物の階数は88階建てで、41階・42階部分には両方のタワーをつなぐスカイブリッジ、86階に展望フロアがあります。

建物の施工は、タワー1が日本の建設会社「ハザマ」、タワー2が韓国の建築会社「サムスン物産」と「極東建設」。6年の期間で建設されました。

名前の由来はマレーシアの国立石油会社「ペトロナス」で、タワー1にはペトロナスとその子会社がテナントとして入っており、タワー2はマイクロソフトをはじめとした企業のオフィスが入居。タワーの下は「スリアKLCC」というショッピング等の複合施設となっていて、日本の伊勢丹や紀伊國屋書店なども入居しています。

スポンサーリンク

「ぺトロナスツインタワー」の営業時間と展望台の入場料

ぺトロナスツインタワー:クアラルンプール1日目41階のスカイブリッジと86階の展望台に登ることができます。

 

「ぺトロナスツインタワー」は、チケットを購入して、41階のスカイブリッジと86階の展望台に登ることができます

自分は登っていないですが、登る時のためにちょっと調べたので記載しておきます。

展望台の営業時間・チケット料金

  • 営業時間:9:00〜21:00(月曜日は定休日)※金曜の13:00-14:30はイスラム教の礼拝時間のためクローズ
  • チケット料金:98リンギット(大人)
  • 見学時間:30分間(スカイブリッジ:10分 展望台:20分)入れ替え制

展望台の入場チケットは、24時間以内であれば入り口のカウンターで買うこともできますが、満席のことがほとんどであるため、公式サイトで事前予約していった方がベターです。

見学は入れ替え制で、41階のスカイブリッジに10分程度、86階の展望台に20分程度滞在できるとのこと。夜景が見える夜の時間に訪問するのが断然オススメだそうです。

ぺトロナスツインタワー:クアラルンプール1日目「ぺトロナスツインタワー」の周囲にも高層ビルがいくつか

 

今回は、展望台の予約をしなかったので、タワーの下にあるショッピングセンター「スリアKLCC」に入ってみることにしました。

スポンサーリンク

タワー下の複合施設「スリアKLCC」

ぺトロナスツインタワー:クアラルンプール1日目「スリアKLCC」

 

「スリアKLCC」は、ぺトロナスツインタワーの真下にあるショッピングセンター。

テナントとしては、有名ブランドショップやレストラン、カフェ、スーパーマーケット、フードコートなどなど。日本の伊勢丹や紀伊國屋書店、ユニクロなども入っています。店舗数は300以上もあるそうです。

内部は6フロアから構成されていて、中央は吹き抜けになっています。営業時間は10:00~22:00。地下1階でLRTの「KLCC駅」と直結しています。

ぺトロナスツインタワー:クアラルンプール1日目ディワリの飾り付け

ぺトロナスツインタワー:クアラルンプール1日目Happy Dipavali!

ぺトロナスツインタワー:クアラルンプール1日目ヒンドゥー教徒以外の人も祝祭の華やぎを楽しんでいる様子

 

この日は、ヒンドゥー教のお祭り「ディーワーリー」のちょうど1週間前。

「スリアKLCC」のイベントスペースには、華やかな「ディーワーリー」の飾り付けがなされていました。

たぶん、イスラムのラマダン明けの祝祭「ハリラヤ・ハジ」や、中国の旧正月の時も豪華な飾り付けがなされるに違いありません。

スポンサーリンク

KLCC公園の噴水ショー

ぺトロナスツインタワー:クアラルンプール1日目KLCC公園の噴水ショー

 

ぺトロナスツインタワーの前に広がる「KLCC公園」

ここで、毎晩19:30から22:00まで、30分置きに、噴水ショー(レイクシンフォニー)」が開催されています。

ツインタワーの展望台には登れなかったので、この噴水ショーを見ることにしました。

さっそく、始まった「噴水ショー(レイクシンフォニー)」、色とりどりにライトアップされた噴水がとても綺麗です♪

ぺトロナスツインタワー:クアラルンプール1日目カラフルにライトアップされた噴水

ぺトロナスツインタワー:クアラルンプール1日目噴水の水のバリエーションはそんなに多くない。

 

噴水ショーが行われる湖は、1万㎡の面積がある人造湖で、噴水は最大高さ280mまで噴射するのだそう。

KLCC公園の噴水ショーは、ドバイで見た噴水ショー「ドバイ・ファウンテン(Dubai Fountain)」に比べると、ちょっと地味な感じ。ただし、こっちの方が色はカラフル♪

ぺトロナスツインタワー:クアラルンプール1日目広々としたKLCC公園

ぺトロナスツインタワー:クアラルンプール1日目噴水ショーを眺める人々

ぺトロナスツインタワー:クアラルンプール1日目噴水の左手に、スリアKLCC、伊勢丹

ぺトロナスツインタワー:クアラルンプール1日目「ぺトロナスツインタワー」をバックに噴水が上がります。

 

ライトアップで光り輝く「ぺトロナスツインタワー」をバックに、カラフルな「噴水ショー(レイクシンフォニー)」の噴水が噴き上がります。

とっても綺麗です♪

噴水の上がる人造湖の周りは広々としていて、ゆったりと眺めることができます。

無料で見れる、おすすめのアトラクションです★

スポンサーリンク

クアラルンプール関連記事

スリ・マハ・マリアマン寺院と関帝廟|クアラルンプールのチャイナタウン
クアラルンプールの中心部にある「チャイナタウン」は、クアラルンプールに来た観光客の誰もが訪れる名所のひとつ。今回は、そのチャイナタウンにある見どころ、「スリ・マハ・マリアマン寺院」と「関帝廟」をご紹介します。
何でも揃う! 食材の宝庫「チョウキット・マーケット」【マレーシア・クアラルンプール】
クアラルンプール最大の生鮮市場「チョウキット・マーケット(Chow Kit Market)」肉、魚、野菜、果物など、あらゆる食材が並び、市場内は売り子さんと買い物客で熱気むんむん!日本では見掛けない食材も多数あり、インパクトのあるディスプレイも楽しめます。クアラルンプールの人々の食と暮らしぶりを垣間見ることのできる、必見のスポットです★
マレーシア最大!シャー・アラムにある「ブルーモスク」(行き方・時間・見学方法.etc)
クアラルンプール近郊の町「シャー・アラム」にある、マレーシア最大のモスク「スルタン・サラディン・アブドゥル・アジズ・モスク」(通称:ブルーモスク)。マレーシアで一番大きいという、その建物の存在感は圧倒的!天井や壁面に描かれた精緻な装飾や、幻想的な内部空間も見応えあります。
ムルデカスクエア|マレーシアとクアラルンプールの歴史が感じられる広大な広場
『ムルデカスクエア(Merdeka Square)』は、マレーシアの首都クアラルンプールの中心部にある大きな広場。 マラヤ連邦国家の国旗が初めて掲揚された場所としても知られています。広場の周囲には、イギリス統治時代の建物が並び、マレーシアとクアラルンプールの歴史が感じられるスポットとなっています。
マレーシア・クアラルンプールのレストラン・カフェ《おすすめ》11店舗をご紹介♪
マレー系、中華系、インド系.etc。様々な民族が暮らす多民族国家マレーシア。もちろん、お料理もマレー系、中華系、インド系それぞれの料理があり、それぞれの名物料理があります。クアラルンプールで、マレー系(3店舗)、中華系(3店舗)、インド系(3店舗)のレストランと、カフェ(2店舗)を訪問しましたのでご紹介します★
クアラルンプールのチャイナタウン|ペタリン通りの屋台街とアートな路地裏「鬼仔巷」
マレーシアの首都クアラルンプールの「チャイナタウン」。屋台が並び、飲食店が軒を連ねる中華街らしい雰囲気の「ペタリン通り」、マレーシア全土の伝統工芸品や特産品をまとめて物色できる「セントラル・マーケット」、古のチャイナタウンを再現したアートなストリート「鬼仔巷」。魅力的な見どころがたくさんあります。
クアラルンプールご紹介|フライト・空港からのアクセス・市内交通・見どころ・ホテル.etc★
マレーシアの首都クアラルンプールを観光♪ 東京からクアラルンプールまでのフライト。空港から市内までのアクセス、クアラルンプール市内交通の利用方法についてご紹介。また、クアラルンプールの見どころや、食事したレストラン、宿泊したホテルについてもご紹介します★
ブリックフィールズ|インドの雰囲気満点♪ クアラルンプールの“リトルインディア”
マレーシアの首都クアラルンプールにある「ブリックフィールズ」。メインストリートである「ジャラン・トゥン・サンバンタン」通りには、サリーなどのインド服屋、インドスイーツやインドスナックの屋台、スパイスやインド食器、カラフルなお供え用の花屋さんなど、インドのお店がズラリと並び、インド感満点♪ 本場インドのお味を提供するインド料理店もたくさんあり、エキゾチックなインド風情を楽しめる場所です。
バトゥ洞窟|カラフル階段の上にある壮大な洞窟が圧巻! 巨大な黄金神像にもびっくり!
クアラルンプール近郊にある、マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地「バトゥ洞窟(Batu Caves)」高さ43mの黄金のムルガン神像と、272段のカラフルな階段、見上げるような高さの壮大な洞窟の内部空間は、見応えあり!クアラルンプールから電車で30分とアクセスも抜群。クアラルンプールを訪れたら、是非とも訪れたい場所のひとつです。
プトラジャヤのピンクモスク|美しすぎる内部や外観。アクセスや詳細情報もご紹介
クアラルンプールの南25kmの所にある「プトラジャヤ」。その一番の見どころである「ピンクモスク」(プトラモスク:Putra Mosque:Masjid Putra)は、ピンクのドームが9つ載った可愛らしい外観も、ため息が出るほど美しいピンクグラデーションの内装も、見応え抜群!クアラルンプールを訪れたら、是非とも訪れたい場所のひとつです。
スポンサーリンク

関連記事

コメント