瓯味(日暮里)|まろやかな風味の海鮮料理が美味♪ 中国・温州料理専門店

日暮里、瓯味 グルメ
記事内に広告が含まれています。

日暮里駅から徒歩数分。駅前の飲食店や居酒屋が並ぶ界隈に、中国・温州料理を提供するお店『瓯味』(オウミ)は、あります。

オープンは2021年11月。温州出身のご夫妻が営むお店で、池袋にある『温州坊』の2号店であるとのこと。

ちなみに、食べログやGoogleの口コミなど、ネットの情報を見ると、『温州坊』には温州料理のメニューが無いそうなので、実質的に、このお店『瓯味』が都内唯一の中国・温州料理専門店ということになりそうです。

スポンサーリンク

温州出身のご夫妻が営む、都内唯一の中国・温州料理専門店

日暮里、瓯味『瓯味』の外観

 

こちらが、『瓯味』の外観です。

飲食店街の片隅に佇む、かなり渋い店構え。

日暮里、瓯味日本第一家 温州特色小吃

日暮里、瓯味店頭に貼られた温州料理の数々

日暮里、瓯味池袋にある『温州坊』の日暮里店だそう。

 

店頭の看板と、窓に貼られた温州料理の数々。

温州料理は、中国八大料理のひとつ「浙江料理」の1カテゴリーであるそう。

どんな味の料理なのか、想像もつきません。

さっそく、お店の中に入っていきましょう〜♪

日暮里、瓯味『瓯味』の店内

 

こちらが、『瓯味』の店内です。

店内空間は細長いつくりで、結構狭め。

左側にレジカウンターと厨房があり、右側にテーブル席が並んでいます。

座席数は、15〜20席くらいでしょうか?

お客さんは、中国人の若い女性2人組、若いおひとり様男性。後から、これまた中国人女子2人が来店。

お店の方は、厨房で調理をするご主人と、接客対応をする奥様の2人体制です。

日暮里、瓯味紹興酒のボトルがズラリと並ぶ店内

 

店内の壁には、外の窓と同じように、温州料理の写真がズラリと貼られていて、棚には紹興酒のボトルがたくさん並べられていました。

さて、ここで、このお店『瓯味』が提供する「温州料理」と、店主さんの出身地である「浙江省温州」について、ご説明します。

スポンサーリンク

温州とは?温州料理とは?

浙江省温州市中国浙江省温州市

 

「温州市」は、中国浙江省の東南沿海に位置する町。

一年を通して穏やかな気候で、商業が盛んな土地です。温州人は商才に長けており「中国のユダヤ人」とも称されるとのこと。

町は東シナ海に面しており、温州港は古くから浙江省の物産の積出港として栄えてきました。また、歴史的に陶磁器、造紙、造船、絹、漆器、鞋皮などの手工業も発展していて、数学者を多数輩出するなど、温州は数学者のゆりかごとしても知られています。

「温州料理」は、中国八大料理(八大菜系)のひとつである「浙江料理」の4つの下位分類のひとつ(他は、杭州料理・紹興料理・寧波料理)。

東シナ海で獲れる新鮮で多彩な海産物を料理に使うのが特徴。浙江料理に共通する特徴としては、味付けが塩味でさっぱり。主な調理法は炒めもの、炒め煮、蒸し物、あんかけ、とろ火で煮込んだもの、揚げものなどがあるとのこと。

 

さて、温州料理の説明はこのくらいにして、そろそろメニューを見て、注文するお料理を選びましょうか〜♪

スポンサーリンク

『瓯味』のメニュー

『瓯味』には、2種類のメニューがあります。

1つは、テーブルの上に置かれた日本語で書かれたメニュー。もう1つは、店内の壁にズラリと貼られた料理写真のメニュー(一部日本語表記あり)。

まずは、テーブル上のメニューを見てみましょう〜♪

日暮里、瓯味テーブル上の日本語のメニュー

日暮里、瓯味麺類とスープ

日暮里、瓯味串揚げ

日暮里、瓯味デザート

日暮里、瓯味お飲み物

 

こちらが、テーブル上のメニュー。

日本語と中国語で料理名が書かれ、それぞれ写真も掲載されたわかりやすいメニューです。

こちらに載っているのは、煮物や一品料理、ご飯もの、麺類、串揚げ、デザート、おでん、お飲み物など。温州料理が中心ですが、温州料理でない料理もいくつかあります。

パッと見、温州料理っぽいのは、魚団子を使った料理、もち米を使った料理でしょうか。

そして、こちらが、店内の壁に貼られた料理写真のメニュー(の一部)↓

日暮里、瓯味壁に貼られた温州料理の海鮮メニュー

日暮里、瓯味一部、日本語で素材や値段が書かれています。

日暮里、瓯味カエル、タウナギ、アワビ、シャコ。あらゆる食材があり

日暮里、瓯味海鮮の種類が豊富!

 

海鮮を多用する温州料理らしい、圧倒的な海鮮料理の品揃え!

イシモチ、タウナギ、シャコ、ワタリガニ、マテ貝、カエル、マナガツオ、ホタテ、ムール貝、車エビ、アワビ。

見るからに美味しそうな海鮮料理の数々。どれを選べばいいか迷ってしまいます。

事前にネットでリサーチの上、いくつかの料理に当たりを付けていましたが、詳細はわからなかったので、お店のおかみさんに相談。

それでもって、選んだ料理は↓

日暮里、瓯味「葱油蛏子」(小)(1,380円)

日暮里、瓯味「梅菜扣肉」(小)(1,060円)

日暮里、瓯味「梭子蟹炒年糕」(2,980円)

 

注文したのは、マテ貝を使った冷菜「葱油蛏子」。干し菜と角煮の炒め「梅菜扣肉」。餅の付いた蒸したワタリガニ「梭子蟹炒年糕」。魚団子スープ「鱼丸汤」の4品。

「葱油蛏子」「梅菜扣肉」「鱼丸汤」は小サイズが選べたので「小」にしました。

さて、どんなお味の料理が出てくるのか、わくわくしながら待ちます♪

スポンサーリンク

絶品の美味しさ♪さっぱりとした味付けの温州料理

日暮里、瓯味「青島ビール」(550円)

 

まずは、お飲み物から。

「青島ビール」です。

マイルドでスッキリとした味わいの中国定番のビール。安定の美味しさ♪

ビールをぐびぐび飲んでいると、最初のお料理が運ばれてきました!

日暮里、瓯味「葱油蛏子」(小)(1,380円)

 

まず、登場したのが「葱油蛏子」

「蛏子」とはマテ貝のこと。蒸したマテ貝をネギと和え、酢や醤油、油を加えた料理であるそう。

お皿に並ぶマテ貝の独特な形がインパクトある一品です!

日暮里、瓯味生牡蠣のような食感のマテ貝とまろやかな温州の黒酢が美味♪

 

「葱油蛏子」のお味は、まさに絶品!

マテ貝は、生牡蠣のようなプリッとした食感で、何より、掛かっている油?酢?醤油?の風味が何とも言えない美味しさ♪

とってもまろやかで上品なお味で、これは温州産の酢が使われているのだそう。

刻みネギやシラタキ?との相性も抜群です★

辛さもなく、和食のような塩っぱさもなく、酸味はあるけど控えめで、初めていただく味付けでした。

これは美味しい♪

日暮里、瓯味「梅菜扣肉」(小)(1,060円)

 

お次は、「梅菜扣肉」

高菜に似た漬物「梅菜」と、醤油で煮たり、蒸したりした豚バラ肉を和えたお料理。

もともとは客家の料理であるのだそう。

日暮里、瓯味高菜のような梅菜と食べ応えのある豚肉

 

この「梅菜扣肉」も、これまで食べたことないお味で美味でした♪

梅菜は高菜とは違って塩気は控えめ。ほんのりと梅に似た風味がします。醤油で味付けされた豚バラ肉は、肉厚で食べ応えあり!

梅菜の個性的な風味と豚バラ肉のお肉感。ニンニクも効いていて旨味たっぷり♪

味付けはかなり濃いめです。

日暮里、瓯味「紹興酒」(辛口 十年陳)

 

ビールが無くなり、味付け濃いめの「梅菜扣肉」を食べたので、お酒を追加注文。

浙江省と言えば、これ!「紹興酒」です。

おかみさんに、紹興酒が欲しいと言ったところ、このボトルをサーブしてくれました!

日暮里、瓯味原材料はもち米、麦麹。アルコール分は15度

 

ボトルには、「陳年 紹興酒 珍蔵」「辛口 十年陳」「越州府」と書かれています。原材料はもち米、麦麹。アルコール分は15度。

紹興酒については全く知らないので、味の良し悪しはわかりませんが、この「越州府」の紹興酒、めちゃくちゃ美味でした♪

まろやかで奥深い風味が、温州のお料理ととっても合います★

日暮里、瓯味「梭子蟹炒年糕」(2,980円)

 

そして、メインのお料理。

「梭子蟹炒年糕」です。

丸ごと一匹のワタリガニを丸餅や野菜、しいたけ、卵などと一緒に炒めた一品。

おかみさんに、蟹を食べたいと言ったところ、主食のお餅も食べられるからオススメと言われて注文したのが、この「梭子蟹炒年糕」

日暮里、瓯味ワタリガニの旨味が沁みた野菜や丸餅、卵、しいたけ

 

「梭子蟹炒年糕」のお味は、もう絶品中の絶品でした★

蟹の身はそれほど多くはないですが、ワタリガニから滲み出た蟹の旨味が野菜や丸餅、卵、しいたけに沁み込んでおり、あっさりめの醤油風味の味付けと相まって、絶妙のお味♪ 歯切れ良く噛み切れる丸餅の食感や、卵の旨味もGood!

辛さも酸味もビビッドなインパクトも無いけど、箸を動かす手が止まらない、いくらでも食べられそうなお料理です★

日暮里、瓯味「鱼丸汤」(小)(900円)

 

こちらは、魚団子のスープ「鱼丸汤」

このスープも美味でした♪

スキッとした酸味と、ピリッとした胡椒が効いたさっぱりスープ。

スープの味が沁みたつみれも美味しい★

日暮里、瓯味甜品(組み合わせ自由)(800円)

 

食後のデザートは、「甜品(組み合わせ自由)」をいただきました。

甜品のメニューはいくつかありますが、おかみさんオススメの3種の甜品「水糖雪耳(赤ナツメと白キクラゲ)」「水糖紅枣(赤ナツメ)」「水糖龙眼(リュウガン)」をチョイス!

メニューには、HOTとICEが選べるようでしたが、特に指定しなかったせいか、ICEで出てきました。

日暮里、瓯味水糖雪耳(赤ナツメと白キクラゲ)、水糖紅枣(赤ナツメ)、水糖龙眼(リュウガン)

 

プルーンのような深みのある甘さの「赤ナツメ」、コリコリとした食感の「白キクラゲ」、弾力があってライチのような風味の「リュウガン」

掛けられている汁も、甘さはあるものの意外とさっぱりしていて美味しい♪

日暮里、瓯味烏龍茶

 

甜品のお供としていただいたのは、シンプルな「烏龍茶」。こちらは、グラスだけどHOTでの提供。

油が多用される中国料理の食後のお飲み物として、甘い甜品のお供として、さっぱりとした「烏龍茶」は最適。良いお口直しとなりました♪

日暮里、瓯味『瓯味』

 

日暮里にある中国・温州料理を提供するお店『瓯味』(オウミ)

豊富な海産物を使い、まろやかでさっぱりとした味付けの温州料理は絶品の美味しさ♪

まろやかな酢と醤油で味付けされたマテ貝「葱油蛏子」も、ワタリガニの旨味が丸餅や野菜に絡んだ「梭子蟹炒年糕」も、今までいただいたことのない新鮮なお味。

辛さも酸味もビビッドなインパクトも無いけど、思わず「旨い!」と声が出てしまうお料理でした★

スポンサーリンク

◉『瓯味』の地図・アクセス

  • 住所:東京都荒川区東日暮里5-51-2
  • アクセス:日暮里駅から146m
  • 営業時間:11:00~23:30
  • 定休日:無休

スポンサーリンク

中国料理(ガチ中華)・韓国・東アジア料理店

東京都内の「ガチ中華」23店舗&中華フードコート4ヵ所をご紹介★
ここ数年、都内の池袋や高田馬場、上野、新宿や埼玉の西川口などに、現地中国そのままのお料理を提供するお店が激増しています。人呼んで「ガチ中華」!中国人留学生をターゲットにしたお店なので、お料理も店内の雰囲気も、メニューも本場仕様なのが特徴。そんな都内の「ガチ中華」のお店23店舗と、西川口の1店舗。中華フードコート4カ所をご紹介します★
本場ソウルの食堂・屋台で食べた韓国料理《美味な》5品をご紹介!
ソウルで食べた美味しいものをご紹介します!韓国の旅の最大の楽しみ、それは「食」です!韓国は、食べるためだけに訪問してもいいと思わせる国です。現地の食堂・屋台でいただいた「ソルロンタン」「チョッパル」「サムゲタン」「冷麺」「サムギョプサル」の5品をご紹介します。
中国料理店
中国料理(ガチ中華・台湾料理.etc)のお店・レストランをご紹介。東京を中心に日本各地の中国料理のほか、本場中国料理のレストランもご紹介しています。実際に訪問したお店の様子やメニュー、食べたお料理を掲載。お店は下記リンク先の地図からも探せます。
韓国・東アジア料理店
韓国・東アジア料理(モンゴル・ブータン.etc)のお店・レストランをご紹介。東京を中心に日本各地の韓国・東アジア料理店のほか、本場韓国・東アジアのレストランもご紹介しています。実際に訪問したお店の様子やメニュー、食べたお料理を掲載。お店は下記リンク先の地図からも探せます。
エスニック料理店マップ|グルメ記事まとめ
地図から探す「エスニック料理」!インド料理(南インド料理・北インド料理)から、タイ料理やベトナム料理などの東南アジアの料理、トルコ料理やモロッコ料理などのアラブやアフリカ料理、ペルー料理やメキシコ料理などの中南米の料理、中華料理や韓国料理、カレー屋さんまで。これぞ!というエスニック料理店をご紹介します★

コメント