【シンガポール】夜の「マリーナ・ベイ・サンズ」と「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」

マリーナ・ベイ・サンズ【シンガポール】 エスニックな旅
記事内に広告が含まれています。

シンガポールの観光名所として近年人気がある、2010年に開業したホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」

屋上のプールは、メディアでもたくさん取り上げられ、一度見てみたいと思っていました。プールは宿泊者しか入れませんが、屋上のバーまで行ってきました~!

そして、巨大なスーパーツリーのある「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」。スーパーツリーの光景は異世界です。。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ【シンガポール】

スポンサーリンク

異世界の光景!「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」

マリーナ・ベイ・サンズはメディアでもよく取り上げられていたので、必ず見に行こうと思ってましたが、旅行前にガイドブックを見ていたら、何とも奇妙な形の巨大なツリータワーがあることを知りました。

それがあるのが、超巨大植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」です!

シティホール界隈からタクシーで向かいましたが、「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」へ行くには、ちょっと大回りをしなければいけないらしく、結構時間がかかってしまいました(15分くらい?)。

到着して早々、お目当てのスーパーツリーグローブ(Supertree Grove)を目指します。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ【シンガポール】

そして、目に入ってきたのは、、、

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ【シンガポール】

どーん!!

巨大なスーパーツリーです❕

その巨大さと奇妙な形にビックリ! しばし、ツリーを見上げます。。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ【シンガポール】

そして、次に写真を撮りまくります(笑) これは、撮らずにはいられない光景!

この「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」、入園無料なんです。

ガラスのドームのフラワードームと、クラウド・フォレストは有料ですが、スーパーツリーはタダで見られます!

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ【シンガポール】

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ【シンガポール】

ツリーの上にある橋。これは「スカイウェイ」といって、2本のスーパーツリーをつなぐ高さ22mのつり橋です。全長128mあるそう。

スカイウェイに上るには、S$5 かかります。

せっかく来たからには、スカイウェイ上りたいですよね! でも、かなりの長蛇の列ができていたので、この時は断念。この後、チリクラブを食べに行くのに予約をしていたので、間に合わなくなってしまいます。。

その代わり、景色を十分に目に焼き付けます。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ【シンガポール】

そしてそして、なんとスーパーツリーの背後にマリーナ・ベイ・サンズが見えます!

スーパーツリーとマリーナ・ベイ・サンズのコラボ。何とも近未来的な光景です。。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ【シンガポール】ツリーの周りにたくさんの人が座ってますが、20:45~の光と音楽のショー「OCBCガーデン・ラプソディ」を観るために、早くから座って場所を確保しているようです。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ【シンガポール】

この写真、7本のスーパーツリーが収まってます♪(ちょっとしか写ってないのもありますが・・)

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ【シンガポール】

スカイウェイ、怖そうだけど上ってみたい。。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ【シンガポール】

だんだん暗くなってきました。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ【シンガポール】

真っ暗になってきた頃、ライトアップされましたー☆

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ【シンガポール】

幻想的な光景。。とってもキレイです!

この光景に見とれていると、夕食の時間が迫ってきました!

「ジャンボ・シーフード」にチリクラブを食べに行かねば!!

『ジャンボ・シーフード(Jumbo Seafood)』で食べるスパイシーだけどマイルドなお味のチリクラブ@シンガポール

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ【シンガポール】

夕食後、なんとまたガーデンズ・バイ・ザ・ベイに戻ってきました(笑)

夜のスカイウェイに上りたいと思って、また来ちゃいました~!

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ【シンガポール】

迫力あります。この景色は貴重ですね。。

光と音楽のショーは終わってる時間だったので、大分人も少なくなっていました。

・・・あれ?スカイウェイの上に誰もいない。。

もしや・・・? 終わってる~~!

そうなんです。21時まででした。。しかも、チケット販売は20時まで。ぜんぜんダメした(涙)下調べが甘かった。。

わざわざまた来たのにー!

ってことで、また写真を撮りまくります(笑)

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ【シンガポール】

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ【シンガポール】緑のライトアップ

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ【シンガポール】青のライトアップ

 

このライト、スーパーツリーに設置された太陽電池で発電されている、エコライトだそうです。

時間をおいて色が変わっていきます。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ【シンガポール】

これスゴい! 真っ青!

スポンサーリンク

「マリーナ・ベイ・サンズ」の迫力はスゴかった!

スーパーツリーのライトアップを堪能したら、マリーナ・ベイ・サンズへ向かいます。

ガーデンズからマリーナ・ベイ・サンズまでは連絡通路があり、歩いて10分くらいでサンズまで行くことができます。

・・・ということは、市の中心地から来るときは、マリーナ・ベイ・サンズまでタクシー等で来て、そこから連絡通路を通ってガーデンズに行く方がベターですね。

市の中心地からガーデンズに行くには、大分大回りをするので、時間もお金もかかってしまいます。私たちは、2回も無駄な動きをしてしまいました?

マリーナ・ベイ・サンズ【シンガポール】

連絡通路から見た真正面のマリーナ・ベイ・サンズ。

迫力があってキレイです!

タワー1、2、3と3つの超高層ビル(最高部で高さ200m、57階建て)を屋上で連結した構造になっています。

マリーナ・ベイ・サンズ【シンガポール】

マリーナ・ベイ・サンズ【シンガポール】

マリーナ・ベイ・サンズ【シンガポール】
だんだん近づき、真下まできました。

すると、建物の中に入れる通路が。

マリーナ・ベイ・サンズ【シンガポール】

おー!マリーナ・ベイ・サンズの中に入れた? 感激!

1階のロビーが見え、巨大な吹き抜けになっています。

両脇には客室のドアが見え、ちょっとだけ自分も宿泊してるような気分に・・・(笑)

 

目指すは、屋上のバーへのエレベーター。

通路を渡り切ったところに、屋上へ行くエレベーター待ちの人たちの列がありました。

列は2つに分かれていて、バー『セ・ラ・ビ』へ行く列と、何だかセレブな人たちしか並べないような列(笑)。宿泊者専用なのか、有料の展望台行きの列なのか分からなかったのですが、とにかく正装をしたセレブっぽい欧米人がたくさん並んでいました。

私たちは、屋上のバー『セ・ラ・ビ』へ行くエレベーターの列へ。

エレベーターで57階まで上がります。

マリーナ・ベイ・サンズ【シンガポール】

おー! おっしゃれ~な雰囲気!

真ん中にバーカウンターがあって、みなさんスタンディングでお酒を飲みつつ楽しんでいます?

それにしても混んでる。。空いてるテーブルもないし、風は強いしで、全然落ち着かない。

お客さんは欧米人ばかりで、なんだか気後れしてしまい、ドリンクも頼めず。。(笑)

でも、ホント風が強くてまったく落ち着かないので、バーの利用は諦め、写真だけ撮って帰ることに!

マリーナ・ベイ・サンズ【シンガポール】

下のウッドデッキのスペースは有料展望台のスペースなので、行くことはできません。

その向こうに、世界最大級の観覧車「シンガポール・フライヤー」が見えます。

ここからの景色は、空気が澄んでいる朝がキレイだそうです。

最後の夜、このバーでお酒が飲めなかったのは残念でしたが、マリーナ・ベイ・サンズの屋上まで来て、夜景を見られて良かった!

一通り堪能したら、1階まで降りましょう~。

 

サンズからタクシーでホテルまで戻ります。

締めの1杯が飲めなかったので、ホテル近くのセブンイレブンに行ってみました。

すると・・・

セブンイレブン【シンガポール】

なんとー! 夜10:30~翌朝7:00の間はアルコールの販売は法律で禁止されているとのこと。

残念?!!

さぁ、大人しく寝ましょう。

スポンサーリンク

関連記事

パステルカラーのショップハウスとカラフルなプラナカン雑貨の街「カトン」【シンガポール】
シンガポールの中心から東の少し離れたところにある「カトン」エリア。そこにはかつてプラナカンが多く住んでいました。パステルカラーのかわいいショップハウス(狭く細長い家屋形式)や、カラフルなプラナカン雑貨に会うことができ、中心部とは違った、ちょっとのんびりと落ち着いた雰囲気を味わうことができます★
マーライオンとマリーナ・ベイ・サンズの夜景★夜のボートキーで一杯♪【シンガポール】
ホテルにチェックインをした後、ペニンシュラ・プラザの「リトルヤンゴン」に行き、夕食はバクテーの有名店へ。そのあと、歩いてマーライオンパークまで行きました! 『世界3大がっかり名所』と言われているマーライオンですが、結構迫力あったし、話題の「マリーナ・ベイ・サンズ」の夜景も見られて、満足できました♪
オーチャード・ロードからマリーナ・ベイ・サンズまで観光名所巡り【シンガポール】
シンガポールのメインストリート、「オーチャード・ロード」。デパートや近代的なショッピングセンター、高級ホテルなどが並ぶ、一大観光スポットです。シンガポール発の紅茶ブランド「TWG」でお目当ての紅茶を買いました★
シンガポールで買った日清食品の「カップヌードル」5種類を食べ比べ!
世界80カ国で販売されている日清食品のカップヌードル。今回はシンガポールのカップヌードルのご紹介です。シンガポールのスーパーには10種類のカップヌードルが売られていましたが、そのうちの美味しそうなものを5種類、買ってきましたー!さっそく、食べ比べしてみます★
【シンガポール】夜の「マリーナ・ベイ・サンズ」と「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」
シンガポールの観光名所として近年人気がある、2010年に開業したホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」。屋上のプールは、メディアでもたくさん取り上げられ、一度見てみたいと思っていました。そして、巨大なスーパーツリーのある「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」。スーパーツリーの光景は異世界です。。
『ロング・バー(LONG BAR)』@ラッフルズホテルにあるシンガポールスリング発祥のお店
シンガポールのホテルといえば、『ラッフルズホテル』。ラッフルズホテルといえば、『ロング・バー(LONG BAR)』の『シンガポールスリング』?ということで、ラッフルズホテルにシンガポールスリングを飲みに行きました!
シンガポール発のおしゃれなティーブランド『TWG』【シンガポール】
シンガポール発のティーブランド『TWG(ティダブリュジィ)』。日本にも店舗があって、ずっと気になっていました。シンガポールでは、日本よりも若干お安く購入できるようなので、絶対買って帰ろうと意気込んで行きました☺

コメント