バンコクのウィークエンドマーケット「チャトチャック市場」でタイの青白陶器を購入!

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】 エスニックな旅
記事内に広告が含まれています。

毎週土日に開催される、バンコクの巨大ウィークエンドマーケット『チャトチャック市場』

狭い通路の両脇には、お店が所狭しとたくさん並んでいて、ゆっくり見ようと思ったら一日では足りないほどです。

今回の目的は、タイの青白陶器(パイナップル柄)の食器を買うことです!

スポンサーリンク

チャトチャックウィークエンドマーケット

チェンマイから飛行機でバンコクに到着後、空港からタクシーでそのまま「チャトチャック市場」へ。

チャトチャック市場は、毎週土日だけ開催されているウィークエンドマーケットです。

朝8:00~18:00頃までの営業ですが、日曜日は16:00頃から店じまいを開始するそう。

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

バンコクの滞在は、この日一日しかありません。なので、時間との勝負。

空港から直接来たので、なんとスーツケースをガラガラ引きながら、市場を散策しようという荒業です(笑)

チャトチャック市場での目的は、タイ料理屋さんでよく見る、青と白のシンプルな模様の食器を買うこと。この食器、特に名前がないようで、「青白陶器」とか、「パイナップル柄の陶器」などと言われています。

市場内は、ファッション・インテリア・家庭用品などのカテゴリーで分かれていて、セクション(SC)番号が振られています。地図はカテゴリー毎に色分けがされているので、目的のカテゴリー(色)のセクションを目指します。

食器は「家庭用品・雑貨」になり、セクション22~25辺りです。

スポンサーリンク

パイナップル柄の青白陶器がずらり!

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

セクション22~25へ向かう途中にも、突然「青白陶器」が現れました!

わ~、いっぱいある♪ たくさんあって、目が泳いでしまいます。

どこから見たらいいものか。。

事前にネットで調べて、行きたいお店があったので、まずはサラっと見るだけに。

後からこの写真をみたら、この時は特に注目しなかったのですが、左上に写っているポットや急須がすごく素敵です!

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

蓋つきの器もかわいいです。

シンプルなので、和食にすごく合いそう!

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

市場の中の方は、セクション毎に通路で分かれていて、お店がたくさん並んでいます。

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

またまた青白陶器発見!

お魚型のお皿も。お刺身とかに合いそうですね。

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

とにかくたくさんあって、目移りしてしまいます。

ただ、ちょっと気になったのは、結構ホコリがかぶっていて、あまりキレイではないなーと。

まぁ洗えば問題ないのですが、食器なのでちょっと躊躇してしまいます。

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

セラドン焼きでしょうか。

チェンマイでセラドン焼きを買いましたが、色味が違いますね。

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

葉っぱの形のお皿は、アジア料理のお店でよく見かけますね。

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

生活用品や乾燥食品など、いろいろ。

この狭い通路をスーツケースを引きながら、写真を撮りながら歩きました。

迷惑だったかな。。汗

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

あ、このニワトリ柄の器も、よく見ます。

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

一瞬ビミョーだけれど、よくよく見ると、結構カワイイかも!?

チェンマイでは、屋台のどんぶりで使われてるのを見ました。

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

そして、お目当てのお店に無事到着。

セクション22にあるお店。こちらは、サムットサコーン県に工場を持つメーカー直営店のお店だそうです。

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

直営店ということで、陳列もきれいだし、ホコリもかぶってなく、気持ちよくお買い物できるお店です。

途中、色々見たけど、ここまで我慢してよかった。

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

シンプルなお皿は、使い勝手が良さそう。

青い縁取りがしてあると、引き締まって見え、印象が違いますね。

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

狭い空間ですが、しゃがまず立ったまま選べるし、ちょうど見やすく手に取りやすい位置に商品が置いてあるので、とても選びやすいです。

悩みに悩んで、3種類の器を購入♪

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

こちらのお姉さんのお店です。

購入した器は、新聞紙で包んでビニール袋に入れてくれました。

お土産【タイ・チェンマイ11】

こちらが購入したもの。2セットずつ。手前のは、カップ&ソーサーです。

全部で450バーツのところを、420バーツにおまけしてくれました。安い!

ちょっと形がゆがんでいたり、色が均一でなかったりもしますが、そこがいいところでもあり、リーズナブルで気軽に使えるので、重宝しています☆

こちらは、大事に機内手荷物で持って帰ってきました。

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

表通りに面したお店。

プラスチックの食器がたくさん! 何気に、このカラフルなプラスチックのコップがかわいいです♪

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

タイといえば、「ムエタイ」。ムエタイのグローブやパンツも売られていました。

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

薬局。タイガーバームはシンガポールのメーカーですが、アジアではよく売られていますね。

日本では、以前 龍角散が代理店として販売をしていましたが、現在は日本製品としてのタイガーバームは入手不可能だそうです。

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

チャトチャック市場の地図。小さすぎて、見えない。。

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

外側の広い通りに面したところでは、ファッション系のお店が並んでいました。

スポンサーリンク

おもしろ日本語シリーズ!!

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

おもしろ日本語シリーズ!!

『トップシークレット』・・・なぜ? 虎と関係あるのでしょうか。

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

『極度乾燥(しなさい)』・・・カッコ書きってなかなかないですよね。

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

『つづく』・・・なぜ「つづく」。。しかも毛筆(笑)

『マッド。』・・・”。”マルつき。

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

『えいえんに』Tシャツに、『つづく』キャップ。。

何なんでしょうね、このシリーズ。。面白いけど。

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

道に迷った時の目印「時計塔」。

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

屋台も色々出ていました。

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

南国ならではの、フレッシュジュース!・・・の中に、栄養ドリンクのようなものが。。

あ、オレオもありますね。よく分からない。。

チャトチャック市場【タイ・チェンマイ⑨】

目的の食器が買えて、大満足♪

タイの派手派手ショッキングピンクのタクシーに乗って移動です。

かわいいけど、この後の渋滞はかわいくなかった。。

恐るべしバンコクの渋滞。。でした。

スポンサーリンク

チャトゥチャック市場MAP

スポンサーリンク

関連記事

生鮮食料品が溢れる地域最大の市場「ニャウンウー・マーケット」(ミャンマー)
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、ミャンマー、ニャウンウーの「ニャウンウー・マーケット」
ボーヂョーアウンサン・マーケット(ミャンマー・ヤンゴン)
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、ミャンマー、ヤンゴンにある「ボーヂョーアウンサン・マーケット」
ガ・モン・プイン(GMP)ショッピングモール(ヤンゴン・ミャンマー)
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、ミャンマー、ヤンゴンの「ガ・モン・プイン(GMP)ショッピングモール」
インドネシア・ジョグジャカルタの巨大市場「パサール・ブリンハルジョ」
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、インドネシア、ジョグジャカルタの「パサール・ブリンハルジョ」
インドネシア・ジャカルタの魚市場「パサール・イカン」
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、インドネシア、ジャカルタの「パサール・イカン」
カンボジア、シェムリアップにある賑やかな市場「オールド・マーケット」
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、カンボジア、シェムリアップにある「オールド・マーケット」
巨大なドームのあるプノンペン最大の市場「セントラル・マーケット」(カンボジア)
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、カンボジア、プノンペンにある「セントラル・マーケット」
民族衣装の人々がたくさん!バックハーのサンデーマーケット(ベトナム)
サパ2日目は日曜日。今日は、バックハーのサンデーマーケットに行くツアーに参加します。ツアーは7時半出発なので、今日も早起き。朝食付きだったので、ホテルのレストランで朝食をとります。
ペニンシュラ・プラザ|ミャンマーの店がたくさん!シンガポールのリトル・ヤンゴン
シンガポールで働く外国人労働者の数は約130万人程度。そのうちの約1割弱、約15万人がミャンマー人だと言われています。シンガポール在住のミャンマー人のたまり場として、よく知られているのが「ペニンシュラ・プラザ」、通称「リトル・ヤンゴン」です。
ゴールデンマイル・コンプレックス|在住タイ人が集うシンガポールのリトル・バンコク
シンガポールで働く外国人労働者の数は約130万人程度。タイ人労働者は約1万5,000人程度だと言われています。シンガポール在住のタイ人のたまり場として、よく知られているのが「ゴールデンマイル・コンプレックス」、通称「リトル・バンコク」です。
ラッキー・プラザ|フィリピンの店がたくさん!シンガポールのリトル・マニラ
シンガポールに在住するフィリピン人は約12万人。その多くが出稼ぎ労働者で、特にメイドの数が多く、約8万人のフィリピン人メイドが働いているのだとのこと。シンガポール在住のフィリピン人のたまり場として、よく知られているのがオーチャードにある「ラッキー・プラザ」、通称「リトル・マニラ」です。
ムスタファ・センター|インド製品が充実している巨大スーパー(シンガポール)
シンガポール、リトル・インディアにある「ムスタファ・センター(Mustafa Centre)」。ここは、24時間営業のショッピングセンターで、生活雑貨や食品、衣類、おみやげなど、なんでも揃う巨大スーパーです。特にインド製品が充実していて、スパイスやインドのコスメなど、興味深い商品がたくさんあります♪
ごちゃごちゃ感が楽しい!タイ北部チェンマイの台所「ワロロット市場」
ワロロット市場は、100年以上続いているチェンマイ最大の市場です。食品、衣料品、生活雑貨など、たくさんの物が溢れていて、地元民や観光客で賑わっています。ワロロット市場の通りを挟んで向かいには、ホーロー食器のキッチン用品などが売られているトンラムヤイ市場もあるので、ワロロット市場とセットで楽しむことができます。
バンコクのウィークエンドマーケット「チャトチャック市場」でタイの青白陶器を購入!
毎週土日に開催される、バンコクの巨大ウィークエンドマーケット『チャトチャック市場』。狭い通路の両脇には、お店が所狭しとたくさん並んでいて、ゆっくり見ようと思ったら一日では足りないほどです。今回の目的は、タイの青白陶器(パイナップル柄)の食器を買うことです!

コメント