巨大なドームのあるプノンペン最大の市場「セントラル・マーケット」(カンボジア)

プノンペン セントラルマーケット エスニックな旅
記事内に広告が含まれています。

その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!

市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。

今回の市場は、カンボジアプノンペンにある「セントラル・マーケット」

スポンサーリンク

巨大なドームのあるプノンペン最大のマーケット

プノンペン セントラルマーケット

プノンペンの「セントラル・マーケット」の外観です。

クリーム色のドームのような形が印象的で、なんか神殿か要塞みたいな雰囲気です。

ここには貴金属から生活必需品、精肉・青果・鮮魚までありとあらゆるものが売られています。プノンペン最大の市場です。

ごちゃついたマーケット内をうろつくと、売り子さんから声を掛けられます。

この「セントラル・マーケット」は、プノンペンの観光名所のひとつ。外国人観光客も多く訪れます。

プノンペン セントラルマーケット入り口には輪タクや観光バスなどがたくさんいます

プノンペン セントラルマーケットセントラル・マーケットの入り口

プノンペン セントラルマーケット貴金属コーナー

 

「セントラル・マーケット」は、中央にドームがあり、四方に長い店舗の回廊が伸びる十字形の形をしています。

店舗は、建物の内部だけでなく、周辺にもたくさんあって、ここに来れば、生活に必要なあらゆるものが揃いそうです。

プノンペン セントラルマーケット

定番のフルーツのお店。

スイカやみかん、龍眼、マンゴー、パパイヤ、バナナ、ドラゴンフルーツなどなど。

プノンペン セントラルマーケットお肉屋さん

プノンペン セントラルマーケット籠の中にはカニがたくさん

プノンペン セントラルマーケットメコンで獲れた新鮮な川魚

プノンペン セントラルマーケットこれはたぶん、コオロギとか蚕の蛹。食用です。

プノンペン セントラルマーケット青い足をした川エビ

プノンペン セントラルマーケットセントラル・マーケット周辺にあった甘味のお店

プノンペン セントラルマーケットカンボジアのスイーツ

プノンペン セントラルマーケットカンボジアは甘味天国です

 

カンボジアでは、屋台でよく甘味が売られています。

カンボジアンスイーツとして有名なのは、カボチャの中をくりぬいて中にプリンを詰め込んだ「ロパウソンクチャー」、通称「かぼちゃプリン」

「かぼちゃプリン」は日本人の口に合い、とても濃厚で美味しいのでオススメです!

他に気に入ったのは、「チェーククティヒ」と言われる、ココナッツミルクにタピオカとバナナを混ぜてぐつぐつ煮て、氷を入れて冷たくしたもの。通称「タピオカバナナ」です。

他にもイモや豆、寒天やゼリーのようなものが入った、あんみつやみつ豆的なものなど、いろいろな種類の甘味がありました。

プノンペン セントラルマーケット洋服屋の女の子

プノンペン セントラルマーケット洋服屋の父親と娘さん

プノンペン セントラルマーケットTシャツ屋のおばちゃん

プノンペン セントラルマーケット甘味屋台の女の子

「セントラル・マーケット」には、土産物もたくさん売られています。

センスの良いものや、品質が良いものはそんなに期待できないけど、カンボジア的なものをざっと買うならここは便利です。

私は、写真のおばちゃんからTシャツを買いました。クメール文字がプリントされたTシャツです。

ひとこと喋る度に笑う、楽しいおばちゃんでしたー。

スポンサーリンク

セントラル・マーケットMAP

スポンサーリンク

関連記事

生鮮食料品が溢れる地域最大の市場「ニャウンウー・マーケット」(ミャンマー)
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、ミャンマー、ニャウンウーの「ニャウンウー・マーケット」
ボーヂョーアウンサン・マーケット(ミャンマー・ヤンゴン)
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、ミャンマー、ヤンゴンにある「ボーヂョーアウンサン・マーケット」
ガ・モン・プイン(GMP)ショッピングモール(ヤンゴン・ミャンマー)
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、ミャンマー、ヤンゴンの「ガ・モン・プイン(GMP)ショッピングモール」
インドネシア・ジョグジャカルタの巨大市場「パサール・ブリンハルジョ」
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、インドネシア、ジョグジャカルタの「パサール・ブリンハルジョ」
インドネシア・ジャカルタの魚市場「パサール・イカン」
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、インドネシア、ジャカルタの「パサール・イカン」
カンボジア、シェムリアップにある賑やかな市場「オールド・マーケット」
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、カンボジア、シェムリアップにある「オールド・マーケット」
巨大なドームのあるプノンペン最大の市場「セントラル・マーケット」(カンボジア)
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、カンボジア、プノンペンにある「セントラル・マーケット」
民族衣装の人々がたくさん!バックハーのサンデーマーケット(ベトナム)
サパ2日目は日曜日。今日は、バックハーのサンデーマーケットに行くツアーに参加します。ツアーは7時半出発なので、今日も早起き。朝食付きだったので、ホテルのレストランで朝食をとります。
ペニンシュラ・プラザ|ミャンマーの店がたくさん!シンガポールのリトル・ヤンゴン
シンガポールで働く外国人労働者の数は約130万人程度。そのうちの約1割弱、約15万人がミャンマー人だと言われています。シンガポール在住のミャンマー人のたまり場として、よく知られているのが「ペニンシュラ・プラザ」、通称「リトル・ヤンゴン」です。
ゴールデンマイル・コンプレックス|在住タイ人が集うシンガポールのリトル・バンコク
シンガポールで働く外国人労働者の数は約130万人程度。タイ人労働者は約1万5,000人程度だと言われています。シンガポール在住のタイ人のたまり場として、よく知られているのが「ゴールデンマイル・コンプレックス」、通称「リトル・バンコク」です。
ラッキー・プラザ|フィリピンの店がたくさん!シンガポールのリトル・マニラ
シンガポールに在住するフィリピン人は約12万人。その多くが出稼ぎ労働者で、特にメイドの数が多く、約8万人のフィリピン人メイドが働いているのだとのこと。シンガポール在住のフィリピン人のたまり場として、よく知られているのがオーチャードにある「ラッキー・プラザ」、通称「リトル・マニラ」です。
ムスタファ・センター|インド製品が充実している巨大スーパー(シンガポール)
シンガポール、リトル・インディアにある「ムスタファ・センター(Mustafa Centre)」。ここは、24時間営業のショッピングセンターで、生活雑貨や食品、衣類、おみやげなど、なんでも揃う巨大スーパーです。特にインド製品が充実していて、スパイスやインドのコスメなど、興味深い商品がたくさんあります♪
ごちゃごちゃ感が楽しい!タイ北部チェンマイの台所「ワロロット市場」
ワロロット市場は、100年以上続いているチェンマイ最大の市場です。食品、衣料品、生活雑貨など、たくさんの物が溢れていて、地元民や観光客で賑わっています。ワロロット市場の通りを挟んで向かいには、ホーロー食器のキッチン用品などが売られているトンラムヤイ市場もあるので、ワロロット市場とセットで楽しむことができます。
バンコクのウィークエンドマーケット「チャトチャック市場」でタイの青白陶器を購入!
毎週土日に開催される、バンコクの巨大ウィークエンドマーケット『チャトチャック市場』。狭い通路の両脇には、お店が所狭しとたくさん並んでいて、ゆっくり見ようと思ったら一日では足りないほどです。今回の目的は、タイの青白陶器(パイナップル柄)の食器を買うことです!

コメント