ソンファ・バクテー(シンガポール)|コショウの効いた絶品バクテー♪

ソンファ・バクテー、肉骨茶【シンガポール】 グルメ
記事内に広告が含まれています。

シンガポールの国民食「肉骨茶(バクテー)」。

1969年創業の人気店『ソンファ・バクテー(松發肉骨茶:Song Fa Bak Kut Teh )』は、ローカルな雰囲気満載の中、絶品バクテーがいただけます。あっさりしたスープはコショウが効いていて、ホロホロのスペアリブとの相性は抜群!

何杯でもスープが飲めちゃいそうなくらい美味しかったです。

スポンサーリンク

ローカルな雰囲気の店内で、絶品バクテーを食す

ソンファ・バクテー、肉骨茶【シンガポール】

シンガポール旅行最初の食事は、シンガポールの国民食「肉骨茶(バクテー)」です!

バクテーは、シンガポールやマレーシアで食べられている鍋料理で、 マレーシアのクアラルンプール近郊の港町クランは発祥の地として知られ、お店も多い。一方でシンガポールが発祥の地であると主張される場合もあって、マレーシア人・シンガポール人の間で発祥を巡り論争となっているそうです。。

以前、祖師ヶ谷大蔵の創作マレーシア料理のお店『馬来西亜マレー』でマレーシアのバクテーを食べましたが、そちらは醤油スープ。シンガポールのバクテーは、胡椒スープです。

『馬来西亜マレー』の記事はコチラ↓

ソンファ・バクテー、肉骨茶【シンガポール】

『ソンファ・バクテー(松發肉骨茶:Song Fa Bak Kut Teh )』は、MRT東北線の「Clarke Quay クラーク・キー」駅からすぐのニューブリッジロード沿いにあります。

伺ったのは、夜20時半過ぎだったと思いますが、店内は満席状態! 外のテラス席もお客さんでいっぱいです。

この雰囲気、いい感じ♪ ローカル感満載で、こういうのすごく好きです。

運良く、一つテーブルが空いていました。

ソンファ・バクテー、肉骨茶【シンガポール】

ソンファ・バクテー、肉骨茶【シンガポール】

地元のお客さんが多いようです。これは、美味しいお店に違いない!

ソンファ・バクテー、肉骨茶【シンガポール】

ソンファ・バクテー、肉骨茶【シンガポール】

奥の席には、欧米のお客さんも。

席は結構キュウキュウで、席を立つときは後ろの人に当たってしまうような感じ。

これがまたアジアな感じでいいです!

ソンファ・バクテー、肉骨茶【シンガポール】バクテーのメニュー

ソンファ・バクテー、肉骨茶【シンガポール】

ソンファ・バクテー、肉骨茶【シンガポール】副菜とドリンクメニュー

 

メニューには、日本語表記もありました。

まずバクテーは絶対食べるでしょ。あと、おかずは何にしよう。。

飲み物はビールを始めアルコール類は置いてないそうです。ビール飲みたかった。。残念。

スポンサーリンク

骨付き肉がゴロリと入った胡椒スープバクテー

注文したのは、コチラ。

ソンファ・バクテー、肉骨茶【シンガポール】

バクテー(大)S$9.00

メインのバクテー。 お肉がいっぱい入ってて美味しそう。

バクテーとは、豚のスペアリブなど骨付き肉をスープにしたもので、ごはんと一緒に食べます。植民地時代に港湾労働者だった潮州系移民たちが、体力をつけるために骨付き肉を料理するようになったのがルーツだそう。

まずは、スープを一口。

おー、おいしい~♪ あっさりした中にコショウがピリっと効いていて、かなり好みのお味。にんにくの香りも食欲をそそります!

骨からホロホロと取れるお肉は柔らかく、味が染みていてこれまた美味しい。

ソンファ・バクテー、肉骨茶【シンガポール】

スープをご飯にかけて食べるのですが、なんとも言えない美味しさです。お茶漬けのようにサラサラと入っていってしまいます。

そして、このスープが少なくなってくると、お店の人がスープを注ぎ足してくれるんです。 いつまでも食べられるではないか~! ご飯がすすみます。

スープだけでも、ずっと飲んでいられそうなくらい美味しかったです。

マレーシアの醤油スープバクテーも美味しかったけど、私はシンガポールの胡椒スープバクテー派かな。

ソンファ・バクテー、肉骨茶【シンガポール】

スペアリブの骨は、この写真のトウガラシの奥にあるバケツの中に捨てます。

ソンファ・バクテー、肉骨茶【シンガポール】

落花生(小)S$1.50、チャイニーズティー(アイス)S$1.20

おつまみに落花生。茹で落花生ですね。これはビールが飲みたくなるけど、ないのでお茶で。

普通の茹で落花生は居酒屋さんで食べたことはあるけれど、この甘い感じの茹で落花生は、美味しいといえるかビミョーですが、なんだかクセになるお味。

ソンファ・バクテー、肉骨茶【シンガポール】

煮豚肉 S$7.00

スターアニス(八角)の効いた甘めの煮豚肉、結構ボリュームあります。

スターアニスの味って、アジアを感じますよね。

柔らかくて美味しかったけれど、ちょっと脂身が多いかな。パクチーと一緒に食べると脂っこさが和らいでいい感じ。

ソンファ・バクテー、肉骨茶【シンガポール】

野菜-菜心(チョイスム)S$4.00

定番の青菜炒め。間違いないですよね!

甘めのタレがちょっと濃い感じだけれど、安心して食べられます。

ご飯にバクテーのスープをかけて、青菜も一緒に食べると、これが合うんです。

ソンファ・バクテー、肉骨茶【シンガポール】

二人で食べて量もちょうど良く、チョイスも正解でした!

ソンファ・バクテー、肉骨茶【シンガポール】

お店の奥には、厨房が。

大きなお鍋に、バクテーのスープがたっぷりと入ってます。

ソンファ・バクテー、肉骨茶【シンガポール】

ソンファ・バクテー、肉骨茶【シンガポール】

「バクテーの素」も売られているようです。おウチでも、お店の味が楽しめますね♪

「ソンファ・バクテー(松發肉骨茶:Song Fa Bak Kut Teh )」、また食べたい! 絶品でした。

スポンサーリンク

◆『ソンファ・バクテー(松發肉骨茶:Song Fa Bak Kut Teh )』の地図・アクセス

住所:11 New Bridge Road #01-01
電話:
営業時間:11:00~22:00

スポンサーリンク

「シンガポール」現地のレストラン・カフェ

ソンファ・バクテー(シンガポール)|コショウの効いた絶品バクテー♪
シンガポールの国民食「肉骨茶(バクテー)」。1969年創業の人気店『ソンファ・バクテー(松發肉骨茶:Song Fa Bak Kut Teh )』は、ローカルな雰囲気満載の中、絶品バクテーがいただけます。あっさりしたスープはコショウが効いていて、ホロホロのスペアリブとの相性は抜群!
328カトンラクサ(シンガポール)|クリーミーでスパイシーな病みつきラクサ
シンガポール定番料理のひとつ「ラクサ」。プラナカンが多く住んでいた街「カトン」に、ラクサの人気店『328カトンラクサ』はあります。ココナッツミルクとスパイスが効いて、マイルドな辛さが美味しいラクサ。こういったお店で気軽に食べることができます!
ヤクン・カヤトースト(シンガポール)|カリカリトーストとカヤジャムが美味しい
チャイナタウンの中心からはちょっと外れたところ、MRTテロック・エア(Telok Ayer)駅から徒歩3分ほどのところに、カヤトーストのお店『ヤクン・カヤトースト』があります。炭火でカリカリに焼いたトーストに、甘くてクリーミーなカヤジャムは相性抜群!
ムトゥースカリー(Muthu's Curry)シンガポール|フィッシュヘッドカレーの有名店
シンガポールのリトル・インディア駅から徒歩7分ほどの Race Course Rd. 沿いに『ムトゥースカリー(Muthu's Curry)』はあります。こちらのお店はフィッシュヘッドカレーの有名店で、フィッシュヘッドカレーをメニューに載せた最初のお店だそう。綺麗な店内で、ゆっくり食事をすることができます。
天天海南鶏飯(シンガポール)|マックスウェル・フードセンターでチキンライスを賞味
シンガポールには、「ホーカーズ」と呼ばれる、ローカルフードが食べられる屋台が集まったフードコートがいくつもあります。チャイナタウンのホーカーズ『マックスウェル・フードセンター』にある『天天海南鶏飯』は、チキンライスが美味しい大人気店です。
ジャンボ・シーフード(シンガポール)|スパイシーだけどマイルドなお味のチリクラブ
シンガポールの名物料理の一つ、チリクラブ。お値段はちょっと張りますが、シンガポールに行ったら是非食べたい一品です!濃厚で、スパイシーだけどマイルドなお味は、ビールにもとっても合います♪
artistry(シンガポール)|アラブ・ストリート近くにあるスタイリッシュなカフェ
シンガポール、ブギス駅から歩いてアラブ・ストリートに行く途中、スタイリッシュなおしゃれカフェを見つけました!店内は、『artistry(アーティストリー)』の名のとおり、素敵な写真や絵が飾られていて、テーブル・椅子もアーティスティックでした☆
味香園(シンガポール)|ふわふわしっとりの「マンゴースノーアイス」が大人気!
シンガポールのチャイナタウンにあるスイーツ店『味香園』。中国系スイーツと台湾発のスノーアイスが大人気のお店です。常夏の国シンガポールで、ひんやりスイーツは欠かせません!スノーアイスは21種類も!!中国系のスイーツもたくさんあります。
ロング・バー(LONG BAR)|ラッフルズホテルにあるシンガポールスリング発祥のお店
シンガポールのホテルといえば、『ラッフルズホテル』。ラッフルズホテルといえば、『ロング・バー(LONG BAR)』の『シンガポールスリング』?ということで、ラッフルズホテルにシンガポールスリングを飲みに行きました!
アジアで食べた現地のお料理《41品》をご紹介!
アジア各国で食べたお料理をご紹介します。ご紹介するのは、タイ、ベトナム、シンガポール、マレーシア、ミャンマー、インドネシア、ラオス、台湾、韓国のお料理。日本にはアジア各国のお店がありますが、現地アジアはやっぱり本場。びっくりするような美味しいお料理や、日本では食べたことがないお料理をいただくことが出来ました★
エスニック料理店マップ|グルメ記事まとめ
地図から探す「エスニック料理」!インド料理(南インド料理・北インド料理)から、タイ料理やベトナム料理などの東南アジアの料理、トルコ料理やモロッコ料理などのアラブやアフリカ料理、ペルー料理やメキシコ料理などの中南米の料理、中華料理や韓国料理、カレー屋さんまで。これぞ!というエスニック料理店をご紹介します★

コメント