【シンガポール】ホーカーズ「マックスウェル・フードセンター」にあるチキンライスの大人気店

マックスウェルフードセンター、チャイナタウン【シンガポール】 グルメ
記事内に広告が含まれています。

シンガポールには、「ホーカーズ」と呼ばれる、ローカルフードが食べられる屋台が集まったフードコートがいくつもあります。

チャイナタウンにある『マックスウェル・フードセンター』は、明るくて比較的キレイなので、観光客も多く利用しやすいホーカーズです。

いつも行列ができるというシンガポールの名物料理「チキンライス」を食べました!

マックスウェルフードセンター、チャイナタウン【シンガポール】

スポンサーリンク

地元の人で大賑わいのホーカーズ『マックスウェル・フードセンター』

たくさんの屋台が1カ所に集まっている「ホーカーズ」。

シンガポール人の台所として、いつも賑わいをみせています。

マックスウェルフードセンター、チャイナタウン【シンガポール】

チャイナタウンに行ったので、その日のランチはホーカーズに決まり!

チャイナタウンの中心地に近い、サウスブリッジロードとマックスウェルロードがぶつかった角にある『マックスウェル・フードセンター』に行きました。

マックスウェルフードセンター、チャイナタウン【シンガポール】

ちょうどお昼時だったので、かなり混雑していました。

ホーカーズ内は、お店がズラリと並んでいて、こういった列が3列あります。

これだけお店があったら、どこで買ったらいいか分からないですよね。。

まずは、席の確保から。

テーブルはほとんど埋まっていて、空いている席を探すのが大変!

丸テーブルで6人掛けになっていて、みなさんだいたい相席をしているようです。

2人で座っているご夫婦がいたので、「相席いいですか?」と聞いたら、「もちろん!」ってことで、相席させてもらいました。良かった★

席を確保したら、ご飯を確保しに行きます!

ここ『マックスウェル・フードセンター』には、行列のできるお店が何店舗かあるらしく、その中の人気店『天天海南鶏飯』でチキンライスをゲットすべく、お店を探します。

マックスウェルフードセンター、チャイナタウン【シンガポール】

あったーー!

ここココ!!

・・・と思ったら、、、

マックスウェルフードセンター、チャイナタウン【シンガポール】

並んでる~!

しかも、かなり長い列です。。

でも、チキンライスが食べたいと思ってせっかく来たし。

これだけ並んでるということは、絶対美味しいと思うので、食べない選択はないですね!

並びましょう。

・・・10~15分くらい並んだでしょうか。

マックスウェルフードセンター、チャイナタウン【シンガポール】

もうすぐです!

マックスウェルフードセンター、チャイナタウン【シンガポール】

マックスウェルフードセンター、チャイナタウン【シンガポール】

雑誌や新聞など、色んなメディアに取り上げられているようです。人気店なのが伺えます。

スポンサーリンク

チキンライス!鶏肉がツヤツヤしていて、パクチーがモリっと盛られていて、とっても美味しそう?

そしてそして、、、

マックスウェルフードセンター、チャイナタウン【シンガポール】

ゲットしました~!! チキンライス。

これ、サイズ「大」です? 鶏半羽分!? かなり大きいです。。(笑)

お値段、S$12.70。ホーカーズの割りには、なかなかいいお値段。

それもそのはず、3人前くらいあります。重量感もたっぷり。

鶏肉がツヤツヤしていて、パクチーがモリっと盛られていて、とっても美味しそう。

チリソースが添えられています。

マックスウェルフードセンター、チャイナタウン【シンガポール】

まずは、チキンを一口。

おー!ツルンした食感がなんとも言えないです。

チキンはとっても柔らかく、味が染みていて美味しい~~!

鶏肉とは思えないほど柔らかくて、ツルンとしてるので、とても食べやすいです。

そして、ご飯と一緒に。

ご飯は、チキンのゆで汁で炊いているので香りが良く、味が染みていて美味しい。

並んだ甲斐がありました。ほんとにおいしい~!!

食べ進めていくと、若干味に飽きてくるので、パクチーと一緒に食べたり、チリソースをつけて食べると味に変化が出て、また違ったおいしさが楽しめます♪

量が多すぎると思ったのですが、美味しくて、二人でペロっと平らげてしまいましたー★

いや~、行列ができるのも分かります。

 

もう少し、何か食べたいな~ということで、ほかの食べ物を物色。

マックスウェルフードセンター、チャイナタウン【シンガポール】

さっきはご飯ものだったので、今度は麺を。

注文したのは、、、

マックスウェルフードセンター、チャイナタウン【シンガポール】

インド料理に使われるバナナリーフを模したお皿で出てきました。

タイのパッタイのような平麺と、焼きそば?のような細麺が両方入っています。

具は、青菜、もやし、きのこ(エリンギ?)が入っているようでした。

あ、料理名とお値段忘れてしまいました。

マックスウェルフードセンター、チャイナタウン【シンガポール】

それにしても、色が黒くて味濃そう~。

でも、お味は、もちろん美味しかったです!

アジアの麺料理は、ほとんど外すことないですよね。

こちらも完食~!!

あー、満足。お腹いっぱい★

マックスウェルフードセンター、チャイナタウン【シンガポール】

色々な料理が一度に食べられるホーカーズ。

地元の方たちに混じって、美味しいお料理と雰囲気も楽しむことができます。

今回は、ここ『マックスウェル・フードセンター』しか行けませんでしたが、他のホーカーズはまた雰囲気も違うと思うので、色々比べてみたいですね。

スポンサーリンク

◆『マクスウェル・フードセンター』の地図・アクセス

住所:
電話:
営業時間:8:00~2:00

スポンサーリンク

「シンガポール」現地のレストラン・カフェ

ソンファ・バクテー【シンガポール】コショウの効いた絶品バクテー♪
シンガポールの国民食「肉骨茶(バクテー)」。1969年創業の人気店『ソンファ・バクテー(松發肉骨茶:Song Fa Bak Kut Teh )』は、ローカルな雰囲気満載の中、絶品バクテーがいただけます。あっさりしたスープはコショウが効いていて、ホロホロのスペアリブとの相性は抜群!
328カトンラクサ【シンガポール】クリーミーでスパイシーな病みつきラクサ
シンガポール定番料理のひとつ「ラクサ」。プラナカンが多く住んでいた街「カトン」に、ラクサの人気店『328カトンラクサ』はあります。ココナッツミルクとスパイスが効いて、マイルドな辛さが美味しいラクサ。こういったお店で気軽に食べることができます!
ヤクン・カヤトースト【シンガポール】朝食の定番!カリカリトーストとカヤジャムが美味しい
チャイナタウンの中心からはちょっと外れたところ、MRTテロック・エア(Telok Ayer)駅から徒歩3分ほどのところに、カヤトーストのお店『ヤクン・カヤトースト』があります。炭火でカリカリに焼いたトーストに、甘くてクリーミーなカヤジャムは相性抜群!
シンガポールのレストラン『ムトゥースカリー(Muthu's Curry)』@フィッシュヘッドカレーの有名店
シンガポールのリトル・インディア駅から徒歩7分ほどの Race Course Rd. 沿いに『ムトゥースカリー(Muthu's Curry)』はあります。こちらのお店はフィッシュヘッドカレーの有名店で、フィッシュヘッドカレーをメニューに載せた最初のお店だそう。綺麗な店内で、ゆっくり食事をすることができます。
【シンガポール】ホーカーズ「マックスウェル・フードセンター」にあるチキンライスの大人気店
シンガポールには、「ホーカーズ」と呼ばれる、ローカルフードが食べられる屋台が集まったフードコートがいくつもあります。チャイナタウンのホーカーズ『マックスウェル・フードセンター』にある『天天海南鶏飯』は、チキンライスが美味しい大人気店です。
『ジャンボ・シーフード(Jumbo Seafood)』で食べるスパイシーだけどマイルドなお味のチリクラブ@シンガポール
シンガポールの名物料理の一つ、チリクラブ。お値段はちょっと張りますが、シンガポールに行ったら是非食べたい一品です!濃厚で、スパイシーだけどマイルドなお味は、ビールにもとっても合います♪
シンガポールのカフェ『artistry(アーティストリー)』@アラブ・ストリート近くにあるスタイリッシュなカフェ
シンガポール、ブギス駅から歩いてアラブ・ストリートに行く途中、スタイリッシュなおしゃれカフェを見つけました!店内は、『artistry(アーティストリー)』の名のとおり、素敵な写真や絵が飾られていて、テーブル・椅子もアーティスティックでした☆
味香園【シンガポール】ふわふわしっとりの「マンゴースノーアイス」が大人気!
シンガポールのチャイナタウンにあるスイーツ店『味香園』。中国系スイーツと台湾発のスノーアイスが大人気のお店です。常夏の国シンガポールで、ひんやりスイーツは欠かせません!スノーアイスは21種類も!!中国系のスイーツもたくさんあります。
『ロング・バー(LONG BAR)』@ラッフルズホテルにあるシンガポールスリング発祥のお店
シンガポールのホテルといえば、『ラッフルズホテル』。ラッフルズホテルといえば、『ロング・バー(LONG BAR)』の『シンガポールスリング』?ということで、ラッフルズホテルにシンガポールスリングを飲みに行きました!
アジアで食べた現地のお料理《41品》をご紹介!
アジア各国で食べたお料理をご紹介します。ご紹介するのは、タイ、ベトナム、シンガポール、マレーシア、ミャンマー、インドネシア、ラオス、台湾、韓国のお料理。日本にはアジア各国のお店がありますが、現地アジアはやっぱり本場。びっくりするような美味しいお料理や、日本では食べたことがないお料理をいただくことが出来ました★
エスニック料理店マップ|グルメ記事まとめ
地図から探す「エスニック料理」!インド料理(南インド料理・北インド料理)から、タイ料理やベトナム料理などの東南アジアの料理、トルコ料理やモロッコ料理などのアラブやアフリカ料理、ペルー料理やメキシコ料理などの中南米の料理、中華料理や韓国料理、カレー屋さんまで。これぞ!というエスニック料理店をご紹介します★

コメント