ムトゥースカリー(Muthu’s Curry)シンガポール|フィッシュヘッドカレーの有名店

ムトゥースカリー、リトルインディア【シンガポール】 グルメ
記事内に広告が含まれています。

シンガポールのリトル・インディア駅から徒歩7分ほどの Race Course Rd. 沿いに『ムトゥースカリー(Muthu’s Curry)』はあります。

こちらのお店はフィッシュヘッドカレーの有名店で、フィッシュヘッドカレーをメニューに載せた最初のお店だそう。

綺麗な店内で、ゆっくり食事をすることができます。

ムトゥースカリー、リトルインディア【シンガポール】

スポンサーリンク

珍しいフィッシュヘッドカレーをいただけます!

ムトゥースカリー、リトルインディア【シンガポール】

リトル・インディアに行くからには、やっぱりインド料理を!

ってことで、セレクトしたのが、ここ『ムトゥースカリー(Muthu’s Curry)』

フィッシュヘッドカレーの有名店です。

高級感のある外観。期待が膨らみます♪

フィッシュヘッドカレーは、シンガポールのマラヤーリ人(南インドのケララ州出身の民族)のコミュニティが作った料理が起源とされていて、イカンメラー(レッドスナッパーという鯛の一種)の頭を野菜と共に香辛料の聞いたカレーの中で煮込んだ料理で、酸味のあるタマリンドの風味がこの料理の特徴です。

ムトゥースカリー、リトルインディア【シンガポール】

午後の中途半端な時間だったからか、店内は空いていました。

中央にタンドールがあって、タンドリーチキンを焼く様子を見ることができます。

ムトゥースカリー、リトルインディア【シンガポール】

ビュッフェもあるのでしょうか。カレーがたくさん並んでいました。

ムトゥースカリー、リトルインディア【シンガポール】

テラス席もあり、素敵な雰囲気☆

ムトゥースカリー、リトルインディア【シンガポール】

席について注文をすると、バナナの葉っぱがトレーに乗せられ登場!

なんだかワクワクします♪

ムトゥースカリー、リトルインディア【シンガポール】

まだ昼間だけど、ビール飲んじゃいます。

インドカレーには、インドのビール。定番のキングフィッシャーで。

スッキリ爽やかでおいしい。

ムトゥースカリー、リトルインディア【シンガポール】

お通しのパパド。・・・だったかと。注文したのか、お通しだったか失念。。

パリパリお菓子みたいで美味しい!

ビールのおつまみとして、すすんでしまいますが、後で砕いてカレーにかけて食べたいので、全部食べずにとっておきます。

そして、いきなり来ました~!!

スポンサーリンク

どどーんとお魚の頭が!「フィッシュヘッドカレー」の登場です。

ムトゥースカリー、リトルインディア【シンガポール】

「フィッシュヘッドカレー」の登場です。

大きな器にどどーんとお魚の頭が! インパクト凄いです!!

この大きさでも、Sサイズ。お値段 S$22。

ちなみに、Mサイズで S$27、Lサイズで S$32です。

ムトゥースカリー、リトルインディア【シンガポール】

違う角度から(笑)

お魚の上に、パイナップルが3切れ。個人的に、パイナップルはフルーツとして食べたいので、お料理に入っているものは、あまり好みではありません。。

ので、パイナップルはよけて。。

ムトゥースカリー、リトルインディア【シンガポール】

定番「サンバル」も注文(S$3)。そして、ライス(S$3)ですね。

うーん、ライスがインドのパラパラのバスマティライスじゃなくて残念。

ライスには、2種の野菜(アチャールとポリヤル)がついていて、一人ずつ注文するのがマストです(シェアはダメだそうです)。

ムトゥースカリー、リトルインディア【シンガポール】

お店の人が、バナナリーフの上にアチャールとポリヤルを盛ってくれます。

アチャールとは、野菜や果物の漬物(ピクルス)のことです。もともとは、農作物が不作のときのための保存食(非常食)として作られたそう。マスタードオイルをベースにスパイスを加えた漬物です。

ポリヤルは、南インドの蒸し炒めもののこと。基本的な作り方はホールスパイスをテンパリング(油を熱し、スパイスの香りを移す事)して、チャナダル、カレーリーフを加え、野菜を蒸し気味に炒め、ホールスパイスとココナッツを加えます。

キャベツのポリヤルが出てくることが多い気がしますが、カリフラワー、インゲン、カボチャなど、なんでもありです。

ムトゥースカリー、リトルインディア【シンガポール】

バナナリーフの上にご飯を乗せて、魚の身をほぐしたカレーをかけます。

大きいオクラも入っています。オクラの入ったカレー、好きです♪

ひと口パクっと。。

おー、美味しい!

魚がフワっとしていて、タマリンドの酸味とカレーの辛味が合います!!

お魚のカレーは好きなので、これは好きなお味。

ただ、結構辛いです。

ムトゥースカリー、リトルインディア【シンガポール】

サンバルに、アチャール、ポリヤル、砕いたパパドも混ぜて混ぜていただきます。

色々混ぜても、不思議とまとまった味になります。

おいしい~♪けど、辛い!けど、美味しい♪ の繰り返しでした(笑)

ムトゥースカリー、リトルインディア【シンガポール】

フィッシュヘッドカレー、かなり豪華な感じ☆

でも、この量は二人では食べきれず、もったいないけど、残してしまいました。。

あ、そういえば、ラッサムも注文していたのですが、オーダーが入ってなかったのか来ませんでした。でも、お腹いっぱいなので、いっかー。

満腹、満足でお会計をして、ふとレシートを見たら、なんとラッサムの料金も入ってるではありませんか!

まぁ、S$3だけなのでいいんですけど、一応言いました。ラッサムは注文したけど来なかったと。

すると、おつりがなかったのか、レジの前に売っている商品がちょうど S$3だったので、これを買わないかと。なんとー!さすが、インド人(!?)

いやいや、それはいらないと言ったら、面倒くさそうに事務所におつりを取りに行って、無事3ドルが返ってきました(笑)

『ムトゥースカリー(Muthu’s Curry)』。最後に、あれっ?ていう事が起こりましたが、美味しいカレーが食べられて満足でした。

スポンサーリンク

◆『ムトゥースカリー(Muthu’s Curry)』の地図・アクセス

住所:1-01, 138 Race Course Rd.
電話:(65)6392 1722
営業時間:10:30~22:30

スポンサーリンク

「シンガポール」現地のレストラン・カフェ

ソンファ・バクテー(シンガポール)|コショウの効いた絶品バクテー♪
シンガポールの国民食「肉骨茶(バクテー)」。1969年創業の人気店『ソンファ・バクテー(松發肉骨茶:Song Fa Bak Kut Teh )』は、ローカルな雰囲気満載の中、絶品バクテーがいただけます。あっさりしたスープはコショウが効いていて、ホロホロのスペアリブとの相性は抜群!
328カトンラクサ(シンガポール)|クリーミーでスパイシーな病みつきラクサ
シンガポール定番料理のひとつ「ラクサ」。プラナカンが多く住んでいた街「カトン」に、ラクサの人気店『328カトンラクサ』はあります。ココナッツミルクとスパイスが効いて、マイルドな辛さが美味しいラクサ。こういったお店で気軽に食べることができます!
ヤクン・カヤトースト(シンガポール)|カリカリトーストとカヤジャムが美味しい
チャイナタウンの中心からはちょっと外れたところ、MRTテロック・エア(Telok Ayer)駅から徒歩3分ほどのところに、カヤトーストのお店『ヤクン・カヤトースト』があります。炭火でカリカリに焼いたトーストに、甘くてクリーミーなカヤジャムは相性抜群!
ムトゥースカリー(Muthu's Curry)シンガポール|フィッシュヘッドカレーの有名店
シンガポールのリトル・インディア駅から徒歩7分ほどの Race Course Rd. 沿いに『ムトゥースカリー(Muthu's Curry)』はあります。こちらのお店はフィッシュヘッドカレーの有名店で、フィッシュヘッドカレーをメニューに載せた最初のお店だそう。綺麗な店内で、ゆっくり食事をすることができます。
天天海南鶏飯(シンガポール)|マックスウェル・フードセンターでチキンライスを賞味
シンガポールには、「ホーカーズ」と呼ばれる、ローカルフードが食べられる屋台が集まったフードコートがいくつもあります。チャイナタウンのホーカーズ『マックスウェル・フードセンター』にある『天天海南鶏飯』は、チキンライスが美味しい大人気店です。
ジャンボ・シーフード(シンガポール)|スパイシーだけどマイルドなお味のチリクラブ
シンガポールの名物料理の一つ、チリクラブ。お値段はちょっと張りますが、シンガポールに行ったら是非食べたい一品です!濃厚で、スパイシーだけどマイルドなお味は、ビールにもとっても合います♪
artistry(シンガポール)|アラブ・ストリート近くにあるスタイリッシュなカフェ
シンガポール、ブギス駅から歩いてアラブ・ストリートに行く途中、スタイリッシュなおしゃれカフェを見つけました!店内は、『artistry(アーティストリー)』の名のとおり、素敵な写真や絵が飾られていて、テーブル・椅子もアーティスティックでした☆
味香園(シンガポール)|ふわふわしっとりの「マンゴースノーアイス」が大人気!
シンガポールのチャイナタウンにあるスイーツ店『味香園』。中国系スイーツと台湾発のスノーアイスが大人気のお店です。常夏の国シンガポールで、ひんやりスイーツは欠かせません!スノーアイスは21種類も!!中国系のスイーツもたくさんあります。
ロング・バー(LONG BAR)|ラッフルズホテルにあるシンガポールスリング発祥のお店
シンガポールのホテルといえば、『ラッフルズホテル』。ラッフルズホテルといえば、『ロング・バー(LONG BAR)』の『シンガポールスリング』?ということで、ラッフルズホテルにシンガポールスリングを飲みに行きました!
アジアで食べた現地のお料理《41品》をご紹介!
アジア各国で食べたお料理をご紹介します。ご紹介するのは、タイ、ベトナム、シンガポール、マレーシア、ミャンマー、インドネシア、ラオス、台湾、韓国のお料理。日本にはアジア各国のお店がありますが、現地アジアはやっぱり本場。びっくりするような美味しいお料理や、日本では食べたことがないお料理をいただくことが出来ました★
エスニック料理店マップ|グルメ記事まとめ
地図から探す「エスニック料理」!インド料理(南インド料理・北インド料理)から、タイ料理やベトナム料理などの東南アジアの料理、トルコ料理やモロッコ料理などのアラブやアフリカ料理、ペルー料理やメキシコ料理などの中南米の料理、中華料理や韓国料理、カレー屋さんまで。これぞ!というエスニック料理店をご紹介します★

コメント