328カトンラクサ(シンガポール)|クリーミーでスパイシーな病みつきラクサ

328カトンラクサ【シンガポール】 グルメ
記事内に広告が含まれています。

シンガポール定番料理のひとつ「ラクサ」。

プラナカンが多く住んでいた街「カトン」に、ラクサの人気店『328カトンラクサ』はあります。

ココナッツミルクとスパイスが効いて、マイルドな辛さが美味しいラクサ。こういったお店で気軽に食べることができます!

スポンサーリンク

プラナカンが多く住んでいた街「カトン」にあるラクサの人気店

シンガポールの中心部からはちょっと離れた街「カトン」は、プラナカン文化が残る街です。

『328カトンラクサ』は、そのカトンの南のイースト・コースト・ロード沿いにあります。

朝ごはんにラクサを食べようと、到着したのは10時前。ガイドブックには、朝9時からオープンと書いてあったのですが、この日金曜日は10時オープンとのこと。10分ほど時間を潰して待ちます。

328カトンラクサ【シンガポール】

328カトンラクサ【シンガポール】

10時過ぎにお店に戻ると、電気がついて開店していました!

店内と、お店の外にもテーブルが並べられています。混んでいるときは、この周りの席もいっぱいになるのかもしれませんね。

328カトンラクサ【シンガポール】

看板には、日本語も!

店内に入ります。

328カトンラクサ【シンガポール】

シンプルでキレイな店内。

オープン直後の店内は、地元の人と思われるお客さんが1組だけいました。

328カトンラクサ【シンガポール】

328カトンラクサ【シンガポール】

壁には、たくさんの写真が! 外の看板にも写真が載っていた女性の店主でしょうか。たくさんの有名人と思われる人との写真が並べられています。

新聞にも、たくさん記事が載ったようです。朝日新聞の記事も。

やはり人気店なんですね☆

328カトンラクサ【シンガポール】

お店の奥にはカウンターがあり、ここで注文をして、料金は先払いです。

328カトンラクサ【シンガポール】

メニューは、ラクサ・バナナの葉っぱに包まれたナシレマ・オターのみ。

「ラクサ」・・・シンガポールやマレーシアでポピュラーに食べられている麺料理。シンガポールでは、ココナッツミルクをベースとしたスパイシーなスープに、米麺が入っています。ダシはエビなどの海鮮からとられ、豚肉が使用されていないので、ムスリム系の人々にも広く食べられている料理です。

「ナシレマ」・・・マレーシアの定番朝食の一つで、ココナッツミルクで炊いたご飯にイカンビリスというアンチョビを揚げたもの、揚げピーナッツ、キュウリ、ゆで卵、そしてサンバルというチリソースを混ぜて食べます。シンガポールではナシレマというと、これにフライドチキンや魚団子、野菜のおかずなどを加えたものが一般的なようです。

「オター」・・・魚のすり身をバナナの葉に包んで焼いた、シンガポール風かまぼこ。

スポンサーリンク

クリーミーだけどスパイシー!そのバランスが絶妙な「ラクサ」

328カトンラクサ【シンガポール】

ラクサ(Small)S$5.00

注文したのは、ラクサとコーラ。

カウンターから呼ばれ、受け取りに行きます。

「ん?お箸がない。。」「チョップスティックス プリーズ!」

すると、「ノーチョップスティックス!」と。 お箸ではなく、このレンゲで食べるようです。

え?麺料理なのに、スプーンだけじゃ食べられないでしょ。と思いつつ、レンゲで麺をすくってみると、なるほど、短い麺なんですね。レンゲで食べられます(笑)

328カトンラクサ【シンガポール】

ココナッツミルクベースなのでクリーミーなんだけれど、スパイシー。このバランスが絶妙です!

海老などの海鮮からとれたダシが効いていて、なんとも深いコクがあって美味しい。

麺が短いので食べやすいし、レンゲで麺とスープを一緒に食べることができます。

328カトンラクサ【シンガポール】コーラ S$1.60

ラクサにコーラ、合うような合わないような・・・

 

こちらのお店、テイクアウトもできるらしく、食べている間に3組くらい持ち帰りをしているお客さんがいました。

この『328カトンラクサ』があるイースト・コースト・ロードには、ラクサのお店が集中しているそうです。他のお店のラクサと食べ比べもしてみたいですね。

スポンサーリンク

◆『328カトンラクサ(328Katong Laksa)』の地図・アクセス

住所:51/53 East Coast Rd.
電話:(65)9732-8163
営業時間:9:00~22:00

スポンサーリンク

「シンガポール」現地のレストラン・カフェ

ソンファ・バクテー(シンガポール)|コショウの効いた絶品バクテー♪
シンガポールの国民食「肉骨茶(バクテー)」。1969年創業の人気店『ソンファ・バクテー(松發肉骨茶:Song Fa Bak Kut Teh )』は、ローカルな雰囲気満載の中、絶品バクテーがいただけます。あっさりしたスープはコショウが効いていて、ホロホロのスペアリブとの相性は抜群!
328カトンラクサ(シンガポール)|クリーミーでスパイシーな病みつきラクサ
シンガポール定番料理のひとつ「ラクサ」。プラナカンが多く住んでいた街「カトン」に、ラクサの人気店『328カトンラクサ』はあります。ココナッツミルクとスパイスが効いて、マイルドな辛さが美味しいラクサ。こういったお店で気軽に食べることができます!
ヤクン・カヤトースト(シンガポール)|カリカリトーストとカヤジャムが美味しい
チャイナタウンの中心からはちょっと外れたところ、MRTテロック・エア(Telok Ayer)駅から徒歩3分ほどのところに、カヤトーストのお店『ヤクン・カヤトースト』があります。炭火でカリカリに焼いたトーストに、甘くてクリーミーなカヤジャムは相性抜群!
ムトゥースカリー(Muthu's Curry)シンガポール|フィッシュヘッドカレーの有名店
シンガポールのリトル・インディア駅から徒歩7分ほどの Race Course Rd. 沿いに『ムトゥースカリー(Muthu's Curry)』はあります。こちらのお店はフィッシュヘッドカレーの有名店で、フィッシュヘッドカレーをメニューに載せた最初のお店だそう。綺麗な店内で、ゆっくり食事をすることができます。
天天海南鶏飯(シンガポール)|マックスウェル・フードセンターでチキンライスを賞味
シンガポールには、「ホーカーズ」と呼ばれる、ローカルフードが食べられる屋台が集まったフードコートがいくつもあります。チャイナタウンのホーカーズ『マックスウェル・フードセンター』にある『天天海南鶏飯』は、チキンライスが美味しい大人気店です。
ジャンボ・シーフード(シンガポール)|スパイシーだけどマイルドなお味のチリクラブ
シンガポールの名物料理の一つ、チリクラブ。お値段はちょっと張りますが、シンガポールに行ったら是非食べたい一品です!濃厚で、スパイシーだけどマイルドなお味は、ビールにもとっても合います♪
artistry(シンガポール)|アラブ・ストリート近くにあるスタイリッシュなカフェ
シンガポール、ブギス駅から歩いてアラブ・ストリートに行く途中、スタイリッシュなおしゃれカフェを見つけました!店内は、『artistry(アーティストリー)』の名のとおり、素敵な写真や絵が飾られていて、テーブル・椅子もアーティスティックでした☆
味香園(シンガポール)|ふわふわしっとりの「マンゴースノーアイス」が大人気!
シンガポールのチャイナタウンにあるスイーツ店『味香園』。中国系スイーツと台湾発のスノーアイスが大人気のお店です。常夏の国シンガポールで、ひんやりスイーツは欠かせません!スノーアイスは21種類も!!中国系のスイーツもたくさんあります。
ロング・バー(LONG BAR)|ラッフルズホテルにあるシンガポールスリング発祥のお店
シンガポールのホテルといえば、『ラッフルズホテル』。ラッフルズホテルといえば、『ロング・バー(LONG BAR)』の『シンガポールスリング』?ということで、ラッフルズホテルにシンガポールスリングを飲みに行きました!
アジアで食べた現地のお料理《41品》をご紹介!
アジア各国で食べたお料理をご紹介します。ご紹介するのは、タイ、ベトナム、シンガポール、マレーシア、ミャンマー、インドネシア、ラオス、台湾、韓国のお料理。日本にはアジア各国のお店がありますが、現地アジアはやっぱり本場。びっくりするような美味しいお料理や、日本では食べたことがないお料理をいただくことが出来ました★
エスニック料理店マップ|グルメ記事まとめ
地図から探す「エスニック料理」!インド料理(南インド料理・北インド料理)から、タイ料理やベトナム料理などの東南アジアの料理、トルコ料理やモロッコ料理などのアラブやアフリカ料理、ペルー料理やメキシコ料理などの中南米の料理、中華料理や韓国料理、カレー屋さんまで。これぞ!というエスニック料理店をご紹介します★

コメント