【ピーオー(Pe Aor)】美味すぎ!バンコクで一番のトムヤムクンヌードル

成田~バンコク~【ザンジバル①】 グルメ
記事内に広告が含まれています。

タイ料理と言えば、「トムヤムクン」(エビ入りトムヤムスープ)♪

その「トムヤム」と庶民の日常食「タイラーメン」をミックスさせた「トムヤムラーメン(クイッティアオ・トムヤム)」は、本場タイでも大人気!

そんな「トムヤムラーメン」の美味しいお店、それも行列のできる超人気店がバンコクにあると言うので、行ってみることにしました★

お店の名前は『ピーオー(Pe Aor)』(ラーンピーオー(Larn Pii Ao:พี่อ้อ ก๋วยเตี๋ยวต้มย))

タイ本国を始め、香港や中国、日本など各国のメディアでも“バンコク一番のトムヤムラーメン”として紹介されているお店です。

場所はBTSのラチャテウイ駅、またはパヤタイ駅から徒歩8分ほど。庶民的な飲食店が建ち並ぶペッブリー通りソイ5にあります。

スポンサーリンク

ローカルな界隈に行列あり!エビの旨味たっぷりの絶品トムヤムクンラーメン!

成田~バンコク~【ザンジバル①】『ピーオー(Pe Aor)』のある通り

 

『ピーオー(Pe Aor)』のあるペッブリー通りソイ5です。

普通だったら外国人旅行者はおろか、タイの人も地元民くらいしか訪れなさそうな場所なのですが、『ピーオー(Pe Aor)』の店舗の前には行列が出来ていました!

成田~バンコク~【ザンジバル①】『ピーオー(Pe Aor)』の外観

成田~バンコク~【ザンジバル①】The Best “Tom yum kung”Noodle in Bangkok

 

こちらが、『ピーオー(Pe Aor)』の店構え。

外観は普通のタイの食堂っていう雰囲気ですが、英語や中国語の表記があって、観光客の訪問が多いことがうかがえます。

訪問したのは土曜のディナータイム(19時頃)。お店の前には中国人らしき人が7,8人くらい並んでおり、30人ほどは入りそうな店内も満席状態。

噂通り、かなりの人気店です★

成田~バンコク~【ザンジバル①】『ピーオー(Pe Aor)』の店内

 

『ピーオー(Pe Aor)』の店内です。

店内へは20分ほどの待ち時間で入れました。

お客さんは、地元タイ人と、それと中国人旅行者が結構いる印象。

若者率が結構高めですが、家族連れもいました。

店員さんにメニューを渡され、さっそく、注文するものを決めます。

成田~バンコク~【ザンジバル①】『ピーオー(Pe Aor)』のトムヤムヌードルメニュー

 

こちらが、『ピーオー(Pe Aor)』のトムヤムヌードルメニュー。

結構メニュー数多いです!

エビや魚、イカ、貝、ポークミンチ、マッシュルーム、ゆで卵など具材のバリエーションが豊富で選ぶのに迷います。

だいたいお値段は、50〜100バーツ(169〜338円)くらいですが、メニューの右下にとんでもない一品が!!

「Lobster and the gang」、999バーツ(3,383円)!!!

なんと、ロブスターが丸ごと一匹入ったトムヤムラーメンです★

この「Lobster and the gang」、頼んでいる人いましたが、器がめちゃくちゃでかくて、3人前くらいの分量はありそう。

かなり食べてみたい気がしましたが、今回は1人での訪問だったので、次回訪問の楽しみにとっておくことにしました。

今回注文したのは、「トムヤムクンヌードル(prawn,marinate pork,boiled egg)」80バーツ(270円)です。

成田~バンコク~【ザンジバル①】ヌードル以外の一品料理も豊富

 

この『ピーオー(Pe Aor)』、トムヤムラーメン以外のメニューも豊富。

“非常美味”って書いてある「Grilled golden needle mushrooms wrapped with bacon dip green chilli sauce」がかなり美味そうで、店員さんに注文してみましたが、残念ながら本日は作れないのだとのこと。

こちらも、次回訪問の楽しみにとっておくことにします。

スポンサーリンク

酸味と辛味、甘み、エビの出汁の旨味のマッチングが最高のトムヤムスープ★

成田~バンコク~【ザンジバル①】「トムヤムクンヌードル(prawn,marinate pork,boiled egg)」80バーツ

 

さて、しばらくすると、注文した「トムヤムクンヌードル(prawn,marinate pork,boiled egg)」が運ばれてきました〜♪

オーダーからサーブまでは結構早かったです。

さっそくいただきましょう〜♪

成田~バンコク~【ザンジバル①】エビの旨味たっぷりの濃厚なトムヤムスープ

 

まずは、スープをずずっと。

濃厚なスープには、ココナッツミルクたっぷり。そして、細かなエビのかけらがザクザク入っていて、ハーブ類の風味もしっかり効いています。

辛さはそれほどないですが、酸味と辛味、甘み、エビの出汁の旨味のマッチングが最高★

さすが、“バンコク一番のトムヤムラーメン”!めちゃくちゃ美味しいです!!『ピーオー(Pe Aor)』のトムヤムクンラーメン♪

成田~バンコク~【ザンジバル①】プリプリのエビと食べ応えのあるポークマリネ

 

さて、お次は麺と具材。

麺は、米の細麺(センレック)と中華麺(バミー)を選べるという情報だったのですが、注文時に麺指定を聞かれることはなく、自動的にセンレックで出てきました。

センレックとトムヤムスープの相性はもちろんベストマッチですが、ちょっと麺の量が少ないのが物足りなかったかな。

具材は、プリプリのエビとゆで卵、そして、スパイスの効いたポークマリネがなかなか美味しかったです。

美味い美味い!と思わずひとり言を言いながら、具材も麺もスープもあっという間に残らず完食!!

大満足のお味でした〜!『ピーオー(Pe Aor)』のトムヤムクンラーメン♪

成田~バンコク~【ザンジバル①】BTSのラチャテウイ駅

 

今回、『ピーオー(Pe Aor)』のお店へは、BTSのラチャテウイ駅から行きました。

まず、BTSのラチャテウイ駅を出て北へ。ペチャブリー通り(Phetchaburi Rd)の交差点にぶつかります。そこを左折。

成田~バンコク~【ザンジバル①】ペチャブリー通り(Phetchaburi Rd)からソイ7を右折

 

ペチャブリー通りを進み、ムスリム料理店などを右手に見ながら進むと、上の写真のソイ7の案内板が見えます。このソイ7を右折。

成田~バンコク~【ザンジバル①】ソイ7の風景

 

超ローカルな雰囲気のソイ7の風景。

夜などは薄暗くて、ちょっと怖い感じもしますが、全然問題ありません。

ソイ7を少し歩いて最初のT字路を左折。

成田~バンコク~【ザンジバル①】『ピーオー(Pe Aor)』の店舗

 

T字路を左折すると、ローカルな食堂がたくさんある通りとなり、しばらく歩くと右手に現れる赤い看板のお店が『ピーオー(Pe Aor)』です。

行列が出来ているので、すぐにわかると思います。

 

“バンコク一番のトムヤムラーメン”との噂名高いお店『ピーオー(Pe Aor)』

評判は本当でした♪

ちょっと行きづらい場所にありますが、わざわざ足を運ぶ価値は十二分にあります★

次回訪問時は、ぜひとも、ロブスター丸ごと一匹入った「Lobster and the gang」(999バーツ:3,383円)に挑戦してみたいです!

スポンサーリンク

◆『ピーオー(Pe Aor)』の地図・アクセス

  • 住所:68, 51 Phetchaburi Rd, Khwaeng Thung Phaya Thai, Khet Ratchathewi, Krung Thep Maha Nakhon 10400 タイ
  • 電話:+66 2 612 9013
  • 営業時間:10:00~21:00

スポンサーリンク

「タイ・ラオス」現地のレストラン・カフェ

バンコクのお店

【ピーオー(Pe Aor)】美味すぎ!バンコクで一番のトムヤムクンヌードル
「トムヤムラーメン」の美味しいお店、それも行列のできる超人気店がバンコクにあると言うので、行ってみることにしました★。お店の名前は『ピーオー(Pe Aor)』。タイ本国を始め、香港や中国、日本など各国のメディアでも“バンコク一番のトムヤムラーメン”として紹介されているお店です。
バーンメーユイ(Baan mae yui)【タイ・バンコク】お洒落な店内でいただく、極上のトムヤムクンナムコン
本場バンコクには、数多くのトムヤムクンの名店がありますが、ここ最近、「トムヤムクン」が絶品と評判を集めているお店があるというので行ってみることにしました。お店の名前は、『バーンメーユイ(Baan mae yui)』。地元バンコクっ子の舌をも唸らせる、レベルの高いタイ料理をいただけるお店です。
タイ・バンコクのレストラン『トムヤムクン・バンランプー』@屋台風のお店で頂く海老味噌たっぷりの濃厚トムヤムクン
タイの首都バンコクで食べた美味しいトムヤムクンをご紹介。お店の名前は『トムヤムクン・バンランプー』。旅行者の集まるカオサン通り近くにある屋台風のお店。カオサンに宿を取る日本人旅行者に大人気のお店です。
【閉店】タイ・バンコクのレストラン『Forget Me Not(フォーゲット・ミー・ノット)』@ママー麺入りのトムヤム鍋が絶品!
MRTサムヤーン駅から徒歩5分ほどの場所にある海鮮タイ料理店『Forget Me Not』。新鮮な海鮮をたっぷり使ったどんぶりやママー麺入りのトムヤム鍋は絶品中の絶品です★ バンコクに行ったら、ぜひ、訪問してみることをオススメします。
『サラヴァナバワン バンコク店』世界最大の南インド料理店のミールスをバンコクでいただく★
タイの首都バンコクの中心部、シーロム通り沿いにある「バーン・シーロム・アーケード」の一角に、南インド料理店『サラヴァナバワン バンコク店』はあります。この「サラヴァナバワン」、世界中に支店のある南インド料理店。本場南インド、タミル地方のスタンダードなミールスをバンコクでいただけるお店です★

チェンマイのお店

エスピー・チキン【タイ・チェンマイ】満足の美味しさ!絶品ガイヤーンやソムタムがいただける食堂
チェンマイでもっとも格式が高い寺院「ワット・プラシン」と、「オアシス・スパ」の間の道を入ったところに、美味しいガイヤーンがいただける食堂『エスピー・チキン』があります。パリっとした皮が美味で、ガイヤーン以外の東北料理もとっても美味しい!店頭の鶏の丸焼きが目印です。
キャット・オーチャー【タイ・チェンマイ】地元でも人気のカオマンガイの有名店
チェンマイ旧市街にある、カオマンガイのお店『キャット・オーチャー』。地元の人や、観光客でいっぱいになる人気店です。カオマンガイと一緒に人気なのが、店頭で焼いている豚の串焼き(ムーサテ)で、こちらも必食です。
トーン(tong)【タイ・チェンマイ】おしゃれエリア「ニマンヘミン」にある行列のできる北タイ料理店
チェンマイ旧市街西側の、チェンマイの青山と言われているエリア「ニマンヘミン」に、ローカルに大人気で行列のできる北タイ料理のお店『トーン(tong)』はあります。テラス席もある雰囲気のいいオープンな店内は、とても気持ちよく食事をすることができます。
カオソーイ・ニマン【タイ・チェンマイ】辛さ控えめで食べやすい! ニマンヘミンの人気カオソーイ屋さん
チェンマイに来たら、カオソーイは必食!ってことで訪問したのは、おしゃれエリア ”ニマンヘミン” にある『カオソーイ・ニマン』。リゾート風のおしゃれな店内で比較的辛さ控えめで、日本人のお口に合うカオソーイがいただけます。
フアン・ペン【タイ・チェンマイ】北タイ料理が勢ぞろいしたプレート「カントーク」を堪能!
タイ北部の古都チェンマイにある北タイ料理専門店『フアン・ペン』(Huen Phen)。数種類の北タイ料理が丸いお盆の上に載ったチェンマイ名物の「カントーク」(ขันโตก)は、チェンマイに来たなら必ず食べるべきお料理のひとつです。バラエティに富んだタイ北部のお料理を存分に堪能することができます★
ジョーク・ソムペット【タイ・チェンマイ】チェンマイで大人気のお粥屋さん★年中無休・24時間営業!
タイ北部の古都チェンマイにあるタイ風お粥(ジョーク)の専門店『ジョーク・ソムペット』。庶民の定食屋といった雰囲気のこのお店、実は、地元タイ人のみならず、世界中から観光客が食べに訪れる超人気店★しかも、このお店、年中無休で24時間営業!美味しいし、超使えるお店です♪
DECK1(デックワン)【タイ・チェンマイ】ピン川を眺めながらいただくフュージョンタイ料理
タイ・チェンマイ旧市街の東側に位置するピン川沿いには、おしゃれなレストランやカフェがたくさんあります。チェンマイ最終日のディナーに伺ったのは、リバーサイドに建つ『DECK1』です。とても素敵で高級感のある雰囲気のレストランで、フュージョンタイ料理をいただきました。

ラオスのお店

コメント