カオソーイ・ニマン【タイ・チェンマイ】辛さ控えめで食べやすい! ニマンヘミンの人気カオソーイ屋さん

カオソイニマン【タイ・チェンマイ⑤】 グルメ
記事内に広告が含まれています。

チェンマイに来たら、カオソーイは必食!ってことで訪問したのは、おしゃれエリア ”ニマンヘミン” にある『カオソーイ・ニマン』

リゾート風のおしゃれな店内で、比較的辛さ控えめで、日本人のお口に合うカオソーイがいただけます。

スポンサーリンク

おしゃれなカオソーイ屋さん

ニマンヘミンの北タイ料理の人気店『トーン(Tong)』で軽くランチをした後、チェンマイに来てまだカオソーイを食べてなかったので、ネットで調べ、ニマンヘミンにある『カオソーイ・ニマン』に行きました。

カオソーイを食べるお腹の余裕はあります!

ニマンヘミン通りから Soi7 を入ったところにあるはずなのですが、最初なかなか見つけられませんでした。

通りの屋台のおばちゃんに聞いて、あっちの方だと教えてもらいました。

ネットで見た地図だと、ほぼニマンヘミン通り沿いに近いところだと思ったのですが、実際は、Soi7 を結構歩いたところにお店はありました。うーん、違うお店の地図を見ていたのだろうか。。

カオソイニマン【タイ・チェンマイ⑤】

Soi7 に入って、多分4~5分は歩いたような気が。。

やっと看板を見つけ、一安心。

カオソイニマン【タイ・チェンマイ⑤】

なんか、おしゃれっぽい♪

さすがニマンヘミンにあるお店ですね。

なんとなくリゾートを思わせるようなオープンで爽やかな雰囲気です。

カオソイニマン【タイ・チェンマイ⑤】

正面入って右手側は、ハイチェアタイプの席で、足の長い欧米人が絵になります。

とても素敵な店内。

カオソイニマン【タイ・チェンマイ⑤】

カオソイニマン【タイ・チェンマイ⑤】

メニューを見ると、カオソーイだけで何種類もあります。

お肉やシーフード、チェンマイ名物 ”サイウア(ソーセージ)” が入ったものもあります。

お値段は69~89バーツ。

旧市街だと50バーツほどで食べられるそうですが、やはりおしゃれエリアのこの雰囲気だと、若干お値段も上がるようです。

カオソイニマン【タイ・チェンマイ⑤】

注文をしようと思ったら、「ドリンクは?」と聞かれ、別にいらなかったのですが、隣のテーブルのタイ人も飲んでいるココナッツウォーターをすすめられ、見た目が面白そうだったので、頼んでみました。

カオソーイと同じ値段の69バーツ! 巨大なカップで登場しました。

カオソイニマン【タイ・チェンマイ⑤】

開けてみると、ココナッツウォーターの中にココナッツの果肉が丸ごとドーンと入っています。

タイ人の方は、このココナッツを美味しそうに全部たいらげていましたが、味があるんだかないんだか、微妙な感じのココナッツの果肉は、ちょっと食べただけで残してしまいました。。

ココナッツウォーターだけいただきました。

スポンサーリンク

ツルツル麺と揚げた麺の食感の違いが楽しい「カオソーイ」

カオソイニマン【タイ・チェンマイ⑤】

そして、カオソーイの登場です!

「Kao Soi Moo Tod (豚肉のカオソーイ)」(69バーツ)です。

ちなみに、カオソーイは、タイ北部とラオス北部で広く食べられている麺料理で、初めミャンマーからラオス北部に伝わり、その後ラオス北部からタイ北部に広がったそうです。

タイのカオソーイは、ココナッツミルクを加えたカレースープにツルツルの卵麺が入っていてい、その上に揚げた卵麺が乗っかっています。

カオソイニマン【タイ・チェンマイ⑤】

見た目もきれいで美味しそう♪

付け合わせの玉ねぎを少し入れて、ライムを絞っていただきます!

ココナッツミルクが入っているので、辛みが抑えられて、マイルドなお味。

今回の旅行では、カオソーイはこのお店でしか食べなかったので、他と比べられませんが、他の方のブログなどを見ていると、「カオソーイ・ニマン」は他のお店と比べて辛さ控えめの食べやすいカオソーイだとのこと。

麺ののど越しもよく、ツルツル麺と揚げた麺の食感の違いのバランスもよく、とても美味しかったです。

豚肉も軽く揚がっていて、麺にとても合いました。

カオソイニマン【タイ・チェンマイ⑤】

ニマンヘミン散策中に小腹が空いたら、このカオソーイをサクっと食べたいですね♪

スポンサーリンク

◆『カオソーイ・ニマン』の地図・アクセス

  • 住所:Nimmana Haeminda Rd Lane 7, Tambon Su Thep, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50200 タイ
  • 電話:+66 53 894 881
  • 営業時間:11:00~20:00

スポンサーリンク

「タイ・ラオス」現地のレストラン・カフェ

バンコクのお店

【ピーオー(Pe Aor)】美味すぎ!バンコクで一番のトムヤムクンヌードル
「トムヤムラーメン」の美味しいお店、それも行列のできる超人気店がバンコクにあると言うので、行ってみることにしました★。お店の名前は『ピーオー(Pe Aor)』。タイ本国を始め、香港や中国、日本など各国のメディアでも“バンコク一番のトムヤムラーメン”として紹介されているお店です。
バーンメーユイ(Baan mae yui)【タイ・バンコク】お洒落な店内でいただく、極上のトムヤムクンナムコン
本場バンコクには、数多くのトムヤムクンの名店がありますが、ここ最近、「トムヤムクン」が絶品と評判を集めているお店があるというので行ってみることにしました。お店の名前は、『バーンメーユイ(Baan mae yui)』。地元バンコクっ子の舌をも唸らせる、レベルの高いタイ料理をいただけるお店です。
タイ・バンコクのレストラン『トムヤムクン・バンランプー』@屋台風のお店で頂く海老味噌たっぷりの濃厚トムヤムクン
タイの首都バンコクで食べた美味しいトムヤムクンをご紹介。お店の名前は『トムヤムクン・バンランプー』。旅行者の集まるカオサン通り近くにある屋台風のお店。カオサンに宿を取る日本人旅行者に大人気のお店です。
【閉店】タイ・バンコクのレストラン『Forget Me Not(フォーゲット・ミー・ノット)』@ママー麺入りのトムヤム鍋が絶品!
MRTサムヤーン駅から徒歩5分ほどの場所にある海鮮タイ料理店『Forget Me Not』。新鮮な海鮮をたっぷり使ったどんぶりやママー麺入りのトムヤム鍋は絶品中の絶品です★ バンコクに行ったら、ぜひ、訪問してみることをオススメします。
『サラヴァナバワン バンコク店』世界最大の南インド料理店のミールスをバンコクでいただく★
タイの首都バンコクの中心部、シーロム通り沿いにある「バーン・シーロム・アーケード」の一角に、南インド料理店『サラヴァナバワン バンコク店』はあります。この「サラヴァナバワン」、世界中に支店のある南インド料理店。本場南インド、タミル地方のスタンダードなミールスをバンコクでいただけるお店です★

チェンマイのお店

エスピー・チキン【タイ・チェンマイ】満足の美味しさ!絶品ガイヤーンやソムタムがいただける食堂
チェンマイでもっとも格式が高い寺院「ワット・プラシン」と、「オアシス・スパ」の間の道を入ったところに、美味しいガイヤーンがいただける食堂『エスピー・チキン』があります。パリっとした皮が美味で、ガイヤーン以外の東北料理もとっても美味しい!店頭の鶏の丸焼きが目印です。
キャット・オーチャー【タイ・チェンマイ】地元でも人気のカオマンガイの有名店
チェンマイ旧市街にある、カオマンガイのお店『キャット・オーチャー』。地元の人や、観光客でいっぱいになる人気店です。カオマンガイと一緒に人気なのが、店頭で焼いている豚の串焼き(ムーサテ)で、こちらも必食です。
トーン(tong)【タイ・チェンマイ】おしゃれエリア「ニマンヘミン」にある行列のできる北タイ料理店
チェンマイ旧市街西側の、チェンマイの青山と言われているエリア「ニマンヘミン」に、ローカルに大人気で行列のできる北タイ料理のお店『トーン(tong)』はあります。テラス席もある雰囲気のいいオープンな店内は、とても気持ちよく食事をすることができます。
カオソーイ・ニマン【タイ・チェンマイ】辛さ控えめで食べやすい! ニマンヘミンの人気カオソーイ屋さん
チェンマイに来たら、カオソーイは必食!ってことで訪問したのは、おしゃれエリア ”ニマンヘミン” にある『カオソーイ・ニマン』。リゾート風のおしゃれな店内で比較的辛さ控えめで、日本人のお口に合うカオソーイがいただけます。
フアン・ペン【タイ・チェンマイ】北タイ料理が勢ぞろいしたプレート「カントーク」を堪能!
タイ北部の古都チェンマイにある北タイ料理専門店『フアン・ペン』(Huen Phen)。数種類の北タイ料理が丸いお盆の上に載ったチェンマイ名物の「カントーク」(ขันโตก)は、チェンマイに来たなら必ず食べるべきお料理のひとつです。バラエティに富んだタイ北部のお料理を存分に堪能することができます★
ジョーク・ソムペット【タイ・チェンマイ】チェンマイで大人気のお粥屋さん★年中無休・24時間営業!
タイ北部の古都チェンマイにあるタイ風お粥(ジョーク)の専門店『ジョーク・ソムペット』。庶民の定食屋といった雰囲気のこのお店、実は、地元タイ人のみならず、世界中から観光客が食べに訪れる超人気店★しかも、このお店、年中無休で24時間営業!美味しいし、超使えるお店です♪
DECK1(デックワン)【タイ・チェンマイ】ピン川を眺めながらいただくフュージョンタイ料理
タイ・チェンマイ旧市街の東側に位置するピン川沿いには、おしゃれなレストランやカフェがたくさんあります。チェンマイ最終日のディナーに伺ったのは、リバーサイドに建つ『DECK1』です。とても素敵で高級感のある雰囲気のレストランで、フュージョンタイ料理をいただきました。

ラオスのお店

コメント