ダオタイ(渋谷)|屋台街でいただく、イサーンの名シェフ インソンさんの絶品タイ料理

渋谷、ダオタイ グルメ
記事内に広告が含まれています。

渋谷センター街のど真ん中。井の頭通り沿いにある「ちとせ会館」の2階に、肉料理の名店が26店舗集まる屋台街「渋谷肉横丁」があります。

その肉横丁の中でも一番人気とも言えるお店が、タイ料理屋『ダオタイ渋谷肉横丁店』です。

渋谷、ダオタイ

この『ダオタイ渋谷肉横丁店』、イサーン料理の名シェフであるインソンさんが腕をふるうお店としてタイ料理好きなら知らない人はいないくらいの有名店で、本場タイの屋台の雰囲気の中、本場よりも美味しいタイ料理がいただけるというもっぱらの噂。

今回、初めて訪問いたしました〜★

スポンサーリンク

渋谷センター街にあるタイ。怪しいピンク照明もタイっぽくてGood!

渋谷、ダオタイちとせ会館の入口

 

こちらが、肉横丁の入っている「ちとせ会館」

建物は昭和な感じですが、1階のプリクラコーナーがインパクトあります。

渋谷、ダオタイ渋谷肉横丁の案内板

渋谷、ダオタイ2、3階合わせて26店舗が集まる。

肉の名店が大集結した「渋谷肉横丁」の案内板です。

国内最大級の室内屋台街で、2、3階合わせて26店舗が集まっています。

渋谷、ダオタイタイ風居酒屋『ダオタイ』

 

提灯がたくさんぶら下がり、屋台感満点の「渋谷肉横丁」の一画に、 タイ風居酒屋『ダオタイ』はあります。

休日の開店直後、17:30頃の訪問でしたが、すでに結構な客入り。

渋谷、ダオタイ『ダオタイ』の簡素な座席

 

座席数は36席。プラスチック製の椅子と、ビールケースを台にした簡素なテーブルが屋台の雰囲気を感じさせてくれます。

渋谷、ダオタイ怪しいピンク照明もタイっぽくてGood!

渋谷、ダオタイ奥の厨房にはインソンさんの姿が!

 

壁や天井には、タイの国旗やプミポン前国王 の写真、シンハービールのポスターなどが貼られ、怪しいピンク色の照明もタイっぽくてGood!

奥にある厨房には、名シェフ、インソンさんの姿が見えました★

渋谷、ダオタイ『ダオタイ』ドリンクメニュー

渋谷、ダオタイお料理のメニュー

さて、メニューを見てお料理を選びましょう♪

お料理は、ガイヤーン、ソムタム、ヤムウンセン、生春巻き、ラープガイなどの前菜・サラダ・おつまみ系から、トムヤムクン、トムカーガイ、グリーンカレーなどのスープ・カレー系。パッタイ、ガパオ、カオマンガイをはじめとした主食系などなど、ひと通り揃っています。

だけど、ここは、インソンさんの出身地イサーンに敬意を評して、イサーン料理中心にオーダーすることに決定!

渋谷、ダオタイ「ビアラオダーク」と「シンハービール」各680円

渋谷、ダオタイ絶品の「ビアラオダーク」

まずはビールってことで、おなじみ「シンハービール」と、ラオスのビアラオの黒ビール「ビアラオダーク」を注文。

「ビアラオダーク」は初めて飲みます。

この「ビアラオダーク」、原料にジャスミン米を使っているそうで、ほのかな甘みとコクが特徴。アルコール度数は6.5%で炭酸はあまり強くありません。

「ビアラオダーク」、美味しいとは聞いていましたが、やっぱり美味しい★

渋谷、ダオタイお通しのえびせん

 

ビールと一緒にお通しのえびせんも出てきました♪

インド料理のお通しが「パバド」なら、タイ料理やベトナム料理のお通しは「えびせん」ですね!

ビールに合います★

スポンサーリンク

辛いけど美味い♪インソンシェフの作るイサーン料理はどれも絶品!

渋谷、ダオタイ「ソムタム」(青パパイヤサラダ)860円

 

そして、お料理登場〜!

イサーン料理の定番「ソムタム」(青パパイヤサラダ)です。

青パパイヤの千切りに、唐辛子、にんにく、ライム、塩、砂糖を加えて棒で叩き、干しエビやピーナッツを加えたお料理。

酸味、辛味、甘味がミックスされたタイ料理の魅力を満載したお料理です。

うん、めちゃくちゃうまい★

インソンさんの作るソムタム、最高です!

渋谷、ダオタイ「ガイヤーン」(チキングリル)578円

 

お次は、「ガイヤーン」(チキングリル)

こちらもイーサン料理の定番中の定番のお料理で、スパイスのしみ込んだパリパリの皮と身の引き締まった鶏肉が抜群。

タマリンドや唐辛子、砂糖、ナンプラーで作った甘・辛・酸のタレ「ナム・チム・ジェオ」を付けて食べると、もう最高♪

渋谷、ダオタイ「トムセーブ」(モツの辛いスープ)860円

 

スープは、いつもの「トムヤムクン」や「トムカーガイ」ではなく、「トムセーブ」(モツの辛いスープ)をチョイスしてみました!

この「トムセーブ」が驚きの美味さ★

酸味と辛みが絶妙のバランスの透明なスープにモツの深い旨みが染み込んでいて、トムヤムやトムカーとは、また違った美味しさです。

スープのお味がしみ込んだコリコリとしたモツが、これまた美味いんです♪

渋谷、ダオタイ「ラープガイ」(鶏挽肉の香草和え)410円

 

お次は、これまたイサーン料理の定番「ラープガイ」(鶏挽肉の香草和え)

鶏挽肉と紫玉ねぎ、小葱やパクチーなどを唐辛子、ライム、ナンプラー、砂糖などで和えたサラダで、イサーン料理の魅力が詰まった一品です。

インソンさんの「ラープガイ」、絶品中の絶品でした★

これまで食べた「ラープガイ」の中でも、個人的にベストだったかもしれません。

ほんと、美味しかったです!

渋谷、ダオタイ「カオニャオ」(もち米)320円

 

「ソムタム」や「ガイヤーン」「トムセーブ」「ラープガイ」と一緒にいただく主食は、もちろん「カオニャオ」(もち米)。竹籠の器に入って出てきます。

イサーン料理には、やっぱりもち米が合いますね〜★

渋谷、ダオタイ『ダオタイ』のお料理の数々

 

ビールを飲みながらの美味しいイサーン料理、大満足でした〜♪

渋谷、ダオタイ「カノムモーケン」(タロイモプリン)620円

渋谷、ダオタイ「ココナッツアイス」490円

 

デザートは、 「カノムモーケン」(タロイモプリン)「ココナッツアイス」をチョイス。

濃厚で甘いプリンと、シンプルなココナッツアイス味が優しいアイス。

どちらも、辛いお料理の後でいただくと、ホッとする感じ。美味しいです★

 

さすが、イサーン料理の名シェフ「インソンさん」のお料理。

どのお料理も一品たりとて外れなし。大満足のディナーとなりました!

渋谷センター街、「渋谷肉横丁」にあるタイ料理店『ダオタイ渋谷肉横丁店』

タイの屋台そのまんまの雰囲気の中、インソンさんの絶品イサーン料理をいただけるお店。

大満足必至です★

スポンサーリンク

◉『ダオタイ渋谷肉横丁店』の地図・アクセス

  • 住所:東京都渋谷区宇田川町13-8 ちとせ会館 2F
  • アクセス:JR渋谷駅から徒歩5分
  • 営業時間:日~木 17:00~24:00(23:00L.O) 金・土 17:00~26:00(25:30L.O)
  • 定休日:不定休
  • 電話:03-5459-1729

スポンサーリンク

タイ料理店

東京都内の「タイ料理店」《おすすめ》15店舗ご紹介!
日本でも一般的なお料理になりつつある「タイ料理」。トムヤムクンやカオマンガイ、ガパオやパッタイなどは、一度は食べたことがあるはず! ハーブや香辛料を多用し、辛味・酸味・甘みの絶妙なバランスが特徴の美味しいタイ料理。東京都内にある「タイ料理店」おすすめ15店舗をご紹介します♪
タイ料理の定番スープ「トムヤムクン」東京&バンコクの《絶品》17杯ご紹介!
タイ料理と言えば、「トムヤムクン(Tom yum goong:ต้มยำกุ้ง)」(エビ入りトムヤムスープ)♪。酸味と辛味、複雑な香りがたまらない、タイ料理を食べるなら必ず頼みたいスープです★ タイ料理を代表するスープ「トムヤムクン」。東京&バンコクでいただいた美味しい「トムヤムクン」を17杯、ご紹介します★
東京都内で食べたタイの絶品料理「プーパッポンカリー」《美味な》7皿ご紹介!
「プーパッポンカリー(ปูผัดผงกะหรี่)」は、ぶつ切りにした渡り蟹などの蟹をココナッツミルク、唐辛子などを用いたカレーソースで炒め、溶き卵で卵とじにしたお料理。タイ料理の定番のひとつ。日本のタイ料理店でも人気の一品です★ 東京都内で食べた「プーパッポンカリー」、絶品!7皿をご紹介します。
東京都内・現地で食べた「海南鶏飯・カオマンガイ」《絶品》12品ご紹介!
中国南東部やタイ、シンガポール、マレーシアなどで食べられている、チキンスープで炊いたご飯に茹でた鶏を乗せた「チキンライス」。中国では「海南鶏飯」、タイでは「カオマンガイ」、マレーシアでは「ナシ・アヤム・ハイナン」と呼ばれます。東京都内・現地で食べた「海南鶏飯・カオマンガイ」、絶品!12品をご紹介します。
タイ料理の人気メニュー《28品》ご紹介★辛味・甘味・酸味のハーモニー♪
肉や魚介、バラエティに富んだ野菜を素材とし、パクチーやレモングラス、バイマックルーやカーなど様々なハーブとナンプラーで味付けされたタイ料理。定番のトムヤムやガパオから、ちょっとマイナーなお料理まで、人気のタイ料理《28品》をご紹介します★
タイ料理店
タイ料理のお店・レストランをご紹介。東京を中心に日本各地のタイ料理店のほか、本場タイのレストランもご紹介しています。実際に訪問したお店の様子やメニュー、食べたお料理を掲載。お店は下記リンク先の地図からも探せます。
エスニック料理店マップ|グルメ記事まとめ
地図から探す「エスニック料理」!インド料理(南インド料理・北インド料理)から、タイ料理やベトナム料理などの東南アジアの料理、トルコ料理やモロッコ料理などのアラブやアフリカ料理、ペルー料理やメキシコ料理などの中南米の料理、中華料理や韓国料理、カレー屋さんまで。これぞ!というエスニック料理店をご紹介します★

コメント