タイ王宮「ワット・プラケオ」と、古式マッサージの総本山「ワット・ポー」

バンコク 王宮 エスニックな旅
バンコク、王宮(タイ)>
記事内に広告が含まれています。

微笑みの国「タイ」(Thai:ประเทศไทย)

金色の仏塔がきらびやかなバンコクの王宮「ワット・プラケオ」

タイの故プミポン国王は国民に愛されていた王様。映画の始まる前には国王の肖像がスクリーンに映されます。

王室御用達のお寺「ワット・ポー」は、タイ古式マッサージの総本山で、ここでは、マッサージを受けることもできます。

今回は、バンコクの王宮ワット・ポーです!

スポンサーリンク

王宮「ワット・プラケオ」

バンコク 王宮バンコクの王宮

 

王宮とその敷地内にある寺院「ワット・プラケオ」

「ワット・プラケオ」は通称で正式名称は「ワット・シーラッタナーサーサダーラーム」と言うそうです。

1784年、時の王ラーマ1世によって建造されたといいます。

 

写真は、ワット・プラケオにある金色の仏塔「プラ・シー・ラッタナ・チェディ」です。

内部には仏舎利が納められています。

バンコク 王宮アマリン・ウィニチャイ堂

バンコク 王宮チャクリ・マハ・プラサート宮殿

 

王宮にある「チャクリ・マハ・プラサート宮殿」は、ビクトリア様式の建物の上にタイ様式の屋根と尖塔が載っている建物で、ラーマ5世によって建てられました。非公開です。

ちなみに、現在の国王はこの王宮には居住していません。

バンコク 王宮「ヤック」という鬼。守り神だそうです。

 

タイは、国王を元首とした立憲君主制。現在の国王はラーマ10世です。

タイの国王は、日本の天皇や英国の女王などと違って、結構権力を持っています。

クーデターとかで国が分裂して争っている時などで、先代の「ラーマ9世(プミポン国王)」の鶴の一声で、自体が解決に向かったりもします。

1992年の「暗黒の5月事件」は、その象徴的な事件であった。ラーマ9世は、政府の武力弾圧によってバンコク市内などが流血の事態に陥った際、軍を背景にするスチンダー首相と、民主化運動グループの民間人指導者チャムロンを玉座の前に等しく正座させ、「そんな事で国民のためになると思うか、双方ともいい加減にせよ」と叱りつけ、騒乱を一夜にして沈静化させた。

ラーマ9世 – Wikipedia

タイのお札の図柄にもなっているタイ国王。通りや商店の中など、街中に国王の肖像が飾られていて、映画が始まる前にはスクリーンに国王の写真が出て国家が流れたりします。

スポンサーリンク

タイ古式マッサージの総本山「ワット・ポー」

バンコク ワットポーワット・ポーの寝釈迦

バンコク ワットポーワット・ポーの寝釈迦

バンコク ワットポーワット・ポーの寝釈迦

バンコク ワットポーワット・ポーの寝釈迦

「ワット・ポー」は、1788年にラーマ1世によって建立されたお寺で、バンコクでは最古のお寺だそうです。

写真の涅槃仏は、全長46m、高さ15mの巨大なもの。全身が金箔で覆われていて、仏像の眼と足の裏には真珠貝で飾られています。

仏像の脇には108個の鉢があって、その中にタイのサタン硬貨を1つずつ入れると、煩悩を1つずつ捨てることができるのだそうです。

堂内には、チャリーンチャリーンという音が響き渡っています。

バンコク ワットポーワット・ポーの仏塔

バンコク ワットポーワット・ポーの仏塔

バンコク 王宮ワット・ポーの仏塔

バンコク 王宮ワット・ポーの仏像

「ワット・ポー」の敷地内には、たくさんの仏塔が立っています。

これらは、中国とタイの混合様式の仏塔。仏塔には中国製の陶器の破片がはめられています。

また、中庭には中国風の石像が飾られていました。

バンコク ワットポーワット・ポーのタイ古式マッサージ

 

「ワット・ポー」は、タイ古式マッサージの総本山としても有名です。

最高機関であるワットポー・マッサージスクールが敷地内にあって、マッサージの技能がある者に証明書を発行しているそうで、タイ人だけでなく、世界中の多くの生徒がここでマッサージを学んでいます。

タイ古式マッサージは、師から弟子へ、医者や修行僧らによってその技術が伝えられてきたそうです。

アユタヤ王朝の時代以降、宮廷医師らによってその治療法がまとめられ、ラーマ3世(1824-1851)の時代に壁画や鋳像、石版に記録されたものがワット・ポーに残っています。

ワット・ポーでは、マッサージスクールの生徒達からマッサージを受けることもできます。

利用時間は、8時から18時まで。

料金は、

  • 「フットマッサージ」 45分(360バーツ)
  • 「ハーブマッサージ」 1時間(480バーツ)
  • 「ボディーマッサージ」30分(220バーツ) 1時間(360バーツ)

 

旅行時期:1996年8月・11月・1998年2月〜3月・2000年3月・2003年3月・8月

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

クルンテープマハーナコーン〜。タイの首都「バンコク」の正式名称はとても長い名前
クルンテーププラマハナコーン アモーンラッタナコーシン・マヒンタラアユッタヤー・マハーディロッカポップ・ノッパラッタラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサ ターン・アモーンピマーンアワターンサティット・サッカタットティヤウィサヌカムプラシット。バンコクの正式名称です。
タイの世界遺産「アユタヤ遺跡」 - 日本人町と山田長政(日本の歴史に記憶されている町アユタヤ)
アユタヤには、かつて「日本人町」がありました。アユタヤは、14世紀中頃から18世紀頃まで多くの日本人が暮らしていた都市として日本の歴史に記憶されている町なのです。日本人町の居住者の中で最もよく知られた存在は「山田長政」でしょう。約350年前、長政はこの熱帯の地で、冷厳な権謀術数と戦っていたのです。
何にもなさそうな、タイ南部の「ソンクラー」の町に行ってみる【タイ】
タイ南部にある町「ソンクラー」。夜行列車でハジャイまで行き、そこからトゥクトゥクで1時間ほど走り、ソンクラーまで。何もなく、大してすることもなく、旅行者の姿もあまり見かけないソンクラーだけど、ゆったりとした贅沢なひとときを過ごすことができました!
タイ南部の島「コ・タオ」(タオ島) - 真っ青で透き通るような海と水平線に沈む夕陽
「コ・タオ」(タオ島)は、バンコクから南へ約500km。マレー半島の東側のタイランド湾に浮かぶ、周囲21kmほどの小さな島です。透き通るような「コ・タオ」の海。一面に広る真っ青な海が見えるタオ島の風景。日差しが焼けるように熱いのになぜかとても涼しげです。
タイ料理の定番スープ「トムヤムクン」東京&バンコクの《絶品》17杯ご紹介!
タイ料理と言えば、「トムヤムクン(Tom yum goong:ต้มยำกุ้ง)」(エビ入りトムヤムスープ)♪。酸味と辛味、複雑な香りがたまらない、タイ料理を食べるなら必ず頼みたいスープです★ タイ料理を代表するスープ「トムヤムクン」。東京&バンコクでいただいた美味しい「トムヤムクン」を17杯、ご紹介します★
「タイシルク」ジム・トンプソンによって復興した光沢布(Thai Silk)
「タイシルク」とは、タイ北東部で古くから作られてきた布のこと。家内工業製品として細々と受け継がれてきたローカルな工芸品です。20世紀の中頃、機械織りによる大量生産布の普及などでタイシルクは衰退の一途を辿っていました。そんな中、一人のアメリカ人が、このタイシルクを復興させようと立ち上がります。

コメント