おしゃれな街「ニマンヘミン」のスーパーマーケットでお買い物とSPAとランチ【タイ・チェンマイ】

ニマンヘミン、Maya【タイ・チェンマイ⑤】 エスニックな旅
記事内に広告が含まれています。

タイ・チェンマイのおしゃれエリア「ニマンヘミン」を散策しました。

綺麗で立派なショッピングセンターや、SPA、おしゃれなカフェや美味しいレストランなどもあって、旧市街とはちょっと違う雰囲気を味わうことができます。

スポンサーリンク

①ショッピングセンター『MAYA(マヤ、メイヤー)』

チェンマイ旧市街から、ソンテウでニマンヘミンへ行きました。

「ニマンヘミン」は、チェンマイの青山とか代官山とか言われているおしゃれなエリアです。

ニマンヘミン通りを中心に脇に通り(Soi)がいくつもあって、その通りにもおしゃれなカフェやレストランが点在しています。

まずは、ニマンヘミン通りの北側にあるショッピングセンター『MAYA』へ。

ニマンヘミン、Maya【タイ・チェンマイ⑤】

旧市街からソンテウで100バーツ。

「ここだよ。」と降ろされたところには、旧市街とは雰囲気の全く違う、近代的で巨大な建物のショッピングセンター『MAYA』がありました。

まさか、こんなに近代的な建物だとは思いませんでした。ビックリ!

MAYAには、「リンピンスーパー」というスーパーマーケットも入っているので、ここでお土産を購入しようと思って来ました。

ニマンヘミン、Maya【タイ・チェンマイ⑤】

ニマンヘミン、Maya【タイ・チェンマイ⑤】

MAYAの中に入ると、カラフルな象たちがお出迎え。派手派手です。

一番前には、モン族の民族衣装を来たクマちゃんが。

ニマンヘミン、Maya【タイ・チェンマイ⑤】

ニマンヘミン、Maya【タイ・チェンマイ⑤】

フロア中央のエスカレターの脇には、これまたカラフルな象の置き物がたくさん売られていました。

入口の象は、このお店のプロモーションとかだったのでしょうか。

ニマンヘミン、Maya【タイ・チェンマイ⑤】

スーパーのある地下へ降りると、たくさんの飲食店が並ぶフードコートになっていました。

ニマンヘミン、Maya【タイ・チェンマイ⑤】豚足!?

ニマンヘミン、Maya【タイ・チェンマイ⑤】炒めものなどのお惣菜

ニマンヘミン、Maya【タイ・チェンマイ⑤】麺料理のお店。たくさんの種類がありそうです。

ニマンヘミン、Maya【タイ・チェンマイ⑤】マンゴーのお店

ニマンヘミン、Maya【タイ・チェンマイ⑤】フルーツジュース屋さん

 

さすが南国、フルーツがたくさんあります。

特にマンゴーは多くて、「Mango Tango」などのマンゴー専門スイーツ店は、よく見かけます。

ニマンヘミン、Maya【タイ・チェンマイ⑤】

ニマンヘミン、Maya【タイ・チェンマイ⑤】

「渋谷ソフトクリーム」「タウケーノーイ ランド」

なぜ渋谷なのでしょう。。

「タウケーノーイ ランド」は、日本のお菓子のタイ限定バージョンなどがたくさん売られていました。コアラのマーチ、グリコのポッキーなどなど。

やはりマンゴー味やパイナップル味、バナナ味などがタイ限定となっていました。

ニマンヘミン、Maya【タイ・チェンマイ⑤】

エスカレーターの脇にあったのは、ミスタードーナツ。

キティちゃんドーナツが販売されています。

海外でもキティちゃんは人気のようですね!

スーパーマーケット「Rimping(リンピン)」

ニマンヘミン、Maya【タイ・チェンマイ⑤】Rimping(リンピン)スーパーマーケット

 

お目当てのスーパーマーケット『Rimping(リンピン)』です。

”スーパーマーケット” や ”ありがとう” など日本語表記もあります。

日本の食材をはじめ海外の食品もたくさん扱っているので、外国人向けのスーパーといった感じでしょうか。

ニマンヘミン、Maya【タイ・チェンマイ⑤】

タイでは、色んなところでドリアンを見かけます。

美味しいのでしょうが、やっぱりあの匂いがなんとも。。ですよね。

宿泊していたホテルでも、『ドリアン持ち込み禁止』とありました。

ニマンヘミン、Maya【タイ・チェンマイ⑤】

ニマンヘミン、Maya【タイ・チェンマイ⑤】

スーパーにも、グリコポッキーのタイ限定版ありましたー。

お土産に何か買って帰ろう。

買いたかった『KUNNA』のドライマンゴーも売ってました!

旅行前に調べていて、ドライマンゴーも色々あるけれど、『KUNNA』のものが評判が良かったので。パッケージもちょっと高級感があって、お友達へのお土産にも安心できます。

同じフロアに、『KUNNA』の専門店も入ってましたが、リンピンで買うことに。

気になったドリアンチップスも買ってみました。

ニマンヘミン、Maya【タイ・チェンマイ⑤】

ニマンヘミン、Maya【タイ・チェンマイ⑤】

チェンマイは、コーヒーが美味しいと言うだけあって、たくさんの種類のコーヒー豆が売られていました。

その中で、チェンマイでも人気のカフェ『アカアマコーヒー(Akha Ama Coffee)』のコーヒー豆が売っていたので、そちらを購入。

アカアマコーヒーは、タイ北部の少数民族・アカ族の村で栽培されたコーヒー豆です。

ニマンヘミン、Maya【タイ・チェンマイ⑤】カップラーメン

ニマンヘミン、Maya【タイ・チェンマイ⑤】石鹸

 

カップラーメンも色々。日清のカップヌードルも売っていたので、いくつか購入。

海外旅行に行くと、必ず買うのが石鹸。タイでは、昔から使われているという赤い箱の「マダム・ヘン」の石鹸を買おうと思っていました。

ここリンピンスーパーでは、39バーツ。確か、市場では35バーツで売られていました。

まだ使ってませんが、使うのが楽しみです。

リンピンスーパーで買ったもの

お土産【タイ・チェンマイ11】グリコポッキー マンゴー味

お土産【タイ・チェンマイ11】コアラのマーチ マンゴー味

お土産【タイ・チェンマイ11】「KUUNA」ドライマンゴー&ドリアンチップス

お土産【タイ・チェンマイ11】日清カップヌードル タイ限定

お土産【タイ・チェンマイ11】アカアマコーヒー PEABERRY

お土産【タイ・チェンマイ11】「マダム・ヘン」石鹸

スポンサーリンク

②スパ・ランタナ(Spa Lantana)

ニマンヘミン【タイ・チェンマイ⑤】

ニマンヘミン通りを歩きます。

何やら新しいお店が建設中でした。ブランドショップのようです。

ニマンヘミン【タイ・チェンマイ⑤】

おしゃれエリアには似つかわしくない電線の束。これはスゴい。。

ニマンヘミン【タイ・チェンマイ⑤】

タイのビール 『chang(チャーン)』ビールの巨大な看板。

チャーンはタイ語で ”象” の意味だそう。だから象のイラストだったんだ、と納得。

ニマンヘミン、スパ・ランタナ【タイ・チェンマイ⑤】

Soi3 を入ったところに、次の目的地『スパ ランタナ(Spa Lantana)』がありました。

海外旅行(特にアジア)に行くと、リーズナブルにスパやマッサージが受けられるので、滞在中一度は行きたいところです。

ニマンヘミン、スパ・ランタナ【タイ・チェンマイ⑤】

「Buy 1 Get 1 free」の文字が!

「1つ購入すると、もう1つが無料になる」という『1+1』です。

2人で行って、一人分無料にすることもできるとか。。!?

ニマンヘミン、スパ・ランタナ【タイ・チェンマイ⑤】

ただ、『1+1』のプロモーションは、90分コースしかない様子。

そこまで時間がなかったので、今回は60分のフットトリートメント(500バーツ)を受けることに。

ニマンヘミン、スパ・ランタナ【タイ・チェンマイ⑤】

入り口を入ってすぐのところに受付があって、奥の部屋へ行く通路の脇に、フットマッサージのお部屋がありました。

落ち着いた雰囲気でいい感じ。

予約なしで行きましたが、行ったときは待っているお客さんはおらず、すぐに施術を受けることができました。

フットバスから始まり、簡単なマッサージと角質除去とパラフィンパックで1時間。

マッサージメインではなくトリートメントだったので、角質除去がメインな感じでした。

お部屋が冷房で寒かったり、仕切りがカーテンのみなので、廊下で待っている人がチラっと見えたりと、ちょっと落ち着かなかったのが残念でした。

施術自体は、すごく良いという訳ではなかったけど、予約なしですぐ受けられて、それなりに綺麗な設備なので、その点では良かったと思います。

ニマンヘミン、スパ・ランタナ【タイ・チェンマイ⑤】

施術後は、お茶とお菓子のサービスが。何茶か忘れてしまいましたが、ほんのり甘かったような。このちょっとつまめるお菓子が嬉しい。

スポンサーリンク

③北タイ料理「トーン(Tong)」

トーン【タイ・チェンマイ⑤】

チェンマイ滞在3日目のランチは、ニマンヘミンの soi13 を入ったことろにある、北タイ料理のお店『トーン(tong)』へ。

色んな方のブログでも紹介されていて、オープン時に入れないと1時間くらいは並ぶ、という人気店。絶対行こう思っていました。

伺ったときは、幸い行列はしていなく、すぐに入ることがでいました。

トーン【タイ・チェンマイ⑤】

注文したものは、「grilled fermented pork with eggs in banana leaf(57バーツ)」

「バナナリーフに包まれた、発酵した豚肉に卵を添えて焼いたもの」という料理。

見た目、ちょと微妙な感じがしましたが、酸味とコクがあって、ソーセージとかサラミのようでもあって美味しい♪ ピーナッツの食感がアクセントになっていいんです。

カオニャオ(もち米)とも良く合います。

トーン【タイ・チェンマイ⑤】

「deep-fried chicken wings with sh sause(72バーツ)」

「鶏の手羽のから揚げ with shソース」というもの。shソースが何かは不明でしたが、カリっと揚がっていて、とても美味しかったです。

トーン【タイ・チェンマイ⑤】

入ったときは、このスペースはガラガラでしたが、お店を出るころには満席に。

やはり人気店なのですね!

 

『トーン(Tong)』の記事はコチラ↓

スポンサーリンク

④カオソーイ・ニマン

チェンマイに来たら、”カオソーイ” は必食なのですが、チェンマイ滞在3日目のお昼にして、まだカオソーイを食べてなかったので、『トーン』でのランチは軽く済ませて、『カオソーイ・ニマン』へハシゴをしました。

カオソイニマン【タイ・チェンマイ⑤】

Soi7 を4~5分歩いたところに『カオソーイ・ニマン』はありました。

なんとなくリゾートを思わせるようなオープンで爽やかな、おしゃれな雰囲気です。

カオソイニマン【タイ・チェンマイ⑤】

カオソイニマン【タイ・チェンマイ⑤】

カオソーイ専門店なので、カオソーイしかないのですが、トッピング違いで10種類ほどのカオソーイがあります。

選んだのは、「Kao Soi Moo Tod (豚肉のカオソーイ)」(69バーツ)

ココナッツミルクが入っているので、辛みが抑えられて、マイルドなお味。麺ののど越しもよく、ツルツル麺と揚げた麺の食感の違いのバランスもよく、とても美味しかったです。

左の写真のドリンクは、ココナッツの果肉がドンと入ったココナッツウォーター(69バーツ)。ココナッツウォーター自体は普通に美味しかったですが、ココナッツの果肉は、ちょっと微妙で、残してしまいました。。

 

『カオソーイ・ニマン』の記事はコチラ↓

スポンサーリンク

⑤ワーウィーコーヒー(wawee coffee)

ワーウィーコーヒー【タイ・チェンマイ⑤】

ランチの後は、カフェでお茶。

チェーン店の『ワーウィーコーヒー(Wawee Coffee)』へ。

チェンライのワーウィー山で採れたコーヒー豆を使用していて、チェンマイ発祥のカフェだそうです。

店内は、広々としていてとても綺麗。

Wi-Fi も問題なく繋がるので、PC作業をしている外国人の姿も。

ワーウィーコーヒー【タイ・チェンマイ⑤】

落ち着いたインテリアで、内装もとてもオシャレです。

ワーウィーコーヒー【タイ・チェンマイ⑤】

ワーウィーコーヒー【タイ・チェンマイ⑤】

アメリカーノとカフェラテで115バーツ。

私はカフェラテを飲みましたが、クリーミーで飲みやすく、とても美味しかったです。

ワーウィーコーヒー【タイ・チェンマイ⑤】

テーブルは大きく、店内も空いていたので、ゆっくりと落ち着いてお茶をすることができました。

ニマンヘミンの『ワーウィーコーヒー』、オススメです☆

ニマンヘミン【タイ・チェンマイ⑤】

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

タイ料理の人気メニュー《28品》ご紹介★辛味・甘味・酸味のハーモニー♪
肉や魚介、バラエティに富んだ野菜を素材とし、パクチーやレモングラス、バイマックルーやカーなど様々なハーブとナンプラーで味付けされたタイ料理。定番のトムヤムやガパオから、ちょっとマイナーなお料理まで、人気のタイ料理《28品》をご紹介します★
チェンマイの魅力的な寺院を6つご紹介★【タイ】
タイ北部にある「チェンマイ」。ラーンナータイ王国の首都として、メンラーイ王により1296年に建設された古都で、北部タイの文化・経済の中心地です。700年あまりの歴史を持つこの町には、数多くの寺院があります。その数、およそ100以上。今回は、その中からおすすめできる魅力的な6つの寺院を紹介します。
タイで買った日清食品の「カップヌードル」5種類を食べ比べ!
世界80カ国で販売されている日清食品のカップヌードル。今回はタイのカップヌードルのご紹介です。タイでは6種類のカップヌードルが販売されているようですが、今回はタイのセブンイレブンで売られていたものを5種類、買ってきましたー!さっそく、食べ比べしてみます。
チェンマイ最大の見どころ、ドイステープ寺院の黄金の仏塔【タイ】
チェンマイ旧市街から西に15㎞ほど。ソンテウに乗って約40分ほど山道を進んだところ。標高1,080mのステープ山の山頂に「ドイ・ステープ寺院」はあります。「ドイステープ寺院」は、チェンマイで最も有名な観光名所のひとつ。チェンマイに来たら「ドイステープ寺院」を訪れないことには始まりません!
チェンマイ★ソンテウをチャーターし、モン族の村とドイステープ寺院を訪れる【タイ】
タイ・チェンマイの旅3日目午後。ニマンヘミンでソンテウをチャーターして、モン族の村「バーン・ドーイ・プイ」と、山の上にあるチェンマイ最大の見どころ「ドイステープ寺院」を訪れます。色とりどりのモン族の布や雑貨を物色し、黄金色に光り輝くドイステープ寺院と、山の上から眺めるチェンマイの町のパノラマを満喫!
タイ料理の定番スープ「トムヤムクン」東京&バンコクの《絶品》17杯ご紹介!
タイ料理と言えば、「トムヤムクン(Tom yum goong:ต้มยำกุ้ง)」(エビ入りトムヤムスープ)♪。酸味と辛味、複雑な香りがたまらない、タイ料理を食べるなら必ず頼みたいスープです★ タイ料理を代表するスープ「トムヤムクン」。東京&バンコクでいただいた美味しい「トムヤムクン」を17杯、ご紹介します★
インスタ映えのカラフル寺院「ワット・パクナム」を訪問 【タイ・バンコク】
ラオス旅最終日。バンコクに到着した後、海鮮たっぷりのどんぶりと、ママー麺が入ったトムヤム鍋が美味しい『Forget Me Not』でランチ。その後、インスタ映えで有名なカラフル寺院「ワット・パクナム」を訪問しました★
♪ターイ・オラタイ/モーラム・ドークヤー(ต่าย อรทัย)
タイの人気ルークトゥン歌手、ターイ・オラタイのモーラムアルバム「モーラム・ドークヤー」。 ターイ・オラタイは、イーサーン地方ウボン・ラチャタニーの出身。イーサーン語でルークトゥンを歌う、ルークトゥン・イーサーンの人気歌手です。
「タイシルク」ジム・トンプソンによって復興した光沢布(Thai Silk)
「タイシルク」とは、タイ北東部で古くから作られてきた布のこと。家内工業製品として細々と受け継がれてきたローカルな工芸品です。20世紀の中頃、機械織りによる大量生産布の普及などでタイシルクは衰退の一途を辿っていました。そんな中、一人のアメリカ人が、このタイシルクを復興させようと立ち上がります。

コメント