ブハラの交差点バザール「タキ」でお買い物【ウズベキスタン】

ブハラのバザール(タキ)を歩く 【世界遺産】【ウズベキスタン(ブハラ)】 エスニックな旅
記事内に広告が含まれています。

「ブハラ旧市街」の丸屋根バザールを練り歩き。

交差点バザールの「タキ」には、絨毯や皿、陶器や帽子など様々なものが売られていました。

丸屋根の交差点バザールは、エスニックな雑貨や工芸品の宝庫です。

スポンサーリンク

丸屋根のバザールを歩けば、気分はもう16世紀のシルクロード

ブハラのバザール(タキ)を歩く 【世界遺産】【ウズベキスタン(ブハラ)】

イスラム圏のバザールって魅力的ですよね。

丸屋根とアーチの連なる薄暗い回廊。

天井のドームの明かり窓からは微かな陽光が差し込んできます。

煌びやかな銀細工や宝石類の商店が軒を連ね、鮮やかな絨毯や布製品が辺りを彩っています。

人々のざわめきがドームに響き渡り、スパイスの芳香に包まれたエキゾチックな空間・・・。

バザールって、ほんとイスラム圏で最も魅力的な場所だなと、つくづく思います。

ブハラのバザール(タキ)を歩く 【世界遺産】【ウズベキスタン(ブハラ)】

この「ブハラ」(Bukhara・Buxoro・Бухара́)の旧市街には、「タキ」と呼ばれるバザールがあります。

「タキ」とは、大通りの交差点を丸屋根で覆ったバザールのこと。

「タキ」は、丸屋根という意味です。

このブハラには、かつては5つの「タキ」があったそうですが、現在残っているのは3つ。

「タキ・ザルガロン(宝石商市場)」「タキ・テルパクフルシャン(帽子市場)」「タキ・サラフォン(両替屋)」の3つです。

「タキ」を空から見るとこんな風になっています。

中央に見えるのが一番大きな「タキ・ザルガロン」

丸い大きなタキのドームの周りに、商店や職人の仕事場の小さなドームが36もあります。

 

さあ、「タキ」を歩いてみましょうー!

動画の「タキ」は、「タキ・テルパクフルシャン」

鞄や帽子、絨毯を売る店が見えますね。

天井は丸いドームになっていて、明かり窓から陽が差し込んでいます。

真鍮の皿のお店、銀細工のお店、陶器を売るお店があり、通りには、地元の人や観光客がたくさん行き交っています。

この「タキ・テルパクフルシャン」で綺麗な布のストールを購入しました。

パシュミナのストール

これです!

「タキ」の布地屋さんに吊り下げられていたもので、このストールに一目惚れした私は、お店に何度か足を運んでおやじと交渉し、言い値の5,000Cymを2,800Cym(1,000円)にまで負けさせて購入しました。

臙脂の布地と色とりどりの刺繍の文様が美しい、100%パシュミナのストール。

だけど、このストール、気に入っているから別にいいんですが、ウズベキスタンのものではなく、インドのカシミール産であるとのこと。

シルクロードの交易の証と思うことにしましょう〜。

スポンサーリンク

ブハラ旧市街のお店を巡り歩き

ブハラ、絨毯売り【ウズベキスタン(ブハラ)】

こちらは、「タキ」を出た通りにあった絨毯屋。

見事な絨毯です!

「ブハラ」の絨毯は、その真紅の色の美しさと文様のきめの細かさにより、中央アジアでも特に人気があります。

どの絨毯も本当に綺麗。魅入ってしまいます。

ブハラの絨毯【ウズベキスタン(ブハラ)】

特に気に入ったのはこの絨毯。

吸い込まれそうな紅のグラデーション。落ち着いた柄もいい感じです。

たぶん、これ数十万から百万円近くします。

さすがに手が出ません・・・

土産物屋の女の子とおばちゃん【ウズベキスタン(ブハラ)】

絨毯屋を出て、通りをぶらぶら歩いていると、元気な女の子に、

「おにーさん、おにーさん!」

と呼び止められました。

 

ついて行ったお店は、帽子やランチョンマットなどを売る土産物屋。

女の子、このお店の売り子のようです。

 

たかが子供と侮るなかれ。

彼女、結構なやり手で、人を乗せるのがうまいんです。

帽子を見ていたら、勝手に被せてきて、値踏みするように眺めて、

「カッコウいいネー」

と言ってみたり。

日本人女性の二人組がお店に入ってくると、ピュンっと近づいていって、見ていたショールを掛け、

「かわいいねー」

とニコニコしたり。

欧米の老婦人が入ってくると、すぐさま流暢な英語で相手の要望の聞き取りを開始するなど・・・。

 

彼女、値引き交渉も、電卓を使ったお会計も、あらゆることを仕切っていました。

(隣のおばちゃんは、彼女に任せっきりな様子)

 

結局、私もこの娘の勢いとしつこさに根負けして、帽子をひとつ買ってしまいましたー!

アイフォンアプリに興味津々【ウズベキスタン(ブハラ)】

そんなやり手の彼女も、本来はまだあどけない子供。

私のアイフォンを目ざとく見つけると、興味津々でいじくり回します。

ピアノのアプリの鍵盤を大はしゃぎで叩きまくったり、銃のアプリの銃口を私に向け、「バババババーン!」と撃って大笑いしたり・・・

結構お茶目です。

はさみ売り【ウズベキスタン(ブハラ)】

こちらは、ハサミ屋さん。

このハサミ屋、サイフッロー・イクラモフスというハサミ名人の店だそうで、彼は世界各国のコンクールに度々入賞しているすごい人なのだそうです。

全て手作りで作られたハサミは、コウノトリをモチーフにしたものなどデザイン的に優れているだけでなく、実用性も重視されているのだとのこと。

ちなみに、写真の人はただの店員で名人ではありません。

スポンサーリンク

雰囲気のいいチャイハナでひと休み。コク・チャイをすする

ブハラのティーハウス【ウズベキスタン(ブハラ)】

お店めぐりに夢中になり、気づいたら足がくたくた・・・

チャイハナでひと休みすることにしましょう〜。

 

高い天井、壁にはいくつもの絨毯が飾られていて、このチャイハナ、なかなかいい雰囲気。

高級チャイハネのチャイは違う【ウズベキスタン(ブハラ)】

出てきたチャイは、ポット入りのコク・チャイ(緑茶)

ウズベキスタンには、コク・チャイ(緑茶)カラ・チャイ(紅茶)があります。

ウズベキスタン料理って、結構油っこくてお腹に優しくないので、チャイを飲むことは必須。

かなり飲みました!

このチャイハナでは、チャイのつまみとしてナッツや干しぶどう、砂糖菓子なども付いてきて、なかなかリッチな気分。

スパイスがたくさん【ウズベキスタン(ブハラ)】

チャイハナで売られていたナッツ類。

いろんな種類があります。

ラビハウズの池【ウズベキスタン(ブハラ)】

写真は、旧市街の中心にある憩いの場、ラビハウズ

1620年に造られたという人造の池です。

みなさん、この池の周りでのんびりとくつろいでいます。

 

さてさて、今回はブハラ旧市街のバザールとお店を見て回りました。

次回は、ブハラとサマルカンドを結ぶ街道沿いにある陶器の町「ギジュドゥヴァン」をご紹介します。

ko`rishguncha! (クルシュクンチャ)

また、お会いしましょう!

 

旅行時期:2012年4月〜5月

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

コメント