アフリカの旅

アフリカを旅しました!(エジプト・セネガル・マリ・モロッコ・ザンジバル・エチオピア)。スパイスやハーブの香り漂う国々をぶらぶら歩き。スパイシーなエスニック料理を味わい、エスニック風情満点の街並みを散歩、音楽や舞踊を鑑賞し、史跡や風景を楽しむ、エスニック満喫の旅!

エスニック音楽

エチオピアの首都アジスアベバ一日観光【ザンジバル⑧】

アフリカ東海岸、タンザニアの沖合いのインド洋上にある島「ザンジバル」への旅。いよいよザンジバルを出発。帰国途上で経由地であるエチオピアの首都アジスアベバに立ち寄り、半日観光をしました★ トモカコーヒーの本店を訪れ、ディナーはエチオピア料理をいただきながら、民族音楽&舞踊を堪能しました。
ザンジバルの旅

『トモカ・コーヒー』★本場で味わう絶品エチオピアコーヒー@アジスアベバ

コーヒー発祥の地と言われる「エチオピア」。そんなコーヒーのふるさと、エチオピアの首都アジスアベバにある、エチオピアいち有名なコーヒー専門店『トモカ・コーヒー(Tomoca Coffee)』★。今回、アジスアベバの本店を訪れることが出来たのでご紹介します♪
ザンジバルの旅

ストーンタウンの路地でお土産探し(カンガ布、キコイ.etc)【ザンジバル⑦】

アフリカ東海岸、タンザニアの沖合いのインド洋上にある島「ザンジバル(Zanzibar:زنجبار)」への旅。世界遺産の旧市街「ストーンタウン」滞在2日目。この日は、前日に続き旧市街の路地歩きを楽しみつつ、ザンジバル名産の「カンガ布」など、お土産探しをします。
スポンサーリンク
ザンジバルの旅

ザンジバル・ストーンタウン名所旧跡めぐり(奴隷市場跡、からゆきさんの家.etc)【ザンジバル⑥】

アフリカ東海岸、タンザニアの沖合いのインド洋上にある島「ザンジバル」への旅。午後はザンジバルの名所旧跡巡り。奴隷貿易の市場があった「アングリカン教会」、からゆきさんが住んだ家などを見て回ります。世界遺産の旧市街を歩きつつ、フォロダニ市場の見物や、ザンジバル音楽のライブ鑑賞も堪能★
エスニック音楽

♪ザンジバル音楽を堪能する in ダウ・カントリーズ・ミュージック・アカデミー【ザンジバル】

タンザニアの沖合に浮かぶザンジバル島でライブコンサートを鑑賞しました♪コンサートが行われたのは、旧市街「ストーンタウン」にある音楽学校「ダウ・カントリーズ・ミュージック・アカデミー」。鑑賞したのは、アフリカンドラム「ンゴマ」のグループと、アラブ音楽の影響を感じさせる「タアラブ」のグループの2つです★
ザンジバルの旅

絶好の立地とアラブ風のクラシカルな雰囲気が魅力♪「フォロダニ・パーク・ホテル」@ザンジバル・ストーンタウン

アフリカ、タンザニアのインド洋に浮かぶ島「ザンジバル」。この島の中心、ザンジバルシティの旧市街は「ストーンタウン」と呼ばれ、アフリカとアラブの文化の融合した趣きのある街並みで知られています。今回は、このストーンタウンに滞在。宿泊したホテル「フォロダニ・パーク・ホテル」をご紹介します。
ザンジバルの旅

ザンジバル・ストーンタウンの3つの市場(タンザニア・ザンジバル)

その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、タンザニア・ザンジバル、ストーンタウンの市場です。
ザンジバルの旅

世界遺産、ザンジバルのストーンタウン到着!路地裏散歩を堪能する【ザンジバル⑤】

アフリカ東海岸、タンザニアの沖合いのインド洋上にある島「ザンジバル」への旅。ザンジバル島の東海岸にある「パジェ」を出発!朝から乗り合いバス「ダラダラ」に乗って、ザンジバル島の中心、世界遺産に登録された街並みが残る「ストーンタウン」に到着。迷路のようなストーンタウンの路地を散歩します。
ザンジバルの旅

真ん前が水色の海!最高のロケーションのホテル「ザンジバル・オーシャン・ブルー」@ザンジバル・パジェ

アフリカ、タンザニアの東海岸。インド洋に浮かぶ島「ザンジバル」。この島の東海岸にある「パジェ」という村は、美しい遠浅のビーチで有名です。今回は、この「パジェ」に滞在。宿泊したホテル「ザンジバル・オーシャン・ブルー(Zanzibar Ocean Blue)」をご紹介します。
ザンジバルの旅

フォトジェニック!海に浮かぶレストラン「ザ・ロック」★【ザンジバル④】

アフリカ東海岸、タンザニアの沖合いのインド洋上にある島「ザンジバル(Zanzibar:زنجبار)」への旅。ザンジバル島の東海岸にある「パジェ」に滞在2日目。この日は、パジェから車で15分ほど北へ向かったところにある海の上に浮かぶレストラン「ザ・ロック」へと向かいます★
ザンジバルの旅

パジェでのんびり♪遠浅の白い砂浜と水色の海を堪能!【ザンジバル③】

アフリカ東海岸、タンザニアの沖合いのインド洋上にある島「ザンジバル」への旅。ザンジバルの東海岸にある「パジェ(Paje)」に辿り着きました★。「パジェ」での滞在は3泊の予定。世界屈指との呼び声も高い美しい海を眺めながら、本を読んだり、浜辺を散歩したりして、のんびりと過ごします。
ザンジバルの旅

アジスアベバでトランジットし、ついにザンジバル島に上陸!【ザンジバル②】

アフリカ東海岸、タンザニアの沖合いのインド洋上にある島「ザンジバル(Zanzibar:زنجبار)」への旅。LCCのスクート航空でバンコクに到着し、半日トランジットの後、エチオピア航空に乗ってアフリカへ。まずは、エチオピアの首都アジスアベバへに行き、4時間の乗り継ぎ時間の後、ザンジバル島へと向かいます。
タイの旅

LCCスクートでバンコクへ。ドンムアンからスワンナプーム空港間移動【ザンジバル①】

LCCのスクートを利用してバンコク訪問。トランジットで10時間の滞在。ドンムアン空港からスワンナプーム空港まで移動します。渋滞の多いバンコク、空港→市内→空港への移動はエクスプレスバスとBTSの利用が便利。バンコク市内での荷物預かり所についてもご紹介します。
モロッコの旅

マラケシュのメディナ。世界最大のスークをぶらぶら散歩♪【モロッコ】

マラケシュのメディナ(旧市街)。ここには、世界最大とも呼ばれるスークが広がっています❗️網の目のように張り巡らされたスークの迷路。路地から路地へ、迷いながら歩き回り、無数にあるお店を見て回って、ショッピングを楽しむ。それが、日中のマラケシュの一番の楽しみ方❗️
モロッコの旅

ジャマ・エル・フナ広場(モロッコ・マラケシュ)【市場・バザール】

その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、モロッコ・マラケシュ、ジャマ・エル・フナ広場です。
モロッコの旅

日干しレンガの城塞都市「アイト・ベン・ハッドゥ」(世界遺産)【モロッコ】

ワルザザートから西へ約33km。不毛の大地の中に日干しレンガ造りの城塞都市が忽然とそびえ立っています。世界遺産にも登録された村「アイト・ベン・ハッドゥ」(Ait Ben Haddou)です。村の建物の保存状態はとてもよく、そのため、映画のロケ地としてもよく使われているそうです。
モロッコの旅

カスバ街道とトドラ峡谷、ダデス谷をドライブ【モロッコ】

サハラ砂漠での一夜を堪能した後、ドライバー兼ガイドのハサンの車に乗って、出発地の「ワルザザート」へと戻ります。ハサンによると、来た道とは別の道、「トドラ峡谷」や「ダデス谷」などのある「カスバ街道」を通るとのこと。楽しみです❗️
モロッコの旅

サハラ砂漠での一夜 in メルズーガ【モロッコ】

「メルズーガ」に到着したのは、夕方の17時頃。辺りはすでに夕暮れの雰囲気で、向こうに見えるサハラの砂丘も夕陽を浴びてオレンジ色に染まってきていました。そんな風景の中をラクダに乗って、一路サハラ砂漠の中へと進んでいきます。
モロッコの旅

ワルザザートからメルズーガへ7時間のドライブ(サハラ砂漠へ)【モロッコ】

ワルザザートの町を出発した車は、すぐに荒野の広がる風景へと突入します。目的地は、サハラ砂漠の入り口の町「メルズーガ」。ドライバーのハサンの話によると、メルズーガに着くのは、夕方の17:00頃。7時間くらいかかるとのこと。長旅が始まりました❗️
モロッコの旅

砂漠の入り口のオアシス都市「ワルザザート」【モロッコ】

朝、早起きして部屋の窓から外を眺めると・・・。そこは、モロッコ中部の砂漠の入り口の町「ワルザザート」。砂色の建物が建ち並ぶ、カラリとした風景が広がっていましたー♪「砂漠の入り口の町」って雰囲気が満点です❗️
スポンサーリンク