緑の丘の上に立つ巨大古墳「ニューグレンジ」(ボイン渓谷の遺跡群)【アイルランド】

ニューグレンジ遺跡(ボイン渓谷の遺跡群)【アイルランド】 エスニックな旅
ニューグレンジ遺跡(アイルランド)>
記事内に広告が含まれています。

ダブリンの北方約55キロ、ボイン川の中流域から下流域にかけて広がる一帯に「ブルー・ナ・ボーニャ(ボインの宮殿)」という先史時代の遺跡群があります。

ここは「ボイン渓谷の遺跡群」として世界遺産にも登録されています。

スポンサーリンク

ボイン渓谷の遺跡群を巡る

ニューグレンジ遺跡【アイルランド】「ボイン渓谷の遺跡群」(Google Earth)

ニューグレンジ遺跡【アイルランド】ニューグレンジ遺跡(Google Earth)

ニューグレンジ遺跡【アイルランド】「ノウス」(Google Earth)

「ブルー・ナ・ボーニャ」の面積は、およそ780ha。

エリア内には40の羨道墳がありますが、その中で最も重要な遺跡が、「ニューグレンジ」「ノウス」「ドウス」と呼ばれる墳墓です。

遺跡はガイドツアーによる訪問しか許されておらず、ツアーでは、「ニューグレンジ」と「ノウス」を訪れます。

ニューグレンジ遺跡(ボイン渓谷の遺跡群)【アイルランド】

ニューグレンジ遺跡(ボイン渓谷の遺跡群)【アイルランド】草原の丘に佇む「ニューグレンジ」

 

草原の丘に巨大な古墳があります。

あれが「ニューグレンジ」、ボイン渓谷にある最大の羨道墳です。

ニューグレンジはケルト時代以前、紀元前3200年頃(新石器時代後期)に建設されたといわれています。

これはエジプトのピラミッドよりも昔です。

ニューグレンジ遺跡(ボイン渓谷の遺跡群)【アイルランド】「ニューグレンジ」の入り口

ニューグレンジ遺跡(ボイン渓谷の遺跡群)【アイルランド】古墳の直径は約100メートル

ニューグレンジ遺跡(ボイン渓谷の遺跡群)【アイルランド】遺跡の周りには12の立石が取り囲んでいます

 

古墳の直径は約100メートル。運ばれた石はおよそ20万トン。

下部は白い石壁で覆われています。

これは修復されたものです。

遺跡の周りには12の立石が取り囲んでいます(もともとは32個あったそうです)。

ニューグレンジ遺跡(ボイン渓谷の遺跡群)【アイルランド】「ニューグレンジ」遺跡

 

中に入ると埋葬室までは真っ直ぐな通路で結ばれています。

これは、「パッセージ・グレイヴ」と呼ばれる構造だそうで、ガイドさんの話では冬至前後の数日間、太陽光線が入口の小さな窓から奥の埋葬室まで届くように設計されているのだそうです。

これは、死者を埋葬するということにおいて、太陽が信仰の対象になっていたということを表しています。

古代アイルランドでは、死者は火葬され、遺骨と灰が「ドルメン」と呼ばれる巨石の下に埋葬されていたそうです。

ニューグレンジ遺跡(ボイン渓谷の遺跡群)【アイルランド】「ノウス」の遺跡

ニューグレンジ遺跡(ボイン渓谷の遺跡群)【アイルランド】こんもりとした「ノウス」

ニューグレンジ遺跡(ボイン渓谷の遺跡群)【アイルランド】「ノウス」の礎石

 

「ノウス」です。

ガイドさんの話では、「ニューグレンジ」と「ドウス」は冬至の太陽に対応しているのに対し、「ノウス」は春分の太陽に対応しているのだそうです。

スポンサーリンク

渦巻き文様とストーンサークル

ニューグレンジ遺跡(ボイン渓谷の遺跡群)【アイルランド】巨石に描かれた渦巻き文様をはじめとしたいろいろな文様

ニューグレンジ遺跡(ボイン渓谷の遺跡群)【アイルランド】見事な渦巻き文様

ニューグレンジ遺跡(ボイン渓谷の遺跡群)【アイルランド】渦巻き文様がたくさん

ニューグレンジ遺跡(ボイン渓谷の遺跡群)【アイルランド】石には必ず渦巻き文様があります。

ニューグレンジ遺跡(ボイン渓谷の遺跡群)【アイルランド】こちらにも渦巻き文様

 

遺跡の入り口の巨石や、通路の壁面、天井には見事な渦巻き文様が描かれています。

この渦巻き文様が何を表すのかもわかっていないそうですが、太陽や雷や火など信仰の対象になっていたものを象ったものであるとか、いろいろな解読がなされているそうです。

渦巻き文様の起源については、蛇のとぐろ、または、水の渦巻きであるというのが有力な説であるようです。

いったい何を意味しているのでしょう。

ニューグレンジ遺跡(ボイン渓谷の遺跡群)【アイルランド】ストーンサークル

ニューグレンジ遺跡(ボイン渓谷の遺跡群)【アイルランド】石造りの建物(たぶん、これは後世のもの)

 

アイルランドには、イギリスのストーンヘンジに似たストーンサークル」や、石の支柱の上に水平な巨石を載せた「ドルメン」など、先史時代の巨石建造物がいくつも残っています。

ただし、これらの遺跡群を造った民族は文字を持たなかったため、詳しいことはまだほとんどわかっていないそうです。

この文明は、「ギリシャ・ローマ」「キリスト教」「ゲルマン文化」などと並ぶ、ヨーロッパの源流の1つであることは間違いないのでしょう。

 

それにしても、この「ニューグレンジ」のある風景、とってもシュールな風景でした!

遥か古代の人々はもしかしたら我々が想像もつかないような高度な技術を持っていたのかもしれません。

石と緑が織り成す抽象的な遺跡群、ロマンを掻き立てられます。

ニューグレンジ遺跡(ボイン渓谷の遺跡群)【アイルランド】ボイン渓谷の眺め

 

旅行時期:2003年4月

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

最果ての島、アラン諸島イニシュモア島【アイルランド】
9時30分、フェリーはゴールウェイの近郊にあるロッサビルの港からアラン諸島最大の島である「イニシュモア島」へと出航しました。「イニシュモア島」は周囲約40キロ、人口は800人ほど。ジャガイモなどの農業と漁業、そして、観光業が主産業となっています。
ダブリン街歩き★トリニティ・カレッジ、聖パトリック大聖堂(アイルランドの歴史をご紹介)
肌寒い四月のダブリン。空は灰色の雲に覆われ、時折降る雨が建物を冷たく濡らしています。ロンドンから夜行バスで12時間、アイルランドの首都ダブリン(Dublin)はロンドンとは比べ物にならないほど落ち着いた静かな街でした。
アイルランド西海岸、ゲール語文化の中心地「ゴールウェイ」街歩き
アイルランド西部コノート地方の中心都市「ゴールウェイ」の町に到着しました。「ゴールウェイ」は、失われつつあるゲール語文化の遺産を最も色濃く残している場所です。「ゴールウェイ」では、現在でも日常的にゲール語が使用されています。私も地元の人々がゲール語で話しているのをそこかしこで耳にしました。
♪ストーン・エイジ(伝統的ケルト音楽と現代的テクノハウス音楽の融合)
数千年前、ヨーロッパ全土を覆っていた「ケルト文化」。その末裔たちが、自らの伝統的ケルト音楽と現代的テクノハウスミュージックを融合して作ったのが、このアルバム「ストーン・エイジ」です。アルバムのジャケットには「ケルト」の渦巻き紋様が使われ、音も古代の風景を想起させる壮大で神秘的な雰囲気に溢れています。

コメント