ウズベキスタンの旅

ウズベキスタンを旅しました!(ヒヴァ、ブハラ、サマルカンド、タシケントなど)。ウズベキスタンの町をぶらぶら歩き。エスニックなウズベキスタン料理を味わい、エスニック風情満点の街並みを散歩、音楽や舞踊を鑑賞し、史跡や風景を楽しむ、ウズベキスタン満喫の旅!

ウズベキスタンの旅

首都タシケントの風景(ティムール広場、ナヴォイ劇場.etc)【ウズベキスタン】

ウズベキスタンの首都、タシケント。人口230万人のこの町は、中央アジア最大の都市であり、旧ソビエト連邦の都市の中でも第四の人口を持つ大都市です。1966年の大地震で町が崩壊した後、計画的な都市作りが行われたため、街並みはとてもソ連的な景観となっています。
ウズベキスタンの旅

ウズベキスタンの美味しいグルメ【ウズベク料理まとめ】

ウズベキスタン料理。どんな料理があるのか?ウズベキスタンに行ったことあるか、興味がある人以外は絶対にわからないですよね。私も行くまでは、まったく想像もつきませんでした。でも、食べてみると、結構いけるんです!ウズベキスタンの料理の数々をご紹介しますね。
ウズベキスタンの旅

チョルスー・バザール(タシケント・ウズベキスタン)【市場・バザール】

その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、ウズベキスタン、タシケントの「チョルスー・バザール」
ウズベキスタンの旅

シヨブ・バザール(サマルカンド・ウズベキスタン)【市場・バザール】

その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、ウズベキスタン、サマルカンドの「シヨブ・バザール」
ウズベキスタンの旅

人々とヤギと風景と・・・。サマルカンドの街角にて【ウズベキスタン】

中央アジアの国ウズベキスタン、サマルカンドの街。外国人のあまり来ない裏路地をぶらぶら歩き。くたびれた家並み、一時代前のスタイルの車。そんな風景の中を歩いていると・・・。路地の向こうから、何やら賑やかな声が聴こえてきます。声がする方に近づいていく私。すると、現れたのは・・・
ウズベキスタンの旅

夕暮れのシャーヒズィンダ廟群を歩く【ウズベキスタン】

”死者の通り”シャーヒズィンダ廟群は、夕暮れが似合う。サマルカンドの北東、アフラシャブの丘の南麓にある墓地、それがシャーヒズィンダ廟群です。現在でも巡礼に訪れる人々が絶えない、聖地のひとつです。
ウズベキスタンの旅

シルクロードに輝く壮大な青の都、サマルカンド【ウズベキスタン】

ティムールの作ったサマルカンドの建物はとにかく巨大です。かつてまだ世界が広かった頃、東方の唐やインドと西方のペルシャやローマ帝国は、シルクロードの交易を通じて繋がっていました。そんな東西の交易路の中心に位置していたのが、この「サマルカンド」という町なのです!
ウズベキスタンの旅

陶器の町ギジュドゥヴァン。アブドゥッロの工房を訪ねる【ウズベキスタン】

ブハラから北東に約45Km、ブハラとサマルカンドを結ぶ街道沿いにギジュドゥヴァンの町はあります。ギジュドゥヴァンは陶器の製作で有名な町。独特の大胆な柄と深みのある色彩が美しいギジュドゥヴァンの陶器を求め、ウズベク陶器製作の第一人者アブドゥッロ氏の工房を訪ねました。
ウズベキスタンの旅

ブハラの見逃せない遺構の数々をぶらぶら鑑賞【ウズベキスタン】

ブハラ旧市街周辺にある歴史的遺構(廟やモスクなど)をぶらぶら散歩します。ブハラ旧市街から徒歩圏内には、アルク城、バラハウズ・モスク、チャシュマ・アイユブ、イスマイール・サーマーニー廟、チョル・ミナルなど、たくさんの見所が散在しています。
ウズベキスタンの旅

ブハラの交差点バザール「タキ」でお買い物【ウズベキスタン】

ブハラの旧市街には、「タキ」と呼ばれるバザールがあります。「タキ」とは、大通りの交差点を丸屋根で覆ったバザールのこと。「タキ」は、丸屋根という意味です。タキは、エスニックな雑貨や工芸品の宝庫。絨毯や皿、陶器や帽子など様々なものが売られています。
ウズベキスタンの旅

2500年の都ブハラ。夕暮れのメドレセに流れる悠久の旋律【ウズベキスタン】

ブハラの旧市街には、長い歴史を持つ数々のモスクやメドレセが建ち並んでいます。アブドゥールアジス・ハン・メドレセの中庭では、楽器屋のおじさんがギジャクと呼ばれる弦鳴楽器で美しい音色を奏でてくれました。
ウズベキスタンの旅

ヒヴァからブハラへの移動(タクシーで所要9時間)【ウズベキスタン】

ヒヴァからブハラへの移動 見渡す限り何にもないウズベキスタンの砂漠をタクシーで9時間ぶっ飛ばす。 ヒヴァからブハラへの移動。それは、永遠に続くかのような不毛を眺めながらの旅でした。
ウズベキスタンの旅

ヒヴァ、イチャン・カラの町と人々をご紹介【ウズベキスタン】

この町の魅力は、建物や風景だけではありません。そこに住む人々と、売られている珍しい商品の数々、街角の何気ない風情。そんなものを見て回るのが、この街のもう一つの楽しみなんです。
ウズベキスタンの旅

砂色の城壁と青のタイルの町、ヒヴァ、イチャン・カラ【ウズベキスタン】

朝起きたら、そこはヒヴァ!中世の面影を残す砂色の界隈をぶらりと歩きました。中央アジアの国、ウズベキスタン。その首都であるタシケントから西に約750Kmのところにヒヴァの町はあります。
スポンサーリンク