ボリビアの旅

ボリビアを旅しました!(ラパス、ポトシ、ウユニ塩湖など)。ボリビアの町をぶらぶら歩き。エスニックなボリビア料理を味わい、エスニック風情満点の街並みを散歩、音楽や舞踊を鑑賞し、史跡や風景を楽しむ、ボリビア満喫の旅!

スポンサーリンク
ボリビアの旅

ウユニの町はずれにある「列車の墓場」。砂漠の中に佇む赤錆びた機関車の残骸は最高にシュール!【ボリビア】

「列車の墓場」はウユニの町はずれにありました。荒野の真ん中に一本のレールがどこまでも走り、そこに何十台もの蒸気機関車や貨車が放置されています。地平線まで続く砂漠の中に放置された赤錆びた機関車たち。とってもシュールな風景です。
ボリビアの旅

「ウユニ塩湖」見渡す限りの白世界!ジープで行く乾季のウユニツアー【ボリビア】

地平線の果てまで広がる真っ白な塩の大地がすごい!見渡す限りの白世界!世界最大の塩の湖「ウユニ塩湖」を訪問しました。
ボリビアの旅

ポトシからウユニまで8時間の旅。アルティプラーノをバスで行く【ボリビア】

ポトシからウユニまでは、バスで約8時間の行程です。ウユニまでのバス旅は素晴らしいものでした。 何より景色があまりにも美しかったのです!
ボリビアの旅

ポトシ鉱山ツアー。コカの葉を噛みながら、4070mの鉱山の中を探検!【ボリビア】

標高4070mのポトシ鉱山の内部を、ヘッドランプを点灯させ、コカの葉を噛みながら探索しました!「鉱山ツアー」は鉱夫たちが鉱物を採掘している現場を生で見ることができる、ポトシ観光の目玉です。
ボリビアの旅

寂れた風情が魅力的!銀の採掘で栄えた「ポトシ」は、世界最高所(標高4070m)にある町【ボリビア】

かつての繁栄も今は昔。スペイン植民地時代に銀の採掘で栄えたこ「ポトシ」(Potosi)の街は、寂れた風情でいっぱいでした。この町は、標高4070mの所にある世界最高所の町でもあります。
ボリビアの旅

「ティワナク」(Tiwanaku)標高3970mの荒野に佇む謎の遺跡【ボリビア】

首都ラパスからバスで1時間ちょっと走ると、荒野の中に広大な遺跡が見えてきます。「ティワナク遺跡」です。インカの前のプレ・インカ期の遺跡で、2000年には世界遺産に登録されています。
ボリビアの旅

ラパスの街を巡り歩き、黒人音楽「サヤ・アフロボリビアーナ」を鑑賞する【ボリビア】

ラパスをぶらぶらと観光します。市場を歩いたり、博物館を鑑賞したり、「月の谷」の景観を眺めたり。夜は「サヤ」という黒人音楽を見に行きました!
ボリビアの旅

世界最高所、標高3650mの首都「ラパス」で見たカーニバル【ボリビア】

ボリビアの首都「ラパス」。ここは標高3650メートル。山の手と下町が逆転した世界でも珍しい町。世界最高地にある首都です。7月15日、この街で行われたカーニバルを見ました!
スポンサーリンク