インドのブルーシティ「ジョードプル」 – 巨大な城砦から見下ろす青い色の街

ジョードプル エスニックな旅
記事内に広告が含まれています。

インド北西部、ラジャスターン州にある広大な砂漠、タール砂漠の入り口にある町「ジョードプル」の特徴は、街並みが青い色をしていること!

別名”ブルーシティー”とも呼ばれています。

「ジョードプル」は、ラーオ・ジョーダという王が1459年に造った町。「ジョードプル」とはジョーダの町の意味です。

今回は、ジョードプルについてご紹介します。

スポンサーリンク

「ジョードプル」は、街がブルー色

ジョードプル青い町、ジョードプル

 

インド北西部、ラジャスターン州にある広大な砂漠、タール砂漠の入り口にある町「ジョードプル」(Jodhpur:जोधपुर)

「ジョードプル」の特徴は、街並みが青い色をしていること!別名”ブルーシティー”とも呼ばれています。

 

「ジョードプル」は13世紀から20世紀半ばまで続いたヒンドゥー王朝「マールワール国」の首都だった町です。

この町を造ったのは、ラーオ・ジョーダという王。彼は1459年、この地に町を開きました。

「ジョードプル」とはジョーダの町の意味です。

ジョードプルは古くから交通の要衝として栄え、現在でもラジャスタン州では、州都「ジャイプール」に次ぐ人口と経済規模を持った町として知られています。

ジョードプル遠目から見て涼やかな青い街並み

ジョードプルジョードプルの青壁の家

 

青い壁をした家がたくさんあります。

どうして青いのかは、かつて貴族が青壁の家に住んでいてそれを真似したためだとか、蚊避けのためだとか、色々な説があるようです。

ジョードプルメヘラーンガル・フォートから見たジャイプルの町

ジョードプル遠くに見えるのは「ウマイド・バワン宮殿」

 

「ジョードプル」の城塞「メヘラーンガル・フォート」の上から眺めた街並み。

遠くに見える建物、あれは「ウマイド・バワン宮殿」といいます。 かつて、このメヘラーンガルフォートに住んでいたマハラジャは20世紀半ばにあの宮殿に移ったのだそうです。

とっても豪華な建物だそうで、現在でもマハラジャの末裔が居住しています。「ウマイド・バワン宮殿」は高級ホテルとして一般の人も宿泊できるそうです。

スポンサーリンク

巨大な城砦「メヘラーンガル・フォート」

ジョードプル、メヘランガル城メヘラーンガル・フォート

 

町のどこからでも見える巨大な城砦「メヘラーンガル・フォート」

マハ-ラシュトラ州にある「ダウラターバード・フォート」、アンドラプラデシュ州にあるハイダラーバードの「ゴルコンダフォート」と並び、インド三大城郭とも言われています。

ジョードプル、メヘランガル城メヘラーンガル・フォートの外観

ジョードプル、メヘランガル城メヘラーンガル・フォート

ジョードプル、メヘランガル城メヘラーンガル・フォート

 

「メヘラーンガル・フォート」は、15世紀半ばに建設が開始された城塞です。

城は、麓から120mもの高さがあって、間近で見るとかなりの迫力!

「メヘラーンガル・フォート」は、かなり堅固な城塞で、歴史上、一度も陥落することがありませんでした。

ジョードプル、メヘランガル城フォート内部への坂道

ジョードプル、メヘランガル城フォートの内部への入り口

ジョードプル、メヘランガル城坂道を登りきると、城の内部が見えてきました。

ジョードプル、メヘランガル城あの5色の旗はマールワール王国の国旗

ジョードプル、メヘランガル城メヘラーンガル城内部の居室

ジョードプル、メヘランガル城メヘラーンガル城内部

ジョードプル、メヘランガル城城壁には砲台がたくさん

ジョードプル、メヘランガル城

城の中には音楽師たちがいました。お父さんが弦楽器を奏で、息子がタンバリンを叩き、娘が踊ります。

ヨーロッパに多く住んでいるロマ(ジプシー)は、彼らラジャスターンの音楽師たちの末裔であるという説もあるそうです。

ジョードプルジョードプルのヘナ描きのおばさんと息子

 

ジョードプルでは、「ヘナ」をしてもらいました。

メヘランガール城からの帰り道、おじさんに「ヘナをしないか?」と呼び止められたのです。

お試しでいいからという話だったので、お願いしてみることにしました。

描いてもらったヘナの写真は撮っていないです。

「ヘナ」は、インドの女性が手や足に描くボディペイント的な模様のこと。入れ墨みたいに見えますが、染料を塗って描くだけなので、一週間くらいで消えてしまいます。

インドでは、結婚式やお祭りなどの特別なイベントの時に「ヘナ」を描くことが多いそうです。

「ヘナ」の染料には「ヘンナ」という植物を使います。花やペイズリーなど植物をモチーフにした模様がよく描かれます。

 

旅行時期:2003年10月

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

【インド】砂漠の中の黄金色の町「ジャイサルメール」(世界遺産)
「ジャイサルメール」は、タール砂漠のほぼ中央にあるラジャスタン州の町。町のすべての建物は、地面と同じ黄砂岩で造られ、町全体が黄色をしていることから、”ゴールデンシティー”とも呼ばれているそうです。世界遺産にも登録されている町のシンボルの城砦や、精緻な装飾によって飾られた貴族の邸宅「ハヴェリー」は必見の見どころ。
インドのブルーシティ「ジョードプル」 - 巨大な城砦から見下ろす青い色の街
インド北西部、ラジャスターン州にある広大な砂漠、タール砂漠の入り口にある町「ジョードプル」の特徴は、街並みが青い色をしていること!別名”ブルーシティー”とも呼ばれています。「ジョードプル」は、ラーオ・ジョーダという王が1459年に造った町。「ジョードプル」とはジョーダの町の意味です。
インドのピンクシティ「ジャイプール」 - 2キロ四方の建物が全てピンク色♪
ラジャスタン州の州都「ジャイプル」。この町の特徴は、街並みがピンク色をしていること!城壁に囲まれた2キロ四方の街区にある建物が全てピンク色で塗られているんです!そのため、「ジャイプル」は、通称”ピンクシティー”とも呼ばれています。
インド中世の城郭「グワリオール」の「マーン・マンディル」がすごい!
デリーから特急列車で3時間のところにある「グワリオール」の町。この町に聳える高さ100mのテーブルマウンテンの上には、15世紀に造られたインドを代表する城郭建築「マーン・マンディル」があります。イスラムの影響の少ない、インドらしいスタイルが魅力的な城郭「マーン・マンディル」。穴場の観光名所です。
インドの古都「アグラ」の見どころ - 世界遺産「ファティープル・シークリー」「スィカンドラー」「アグラ城」
ムガル帝国の王都だった「アグラ」には、タージ・マハル以外にも魅力的な史跡がたくさんあります。 「ファティープル・シークリー」と「スィカンドラー」と「アグラ城」。いずれも世界遺産です。

コメント