ルビー(高田馬場)|美味しいミャンマー料理と笑顔のおばちゃんが魅力!

高田馬場、ルビー グルメ
記事内に広告が含まれています。

日本の「リトル・ヤンゴン」とも呼ばれる高田馬場。

高田馬場周辺には、ミャンマー人経営のレストランや雑貨・衣料品店、食材屋、美容院などが20てんぽほどもあり、1000人ほどのミャンマー人が居住しているのだとのこと。

そんな「リトル・ヤンゴン」のただ中、駅から北東に向かい、神田川を渡ったところに『ルビー』はあります。

高田馬場、ルビー

スポンサーリンク

笑顔のおばちゃんがおもてなしするローカル風情満点の店内

高田馬場、ルビー店頭にあったメニュー

高田馬場、ルビーイルミネーション華やかな外観

 

お店はビルの1階にあり、大きめのガラス窓で中の様子が見えるため、意外と入りやすい雰囲気。

パッと見は、昭和の喫茶店みたいな感じです。

店頭は、メニューやチラシやら色んなものが貼られているのと、クリスマスシーズンだからなのでしょうか。かなり派手なイルミネーションが目を引きました。

高田馬場、ルビーお店の中の様子

 

お店に入るやいなや、「いらっしゃいませ〜!」の声。

にこやかな笑顔のおばちゃんが迎えてくれました。

このおばちゃん、笑顔がほんとに素敵で、思わずこちらもニコニコしてしまうほど。

 

店内にいた先客は、ミャンマー人のグループと日本人のスーツの男性がひとり。

平日の夜8時という時間もあるのでしょうが、33席ある座席は空いていて、ゆったりまったりムード。

正面にあるテレビでは、日本のバラエティー番組が映っていました。

高田馬場、ルビーいろいろ飾られた棚

 

お店の棚には、ミャンマーグッズがたくさん飾られていました。

縁起物のミャンマーのだるま「ピッタインダウン」や、幸運をもたらす金色のふくろうの置物もしっかりと置かれています。

 

ミャンマー人のグループはお店の常連のようで、おばちゃんも彼らの会話にしばしば加わって、盛り上がっています。

そんな盛り上がりに水を差してしまうようでしたが、おばちゃんを呼びます。

「すいませーん、注文お願いしまーす!」

高田馬場、ルビーミャンマービール

 

まずは、お馴染み「ミャンマービール」です。

ミャンマー料理店で頼まなくていつ頼むんだというくらいの、ミャンマーの国民的ビール。

海外での評価も高い、美味しいビールです。

 

う〜ん、美味しい。

スポンサーリンク

『ルビー』のメニュー

高田馬場、ルビーサラダメニュー

高田馬場、ルビー麺類のメニュー

高田馬場、ルビーカレーメニュー

 

メニューを眺めながら、何にしようか考えます。

ここは、やっぱり定番でいきましょう!

「お茶の葉サラダ」「モヒンガー」、カレーはちょっとひねって「マトンとひよこ豆のスパイシー」をチョイスしましたー!

スポンサーリンク

本場そのままのお味!ラペソー、モヒンガー、ヒンをいただく★

高田馬場、ルビーお茶の葉サラダ(700円)

 

さっそく出てきたのが「お茶の葉サラダ」

発酵させた茶葉、干しエビ、ごま、ピーナツ、揚げにんにくをレモンやナンプラーで和えたサラダです。

ビルマ語では「ラペソー」と呼ばれ、ラペは「お茶」、ソーは「湿った」なので、「湿ったお茶」という意味です。

 

この「ラペソー」、増上寺で行われた「ミャンマー祭り」でも食べたのですが、ナッツやごまなどの食感と揚げにんにくや干しエビなどの香ばしさがお茶の葉と絡んで、本当に美味しいんです。

ビールにもよく合います。

高田馬場、ルビーマトンとヒヨコ豆のスパイシー(煮込み:800円)

 

こちらは、「マトンとヒヨコ豆のスパイシー」

ミャンマーのカレーである「ヒン」(ဟင်း)のひとつです。

「ヒン」は、見た目はインドのカレーに似ていますが、味も作り方も全然違います。

作り方は、玉ねぎをスパイスと炒めたものに具材を加えて煮込み、水分を蒸発させて具の表面が油で覆われるようにして出来上がり。

スパイスをあまり使わず、辛くないのも特徴です。

 

この「マトンとヒヨコ豆のスパイシー」は、なかなか深い味わい。

どことなく、マレーシアの「バクテー」を彷彿とさせる奥深さがありました。

ひよこ豆の旨味もスープに沁みていて、マトンの臭みもあまりなく、なかなかのお味。

 

ちなみに、ミャンマーは他の東南アジアの国に比べて、料理に羊肉を使う頻度が高いそうです。

高田馬場、ルビーモヒンガー(780円)

 

ミャンマーの国民的麺料理「モヒンガー」です。

お店のメニューには、

魚だしのスープそうめん(レモングラス・ナンプラー味)。ビルマ(ミャンマー)の代表的な汁麺。ビルマにはモヒンガーだけを売る麺屋がたくさんあり、店によって味が少しずつ違うのですが、最も親しまれている麺です。

と書かれていました。

 

本場ミャンマーでは、魚にナマズを使うそうですが、この『ルビー』のモヒンガーは鯖を使っているそうです。

クセのあるナマズに比べて、鯖のモヒンガーは日本人としてはかなり食べやすい感じ。

細い米麺に鯖がごろごろ入り、たまごとサクサク感のある玉ねぎの天ぷらが載っていて、パクチーも添えられています。

バラエティーに富んだ味覚を楽しめる一杯です。

鯖の入ったスープのため結構こってりしますが、つるりと喉越しのよい細麺のため、意外とさらりと食べられます。

高田馬場、ルビー『ルビー』の派手なイルミネーション

 

リトル・ヤンゴン、高田馬場の『ルビー』

ミャンマーのローカルフードを目一杯味わえるお店です。

満腹になりましたー。

スポンサーリンク

◉『ルビー』の地図・アクセス

  • 住所:東京都豊島区高田3-8-5 セントラルワセダ 1F
  • アクセス:高田馬場駅から322m
  • 営業時間:[月~金] 11:30~14:30 17:00~24:00 [土・日] 17:00~翌5:00
  • 定休日:土曜のランチのみ休み
  • 電話:03-6907-3944

スポンサーリンク

東南アジア料理店

東南アジア料理店
東南アジア料理(ミャンマー料理・ラオス料理・フィリピン料理.etc)のお店・レストランをご紹介。東京を中心に日本各地の東南アジア料理店のほか、本場東南アジアのレストランもご紹介しています。実際に訪問したお店の様子やメニュー、食べたお料理を掲載。お店は下記リンク先の地図からも探せます。
ミャンマーの料理ってどんなの?【ミャンマーグルメをご紹介】
ミャンマーの位置は、インドとタイの中間にあります。つまり!スパイスのインド料理とハーブのタイ料理の両方の要素がある!だけど、それだけではなく、ミャンマーの料理はちょっと独特。ひとことで言うと「油っぽい」です。
東京都内のミャンマー人が集う雑居ビル「タックイレブン高田馬場」を探検する
ミャンマー人が多く住むことで知られる街、高田馬場。その駅前にある雑居ビル「タックイレブン高田馬場」には、ミャンマーの食材や衣料品、雑貨などを売るお店が何店か入っており、ミャンマーの方も多く住んでいるのだとか。ちょっと、ミャンマーの風を感じに、行ってみました「タックイレブン高田馬場」!
東京都内の「タイ料理店」《おすすめ》15店舗ご紹介!
日本でも一般的なお料理になりつつある「タイ料理」。トムヤムクンやカオマンガイ、ガパオやパッタイなどは、一度は食べたことがあるはず! ハーブや香辛料を多用し、辛味・酸味・甘みの絶妙なバランスが特徴の美味しいタイ料理。東京都内にある「タイ料理店」おすすめ15店舗をご紹介します♪
東京都内の「ベトナム料理店」《おすすめ》13店舗ご紹介!
フォーや生春巻きなど、日本でも一般的に食べられるようになってきた「ベトナム料理」。今やベトナム料理店は、全国にたくさんあり、都内にも数え切れないくらいの店舗があります。今回は、東京都内にある「ベトナム料理店」おすすめ13店舗をご紹介します。
東京都内の「インドネシア料理店」《おすすめ》8店舗ご紹介!
日本では「ナシゴレン」(インドネシア風炒飯)が有名ですが、その他の料理はあまり知られていない「インドネシア料理」。お店の数も多くはありませんが、最近は現地そのままのお料理を味わえるインドネシア料理店も増えてきています。東京都内にある「インドネシア料理店」おすすめ8店舗をご紹介します。
エスニック料理店マップ|グルメ記事まとめ
地図から探す「エスニック料理」!インド料理(南インド料理・北インド料理)から、タイ料理やベトナム料理などの東南アジアの料理、トルコ料理やモロッコ料理などのアラブやアフリカ料理、ペルー料理やメキシコ料理などの中南米の料理、中華料理や韓国料理、カレー屋さんまで。これぞ!というエスニック料理店をご紹介します★

コメント