TAPiR(タピ)【神楽坂】★独創的なお料理が、また食べたくなるクセになる美味しさ!

神楽坂、タピエスニック料理

個性的で独創的な料理が人気で、リピーターが多い印象の『TAPiR(タピ)』。

新大久保にお店があるときからずっと気になっていたのですが、2020年11月に神楽坂でお店をオープンされたとのことで、コロナ禍のこのお正月についに訪問することができました。

斬新な見た目と、不思議な美味しさにビックリ!

もう少し近くにあったら、絶対通いたいお店です。

スポンサーリンク

知る人ぞ知る人気スパイス料理店『TAPiR(タピ)』が神楽坂に実店舗をオープン!

神楽坂、タピ

数年前から気になりつつも、予約がとれなかったりして、なかなか伺う機会がなかった『TAPiR(タピ)』。

2020年11月、神楽坂に実店舗をオープンされたとのことで、最近SNSで投稿している方も多く、改めて行ってみたいと思っていました。

そんな時、今年は元旦から営業しているとの情報を見つけ、コロナ禍で遠出ができない今、お正月も時間があるので急遽ランチに伺うことにしました!

場所は、看板もなく分かりづらいとの情報でしたが、タピのHPで写真付きの詳しい案内が投稿されていたので下調べはバッチリです。

一番の最寄り駅は、大江戸線の牛込神楽坂駅ですが、飯田橋駅から向かいました。

飯田橋から神楽坂駅方面に神楽坂を上がっていき、左手に毘沙門天を見ながらさらに進んでいくと、左前方に上の写真の場所が見えます。

この「築地すし好」と「つくば商事」の間の「カグラザカ5」の階段を上がったことろがお店です。

ホントに看板も何もなく、なかなか怪しい?雰囲気(笑)

神楽坂、タピ

神楽坂、タピ

左の写真の階段を上がると、正面にまた3段くらい下がる階段があります。

その下がったところがお店の入口です。

神楽坂、タピ

TAPiR【バク】の看板と、本日のメニュー。

・ビーフキーマ&ひよこ豆カレー
・酒粕セミフレッド

今年は丑年なので、ビーフキーマですね!

タピのメニューは、HPやSNSで見ると、いつも季節のイベントを取り入れたメニューや旬の食材を使用したメニューで、とても興味深いです。

神楽坂、タピ

店内は、テーブル席が3卓で、1卓4人くらいまで座ることができます。(テーブル上に仕切り板が置いてあるので、1テーブルに2組とかもできるみたいですね。)

各テーブルとテーブルの間には、薄い布のようなもので天井から仕切りがされているので、個室感もあり、感染防止対策になっています。

さて、メニューを見ると、トッピングがたくさんあります!

・鶏煮凍り・納豆サルサ・酸味のある豆スープ・小魚・たまご・ほうれん草・自家製ベーコン

やっぱり全部乗せかな~

最初、2人とも全部乗せにしようと思い、「トッピング全部」とオーダーすると、店主さん「全部ですか!?」と驚いた様子。。

あまり全部乗せする人いないんですかね。。(笑)

「ひとつ全部にして、シェアしたらどうですか?」とアドバイスをいただき、そうすることに。

神楽坂、タピ

お正月なので、泡も!

お昼からスパークリングワインをいただくなんて、おめでたい感じがします。

飲みやすくて、美味しい~幸せ♪

スポンサーリンク

何だかとっても美味しい♪個性的で独創的な『TAPiR(タピ)』のお料理

神楽坂、タピ

泡をいただきながら待っていると、来ました~!

念願のタピカレー!!

ビジュアルも何とも言えません。。

バスマティライスの下には、ほうれん草でしょうか、緑色のペーストが鮮やか。

ライスの上には、こんもりと盛られたビーフキーマとひよこ豆のカレー。

早く食べたい~!

神楽坂、タピ

そして、こちらが全部乗せバージョン!

納豆、小魚、たまご、ほうれん草が見えます。なんか、すごいビジュアルになりました。。

小魚を使用するところとか、お正月を意識してる感じでしょうか。

そういうの好きです♪

神楽坂、タピ

後から、焼きたての自家製ベーコンを鉄板に乗ったまま持ってきて、盛り付けてくれました。

うーん、美味しそう♪

神楽坂、タピ

ベーコンは、トッピングなしの方にも分けて盛り付けてくれました。

シンプルなのもいい感じ!

神楽坂、タピ

トッピングをシェアして、いただきまーす!

いきなり卵とろ~り♪ たまりません。。

一口食べて、「うまっ!」

色んなトッピングがあるので、少しずつ組み合わを変えていただきます。

うわー、どれもこれも美味しいし、どの部分を食べても美味しいし合う!!

納豆がネバネバ感がなくて食べやすく、意外にもどのお味にも溶け込んで合うんです。

見た目はインパクトありますが、お味はやさしくて、パクパク食べられてしまう。

何と言ったらいいのか、とにかく美味しい♪

ほんと中毒性があるというか、また食べたいと思わせるし、きっとどんなお料理も美味しいに違いない!と思わせる、そんな美味しさでした。

神楽坂、タピ

食べ進めてると、途中で来ました!「酸味のある豆スープ」。

あ、これまだ来てなかったのですね。

もともと途中でサーブされるようになっているようで、しゃばしゃばの豆スープを上からかけてくれました。

味変ですね!

ラッサムのような酸味のあるスープ。これがまた美味しい♪

ライスや他のおかずと混ぜ合わせて食べると最高~!

いくらでも食べられそうです。

色んな味を楽しみながら、あっという間に完食してしまいました。

いや~ホントに美味しかったです!

年明けからこんな美味しいものをいただけて幸せでした♪

神楽坂、タピ

食後には、デザートの「酒粕セミフレッド」。

セミフレッドは、半分凍った状態のアイスクリームです。シャーベットのような感じですかね。

中に、ナッツやキウイ?が入ってます。

おー、酒粕!って感じ。お正月ですね。

酒粕感強めでしたが、食後のお口直しにサッパリといただけました。

 

数年越しでやっと訪問できたタピ。

期待に違わぬ美味しさで、大満足でした★

もう少し近かったら頻繁に通いたいところですが、コロナの状況も見つつ、また次に伺えるのを楽しみにしています♪

スポンサーリンク

◉『TAPiR(タピ)』の地図・アクセス

  • 住所:〒162-0825 東京都新宿区神楽坂5丁目26 カグラザカ5 2階
  • アクセス:JR中央・総武線飯田橋駅から徒歩6分 東京メトロ有楽町線神楽坂駅徒歩4分
  • 営業時間:11時00分~17時00分
  • 定休日:HP確認