コロンボ街めぐり(フォート地区からシナモン・ガーデンズまで)【スリランカ】

※前回の記事→雰囲気満点!コロニアルな世界遺産「ゴールの旧市街と要塞」【スリランカ】

コロンボ、フォート地区からペター地区へと歩く【スリランカ】ライトハウス時計塔(フォート地区)

スリランカ最大の都市「コロンボ」(Colombo:කොළඹ:கொழும்பு)

セイロン島の南西海岸沿いにある町で、人口は75万人。スリランカの経済と文化の中心です。

名前の由来は、「マンゴーの樹の茂る海岸」を意味する「Kola-amba-thota」からきているとのこと。

植民地時代のコロニアルな街並み、アジアらしい熱気と喧騒の市場、スリランカの今を感じる近代的なショッピングモールやカフェ。

見どころいっぱいの「コロンボ」の街を歩きます🌟

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

コロンボの中心、コロニアルな雰囲気の残る「フォート地区」

宿泊したホテル「コロンボ・シティ・ホテル」は、コロンボの中心「フォート地区」(Fort)にある一番のランドマーク、高層ツインタワーの「ワールド・トレード・センター」の真ん前にありました。

「フォート地区」は、植民地時代から独立後の1985年まで、スリランカの行政の中心だったところ。

旧国会議事堂や大統領官邸、中央銀行など、政府系の建物が並んでいます。

スリランカ最大の港「コロンボ港」やスリランカ鉄道のメインターミナル「コロンボ・フォート駅」もこのエリアにあります。

コロンボ、フォート地区からペター地区へと歩く【スリランカ】フォート地区のキオスク

コロンボ、フォート地区からペター地区へと歩く【スリランカ】馬に乗った警官(フォート地区)

コロンボ、フォート地区からペター地区へと歩く【スリランカ】フォート地区のキオスク

コロンボ、フォート地区からペター地区へと歩く【スリランカ】フォート地区の宝くじ売り場

ホテルで朝食を済ませた私は、ホテルを出ると、フォート地区で一番繁華なメインストリート「ヨーク・ストリート」(York St.)を北へと歩き始めました。

ちょうど街は出勤の時間。スーツ姿のビジネスマンがキオスクで新聞を買っていたり、混雑した路線バスに揺られている姿を見ることができました。

コロンボ、フォート地区からペター地区へと歩く【スリランカ】レンガ造りのスーパー「カルギルス」

写真は、「ヨーク・ストリート」沿いにあるレンガ造りのスーパー「カルギルス」(Cargill’s)です。

向こうには、ワールド・トレード・センターのツインタワーも見えます。

「カルギルス」は、スリランカ最大手のスーパーマーケットチェーン。

このレンガ造りのお店は「カルギルス」の本店で、建物は1904年に建てられました。

もともとはカルギル家の邸宅であったそうで、コロニアル様式のその外観はなかなかの立派さ🌟

内部は、普通のスーパーマーケットでした。

コロンボ、フォート地区からペター地区へと歩く【スリランカ】グランド・オリエンタル・ホテル

スリランカ初日に宿泊した「グランド・オリエンタル・ホテル」です。

1837年に建てられたコロンボで最も歴史あるホテルで、かつては上流階級の社交場として賑わっていたそうです。

白亜のコロニアル建築が目に眩しいです✨

コロンボ、フォート地区からペター地区へと歩く【スリランカ】プランテーション・ハウス

コロンボ、フォート地区からペター地区へと歩く【スリランカ】フォート地区の建物

「カルギルス」の角の交差点を右に曲がり、東へと進みます。

通りにはところどころにコロニアル風の建物が建っています。

「コロンボ」は、16世紀末にポルトガルの支配下に入り、1658年にはオランダの統治を受け、1802年にはイギリス領セイロンの首都となりました。

現在の街並みは、イギリス時代にその下地が造られたのだそうです。

コロンボ、フォート地区からペター地区へと歩く【スリランカ】仏教寺院の仏像

コロンボ、フォート地区からペター地区へと歩く【スリランカ】仏教寺院の外観(フォート地区)

「フォート地区」を東へ向かって歩いて行くと、右手にビルに囲まれた仏教寺院がありました。

内部には黄金の仏像が光り輝いていました✨

「コロンボ」は、その人口の約4割、27万人がシンハラ人の仏教徒。

そのほか、ヒンドゥー教徒のタミル人が30%あまり、イスラム教徒も25%ほどいます。

「コロンボ」は多民族が共存する都市なのです。

熱気と喧騒に満ちた庶民の町「ペター地区」

コロンボ、フォート地区からペター地区へと歩く【スリランカ】カーン時計塔(ペター地区)

「フォート地区」を東へと進んでいくと、ロータリーの中に立つ時計塔が見えてきます。

「カーン時計塔」(Khan Clock Tower)です。インドのカーン財閥によって建てられたそうです。

この時計塔は、「ペター地区」(Pettah)の入り口に建っていて、ここから東が庶民の街「ペター地区」です。

コロンボ、フォート地区からペター地区へと歩く【スリランカ】ペター地区の界隈

コロンボ、フォート地区からペター地区へと歩く【スリランカ】ペター地区の路地

「フォート地区」とは打って変わって庶民的な「ペター地区」の通り。

小さな商店や食堂、ゲストハウスなどが軒を連ね、雑多な看板が通りを彩っています。

まさに、下町って感じです。

コロンボ、フォート地区からペター地区へと歩く【スリランカ】ジャミ・ウル・アルファー・モスク

「ペター地区」をさらに東へと歩いて行くと、赤と白のストライプ模様の建物が見えてきました。

「ジャミ・ウル・アルファー・モスク」(Jami Ul Alfar Mosque)です。

「ジャミ・ウル・アルファー・モスク」は、1908年に建てられたモスクで、コロニアル様式とイスラム建築をミックスさせた面白い建物です。

コロンボ、フォート地区からペター地区へと歩く【スリランカ】モスクの内部

コロンボ、フォート地区からペター地区へと歩く【スリランカ】祈る人々

「ジャミ・ウル・アルファー・モスク」の内部では、イスラム教徒たちが礼拝をしていました。

「コロンボ」とイスラム教徒との関わりはかなり古く、8世紀にはムスリム商人が使節を置き、16世紀にポルトガルに支配されるまで、コロンボの交易を支配していたそうです。

コロンボ、フォート地区からペター地区へと歩く【スリランカ】ペター地区とトゥクトゥク

コロンボ、フォート地区からペター地区へと歩く【スリランカ】ペター地区のロータリー

ペター地区のマーケット【スリランカ】ペター地区のマーケット

「ジャミ・ウル・アルファー・モスク」を出てさらに東へと進み、「オールド・タウン・ホール」の角を右折し、南へと進んでいくと、「ペター地区」で最も繁華な通り「ボーディラジャ・マーワタ」(Bodhiraja Mawatha)があります。

ここには、野菜や果物の市場が出ていました🍆🍓🍅🍉

ペター地区のマーケット【スリランカ】大勢の地元の人で賑わう

ペター地区のマーケット【スリランカ】たくさん並べられた野菜

ペター地区のマーケット【スリランカ】パイナップルが山盛り❗️

地元の人々で大賑わいのマーケット。

市場には、色とりどりの新鮮な野菜や果物が山盛りになっていました。

コロンボ、フォート地区からペター地区へと歩く【スリランカ】オランダ時代博物館

市場の中ほどで右折し、通りを西へと歩いて行くと、右手に白い列柱の並ぶコロニアル建築が現れます。

「オランダ時代博物館」(Dutch Period Museum)です。

ここは、オランダ植民地時代の植民地政府の建物を、そのまま博物館にしたもの。

2階建てで、内部には緑の芝生が美しい中庭があり、展示品としては当時の武器や調度品、家具や古地図などがあります。

「シナモン・ガーデンズ」にあるオシャレなモール「オデール」

「ペター地区」を歩くのもそこそこにして、別の地域へと行ってみましょう♪

トゥクトゥクを捕まえ、ドライバーに「シナモン・ガーデンズ」(Cinnamon Gardens)へ行ってくれるよう頼みます。

「シナモン・ガーデンズ」は、ペター地区から南へ約4kmほど行ったところにある地域。

高級住宅地や各国大使館が集まるハイソな場所です。

トゥクトゥクでシナモン・ガーデンズへ

トゥクトゥクからの車窓です。

コロンボの街、ほんとトゥクトゥクの数が多いですね❗️

「シナモン・ガーデンズ」は、その名前のとおり、かつてはシナモンの栽培が行われていた場所。

この地域には、「コロンボ国立博物館」や「ヴィハーラ・マハー・デーウィ公園」があります。

今回目指したのは、ショッピングモール「オデール」(ODEL)

15分ほどで着きました(Rs.200:122円)❗️

「オデール」は、シナモン・ガーデンズの五差路の交差点の角にあります。

コロンボ、ショッピングモール、オデール【スリランカ】おしゃれなショッピングモール「オデール」

「オデール」は、コロニアルスタイルの建物を改装した高級ショッピングモールで、コロンボで一番人気があるデパートです。

オーナーは、元トップモデルだった女性だそうで、空港やキャンディにも支店があります。

さっそく、中に入ってみましょう♪

コロンボ、ショッピングモール、オデール【スリランカ】日本食レストランもあります。

コロンボ、ショッピングモール、オデール【スリランカ】おしゃれな柄がたくさん❗️ラッピングのお店

コロンボ、ショッピングモール、オデール【スリランカ】カラフルなオリジナル写真立て

モールは3階建てになっていて、とっても綺麗。

内部には、日本でも着られそうな洋服や、オリジナルなかわいい雑貨、ブランドコスメや土産物、カフェやフードコートまでいろいろ🌟

買い物している人もおしゃれな感じの人が多く、売られている商品もセンスがある感じ。

コロンボ、ショッピングモール、オデール【スリランカ】内装もディスプレイもセンスあります。

コロンボ、ショッピングモール、オデール【スリランカ】オデールのカフェ

コロンボ、ショッピングモール、オデール【スリランカ】ナッツとドライフルーツ

コロンボ、ショッピングモール、オデール【スリランカ】モール内は富裕層で大にぎわい

コロンボ、ショッピングモール、オデール【スリランカ】オデール内の洋服屋さん

モール内は、結構混雑していました。富裕層で大賑わいです。

ここで、お土産をいくつか購入♪

ひと通り店舗を見て回ったあと、「オデール」から歩いて300mほどのところにあるフードコート「アーバン・キッチン」を目指します。

コロンボのフードコート、アーバン・キッチン【スリランカ】フードコート「アーバン・キッチン」

おしゃれなショッピングモール「オデール」から徒歩数分。

ホームセンター型の大きなスーパーマーケット「アルピコ・スーパーセンター」(Arpico Supercentre)があります。

その一角にあるフードコートが「アーバン・キッチン」(Urban Kitchen)です。

「アーバン・キッチン」でランチ

「アーバン・キッチン」では、スリランカ料理から洋食、中華、タイや韓国などの料理まで、様々な料理をいただくことができます。

都会的でセンスの良い店内は、大勢のコロンボの若者たちや家族連れで賑わっていました。

コロンボのフードコート、アーバン・キッチン【スリランカ】アーバン・キッチンで食べたハンバーガー

今回注文したのは、ハンバーガーとストロベリーラッシー(Rs.1260:768円)

日本並みのお値段です💦

でも、味はしっかりしていて美味しかったですよ。

コロンボのスーパーマーケット【スリランカ】アルピコ・スーパーセンターのあやしい日本語商品

コロンボのスーパーマーケット【スリランカ】アルピコ・スーパーセンター

隣接する「アルピコ・スーパーセンター」の中も覗いてみました。

野菜や果物、鮮魚や精肉などの生鮮食料品から、シャンプーや石鹸、コスメ、防虫剤や洗剤、文房具や食器、工具やおもちゃまで、あらゆる生活必需品が揃っています。

海外のスーパーを覗くのは、市場を見るのとは違った面白さがありますね❗️

コロンボ、シナモンガーデン付近の風景【スリランカ】スパ・セイロンでフットマッサージ

コロンボ、シナモンガーデン付近の風景【スリランカ】パークストリートミューズの界隈

食事を済ませ、スーパーを覗いた後、歩いて「パークストリートミューズ」(Park Street Mews)に行ってみました。

「パークストリートミューズ」は、最近コロンボで注目されているオシャレスポット。

椰子の木が並ぶ石畳の街路に、カラフルなパステルカラーに彩られたオシャレな店舗が並ぶ界隈です。

まだ、出来立ての界隈みたいで、空き店舗も結構ありましたが、ブティックやセンス良さげなカフェなどがちらほらとありました。

ここに来た目的は、フット・マッサージ。

この「パークストリートミューズ」には、ラグジュアリーなスパ「スパ・セイロン」(Spa Ceylon)のフラッグシップショップがあるのです✨

「スパ・セイロン」は、本格的な「アーユルヴェーダ・マッサージ」を受けられることでも有名ですが、今回は、フット・マッサージのみをお願い。

60分で、Rs.2800(1708円)と結構お得感がありました🌟

各種のオイルを使ってのフット・マッサージ、気持ち良かったです😊

旅の疲れが癒されます🍀

コロンボ最大の仏教寺院「ガンガラーマ寺院」

フット・マッサージで足をほぐした後、コロンボ最大の仏教寺院「ガンガラーマ寺院」(Gangarama Temple)を訪れます。

「ガンガラーマ寺院」へは、「パークストリートミューズ」から歩いて数分のところ。

境内は、たくさんの参拝客で賑わっていました。

コロンボ、ガンガラーマ寺院【スリランカ】ガンガラーマ寺院

コロンボ、ガンガラーマ寺院【スリランカ】ガンがラーマ寺院に居たガネーシャ神

コロンボ、ガンガラーマ寺院【スリランカ】聖人らしき像がたくさん❗️

入り口で靴を預け、境内の中を歩きます。

スリランカ仏教の性格なのでしょうか。境内には、仏様だけでなく、ヒンドゥー教の象の神様「ガネーシャ」の像など、いろいろな神様の像が置かれていました。

コロンボ、ガンガラーマ寺院【スリランカ】ブッダと仏塔の数々

コロンボ、ガンガラーマ寺院【スリランカ】ボロブドゥールに似た仏塔

コロンボ、ガンガラーマ寺院【スリランカ】ガンガラーマ寺院の主祭壇

コロンボ、ガンガラーマ寺院【スリランカ】ガンガラーマ寺院

コロンボ、ガンガラーマ寺院【スリランカ】仏像に祈る人々

キャンディの仏歯寺とはまた違った、都会のお寺って感じ。

バラエティーに富んだ仏様や神様の像、真剣に祈る参拝客の姿を見ることができます。

なかなか面白かったです😊

トゥクトゥクで「ゴール・フェイス・グリーン」へ

「ガンガラーマ寺院」を出た後、再びトゥクトゥクを捕まえます。

次の目的地は、インド洋に面した広大な広場「ゴール・フェイス・グリーン」

旅の締めに、コロンボの海でも見てみようと思ったのです。

海沿いの広場「ゴール・フェイス・グリーン」を歩く

コロンボ、ゴール・フォート・グリーン【スリランカ】ゴール・フェイス・グリーンの風景

「ゴール・フェイス・グリーン」(Galle Face Green)は、ゴール通りとインド洋に挟まれた、幅約100m、長さ約500m、面積5ヘクタールの緑地です。

イギリス統治下の1859年に、当時の総督ヘンリー・ジョージ・ワードの発案によって造られたのだそうです。

当時は、競馬場、またはゴルフ場として利用されていたのだとのこと。

コロンボ、ゴール・フォート・グリーン【スリランカ】ビニール人形が売られています。

「ゴール・フェイス・グリーン」には、まったく木が生えていないので、日中は直射日光が厳しそうです(訪れた時は夕方)。

広場には、スナックの屋台やビニール人形売りの出店がありました。

コロンボ、ゴール・フォート・グリーン【スリランカ】ゴール・フェイス・グリーンでは凧揚げをしている人が多いです。

コロンボ、ゴール・フォート・グリーン【スリランカ】凧揚げをする少年。向こうに見えるのは、ワールド・トレード・センター

「ゴール・フェイス・グリーン」の風景です。

遠くには、ワールド・トレード・センターのツインタワーが見えます。

「ゴール・フェイス・グリーン」では、凧揚げをしている人がたくさんいました。

「ゴール」の海辺でも凧揚げしている人たちがいましたが、スリランカでは凧揚げは日常的な遊びなのでしょうか。

大人も子供も、多くの人たちが凧揚げを楽しんでいます。

コロンボ、ゴール・フォート・グリーン【スリランカ】ゴール・フェイス・グリーンとインド洋の海

コロンボ、ゴール・フォート・グリーン【スリランカ】ゴール・フェイス・グリーンの風景

「ゴール・フェイス・グリーン」とインド洋の海です。

広大な芝生の公園をひと通り歩いた後、タクシーに乗ってホテルのある「フォート地区」へと戻ります。

スリランカのお土産を購入

ここで、スリランカで買ったお土産をご紹介します🌟

スリランカの財布【雑貨】象の図柄の革製の財布

スリランカの木彫りの象【雑貨】赤と緑の象の置物

象の図柄の革製の財布と赤と緑の象の置物です。

どちらも、「フォート地区」にある「ダッチ・ホスピタル」というショッピングモールの土産物屋さんで買いました。

両方合わせて、Rs.1300(793円)

スリランカの仮面【雑貨】ピーコックの神様のお面

スリランカのトゥクトゥク【雑貨】ミニトゥクトゥク

左は「フォート地区」の土産物屋「ラクサラ」で買ったピーコックの神様のお面(Rs.2500:1525円)

右は「オデール」で買ったミニトゥクトゥク(2個でRs.470:287円)

スリランカ石鹸 ベニバル&ターメリックスリランカ石鹸(ベニバル&ターメリック)

スリランカの石鹸【雑貨】スリランカ石鹸(ロータス&ケクム)

スリランカの石鹸です。

両方とも「オデール」で購入(Rs.900:549円)

スリランカ石鹸についてはこちら→スリランカの石鹸 ベニバル&ターメリック

<スワデシSWADESHI石鹸>コホンバKhombaコホンバ石鹸

<スワデシSWADESHI石鹸>コホンバKhombaコホンバ石鹸

「フォート地区」のスーパー「カルギルス」で買ったコホンバ石鹸(Rs.420:256円)

コホンバ石鹸についてはこちら→<スワデシSWADESHI石鹸>コホンバKhomba

ビールを飲んで、帰国の途へ

コロンボ・シティ・ホテルからの風景【スリランカ】ワールド・トレード・センター

宿泊していたホテル「コロンボ・シティ・ホテル」に戻り、ホテル屋上のレストランで夕食を食べます。

オープンエアのテラス席で、スリランカビール「ライオンラガー」を飲み、ビーフ・ステーキに舌鼓♪

眼下の道路には、行き交う車や色とりどりのトゥクトゥク。建物の向かいには、ワールド・トレード・センターのツインタワーが見えます。

コロンボ・シティ・ホテルでのビール【スリランカ】ライオンラガーで旅の締め

スリランかの旅もこれでおしまい。

仏歯寺のある「キャンディ」の町、象が練り歩く「ペラヘラ祭り」、巨大な岩の遺跡「シーギリヤ・ロック」、仏像と色鮮やかな壁画の「ダンブッラの石窟寺院」、ロマンチックなコロニアルタウン「ゴール

見どころいっぱい、盛りだくさん、大満足の旅でしたー❗️

コロンボ発のフライトは、0:35分発。

ホテルのスタッフにタクシーを呼んでもらい、早めの19:00頃、空港へ向けて出発。

1時間後、バンダーラナーヤカ国際空港に到着しました(Rs.3400:2074円)

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク