インド最南端の岬「カーニャクマリ」(コモリン岬)で日の出を見る【南インド】

インド最南端の岬「カーニャクマリ」(コモリン岬)で日の出を見る【南インド】

インド カニャークマリ 南インドの旅
カニャークマリ(インド)
記事内に広告が含まれています。

インド」(India:भारत)

インド最南端の岬「カーニャクマリ」(コモリン岬)。アラビア海、インド洋、ベンガル湾の3つの海が交わるここは太陽が海から昇り、沈む聖地です。ここで日の出を見ました。

今回は、「カーニャクマリ(コモリン岬)」です!

スポンサーリンク

太陽が海から昇り、沈むところ「カーニャクマリ」(Kanyakumari Cape Comorin கன்னியாகுமரி】

インド カニャークマリ日の出前のカーニャクマリ

 

ムリダンガムの単調なリズムと、それに合わせた女性シンガーの狂的な歌声が聴こえます。

スピーカーから何度も何度も繰り返される音割れしたそのキンキラ声。

寺院から流される祈りの歌声でしょう。

 

窓の外に目をやると、空は漆黒ではなく濃い群青色に変わっていました。

朝です。今日という一日がもうすぐ始まろうとしているのです。

 

宿を出た私は海に向かって歩いていきます。目指すは海岸沿いのガート(沐浴所)。そこで日の出を見るというのが私の早起きした目的でした。

ここはインド最南端。海から昇った太陽が、また海に沈む所「カーニャクマリ(コモリン岬)」です。

アラビア海とインド洋、そして、ベンガル湾という3つの海が出会うこの岬は、インド最南端の聖地として知られています。

この町はガンジス川沿いの聖地バラナシ」のような猥雑と喧騒はありませんが、のんびりと落ち着いて祈りの風景を楽しむにはいいところです。

 

ガートへと向かって歩いていくと、方々から人々が集まってくるのが見えました。

皆、日の出を拝み、朝の沐浴をしにいくのでしょう。

ふと、顔を上げると既に空が明るくなってきていました。

 

ガートに着いて驚きました。人が多い!

ガートとその周りの海岸沿いが人で埋め尽くされているのです。どこにこんな大勢の人が隠れていたんだろう。そう思えるほど海岸は混雑していました。

 

私は大勢のインド人に混じってガートの端っこに腰掛けました。

打ち寄せる波。海の色はまだ深い藍色です。水平線と空の境を見やると、そこは、ぼんやりと赤みを帯びてきていました。

もうすぐです!

スポンサーリンク

ヴィヴェーカーナンダ岩に昇る日の出

インド カニャークマリヴィヴェーカーナンダ岩に昇る日の出

 

浜辺を埋め尽くす人々は皆、今か今かと日の出を待ち続けていました。

空がオレンジ色に輝き始めます。海の色が紫色になり、沖合いに浮かぶヴィヴェーカーナンダ岩の建物の輪郭がはっきりとしてきます。

雲に朱色の光線が当たって、そのうち、真っ赤な太陽がヴィヴェーカーナンダの建物の影からひょっこりと姿を現しました。

日の出です!

インド カニャークマリ聖地で沐浴する人たち

インド カニャークマリ昼間のヴィヴェーカーナンダ岩

 

太陽が顔を出すのと同時に、人々はぞろぞろと沐浴を始めました。

祈りながら老人たちが海に入っていきます。朝日をバックに写真を撮る家族。日の出をただ呆然と眺め続ける男性。そういった人々にポストカードや貝殻で出来た首飾りを売ろうとする連中。

静かな町、「カーニャクマリ」がこの時だけは活気を見せていました。

 

旅行時期:1996年10月

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

【インド】ヒンドゥー教の聖地「バラナシ」で見た、ガンジス川に昇る日の出
日の出前の聖地「バラナシ」。ガンジス川沿いにある「ガート」(石段)には、大勢の人々が集まってきます。自らの穢れや罪を洗い流すため、神そのものでもある大河ガンジスに祈りを捧げるため、彼らは毎朝ガートにやってくるのです。
【インド】生と死が渾然一体となった小宇宙、ガンジス川沿いの聖地「バラナシ」の街
3000年の歴史を誇るといわれるインドの古都「バラナシ」。ここは聖なる川「ガンガー(ガンジス川の俗称)」に抱かれたヒンドゥー教最大の聖地です。人々はこの地にやってきて、沐浴することを生涯の願いとしています。
海峡沿いにある聖地「ラーメシュワラム」で新年初日の出を拝む★【南インド】
南インド、タミル・ナードゥの旅。前日、チェッティナード地方の中心都市「カライクディ」から列車に乗って、スリランカとの海峡沿いにある聖地「ラーメシュワラム」に到着しました。ラーメシュワラムは、日の出を拝みながらの沐浴風景が必見の見どころです。早朝、早起きして、さっそく海沿いの沐浴場「アグニ・ティーターム」へと向かいます。
南インド最大の巡礼地、マドゥライの「ミーナークシー・アンマン寺院」
南インドの古都マドゥライにある「ミーナークシー・アンマン寺院」は、南インドのヒンドゥー教徒にとって、北インドのバラナシに相当する南インド最大の巡礼地です。3000体もの神々の彫像で飾られた巨大な門塔(ゴプラム)は圧倒的な存在感です★
「ガンジスに還る」死を待つ父と、それを見守る家族の物語【映画】
この作品「ガンジスに還る」は、ガンジス川の聖地バラナシで最期を迎えたいと願う父と、それを見守る息子、そして、家族たちの日々を綴ったヒューマン・ドラマ。監督は、弱冠27歳のインドの新進気鋭の監督「シュバシシュ・ブティアニ」。2016年公開の作品です。

コメント