東京近辺の「パキスタン料理店」《おすすめ》7店舗をご紹介!

鶴見、DERA D-43パキスタン料理
スポンサーリンク

パキスタンについて

パキスタンは、東にインド、南西にイラン、西にアフガニスタン、北は中国と国境を接する国。1947年までは英領インドの一部であり、特に、人口の大多数を占める東部はインドと共通の文化を持っています。

宗教はイスラム教徒が多数派で国民の97%。人口は2億2,500万人を超え、世界で5番目に人口が多い国です。

パキスタンの地図

 

日本の2倍の面積を持つパキスタン。地域によって文化に大きな違いがあります。

大まかに、かつてムガル帝国の支配下にあったインドの影響の強い東側(最大の都市カラチを州都とするシンド州、第二の都市ラホールやイスラマバード首都圏(連邦直轄領)を内包するパンジャーブ州)と、イランや中央アジアの影響の強い西側(イランに面した西部のバローチスタン州、部族社会が色濃く残るカイバル・パクトゥンクワ州、カラコルム山脈を擁する北部山岳地帯ギルギット・バルティスタン州、インドとの国境紛争の舞台となっているアザド・カシミール)に分かれ、国民の7割は東側のシンド州とパンジャーブ州に住んでいます。

当然のことながら、日本に来るパキスタン人はシンド州やパンジャーブ州出身者が多く、日本にあるパキスタン料理店も、両州のお料理(インドの影響の強い料理)を提供するお店が大多数です。

スポンサーリンク

パキスタン料理とは?

パキスタンの料理はどんなものなのか。謎なところが多いので、地域ごとにちょこっと調べてみました(注:内容が間違っているものもあるかも知れません)。

「パンジャーブ料理」パキスタンのパンジャーブ州はインドのパンジャーブ州と元々は一緒だったので、お料理も共通しているものが多いようです。パンジャーブのお料理の特徴はバターやクリーム、ヨーグルト、パニール(チーズ)など乳製品を多用し、スパイスをたっぷり使った多種多様なお料理があること。特にタンドール窯で作られる料理(タンドリーチキンなど)は、パンジャーブが本場です。

イスラム教徒(ベジタリアンではない)の多いパキスタンのパンジャーブ州。注目すべきはお肉を使ったお料理。「ブナゴーシュト」「ニハリ」「ハリーム」「パヤ」「クンナゴーシュト」など。

「シンド料理」最大の都市カラチのあるシンド州。カラチの2,200万の人口のうち、6割がインドのイスラム教徒、アフガンからのパシュトゥーン人など、20世紀半ば以降に移民してきた人々なのだそうで、様々な食文化がミックスされているのだとのこと。

シンド料理として知られているのは、レンズ豆やほうれん草などで作られるベジカレー「サイバジ」、ひよこ豆の粉でとろみをつけた野菜カレー「シンディ・カディ」、素材にヨーグルトが使われる「シンディー・ビリヤニなど。

「バローチ料理」バローチスタンの「バローチ料理」は、アフガニスタンの影響を受けていて、肉は主に羊肉が多用されます。お料理としては、スパイスでマリネした丸ごとのラムの中にライスを詰め、オーブンで焼いた「カディ・ケバブ、塩でマリネした丸ごとラムを串に刺して炭火焼きした「サジ」、ラムとインゲン豆、ひよこ豆、ジャガイモを長時間弱火で煮込んで作るクルド人由来の料理「アブゴーシュト」、バローチスタンで食べられる丸いパン「カーク」など。

「パシュトゥーン料理」カイバル・パクトゥンクワ州の「パシュトゥーン料理」は、アフガニスタンとパキスタンに多く居住するパシュトゥーン人の料理で、米料理やケバブなどが有名で、ラム肉が多く使われるとのこと。お料理としては、羊肉、レーズン、にんじんを混ぜた蒸しご飯「カブリ・プラオ」、羊や牛のミンチ肉に様々なスパイスを加えて焼いたハンバーグ「チャプリ・ケバブ」が有名。中華鍋のような鍋で調理される蒸し煮っぽい料理「カラヒ」や、中央アジアでもよく食べられている「チョルバ」というスープ、「マントゥ」という餃子、串焼き肉の「シーク・カバブ」などもパシュトゥーンの料理のひとつであるとのこと。

「カシミール料理」カシミール地方では米が主食になっています。肉の消費量が多く、スパイスとして多く使われるのは刺激の少ないカシミーリチリ。お料理としては、骨付きマトンの煮込み「ローガンジョシュ」や肉団子のヨーグルトグレイビー煮「グシュタバ」、ヨーグルト入りの煮込みカレー「ヤクニ」など。

スポンサーリンク

パキスタン料理おすすめメニュー

多種多様なお料理があるパキスタン料理ですが、日本のパキスタン料理店でいただける、パキスタンらしい4品をご紹介します。

カラヒ

池袋、マルハバ

「カラヒ」とは、パキスタンやインド北西部のパンジャブ地方で食べられるお料理で、お肉をトマトや生姜、青唐辛子やたくさんのスパイスなどで蒸し煮にしたお料理です。

ちなみに、「カラヒ」の名前の由来は、調理する鍋からきているそう。写真の中華鍋に似た鍋容器、あれが「カラヒ」というそうです。

蒸し煮でソースが干上がるためスパイスの風味が凝縮されている感じがして、とっても美味♪

ニハリ

西新宿、ナワブ・ダイニングカフェ

「ニハリ」は、羊や牛の脚の肉を骨髄と一緒に煮込んだシチュー。

18世紀のムガル帝国末期の時代に生まれたお料理で、現在ではインド北部やパキスタン、バングラデシュのイスラム教徒によく食べられており、特にパキスタンでは国民食とも呼ばれているのだそう。“ニハリ”は、ウルドゥー語で「朝」という意味があり、朝食に食べることが多いのだとか。

スープは少しとろみがあり、柔らかい肉と滲み出たコラーゲン質がたまりません!

ハリーム

八潮、カラチの空

「ハリーム」は、小麦、大麦、レンズ豆、牛肉(もしくは羊肉)をスパイスと一緒に7〜8時間煮込んで作るお料理です。パキスタンやバングラデシュ、インドのイスラム教徒の間でよく食べられているお料理で、朝食として食べられることが多いのだそう。

スープというよりはペースト状な感じ。牛肉や豆などが形がなくなるまで煮込まれていて、とにかく粘り気と牛肉の繊維質の感じが他にはない味わいです。

パヤ

鶴見、DERA D-43

「パヤ」とは、牛や羊、ヤギなどの足首や蹄の肉をその骨ごと様々なスパイスやハーブを使って煮込んだお料理。主に冬に食べられる料理であるとのこと。

「ニハリ」に似たお料理ですが、スパイスを多用するニハリと比べて、パヤは使われるスパイスが少なめでシンプルなのだとか。

ニハリに比べてマイルドな味わい。その分、マトンの臭みは強めです。

 

日本ではまだメジャーじゃないけど、インド料理とはまた違った魅力のある「パキスタン料理」。東京近辺にあるおすすめのお店を7店舗ご紹介します★

スポンサーリンク

『マルハバ』@池袋

池袋、マルハバ

池袋、マルハバ

池袋、マルハバ

池袋北口から徒歩6分ほどの場所にあるパキスタンレストラン『マルハバ』

このお店、20年以上前からあって、本格パキスタン料理店としては都内でもかなりの老舗の部類。イスラム教メインのパキスタンのお店ということで、お料理はハラルフード100%、アルコール類は宗教上の理由から一切置いていないそうです。

柔らかいチキンとスパイスが凝縮されたソースが最高に美味しい「チキンカラヒ」、スパイス感たっぷりのライスの中にマトンがゴロリと入った「マトンビリヤニ」。どちらも美味でした★

 

お店の詳細はこちら↓

パキスタン料理専門店『マルハバ』で、カラヒとビリヤニを味わう@池袋
池袋北口から徒歩6分ほどのところにある、パキスタンレストラン『マルハバ』。このお店、20年以上前からあって、本格パキスタン料理店としては都内でもかなりの老舗の部類。イスラム教メインのパキスタンのお店ということで、お料理はハラルフード100%、アルコール類は宗教上の理由から一切置いていないそうです。
スポンサーリンク

『ラヒ・パンジャービー・キッチン』@西荻窪

西荻窪、ラヒ・パンジャビ・キッチン

西荻窪、ラヒ・パンジャビ・キッチン

西荻窪、ラヒ・パンジャビ・キッチン

西荻窪にあるパキスタン料理のお店『ラヒ・パンジャービー・キッチン』

お店の名前にもある通り、『ラヒ・パンジャービー・キッチン』はパンジャーブ地方のお料理を提供するお店。

スパイスがっつりの「スパイシーな鳥皮」や「ラムチョップ」。チャナ豆とホールスパイスがゴロゴロ入った「チャナ(ひよこ豆)とチキンのカレー」。溶け込むまで煮込まれたビーフと濃厚な豆が食べ応え満点の「ハリーム」

パンジャーブのお味を満喫できるお店です★

 

お店の詳細はこちら↓

『ラヒ・パンジャービー・キッチン』★本場パキスタン・パンジャーブ家庭料理を堪能!@西荻窪
JR中央線西荻窪駅南口から徒歩5分。駅入口から南東へ。みずほ銀行の角を左折して2つ目の路地を左折した左手にパキスタン料理のお店『ラヒ・パンジャービー・キッチン』はあります。2005年にオープンしたこのお店、パキスタンのパンジャーブ州ラホール出身のラヒームさんがオーナーシェフを務めるパキスタンテイスト満点のお店。食べログの「カレー百名店2017」を受賞した人気店です★
スポンサーリンク

『ハビビハラルレストラン』@西大島

西大島、ハビビハラルレストラン

西大島、ハビビハラルレストラン

西大島、ハビビハラルレストラン

江東区西大島にあるパキスタン料理店『ハビビハラルレストラン』

南アジア系の人が多く住む江東区で“パキスタンの味”を標榜する、パキスタン人をメインターゲットとしたお店です。

注文したのは、羊肉を使ったハンバーグ「チャプリカバーブ」と、骨付きマトンを煮込んだシチュー「ニハリ」。

コリアンダーシードががっつり効いた「チャプリカバーブ」、骨つきマトンの髄から滲み出たコラーゲンがたっぷりの「ニハリ」も抜群の美味しさでした★

 

お店の詳細はこちら↓

『ハビビハラルレストラン』★本格パキスタン料理店でトロットロのニハリに舌鼓!@西大島
西大島にある本格的なパキスタン料理店『ハビビハラルレストラン』。江東区在住パキスタン人をターゲットとした本場のパキスタン料理をいただくことができます。マトンのカレーを中心に揃いも揃った本場パキスタンの味。都内のパキスタン料理店の中でも、かなりおすすめのお店のひとつです。
スポンサーリンク

『カラチの空』@八潮

八潮、カラチの空

八潮、カラチの空

八潮、カラチの空

埼玉県南東部にある八潮市。この町にはパキスタン人が多く在住し、パキスタンコミュニティが形作られています。その通称“ヤシオスタン”にあるパキスタン料理店が『カラチの空』です。

パキスタン風情満点の店内には在住パキスタン人がたくさん!さすが、ヤシオスタン!

注文したのは「チキンビリヤーニ」「ニーハリ」「ハリーム」。

ビリヤニは、ジューシーなチキンとお肉のお味が染み込んだお米、複雑なスパイスの味と香り。これぞ、ビリヤニという感じ。

スパイスが効いていて濃厚で深みのあるお味の「ニーハリ」は抜群の美味しさ!レモンの酸味が濃厚なスープにとっても合います♪牛肉の繊維がガッツリ入った粘り気の強い「ハリーム」はマイルドかつ濃厚で少し甘味があります。

お店の雰囲気も、現地仕様のお料理も、パキスタンを満喫できるお店です★

 

お店の詳細はこちら↓

カラチの空【八潮】★美味しいニハリ、ハリーム、ビリヤニ♪“ヤシオスタン”にあるパキスタン料理店
パキスタン人が多く住む“ヤシオスタン”こと、埼玉県八潮市。パキスタン料理店『カラチの空』は、そんな在日パキスタン人御用達のお店。ニハリやハリーム、ビリヤニなど、まったく日本人向けアレンジをしない、本場パキスタン仕様のお料理をいただくことができるお店です。
スポンサーリンク

『ザイカ』@糀谷

糀谷、ザイカ

糀谷、ザイカ

糀谷、ザイカ

京急空港線糀谷駅から徒歩1分、糀谷駅前を走る環八通り沿いにパキスタン家庭料理・ハラル料理のお店『ザイカ』はあります。

お店では、ニハリやカラヒなどのパキスタンのカレーを始め、ビリヤニ、ケバブも提供。本場の味を味わえるお店として、在住パキスタン人の評価も高いお店です。

注文した「チキンカラヒ」は、味はかなり濃い感じですが、鶏肉の旨味やトマトの酸味、生姜やスパイスの辛味や風味が凝縮されていて、美味しい♪

「ニハリ」は、スープは少しとろみがあり、濃厚で深みのあるお味。山羊肉も食べ応えがありながら柔らかく、臭みもスパイスで抑えられていて食べやすいです。

お料理のボリュームもあり、お値段もリーズナブル!パキスタン本場のお味を気軽に楽しむことができました★

 

お店の詳細はこちら↓

ザイカ【糀谷】★ニハリが美味しい♪大田区の地元に根付いたパキスタン料理店
大田区糀谷にあるパキスタン家庭料理・ハラル料理のお店『ザイカ』。お店では、ニハリやカラヒなどのパキスタンのカレーを始め、ビリヤニ、ケバブも提供。本場の味を味わえるお店として、在住パキスタン人の評価も高いお店です。お料理のボリュームもあり、お値段もリーズナブル!テイクアウトも人気です。
スポンサーリンク

『DERA D-43』@鶴見

鶴見、DERA D-43

鶴見、DERA D-43

鶴見、DERA D-43

鶴見駅から徒歩1分の場所にあるパキスタン料理のお店『DERA D-43』

お洒落でシックな雰囲気の神奈川では貴重な本格的なパキスタン料理をいただけるお店です。

注文したのは「ビーフハリーム」と「マトンパヤ」と「ダールカレー」

旨味たっぷりで濃厚な「ビーフハリーム」、骨付きマトンから滲み出たコラーゲンなマトン肉の食感と獣感がGoodな「マトンパヤ」、2種のお豆の旨味と青唐辛子の辛味が美味な「ダールカレー」。そして、3種のカレーと共にいただいた中央アジア風のさっくりとした食感の「ナン」が絶品でした♪

 

お店の詳細はこちら↓

DERA D-43【鶴見】★穴場のパキスタン料理店でハリームとパヤ、中央アジア風のナンを賞味♪
JR京浜東北線鶴見駅西口から徒歩1分。パキスタン料理のお店『DERA D-43』はあります。2019年5月にオープンしたこのお店、まだあまり話題になっていませんが、神奈川では貴重な本格的なパキスタン料理をいただけるお店です。濃厚なハリームとパヤを中央アジア風のナンでいただきました♪
スポンサーリンク

『ナワブ・ダイニングカフェ』@西新宿

西新宿、ナワブ・ダイニングカフェ

西新宿、ナワブ・ダイニングカフェ

西新宿、ナワブ・ダイニングカフェ

日本橋から移転し、西新宿に再オープンした『ナワブ・ダイニングカフェ』

本格的なパキスタン料理がいただけるお店として、パキスタン大使館御用達ともなっている有名店です。

注文したのは、「ニハリ(NIHARI)」と「アンダ・チャナ(ANDA CHANA)」

「ニハリ」は骨からするりと削ぎ取れるお肉はとろとろの柔らかさで、お肉の旨味がお口の中にとろけ出るような感じ。「アンダ・チャナ」も飽きの来ないスタンダードな美味しさ。まあるく大きくて焼き色が美しいタンドゥーリ・ロティも美味しい★

老舗のパキスタン料理名店のお味は、さすがに美味でした♪

 

お店の詳細はこちら↓

ナワブ・ダイニングカフェ【西新宿】★お肉の旨味がお口の中にとろけ出る「ニハリ」が美味♪
西新宿に移転オープンした「ナワブ」の新店舗『ナワブ・ダイニングカフェ』。お洒落な居心地の良い空間で、本格的なパキスタン料理をいただけるお店。骨付きのスネ肉の入った「ニハリ」はとろみとお肉の旨味がたまらない美味しさ★パキスタンのお味を楽しみたいなら、黒板メニューの「Chef's Special」から選ぶのがお勧めです。

パキスタン料理以外のおすすめまとめ

東京近辺の「北インド料理店」《おすすめ》17店舗をご紹介!
北インド料理のおすすめのお店をご紹介します。ムガル宮廷文化の流れを酌んだ濃厚でクリーミーな「バターチキン」、チャパティを焼く窯「タンドール」で作られる「タンドリーチキン」など日本人の多くがイメージする”インド料理”に最も近い「北インド料理」。東京近辺にあるおすすめのお店を17店舗ご紹介★
南インド料理の定食「ミールス」東京都内《厳選》44皿!
「ミールス」(Meals)とは、南インドの食堂やレストランで出される定食のこと。南インドでは、お昼(または夜)に食べられる食事です。最近人気の南インド料理。「ミールス」を食べることができるお店もどんどん増えてきています。東京都内のおいしい「ミールス」を44選、ご紹介します!
インドの炊き込みご飯「ビリヤニ」東京都内《美味しい》33皿!
「ビリヤニ」(Biryani)とは、インドやパキスタンなどで食べられている炊き込みご飯のこと。スパイスをふんだんに使い、お米と具材を別々に調理して作る手の込んだお料理で、インドでも高級なお料理として知られています。最近人気沸騰中の「ビリヤニ」。東京都内のおいしい「ビリヤニ」を33選、ご紹介します!
ネパール料理の定食「ダルバート」東京都内《おすすめ》15店舗ご紹介!
「ダルバート」とは、ネパールで毎日食べられている日本の定食にあたる料理です。ダルは豆、バートはお米を意味します。ダルとお米の他に、おかず「タルカリ」と漬物の「アチャール」が付きます。東京都内のネパール料理店でいただいた「ダルバート」(または、それに類するもの)を15皿、ご紹介します★
スリランカカレー定食「スリランカプレート」《おすすめ》15皿ご紹介!
ココナッツミルクを多用し、豊富なスパイスなハーブを効かせた「スリランカ料理」。お魚の出汁を使うということで、日本人のお口にも合うお料理です。各地(東京・埼玉・大阪)のスリランカ料理店でいただいたスリランカカレー定食「スリランカプレート」を15皿+α、ご紹介します★
南インド料理の軽食「ティファン」のおすすめメニューとお店をご紹介♪
南インド料理の軽食「ティファン」についてご紹介します。ティファンは現地南インドでは、朝食(モーニング)として、また、朝食だけでなくランチタイム(ミールスが提供される時間)以外でもよく食べられているスタンダードなお料理です。ティファンのおすすめメニューとお店をご紹介します。