毎晩剣のショーが見られる、中世をテーマにしたレストラン『ペッパー・サック』@エストニア・タリン

ペッパー・サック(バルト三国⑤:エストニア:タリン)

エストニアのタリン旧市街にある、15世紀の建物を利用した中世風のレストラン『ペッパーサック(Peppersack)』。

残念ながら時間が合わなかったのですが、毎晩20時~剣を使ったショーが行われています。

エストニア料理がいただけて、お味も雰囲気もGoodでした。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

『ペッパー・サック(Peppersack)』

タリン旧市街のラエコヤ広場から、ヴィル通りの方へ2分ほど歩いたところに『ペッパー・サック(Peppersack)』はあります。

ペッパー・サック(バルト三国⑤:エストニア:タリン)

ペッパー・サック(バルト三国⑤:エストニア:タリン)

三角屋根がかわいいお店。

上から吊り下がっているのは、店名のペッパーサック「コショウ袋」です(写真では分かりずらいですが)。

タリンは貿易で栄えた街で、コショウも多く取り引きされていたそうなんです。

ペッパー・サック(バルト三国⑤:エストニア:タリン)

ペッパー・サック(バルト三国⑤:エストニア:タリン)

お店の前に貼られていたメニュー。

ではでは、店内へ。

ペッパー・サック(バルト三国⑤:エストニア:タリン)

天井の高い、中世の雰囲気の店内です。

訪問した日は、時間が遅かったので、お客さんはあまりいませんでした。

毎晩20時~剣を使ったショーが行われているそうですが、すでに終わっている時間で残念ながら見られず。。

ペッパー・サック(バルト三国⑤:エストニア:タリン)

英語のメニュー。助かります。

うん、お値段もお手頃な感じ。

ペッパー・サック(バルト三国⑤:エストニア:タリン)

いつもならビールといきたいところですが、この日はとても疲れていたこともあって、シードルにしました。シードルともう一つは、何か他のフルーツのお酒だったと思います。。

ペッパー・サック(バルト三国⑤:エストニア:タリン)

サービスのパン。ずっしり系のちょっと重たいパンでした。

ペッパー・サック(バルト三国⑤:エストニア:タリン)

「Fish plate for 2」14.50ユーロ。

”ニシンとサーモンのマリネ” にクリームチーズとトーストされた黒パンが添えられています(2人分)。

ニシンやサーモンのマリネは、北欧の家庭料理で、バルト三国でもよく食べられているそう。

ペッパー・サック(バルト三国⑤:エストニア:タリン)

レモンを絞って、オリーブと一緒にいただきます。

これが、とっても美味しかった♪

さっぱりしてるので、疲れた身体にも優しく、食欲が出て来ます。

そして、ドイツ・オーストリア・ロシア・東欧・北欧などで、多く食べられている ”黒パン”。

マリネが黒パンに合うんです! 黒パンも好きなので、このお料理はかなりツボでしたー。

ペッパー・サック(バルト三国⑤:エストニア:タリン)

こちらのスープは、多分メニューにある「Winter squash and parsnip creamy soup with seeds」5.00ユーロ。

西洋カボチャとパースニップというヨーロッパの根菜のスープです。

優しいお味で、こちらも美味しい♪ プチプチの種がアクセントになって、食感もいいです。

ペッパー・サック(バルト三国⑤:エストニア:タリン)

もっと色々食べてみたかったけど、マリネも結構ボリュームがあったので、かなりお腹いっぱいに。

バルト三国のお料理、まずエストニアに関しては、全部当たり(あ、お昼に食べた血のソーセージは、ちょっと苦手だったけど。。)でした。日本人の口にも、とても合うと思います。

タリンのお店は、内装が中世をテーマにしていたりと、お料理だけでなく店内の雰囲気も楽しめるお店が多いので、より美味しくいただける気がしました。


◆ペッパー・サック(Peppersack)

住所:Vana turg 6, 10140 Tallinn, エストニア
電話:+372 646 6800
営業時間:8:00~0:00

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)

フォローする

スポンサーリンク