『Sedef』★ボスニア料理の盛り合わせは、必ず食べてほしいオススメの一品@サラエボ

サラエボ③(バシュチャルシア)【バルカン12】バルカンの旅

サラエボ③(バシュチャルシア)【バルカン12】

ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボでの夕食には、旧市街バシチャルシァにある『Sedef』で、ボスニア料理をいただきました。

お手頃なお値段で、美味しいお料理がいただけ、店内も気軽に入れる雰囲気でとてもオススメです。

スポンサーリンク

サラエボの路地裏にある隠れ家的なレストラン

サラエボ③(バシュチャルシア)【バルカン12】

サラエボでの夕食は、事前にネットで調べていたボスニア料理のお店『Sedef』へ。

写真はお店を出たときのものなので、暗くなってますが、まだ明るい時間に行きました。

場所は、旧市街バシチャルシァのメイン通り ”Ferhadija” 沿いの聖心大聖堂の近くにあります。

サラエボ③(バシュチャルシア)【バルカン12】

この辺かなーと、地図を見ながら歩いていると、それらしきレストランの看板が!

ここっぽいなー。

サラエボ③(バシュチャルシア)【バルカン12】

立て看板のところから脇に入ると、『Sedef restaurant』の文字が!

へぇ~この奥がお店なのね。

サラエボ③(バシュチャルシア)【バルカン12】

ありました!『Sedef Restaurant』!!

この日は雨だったこともあってか、表のテラス席は、椅子も立てかけられ、人もいませんでした。

サラエボ③(バシュチャルシア)【バルカン12】
SEDEF GRILL BOSNIAN KITCHEN

サラエボ③(バシュチャルシア)【バルカン12】

この写真は帰る時の写真ですが、入店したときも、お客さんは1組しかおらず、途中でもう2組が来たのみ。

サラエボ③(バシュチャルシア)【バルカン12】

お客さんがほとんどいないので、若干不安を感じつつ、でもお店も綺麗だし、ネットの情報では「美味しかった」と。。

スポンサーリンク

ボスニア料理の盛り合わせがオススメ!

サラエボ③(バシュチャルシア)【バルカン12】

あー、これこれ!

ネットで見た盛り合わせ料理。

「MIX OF VARIOUS DISHES」12.00マルカ(約740円)。

お手頃価格で、美味しそう!

サラエボ③(バシュチャルシア)【バルカン12】

ビールは、何のビールだっかたか忘れてしまったのですが、多分ボスニアのビールだったかと。。

飲みやすくて、美味しい。

サラエボ③(バシュチャルシア)【バルカン12】

◆Shopska Salad(ショプスカサラダ)お値段失念。。

ショプスカサラダは、ブルガリアのサラダで、バルカン半島や中央ヨーロッパで人気があるそうです。

トマト、ピーマン、きゅうり、玉ねぎなどを角切りにして、削ったチーズとパセリをかけたシンプルなサラダ。

中東からヨーロッパ、アフリカなどは、角切りのサラダが多いように感じます。

インドのカチュンバルサラダもそうですね。

”ショプスカサラダ” は、あっさりしていて、それほど味に特徴はなかったけど、普通に美味しかったです。

サラエボ③(バシュチャルシア)【バルカン12】

◆MIX OF VARIOUS DISHES(12.00マルカ)

ボスニア料理の盛り合わせです!

トマト・ピーマンの肉詰め、マッシュポテトのようなもの、ミートボール、水餃子的なもの、野菜の煮込みなどなど、盛りだくさんです。

これが、美味しかったんです♪

日本人の舌に合うやさしいお味で、どれもこれも美味しい。

どの辺がボスニア料理なのかはちょっと不明ですが(笑)、バルカン諸国や中欧地域で食べられてる料理って感じですかね。

量が多いかもってことで、2人で1つをオーダーしましたが、あっという間に平らげてしまい、1人1つでも良かったかも。もっと食べたかった。

器も、温かみがあっていいですよね。

サラエボ③(バシュチャルシア)【バルカン12】

盛り合わせについていたパン。

素朴なピタパンのようなもので、汁気のある煮込み料理と合います。

サラエボ③(バシュチャルシア)【バルカン12】

この盛り合わせ料理は、安心して食べられる味で、1人でも平らげられる量だと思うので、1人旅の食事にも最適です☆

サラエボ③(バシュチャルシア)【バルカン12】

◆Baklava(バクラヴァ)3.00マルカ

食後のデザートは、バクラバ(バクラヴァ)で。

結構大きめですが、ナッツがたくさんかかっていて、甘いけど美味しい~♪

バクラバ(バクラヴァ)は、やっぱり好きです。

サラエボ③(バシュチャルシア)【バルカン12】

◆ボスニアンコーヒー(2.00マルカ)

ドリンクは、またまたボスニアンコーヒー!

ボスニアで3回目のボスニアンコーヒーです。

カップには、最初からお湯が少し入っていました。

サラエボ③(バシュチャルシア)【バルカン12】

お湯の入ったカップにコーヒーを注ぎます。

お砂糖を入れて、いただきます。

サラエボ③(バシュチャルシア)【バルカン12】

苦みのあるボスニアンコーヒーと、甘~いバクラバ(バクラヴァ)は、合いますね。

 

美味しいお食事と、締めにスイーツもいただける『Sedef』、気軽に入れて使えるお店です!


スポンサーリンク

◆『Sedef』

住所:71000 Ferhadija 16 BA, Sarajevo 71000 ボスニア・ヘルツェゴビナ
電話:+387 33 200-588
営業時間:8:00~22:00