ラトビア・リガのレストラン『クローズィニシュ・プロヴィンツェ』@かわいい店内で素朴で美味しいラトビア料理を

リガのレストラン(クローズィニシュ・プロヴィンツェ:バルト三国⑥:ラトビア:リガ) グルメ
記事内に広告が含まれています。

バルト三国・ラトビアの首都リガの旧市街、聖ペテロ教会の近くにある、ラトビアの郷土料理がいただけるレストラン『クローズィニシュ・プロヴィンツェ(krodziņš-Province)』

フランスの片田舎風とでもいうのでしょうか、あたたかくてカワイイ内装のこじんまりしたお店で、素朴で美味しいラトビア料理を楽しみました。

リガのレストラン(クローズィニシュ・プロヴィンツェ:バルト三国⑥:ラトビア:リガ)

スポンサーリンク

ラトビア郷土料理のお店『クローズィニシュ・プロヴィンツェ(krodziņš-Province)』

リガでの最初の食事に選んだお店は、ラトビア郷土料理がいただける『クローズィニシュ・プロヴィンツェ(krodziņš-Province)』。

リガのレストラン(クローズィニシュ・プロヴィンツェ:バルト三国⑥:ラトビア:リガ)

聖ペテロ教会からほど近い、クング通り沿いにあります。

フランスの住所標識に似た、濃紺と緑に白い文字の看板。

かわいらしいお店という雰囲気が漂ってきます。

リガのレストラン(クローズィニシュ・プロヴィンツェ:バルト三国⑥:ラトビア:リガ)

こじんまりとしたカワイイ店内。

お店に入った時は、まだ2,3組しかお客さんがいなかったのですが、座ってしばらくしたら、あっという間に満席になってしまいました。混む前に入って良かった。

リガのレストラン(クローズィニシュ・プロヴィンツェ:バルト三国⑥:ラトビア:リガ)

リガのレストラン(クローズィニシュ・プロヴィンツェ:バルト三国⑥:ラトビア:リガ)

壁には、ラトビアの陶器が飾られています。色使いが素敵です。

リガのレストラン(クローズィニシュ・プロヴィンツェ:バルト三国⑥:ラトビア:リガ)

フランスの片田舎風というのでしょうか、なんともかわいらしい店内。

とても綺麗で、まだ新しい感じがします。

床に樽が置かれていたり、壁から天井までインテリアが凝っていて、キョロキョロしてしまいます。これはテンション上がりますね♪

リガのレストラン(クローズィニシュ・プロヴィンツェ:バルト三国⑥:ラトビア:リガ)

リガのレストラン(クローズィニシュ・プロヴィンツェ:バルト三国⑥:ラトビア:リガ)

メニューは、英語表記があるので、文字から想像して注文します。

良心的なお値段で安心。

スポンサーリンク

日本人の口に合う。ラトビアの郷土料理の数々

リガのレストラン(クローズィニシュ・プロヴィンツェ:バルト三国⑥:ラトビア:リガ)

ドリンクは、やっぱりビール。

ラトビアの「Aldaris 1865」というビール(330ml で 2.70ユーロ)。安い!

とても飲みやすくて、美味しいです。

リガのレストラン(クローズィニシュ・プロヴィンツェ:バルト三国⑥:ラトビア:リガ)

「Latvian Cabbage Soup(Sauerkraut) with Pork Meat and roasted potatoes」 4.90ユーロ。

「豚肉とローストポテト入りラトビアキャベツスープ(ザワークラウト)」・・・という感じでしょうか。

ザワークラウトはドイツの食べ物ですが、バルト三国でもホントによく食べられていて、市場にはたくさんのザワークラウト屋さんがあります。

そのザワークラウトをスープにもするんですね。

酸味が効いた具だくさんのスープで食べやすく、とても美味しかったです。

リガのレストラン(クローズィニシュ・プロヴィンツェ:バルト三国⑥:ラトビア:リガ)

「Black Peas with Smoked Bacon and Fried Onion Served with Butter Milk」5.30ユーロ。

「黒豆とベーコンとフライドオニオン バターミルクと一緒に」・・・という感じ!?

ラトビアの家庭料理『ズィルニ』という黒豆を茹でたシンプルなお料理。

結構な量で出てきました。これはビールに合う一品ですね!

ただ気になるのが、コップに入ってきたバターミルク。。しかも大量です(汗)

店員さんにジェスチャーで「このバターミルクを豆の器に入れるのか」聞いてみると、「そうだ」と。最初ちょこっとだけ入れたら、「全部入れろ」的なジェスチャーをされ。。

いや~、日本人の発想にはない食べ方。。

全部入れるのはちょっと怖かったので、少量で味見をしてみたところ、「うーん、バターミルクは入れない方が。。」という結果になったので、ごく少量のバターミルクのみで、茹でた豆の素材の味を楽しみました(笑)

素朴なお味でしたが、出汁が効いていて美味しかったです。

リガのレストラン(クローズィニシュ・プロヴィンツェ:バルト三国⑥:ラトビア:リガ)

「Baltic Plaice with Rice and Lemon and Wine Sause」11.90ユーロ。

「バルト海のカレイ レモンとワインソースとライス」!?

バルト海で獲れたカレイのソテーです。ライスにレモンとワインソースが絡められていました。

レモンライスが爽やかで、プリっと脂の乗ったカレイとなかなか合います。

うん、やっぱりバルト三国のお料理は、日本人の口に合いますね。

エストニアに続き、ラトビアもいい感じです♪

リガのレストラン(クローズィニシュ・プロヴィンツェ:バルト三国⑥:ラトビア:リガ)

お食事の後のお茶も、こちらのお店で。

コーヒーとカフェラテだったかな。お値段失念。。

リガのレストラン(クローズィニシュ・プロヴィンツェ:バルト三国⑥:ラトビア:リガ)

チーズケーキだったでしょうか。。こちらもお値段失念。

下にはクッキー生地、上にはクランブルが乗っていて、ラズベリーソースがたらりと。そして、砕いたナッツがかかっていて、これ、とても好きなタイプです。

見た目どおり、すごく美味しい♪

スイーツまで食べられて、とっても満足です。

 

お店の内装もかわいくて、お料理もおいしく、まぁまぁ良心的なお値段でラトビア料理をいただけるので、オススメです★ リガに行ったら是非訪れたいお店です。

スポンサーリンク

◆『クローズィニシュ・プロヴィンツェ(krodziņš-Province)』の地図・アクセス

  • 住所:Kaļķu iela 2, Centra rajons, Rīga, LV-1050 ラトビア
  • 電話:+371 67 222 566
  • 営業時間:12:00~23:00

スポンサーリンク

「バルト三国」現地のレストラン・カフェ

エストニア・タリンのお店

スリー・ドラーコン【エストニア・タリン】中世風のパブでエルク(ヘラジカ)スープをいただく
エストニアのタリンの中心地、ラエコヤ広場にある旧市庁舎に『スリー・ドラーコン』はあります。中世の雰囲気いっぱいのパブは、エンターテインメント要素もある人気のお店です。薄暗い店内でスープやパイをいただいていると、不思議な感覚になります。
ビアハウス(Beer House)【エストニア・タリン】7種類の生ビールを味わえる醸造所併設のレストラン
エストニア・タリンの旧市街にあるビアレストラン『ビアハウス(Beer House)』。隣には自前の醸造所があり、7種類の生ビールを味わうことができます。店内は広々としていて、みんなが楽しそうにビールを飲んでいる、まさにビアハウスです!
クルドゥセ・ノッツ・クルツ【タリン】エストニア郷土料理が食べられる可愛くて雰囲気のいいお店
エストニア・タリンにある、エストニアの郷土料理がいただけるお店『クルドゥセ・ノッツ・クルツ(Kuldse Notsu Korts)』。山小屋風のかわいらしい店内で、ビールと一緒に豚肉料理やじゃがいもなどを堪能!クリスマスに食べられているという ”血のソーセージ” にもチャレンジしました。
エストニア・タリンのレストラン『ペッパー・サック』@毎晩剣のショーが見られる、中世をテーマにしたレストラン
エストニアのタリン旧市街にある、15世紀の建物を利用した中世風のレストラン『ペッパーサック』。残念ながら時間が合わなかったのですが、毎晩20時~剣を使ったショーが行われています。エストニア料理がいただけて、お味も雰囲気もGoodでした。
ケールヴィーデル【エストニア・タリン】ケーキがとっても美味しい隠れ家風カフェ♪
エストニア・タリン旧市街の中心、ラエコヤ広場に面したところにあるカフェ『kehrwieder(ケールヴィーデル)』。お店の内装は、とても雰囲気があって、かわいらしい店内。ケーキがとっても美味しかったです♪
エストニア・タリンのカフェ『ピエール・ショコラテリエ』@レトロな雰囲気の店内で濃厚チョコレートケーキがいただける
エストニア・タリン旧市街の中心、小さな工房が集まった「職人の中庭」にあるチョコレートカフェ『ピエール・ショコラテリエ(Pierre Chocolaterie)』。中世の建物を使ったとても雰囲気がよい店内で、濃厚で美味しいチョコレートケーキをいただくことができます。

ラトビア・リガのお店

ラトビア・リガのレストラン『クローズィニシュ・プロヴィンツェ』@かわいい店内で素朴で美味しいラトビア料理を
バルト三国・ラトビアの首都リガの旧市街、聖ペテロ教会の近くにある、ラトビアの郷土料理がいただけるレストラン『クローズィニシュ・プロヴィンツェ(krodziņš-Province)』。フランスの片田舎風とでもいうのでしょうか、あたたかくてカワイイ内装のこじんまりしたお店で、素朴で美味しいラトビア料理を楽しみました。
ラトビア・リガのレストラン『スィリチーテス・ウン・ディリーテス』@リガ中央市場内にある絶品魚料理のお店
ラトビアの首都リガの台所「中央市場」。その市場の魚ドーム内にある魚料理のお店『スィリチーテス・ウン・ディリーテス Silkites un Dillites』では、新鮮な魚で調理した絶品の魚料理が食べられます。よく見ると、色々かわいい内装で、テンションあがります!
ラトビア・リガのカフェ『シェフパヴァールス・ウィルヘルムス』@セルフサービスでいただく美味しいパンケーキ♪
パンケーキはどこに行っても食べたくなります。朝食に、ラトビア・リガの旧市街中心にあるパンケーキ屋さん『シェフパヴァールス・ウィルヘルムス(Sefpavars Vilhelms)』に行きました。気軽に入れるセルフサービスのお店で、美味しいパンケーキをいただきましたー。
ラトビア・リガのカフェ『シエナ(Sienna)』@ロシア風の店内で優雅なひとときが過ごせること必至!
バルト三国、ラトビア・リガの新市街にあるユーゲントシュティール(アールヌーヴォー)建築の建物が集まる地域にあるカフェ『シエナ(Sienna)』。ロシア風の内装の店内で、ゆったりと優雅なひとときを過ごすことができます。
フォーククラブ・アラ【ラトビア・リガ】ラトビア伝統音楽で盛り上がるクラブ
バルト三国、ラトビア・リガの旧市街にある、ラトビア音楽のクラブ(バー)『フォーククラブ・アラ(Folkklubs Ala Pagrabs)』。曜日によって音楽のテーマが決まっていて、ステージでの演奏やみんなでダンスをしたりと、とても賑わっていました。

リトアニア・ビリニュスのお店

レイチャイ(Leiciai)【リトアニア・ビリニュス】名物のジャガイモ料理や肉料理をいただけるリトアニア料理店
リトアニア・ビリニュスの旧市街にある、リトアニア料理を提供するお店『レイチャイ(Leiciai)』。アンティーク調の内装で雰囲気があり、地元のお客さんにもとても人気のあるお店です。リトアニア名物のジャガイモ料理や肉料理をいただきました。
ウジュピオ【リトアニア・ビリニュス】気持ちのいいテラス席でいただく美味しいリトアニア料理
リトアニア・ビリニュス旧市街の東に位置する、”ウジュピス” という地域の入口にあるカフェレストラン『ウジュピオ』。お天気のいい日に、川を見下ろすテラス席でのお食事は最高です★ のんびりとした風景の中、とてもリラックスのできるカフェです。
フォルト・ドゥヴァーラス【リトアニア・ビリニュス】ツェペリナイが13種類も揃ったリトアニア料理の人気店
リトアニア・ビリニュス旧市街、大聖堂からすぐのところにあるリトアニア郷土料理が食べられるお店『フォルト・ドゥヴァーラス(Forto Dvaras)』。18世紀の修道院の建物を利用した店内は、洞窟のような雰囲気。リトアニアの代表的な郷土料理「ツェペリナイ」が、13種類も揃っています。
グスト・ブリーニネ(Gusto Blynine)【リトアニア・ビリニュス】店内が凝っていてカワイイ♪ パンケーキのお店
リトアニア・ビリニュス旧市街にあるパンケーキのお店『グスト・ブリーニネ(Gusto Blynine)』。外観もオシャレですが、内装が凝っていて、とてもかわいらしい店内。お値段もお手頃で、気軽に入れるお店です。
AJショコラダス【リトアニア・ビリニュス】クラシックな雰囲気のショコラティエのカフェ
リトアニア・ビリニュスの旧市街にあるショコラティエのカフェ『AJショコラダス』。クラシックで落ち着いた店内で、ベルキー製チョコレートやチョコレートケーキをいただくことができます。リトアニアの大統領も来店したことがあるそうです!

フィンランド・ヘルシンキのお店

コメント