ラトビア・リガのホテル「ウェルトン・リガ・ホテル&スパ(Wellton Riga Hotel & SPA)」@便利な立地!新しくて綺麗なホテル

リガ:Wellton Riga Hotel & SPA(バルト三国⑥:タリン〜リガ) エスニックな旅
記事内に広告が含まれています。

バルト三国の旅、ラトビアの首都リガで宿泊したホテルは、旧市街の入口にある『ウェルトン・リガ・ホテル&スパ(Wellton Riga Hotel & SPA)』

2015年にできたばかりの、新しいホテルです。

また、朝食も充実していて、とても満足のできるホテルでした。

スポンサーリンク

駅前の大通りに面した便利な立地

バスでタリンからリガへ(バルト三国⑥:タリン〜リガ)

リガには、エストニアのタリンからバスで到着。

上の写真のバスターミナルを左手に歩いて行くと高架があり、その鉄道の高架をくぐり、大通りを渡った目の前、旧市街の入り口の所に、宿泊するホテル『ウェルトン・リガ・ホテル&スパ(Wellton Riga Hotel & SPA)』があります。

リガ:Wellton Riga Hotel & SPA(バルト三国⑥:タリン〜リガ)

リガ:Wellton Riga Hotel & SPA(バルト三国⑥:タリン〜リガ)

この大通りを渡るのに、地下を通らなければいけないので、荷物を運ぶのが大変ですが、バスターミナルから歩いて5分ちょっとで行けるので、とても便利です。

また、ホテルから鉄道のリガ駅までも歩いて10分ほどで行くことができます。

『ウェルトン・リガ・ホテル&スパ(Wellton Riga Hotel & SPA)』は、2015年にできたばかりの、近代的な新しいホテルです。

予約はExpediaで、宿泊代金は1室 5/2泊が 8,600円、5/3泊が 11,074円(スタンダードルーム)でした。

ホテルの入口を入ると、ロビーになっていて、レセプションがあります。

チェックインを済ませ、お部屋へ。

スポンサーリンク

中庭に面した温かみのある素敵なお部屋

リガ:Wellton Riga Hotel & SPA(バルト三国⑥:タリン〜リガ)

お部屋は1階。

1階にも部屋があるなんて珍しいな、と思ったら、中庭に面した素敵なお部屋でした☆

窓から陽が差し込んで、なんとも爽やかな感じです。

リガ:Wellton Riga Hotel & SPA(バルト三国⑥:タリン〜リガ)

シンプルでとても綺麗で清潔感のあるお部屋。安心できます。

リガ:Wellton Riga Hotel & SPA(バルト三国⑥:タリン〜リガ)

ベッドの手前には、一人掛けの椅子と丸テーブル、荷物置きラックがありました。

ホテルのお部屋にある椅子って、部屋の奥や変なスペースに置いてあったりして、ただの荷物置き場になることが多いのですが、ベッドの手前にあったので、結構重宝しました。

欲を言えば、椅子がもう1つあったら良かったなぁ。

リガ:Wellton Riga Hotel & SPA(バルト三国⑥:タリン〜リガ)

リガ:Wellton Riga Hotel & SPA(バルト三国⑥:タリン〜リガ)

バスルームも清潔感があって、気持ちよく使えます。

トイレの上にあるタオルをかけるパイプのバーは、熱が通るようになっていて、タオルをかけておくとすぐに乾きます。ヘルシンキのホテルもそうだったので、北欧の寒い国々は、このような造りになっているんですね。

お風呂はバスタブがありましたが、仕切りのカーテンがなく、ガラスが半分くらいまで。。お湯が飛び出ないよう、かがんでシャワー浴びました。。

リガ:Wellton Riga Hotel & SPA(バルト三国⑥:タリン〜リガ)

冷蔵庫には、ジュースやお酒、チョコレートなどが入っていましたが、利用せず。

 

快適なお部屋でぐっすり寝ることができました~。

リガでは2泊したのですが、最初の朝食は外で食べ、2泊目の朝は、ホテルでいただきました(朝食付きプランでした)。

こちらの朝食が、とても充実していて良かったんです♪

スポンサーリンク

お洒落なダイニング。充実した朝食が嬉しい♪

リガ:Wellton Riga Hotel & SPA(バルト三国⑨:タリン〜リガ)

朝食のレストランは、確か地下だったと思います。

入口にお花が飾られていて、カーテンも可愛くゴージャスな感じでステキです。

リガ:Wellton Riga Hotel & SPA(バルト三国⑨:タリン〜リガ)

リガ:Wellton Riga Hotel & SPA(バルト三国⑨:タリン〜リガ)

全体的に淡い色合いで、明るい雰囲気。

新しいので、とにかく清潔感があって良い!

リガ:Wellton Riga Hotel & SPA(バルト三国⑨:タリン〜リガ)

お料理の並んでいるところに、色々なキッチンインテリアも飾られていて、とてもカワイイです。ここまで凝っているのって、なかなかないと思います。

リガ:Wellton Riga Hotel & SPA(バルト三国⑨:タリン〜リガ)

リガ:Wellton Riga Hotel & SPA(バルト三国⑨:タリン〜リガ)

フルーツにピクルス、オリーブ、ニシンのマリネ! これ美味しい。

そして、ソーセージや豆などなど。

リガ:Wellton Riga Hotel & SPA(バルト三国⑨:タリン〜リガ)

パン・オ・ショコラ、ラズベリージャム。美味しそう。。

壁の色がカワイイ♪

リガ:Wellton Riga Hotel & SPA(バルト三国⑨:タリン〜リガ)

グラノーラやコーンフレークが瓶に入っているところもオシャレ。

リガ:Wellton Riga Hotel & SPA(バルト三国⑨:タリン〜リガ)

リガ:Wellton Riga Hotel & SPA(バルト三国⑨:タリン〜リガ)

とりとめもなく、色々持ってきました~。

リガ:Wellton Riga Hotel & SPA(バルト三国⑨:タリン〜リガ)

誰も座っていない隙に、パシャリ☆

壁やカーテンの色や柄も素敵です。とにかく、全体的にかわいくて、とても気に入りました。

リガ:Wellton Riga Hotel & SPA(バルト三国⑨:タリン〜リガ)

リガ:Wellton Riga Hotel & SPA(バルト三国⑨:タリン〜リガ)

最後に、フルーツとヨーグルトで締めます。

この日は移動日だったので、あまり時間がなく、バタバタとした朝食だったのですが、素敵な空間でもっとゆっくりしたかった。。

でも、食後のコーヒーまでしっかりいただきましたよ。

ごちそうさまでした~☆

リガ:Wellton Riga Hotel & SPA(バルト三国⑥:タリン〜リガ)

こちらは、夜のホテル。

ホテルの名前が「~HOTEL&SPA」なので、もちろんスパもあります。

時間があったらスパもやりたかったのですが、そんな時間もなく。。残念。

あと、1階のロビーの隣には、とても素敵な高級そうなレストランも併設されています。もっと滞在が長ければ、レストランも利用したかった。

『ウェルトン・リガ・ホテル&スパ(Wellton Riga Hotel & SPA)』、施設もロケーションもとても良く、満足できたホテルでした★

スポンサーリンク

ウェルトン・リガ・ホテル&スパ(Wellton Riga Hotel & SPA)の地図

『ウェルトン・リガ・ホテル&スパ(Wellton Riga Hotel & SPA)』

  • 住所:Vaļņu iela 49, Centra rajons, Rīga, LV-1050 ラトビア
  • TEL:+371 67 869 950

スポンサーリンク

ヨーロッパのホテル

ウィーンのホテル「MOXY ウィーン エアポート」@空港から歩いて行けるオシャレで個性的なホテル
ウィーン国際空港のターミナルから200mの場所にあるエアポートホテル「MOXY ウィーン エアポート(MOXY Vienna Airport)」。空港から歩いて行け、アートな感じでオシャレでとても綺麗なホテルです。ウィーン到着が夜遅い時や、出発が朝早い時に、オススメです!
スロベニア・リュブリャナのホテル「アパートメント アンド ルームズ メスカンカ」@立地最高、お部屋はかわいくて清潔!
スロベニアの首都リュブリャナで宿泊したのは、「アパートメント アンド ルームズ メスカンカ」。旧市街のリュブリャニツァ川沿いに位置し、周りにはレストランもたくさんあって、とても便利なロケーションです。お部屋は清潔で可愛く、スタッフも親切で、安心して宿泊できるアパートでした。
ザグレブのホテル「ホテル セントラル(Hotel Central)」@中央駅から200m!夜到着や早朝出発に便利
クロアチアの首都ザグレブの中央駅からすぐのところにある『ホテル セントラル(Hotel Central)』 夜遅くの到着や、朝早く列車に乗る際に、とても便利なロケーションです。外観は近代的な建物ですが、お部屋はどこかレトロな感じのする内装です。
ドゥブロヴニクのホテル「シティ ブレイク ドゥブロヴニク アパートメンツ」@旧市街の中心にある綺麗で快適なアパート
クロアチア観光のハイライト ”ドゥブロブニク” での宿泊は、旧市街の中心にあるアパートメント「シティ ブレイク ドゥブロヴニク アパートメンツ(City Break Dubrovnik Apartments)」。お部屋はかわいくて、とても清潔。短い滞在でも、暮らすような感覚をちょっぴり味わえます。
モスタルのホテル「シャングリ ラ マンション」@ロケーションGOOD!オーナーさんもお部屋も素敵☆
ボスニア・ヘルツェゴビナの世界遺産の街 ”モスタル” で宿泊した「シャングリ ラ マンション」。モスタルを象徴する橋「スターリ・モスト」から徒歩1分という便利な場所にあります。オーナーさんは親切で、建物もお部屋も新しく綺麗で、とても快適に過ごすことができました。
サラエボのホテル「ホテル ホリデー(Hotel Holiday)」@ボスニア紛争時にも営業を続けた歴史あるホテル
ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボにある「ホテル ホリデー(Hotel Holiday)」。1992年~1995年のボスニア紛争時も、唯一営業を続けたホテルです。そんな歴史あるホテルに泊まってみたいと思い、今回宿泊しました。
フィンランド・ヘルシンキのホテル「クムルス シティ ハカニエミ ヘルシンキ」(スカンディック ハカニエミ)@お部屋からの眺めも良くキレイなホテル
ヘルシンキでの宿泊は、ヘルシンキ中央駅から地下鉄で3駅のところにある『クムルス シティ ハカニエミ ヘルシンキ』ホテル(現在は、スカンディック ハカニエミ:Scandic Hakaniemiに改名)。地下鉄の駅も近く、ホテルの目の前にはトラムの駅もあり、便利でキレイなホテルでした。
エストニア・タリンのホテル「ホテル インペリアル(Hotel Imperial)」@旧市街の便利な場所にあるホテル
バルト三国、エストニアのタリンで宿泊したホテル『ホテル インペリアル(Hotel Imperial)』。旧市街の西の端、城壁沿いに建っているこじんまりとしたホテルです。ラエコヤ広場やトームペアの展望台からも近く、食事や観光にも便利です。
ラトビア・リガのホテル「ウェルトン・リガ・ホテル&スパ(Wellton Riga Hotel & SPA)」@便利な立地!新しくて綺麗なホテル
バルト三国の旅、ラトビアの首都リガで宿泊したホテルは、旧市街の入口にある『ウェルトン・リガ・ホテル&スパ(Wellton Riga Hotel & SPA)』。2015年にできたばかりの、新しいホテルです。また、朝食も充実していて、とても満足のできるホテルでした。
リトアニア・ビリニュスのホテル「City Hotels Rūdninkai (シティホテルズ ルドニンカイ)」@設備の綺麗なこじんまりとしたホテル
リトアニアの首都ビリニュス、旧市街の南側に位置するホテル『City Hotels Rūdninkai (シティホテルズ ルドニンカイ)』。2014年にリニューアルしたということで、設備はとても綺麗で気持ちよく過ごるホテルです。
スポンサーリンク

関連記事

コメント