あったかスパイシー!エスニック料理のおいしいスープ《厳選》9品♪

新宿、スクンビットソイ55エスニック料理

秋から冬にかけて、寒くなる季節に嬉しいのがあったかいスープ❗️

ポタージュやコンソメ、もちろんお味噌汁もとっても美味しいけど、アジアやインド、アラビアのスープはスパイスやハーブが入っていて芯から温まる感じ😊

健康や滋養強壮、そして、美容にも効果満点です🎵

 

そんなエスニックなスープを、アジア・アフリカ地域(タイ、インド、インドネシア、ベトナム、モロッコ、ウズベキスタン、韓国)から9品、ご紹介します❗️

スポンサーリンク

トムヤムクン(Tom yum goong:ต้มยำกุ้ง)【タイ料理】

新宿、スクンビットソイ55

世界三大スープのひとつにも数えられるタイの「トムヤムクン」(Tom yum goong:ต้มยำกุ้ง)

日本でもかなり有名になったタイを代表するスープです。

「トム」は”煮る”、「ヤム」は”混ぜる”、「クン」は”エビ”を意味していて、エビを煮て混ぜて作るスープが「トムヤムクン」

鶏肉を使った場合は「トムヤムガイ」、お魚を使った場合は「トムヤムプラー」になります。

 

レモングラスの酸味とプリッキーヌ(青唐辛子)の辛味が特徴で、他に、バイマックルー(こぶみかんの葉)、カー(タイショウガ)などのハーブが入り、ナンプラーやナム・プリック・パオ、ライム果汁などの調味料で味付けされています。

仕上げとして上に載せられているのは、パクチー。

 

「トムヤムクン」は、トムヤムの中でも、エビの旨味が染み込んでいるのがいいですね❗️

酸味と辛味、そしてエビの旨味がミックスされた複雑な味わい。

世界三大スープの名に恥じない、美味しさ満点のスープです😊

 

おすすめのお店→落ち着いて本格タイ料理が食べられるお店『スクンビット ソイ 55』@西新宿

落ち着いて本格タイ料理が食べられるお店『スクンビット ソイ 55』@西新宿
新宿三井ビルに「ケチャまつり」を観に行った際、近くで夕食のお店を探していた時に見つけたお店。同じ三井ビル内にあるタイ料理のお店『スクンビット ソイ 55(Sukhumvit Soi 55)』です。最近、TBS「新チュウボウですよ!」で紹介されたそうです。
スポンサーリンク

トムカーガイ(Tom kha kai:ต้มข่าไก่)【タイ料理】

トムカーガイ ゴイクン

タイ料理を代表するもうひとつのスープが、この「トムカーガイ」(Tom kha kai:ต้มข่าไก่)

「トム」が”煮る”、「カー」が”タイショウガのカー(ガランガル)”、「ガイ」が”鶏肉”の意味です。

ココナッツミルクを使ったまろやかな旨味と酸味、辛味が特徴で、レモングラス、バイマックルー(こぶみかんの葉)、プリッキーヌ(青唐辛子)、カー、パクチー(コリアンダー)、ライム果汁、ナンプラーなどが使われています。

 

日本では「トムヤムクン」ほど知られていないこの「トムカーガイ」ですが、意外とさっぱりしていて酸味と辛味のバランスもちょうどよく(辛さも「トムヤムクン」ほどではなく)、日本人の口に合うお味。

個人的にイチ押しのスープです❗️

タイ北部やラオスでよく飲まれているようで、もち米とよく合います。

材料さえ揃えられれば、家庭で作るのも結構簡単です😊

 

レシピはこちら→【レシピ】タイの2大スープのひとつ「トムカーガイ」

【レシピ】タイの2大スープのひとつ「トムカーガイ」【作り方】
タイのスープといえば、トムヤムクンが有名ですが、現地ではトムカーガイも同じくらい人気があるそうです。トムヤムクンは辛くて酸味があるのが特徴ですが、トムカーガイは辛さ控えめで、ココナッツの甘みと酸味が合わさったスープです。材料を煮込むだけなので、手軽に作れちゃいますよ!

おすすめのお店→美味しい!タイ料理『ソンタナ』@経堂

美味しい!農大通りにあるカジュアルなタイ料理屋さん『ソンタナ』@経堂
ソンタナ、オシャレで美味しいカジュアルなお店。小田急線経堂駅、農大通りの端にあるお店、タイ料理の『ソンタナ』に行ってきました。お料理は、まずラープガイ・えびせん・トムヤムクン・トムカーガイ・カオニャオ(タイのもち米)を。

おすすめのお店→トゥクトゥクがお出迎え!老舗タイ料理店『マイタイ』@恵比寿

【閉店】トゥクトゥクがお出迎え!老舗タイ料理店『マイタイ』@恵比寿
恵比寿駅東口から徒歩5分、駅前の賑わいから離れた静かな界隈に『マイタイ』はあります。お店の開業は1992年、恵比寿ではかなりの老舗のタイ料理店です。恵比寿のタイ料理屋さんなら『マイタイ』と言われるくらい評判の良いお店で、ディナータイムはいつも満席状態。店頭に置かれたトゥクトゥクがお出迎えです。
スポンサーリンク

ラッサム(Rasam:ரசம்)【南インド料理】

八重洲 ダクシン『ダクシン』のラッサム

大岩食堂『大岩食堂』のラッサム

荒川遊園地前、なんどり『なんどり』のラッサムライス

ラッサムレシピ我が家で作ったラッサム

南インド料理を代表するスープといえば、「ラッサム」(Rasam:ரசம்

南インドでは日常的に飲まれていて、南インド定食「ミールス」にもかならず付いてきます。

トマトやタマリンドをベースに、ブラックペッパーや青唐辛子、ニンニク、ショウガなどを効かせた、酸味と辛味が特徴のスープです。

レシピによっても異なりますが、マスタードシードやクミンシード、カレーリーフ、コリアンダー、カイエンペッパー、フェネグリークシードなど、たくさんの香辛料が入っていてとってもスパイシー❗️

その辛さと独特の酸味に最初はびっくりしますが、すぐに病みつきになります🎵

 

「ミールス」でご飯にかけたり、他のカレーやおかずと混ぜ合わせたりすると、とっても美味しいです。

南インド料理屋さんに行ったらこれなしではいられないくらいのマストな一品。

作り方はちょっと大変ですが、家でも美味しいラッサムを作ることができます😊

 

レシピはこちら→【レシピ】南インド料理には欠かせない「ラッサム」

【レシピ】南インド料理には欠かせないスープ状のカレー「ラッサム」
南インド料理には欠かせない、さらさらのスープ状のカレー『ラッサム』。黒コショウがピリっと効いて酸味のあるカレーは、食欲をそそります。私もとても好きなカレーです♪かなり黒いスープになってしまいましたが、お味はなかなか美味しかったですよ!

おすすめのお店→クオリティー高し!伝統的南インド料理店『ダクシン八重洲店』@東京

クオリティー高し!伝統的南インド料理店『ダクシン八重洲店』@東京
東日本橋に本店のあるダクシンの2号店。落ち着いた雰囲気の中、美味しい南インド料理をいただけます。東京八重洲、八重洲ブックセンターの脇の道を京橋方向に少し進んだ左手の地下に、『ダクシン八重洲店』はあります。

おすすめのお店→ガード下のおしゃれな南インド料理屋さん『大岩食堂』@西荻窪

ガード下のおしゃれな南インド料理屋さん『大岩食堂』@西荻窪
本格的&オリジナリティー溢れる、おしゃれな南インド料理屋さん。西荻窪のガード下を新宿方向に数分歩くと、右手にガラス張りのおしゃれな外観のお店が見えてきます。2014年8月にオープンした南インド料理店『大岩食堂』です。

おすすめのお店→美味しいティファンが食べられる南インド料理店『なんどり』@荒川遊園地前

美味しいティファンが食べられる南インド料理店『なんどり』@荒川遊園地前
都電荒川線の荒川遊園地前駅から徒歩200mほどの場所に『なんどり』はあります。このお店、「知る人ぞ知る」という言葉がぴったりの隠れ名店。南インド料理好きの、南インド料理好きによる、南インド料理好きのための、南インド料理店です!
スポンサーリンク

ソトアヤム(Soto Ayam)【インドネシア料理】

インドネシア 料理

「ソトアヤム」(Soto Ayam)は、スパイスをたっぷり使った鶏肉のスープ。

「ソト」は”スープ”、「アヤム」は”鶏肉”を意味します。

にんにくやショウガ、ターメリックなどのスパイス、鶏肉、野菜、春雨などが入っています。

 

お味は、あっさりさっぱりだけど、にんにくやショウガたっぷりで体に良さそう❗️

辛さはなく、鶏肉の旨味がしっかり効いていて、日本人の口にも合う美味なスープです😊

インドネシアではご飯(ナシ)とこの「ソト・アヤム」だけで食事を済ます人が多いそうですよ。

 

おすすめのお店→ウブドのカフェをイメージにしたインドネシア料理のお店『モンキーフォレスト(MonkeyForest)』@渋谷

【閉店】『モンキーフォレスト』ウブドのカフェをイメージしたインドネシア料理店@渋谷
バリ・ウブドのメインストリート「モンキーフォレスト通り」。そのモンキーフォレスト通りのカフェをイメージして作られたのが、渋谷にあるインドネシア料理のお店『モンキーフォレスト(MonkeyForest)』です。渋谷からは、徒歩10分近くかかり、周りにはあまりお店がない静かな場所にあります。

インドネシア料理→インドネシアの美味しいグルメ【ジャワ島の料理】

インドネシアの美味しいグルメ【ジャワ島の料理】
甘辛で日本人の口にも合う!インドネシア料理。 インドネシアは約1万3000もの島々からなり、300を超す民族、700以上の地方語を話す2億4000万人の人口を抱える国なので、食文化も多種多様です。
スポンサーリンク

カインチュア(Canh chua)【ベトナム料理】

ニャーベトナム

「カインチュア」(Canh chua)は、ベトナム南部のメコンデルタ地域で飲まれているスープ。

「カイン」は”澄んだスープ”、「チュア」は”酸っぱい”を意味するとのこと。

スープのベースとなるのは、タマリンド。その酸っぱさが「カインチュア」の特徴です。

タマリンドの他には、トマトやパイナップル、ヌクマムなどが出汁として使われ、レモンのような香りのハーブであるシソクサ、コリアンダー、タイバジル、にんにくなどのハーブやスパイスが使われています。

具材としては、ハスイモやオクラ、ネギ、川魚やエビなどが入っていて具沢山、満足できます❗️

バリエーションも色々あるみたいで、写真の「カインチュア」は、ターメリックで色つけしてお味もカイエンペッパーが効いた辛味のあるものでした。

 

おすすめのお店→ベトナムの雰囲気たっぷりのオシャレなお店『ニャーヴェトナム』@恵比寿

ベトナムの雰囲気たっぷりのオシャレなお店『ニャーヴェトナム』@恵比寿
恵比寿駅西口から3分ほどの静かな通りに、オシャレな一軒屋風のレストラン『ニャーヴェトナム(Nha Viet Nam)』はあります。「ニャー」は、ベトナム語で「館」という意味だそう。お店の外観は、フランス植民地時代の名残、コロニアル調の造りになっていて、とってもいい雰囲気です。
スポンサーリンク

ハリラスープ(Harira Soup:حريرة)【モロッコ料理】

モロッカ 関内

再びワルザザート【モロッコの旅】ワルザザートのハリラ

マラケシュ【モロッコの旅】マラケシュのハリラ

モロッコのソウルフード、「ハリラスープ」(Harira Soup:حريرة)です。

モロッコでは日本の味噌汁並みに飲まれているモロッコを代表するスープで、栄養満点のため、ラマダン(断食)の日没後の夕食の時に必ず飲まれるスープであるとのこと。

お店や家庭ごとにレシピは異なるそうですが、トマトをベースに、ひよこ豆やレンズ豆、たまねぎやにんにく、しょうが、唐辛子、ブラックペッパーやコリアンダーなどのスパイスで味付けしていて、牛肉やラム肉などを入れたりすることもあるみたいです。

トマトの酸味と豆の旨味がとっても美味しく、にんにくやしょうがが効いていて、ほんとあったまる感じ🎵

モロッコパンにつけて食べても美味しいです😊

「タジン」や「クスクス」に続く、モロッコ料理注目の一品です❗️

 

おすすめのお店→モロッコに興味が湧きます!モロッコ料理のお店『モロッカ』@横浜

【閉店】モロッコに興味が湧きます!モロッコ料理のお店『モロッカ』@横浜
アフリカンフェスに行った帰り、フェスではアフリカ料理のお店は2つしか出店しておらず、食べなかったので、アフリカモードを引きずりつつ、ネットで調べたモロッコ料理のお店へ。関内駅から徒歩5分ほどの路地を入ったところに、モロッコ料理のお店『モロッカ』はありました。

マラケシュのハリラ→ジャマ・エル・フナ広場(モロッコ・マラケシュ)【市場・バザール】

ジャマ・エル・フナ広場(モロッコ・マラケシュ)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、モロッコ・マラケシュ、ジャマ・エル・フナ広場です。

ワルザザートのハリラ→カスバ街道とトドラ峡谷、ダデス谷をドライブ【モロッコ】

カスバ街道とトドラ峡谷、ダデス谷をドライブ【モロッコ】
サハラ砂漠での一夜を堪能した後、ドライバー兼ガイドのハサンの車に乗って、出発地の「ワルザザート」へと戻ります。ハサンによると、来た道とは別の道、「トドラ峡谷」や「ダデス谷」などのある「カスバ街道」を通るとのこと。楽しみです!
スポンサーリンク

ショルバ(チョルバ:Sho’rva)【ウズベキスタン料理】

ショルバとマントゥ。

「ショルバ」(チョルバ:Sho’rva)は、肉や野菜がたくさん入ったスープ料理です。

語源は「飲む」を意味するアラビア語の「ショールバ」に由来するそうで、東ヨーロッパから中東、インド、ウイグルに至るまで、幅広い地域で同じような名前のスープ料理が存在します。

ルーマニアでは「チョルバ」、ロシアでは「シュルパ」、トルコでは「チョルバス」、ウイグルでは「スルパ」。

ウズベキスタンでは「ショルバ」、もしくは「ショールヴァ」と呼ばれてます。

地域によってレシピもお味もかなり違いますが、ウズベキスタンの「ショルバ」は、トマトベースのトマトの酸味が効いた澄んだスープで、具材にはラム肉やじゃがいも、にんじんなどが入っており、コリアンダーの香りがアクセントを付けていました😊

辛さはなく、飲みやすいスープ。油っこいウズベキスタン料理の箸休めにぴったりの美味スープです❗️

 

ウズベキスタン料理→ウズベキスタンの美味しいグルメ【ウズベク料理まとめ】

ウズベキスタンの美味しいグルメ【ウズベク料理まとめ】
ウズベキスタン料理。どんな料理があるのか?ウズベキスタンに行ったことあるか、興味がある人以外は絶対にわからないですよね。私も行くまでは、まったく想像もつきませんでした。でも、食べてみると、結構いけるんです!ウズベキスタンの料理の数々をご紹介しますね。
スポンサーリンク

ソルロンタン(설렁탕)【韓国料理】

六本木、赤坂一龍

「チゲ」や「ユッケジャン」などの辛いスープが有名な韓国料理ですが、あっさりスープもかなりの美味しさ。

「ソルロンタン」(설렁탕)は、その中でも最も一般的なスープのひとつです。

「ソルロンタン」は、牛の骨や内臓などを長時間煮込んで作るスープ料理で、スープは乳白色であっさりとしてコクがあります。具材には他に春雨やネギなどが入ります。

味付けはあまりされておらず、塩・コショウ・唐辛子で自分好みに仕上げて食べるのがお決まりだそうです。

ご飯やキムチもスープに入れて食べるとかなりの美味🎵

食材から出たアミノ酸やカルシウムがたっぷり含まれていて滋養強壮効果があって、コラーゲンも多く含まれているので、美肌効果も期待できる。

おすすめのスープです😊

 

おすすめのお店→韓国の滋養食ソルロンタン『赤坂一龍』@赤坂

韓国の滋養食ソルロンタン『赤坂一龍』@赤坂
韓国の滋養食ソルロンタン『赤坂一龍』。ソルロンタンとは、韓国の代表的な料理のひとつで、牛の肉・骨を長時間(10時間以上)煮込んで作る、乳白色のシンプルなスープ料理です。韓国では、老舗やチェーン店などの専門店が、早朝から、あるいは24時間で営業していて、朝食・昼食として広く食べられています。
スポンサーリンク

サムゲタン(삼계탕)【韓国料理】

韓国料理【韓国、ソウル】

「サムゲタン」(삼계탕)は、もち米や高麗人参、ナツメ、栗、松の実、ニンニクなどの生薬を詰めた鶏を煮込んだスープ。

私が韓国料理で最もおいしいと思っている料理、それが「サムゲタン」です。

疲労回復によいとされ、韓国では夏の料理(夏バテ対策)として知られていて、薬膳料理や補身料理(ポシン料理・滋養食)ともされているとのこと。

鶏が丸ごと一匹入っているので、かなり食べ応えがあります。

高麗人参のエキスやにんにくの味が鶏肉やもち米に染み込んでいて、とっても美味しい🎵

満足できるスープです😊

 

韓国料理→食は韓国にあり!【ソウルで食べた美味しいもの。韓国の料理ご紹介】

食は韓国にあり!【ソウルで食べた美味しいもの。韓国の料理ご紹介】
ソウルで食べた美味しいものをご紹介します!韓国の旅の最大の楽しみ、それは「食」です!韓国は、食べるためだけに訪問してもいいと思わせる国なんです。