スペイン風の街並みが魅力♪中南米のコロニアルタウン《おすすめ》7都市

【グアテマラ⑦:アンティグア1】エスニックな旅

碁盤目状に区画整備された石畳の街路。街の方々に建つ重厚なバロック風の聖堂。バルコニーを持った石造りのカラフルな建物。

街の中心には噴水のある広場(Plaza)があり、アーチの連なる回廊がそれをぐるりと取り囲んでいる・・・。

中南米の国々には、そんな、スペイン風の街並みが残るコロニアルタウンが至る所にあります。

 

メキシコ、グアテマラから、キューバ、コロンビア、ペルー、ボリビアまで。かつてのスペイン植民地支配の栄華を感じさせる、中南米のコロニアルタウンを7都市、ご紹介します★

スポンサーリンク

中南米のコロニアルタウン

1492年、コロンブスがアメリカ大陸を「発見」すると、スペイン人は中南米カリブ地域に進出。それまで土地を治めていたアステカやマヤ、インカなどの国家を滅ぼし、植民地支配を開始しました。

そして、ポルトガルに支配されたブラジルを除き、現在の中南米カリブにあたる地域は、ほぼスペインの植民地支配下となり、各地にスペイン風の街並みを持った植民都市が建設されることとなります。

スペインの植民地支配は、19世期前半に中南米カリブ各国が独立するまで、およそ300年間続きました。

中南米カリブ地域には、そんな、コロニアルな(植民地風の)街並みが、植民地支配が終わって200年以上経った現在でも無数に残っているのです。

スポンサーリンク

銀の採掘で繁栄した山間のカラフルな町「グアナファト」【メキシコ】

ホテル・デ・ラパスからの眺め(グアナファト①)【メキシコ】グアナファト歴史地区の中心「ラパス広場」

グアナファトの街(グアナファト①)【メキシコ】バルコニーのあるスペイン風の建物

グアナファト大学(グアナファト①)【メキシコ】グアナファト大学

ラパス広場(グアナファト①)【メキシコ】ラパス広場にある黄色と赤の聖堂「バシリカ」

ラパス広場(グアナファト①)【メキシコ】ライトアップされた夜の「バシリカ」

 

メキシコシティの北西370㎞。標高1,996mの高地にあるメキシコ・グアナファト州の州都「グアナファト(Guanajato)」

スペイン植民地時代の風情が残るこの町は、世界遺産にも登録されています。

カラフルな建物が並ぶロマンチックな景観がとても魅力的★

町の人口は78,000人ほどだそうですが、世界中から多くの観光客が訪れます。

ピピラの丘(グアナファト④昼)【メキシコ】町を見下ろす「ピピラの丘」からの眺め

 

グアナファトの町が建設されたのは、1554年のこと。この地は、もともと土着のタラスコ人が暮らす荒涼とした地域だったのですが、1548年に銀鉱脈が発見されると、その富を求めて大勢のスペイン人が押し寄せるようになりました。

グアナファトの最盛期は、17〜18世紀半ば。

シルバーラッシュに湧いたこの時代、町の人口は10万人を超え、産出される銀は当時の世界の銀の20%を占めるほどだったそうです。

そんな銀によってもたらされた富が、この美しい街並みを造り上げたのです。

世界遺産「グアナファト」到着!コロニアル建築の並ぶ歴史地区をぶらぶら歩き【メキシコ】
メキシコシティの北西370㎞。標高1,996mの高地にあるメキシコ・グアナファト州の州都「グアナファト(Guanajato)」。メキシコシティからアエロメヒコで1時間、夕方の6時頃、町の中心ラパス広場に到着です★スペイン時代のコロニアルな建物の並ぶ街並みを夕方から夜にかけて、ぶらぶら散歩しました♪
早朝、誰もいないピピラの丘で世界遺産「グアナファト」のパノラマを満喫★【メキシコ】
メキシコ中央高原にあるコロニアル都市「グアナファト」の朝。宿泊していたホテル『ホテル・デ・ラパス』は、歴史地区の中心「ラパス広場」の真ん前にあり、バシリカ聖堂の鐘の音が15分おきに鳴り響きます。そんな、趣のある鐘の音を微かに聴きながらまどろむ夜も明け、街が薄っすらと光を帯びてきました。
ピピラの丘から見た昼間のグアナファトの街は白く輝いていました☆【メキシコ】
メキシコ中央高原にあるコロニアル都市「グアナファト」。ピピラの丘から見えるカラフルなグアナファトの街並みは、まさに絶景です!早朝に続き、お昼にもピピラの丘に登り、朝とは違った景色を堪能しました♪
夕日を浴びた夕暮れのグアナファト。宝石を散りばめたような夜のグアナファト★【メキシコ】
メキシコ中央高原にあるコロニアル都市「グアナファト」。早朝、お昼に続き、三度ピピラの丘に登り、今度は夕方から夜にかけての風景を眺めます。夕闇の中に沈み、宝石のように灯りが灯り始めるその光景は、まさに絶景!「グアナファト」の町が最も美しく見える瞬間です★
スポンサーリンク

3つの火山に囲まれた美しい古都「アンティグア」【グアテマラ】

【グアテマラ⑦:アンティグア1】アンティグアの町の象徴とも言える建物「時計台(Santa Catalina Arch)」

【グアテマラ⑦:アンティグア1】「カテドラル(Catedral)」

【グアテマラ⑩:アンティグア2】「メルセー教会(Iglesia de la Merced)」

【グアテマラ⑩:アンティグア2】「カプチナス修道院(Convento de las Capuchinas)」

【グアテマラ⑦:アンティグア1】アンティグアのカラフルな建物

 

「アンティグア(Antigua)」は、グアテマラの首都グアテマラシティから西に約38㎞ほどの場所にある標高1,520mの高原都市です。人口は45,000人ほど。

1543年から1776年までスペイン植民地グアテマラ総督府の首都が置かれた歴史を持ち、現在の首都グアテマラシティに対して「アンティグア・グアテマラ(古いグアテマラ)」と名付けられています。

グアテマラ総督府首都時代のコロニアルな街並み、そして、アグア山、アカテナンゴ山、フエゴ山という3つの火山を望む美しい風景が「アンティグア」の見どころ★

世界遺産にも登録されています。

【グアテマラ⑦:アンティグア1】

アンティグア(グアテマラ)

「十字架の丘(Cerro de la Cruz)」

 

アンティグアの町を見下ろす「十字架の丘(Cerro de la Cruz)」からの風景です。

「十字架の丘」から見える、アンティグアの街並みとアグア山の眺めは、グアテマラを代表する景観のひとつとなっています。

世界遺産の古都「アンティグア」★十字架の丘・市場・コロニアルな史跡を巡る【グアテマラ⑥】
メキシコの南、中米にある国「グアテマラ」。世界遺産の古都「アンティグア」を見て回ります。植民地時代のコロニアルな街並みと3つの火山を望む美しい風景が「アンティグア」の見どころ★ 「十字架の丘」から街並みのパノラマを俯瞰したあと、市場やチキンバスターミナル、古都の史跡をのんびりと巡りました。
【グアテマラ⑩:アンティグア2】

サン・アントニオ・アグアス・カリエンテス(グアテマラ)

織物の町「サン・アントニオ・アグアス・カリエンテス(San Antonio Aguas Calientes)」

 

アンティグアからチキンバスに乗って15分。

「サン・アントニオ・アグアス・カリエンテス(San Antonio Aguas Calientes)」は、織物が美しいことで知られている町です。

町の中心には、アーチが美しい、立派な市庁舎が建っていました。

サン・アントニオ・アグアス・カリエンテスで織物購入&アンティグアで史跡巡り【グアテマラ⑨】
中米にある国「グアテマラ」。ティカル遺跡の拠点「フローレス」の町から、朝一番の飛行機に乗ってグアテマラシティへ。その足で世界遺産の古都「アンティグア」へと向かいます。アンティグアでは、近郊の町「サン・アントニオ・アグアス・カリエンテス」と、アンティグア市内の史跡を巡りました。

【グアテマラ11:アンティグア3】「Jocotenango(ホコテナンゴ)」のカテドラル

 

「Jocotenango(ホコテナンゴ)」は、アンティグアの北西、徒歩10分ほどの所にある町。

人口は約18,000人ほどで、その昔、アンティグアがグアテマラの首都だった頃は、職人が多く住む町として知られていたのだそう。

現在では、コーヒー農園があることでも知られています。

アンティグアからチキンバスで10分!ホコテナンゴのコーヒー農園「La Azotea」へ【グアテマラ⑩】
グアテマラ旅行最終日。アンティグアからチキンバスに乗って、ホコテナンゴのコーヒー農園『La Azotea(ラ アゾテア)』へ。敷地内には、コーヒー博物館や音楽博物館も併設されていて、のんびりと見学することができます。ホコテナンゴの町もコーヒー農園も、穏やかな雰囲気でとても癒されました。
スポンサーリンク

クラシックカーが走り回るコロニアル風の旧市街「ハバナ」【キューバ】

ハバナ旧市街の風景 【キューバ Cuba】ハバナ「セントロ・アバーナ地区」

クラシック―カー、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】クラシックカーとゲバラの肖像

キューバ野球を観戦(ラティーノ・アメリカーノ球場) 【キューバ Cuba】ラティーノ・アメリカーノ球場(Estadio Latinoamericano)

 

カストロとゲバラが生みだした革命の島、ラム酒とモヒートのふるさと、世界中のミュージシャンが愛して止まないキューバ音楽、メジャーを驚かせるスターを輩出し続けるキューバ野球。独自の社会主義政権によりアメリカと国交を断ち、50年前のアメリカン・クラシックカーがスペイン風の街を走り回る。

まるで、時が止まってしまっているかのような国「キューバ」

その首都が「ハバナ(Havana)」です。

50年代のアメ車がたくさん!クラシックカーの街「ハバナ」(Habana)【キューバ】
キューバと言えば、クラシックカー!ハバナの街を歩いていると、1950年代のアメリカで走っていたクラシックカーがおもむろに脇を通り掛かります。古いアメリカ映画でしか見たことのないような、丸みを帯びたあのフォルム。絵になります。格好いいです!

ビエハ広場、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】「ビエハ広場」(Plaza de Vieja)

ガルシア・ロルカ劇場、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】「ガルシア・ロルカ劇場」

カテドラル、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】「カテドラル広場」(Plaza de Catedral)

ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】旧市街(La Habana Vieja)界隈

カテドラルのミサ、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】カテドラルでのミサ

 

16世紀初頭に征服者ディエゴ・ベラスケスによって建設されたハバナは、1553年にキューバ総督領の首府となり、以降、ハバナはスペインの新大陸における植民地経営の中心地として、並びに貿易の主要な中継地として発展しました。

ハバナ湾西部の半頭部に17世紀から18世紀にかけて建設された旧市街は、白い建物が多い当時のスペイン・コロニアル様式の街並みが完全に保存されており、世界遺産にも登録されています。

ハバナ新市街から「マレコン通り」を歩いてセントロ・アバーナ地区へ(Habana)【キューバ】
ホテルを出て、新市街から海岸沿いのマレコン通り(Malecon)を歩き、セントロ・アバーナ地区(Centro Havbana)へと向かいます。
オビスポ通りとハバナ旧市街(La Habana Vieja)歩き回り【キューバ】
キューバ、ハバナ旧市街をぶらぶら散歩。 セントラル公園から「オビスポ通り」(Calle Obispo)を抜け、カテドラル(Catedral)へ。旧市街をぶらりと歩きます。
チェ・ゲバラ、ラム酒、葉巻、ハバナの街(Cuba Habana)【キューバ】
キューバ旅のラスト、ハバナの街歩き。「ラム酒ハバナ・クラブ博物館」でラム酒のテイスティングをしたり、「パルタガス葉巻工場」に行って、キューバ産葉巻「コイーバ」を買ったり、「革命広場」でチェ・ゲバラの肖像を眺めたり・・・。
スポンサーリンク

かつて砂糖貿易で繁栄した、のどかな博物館都市「トリニダー」【キューバ】

トリニダーの風景 【キューバ Cuba】「トリニダー」の街並み

クラシックカー、トリニダーの風景 【キューバ Cuba】のんびりとした風情漂うトリニダーの街並み

八百屋、トリニダーの風景 【キューバ Cuba】カラフルなトリニダーの建物

トリニダーの風景 【キューバ Cuba】革命博物館の鐘楼とカラフルな街並み

クラシックカー、トリニダーの街 【キューバ Cuba】石畳の街路とクラシックカー

 

キューバ中央部にある町「トリニダー(Trinidad)」は、スペイン植民地時代のコロニアルな街並みがよく保存された、500年もの歴史を持つ古都です。

トリニダーは、近郊の「ロス・インヘニオス渓谷」のプランテーションで生産される砂糖と、そこで使役される奴隷の貿易で繁栄し、現在でも、当時の農園主たちの豪奢な邸宅や、丸石の敷き詰められた街路、バロック様式の聖堂や修道院などが残されています。

カラフルな建物が並ぶ。のんびりとした町の風情が魅力的です★

時計が止まってしまったかのような街、世界遺産「トリニダー」【キューバ】
ハバナからバスで6時間、キューバ中部にある古い町「トリニダー」に到着しました。トリニダーは人口約7万3千人ほど。都会のハバナと比べると、かなりのんびりした雰囲気の地方都市です。 バスを降りると、さっそく民宿の客引きがやってきました!おばちゃんの客引きです。
トリニダーの夜、ライブスポットでサルサやソンを聴く♪【キューバ】
トリニダーは音楽が盛んな町としても有名です。夜になると、街のそこここのお店から、「ソン」や「サルサ」「アフロキューバン音楽」といったキューバ音楽の音色が漏れ聴こえてくるのだとか・・・。歴史あるトリニダーの街。コロニアルな建物が並ぶ、ロマンチックな雰囲気の中でキューバ音楽を聴く。いいですね〜、わくわくします♪

マナカ・イスナガの風景 【キューバ Cuba】「ロス・インヘニオス渓谷」(Valle de los Ingenios)

トリニダーの駅 【キューバ Cuba】「ロス・インヘニオス渓谷」へと繋がる線路

蒸気機関車、トリニダーの駅 【キューバ Cuba】砂糖運搬に使用された機関車

 

トリニダーから約15Kmのところにある「ロス・インヘニオス渓谷」(Valle de los Ingenios)

「ロス・インヘニオス渓谷」には、植民地時代の18世紀末から19世紀にかけて、大規模なサトウキビ農園が広がっていました。

当時、渓谷には50以上の製糖工場があり、約3万人もの黒人奴隷が工場やプランテーション農場などで働かされていたそうです。

「ロス・インヘニオス渓谷」へは、当時砂糖運搬に使用されていた鉄道に乗って行くことができます。

トリニダーからプランテーションのある「マナカ・イスナガ」までは、観光列車に乗って約1時間です。

トリニダー、ロス・インヘニオス渓谷ともに、世界遺産に登録されています。

世界遺産「ロス・インヘニオス渓谷」と「マナカ・イスナガ」【キューバ】
スペイン植民地時代の大規模なサトウキビ農園、世界遺産「ロス・インヘニオス渓谷」(Valle de los Ingenios)を観光列車で訪れました。「ロス・インヘニオス渓谷」には、植民地時代の18世紀末から19世紀にかけて、大規模なサトウキビ農園が広がっていたそうです。
スポンサーリンク

海賊の襲撃に耐えたカラフルなコロニアル都市「カルタヘナ」【コロンビア】

カルタヘナ①(旧市街)【コロンビア14】

カルタヘナ(コロンビア)

カルタヘナ旧市街のカラフルな街並み

カルタヘナ①(旧市街)【コロンビア14】「サン・ペドロ・クラベール寺院」

カルタヘナ①(旧市街)【コロンビア14】朝の「馬車広場」の風景

カルタヘナ①(旧市街)【コロンビア14】スペイン時代のコロニアルな家並みが並びます。

カルタヘナ①(旧市街)【コロンビア14】ブーゲンビリアの色が鮮やか

 

コロンビア北部、カリブ海に面した港町「カルタヘナ(Cartagena)」

1533年、スペイン人の征服者「ペドロ・デ・エレディア」によって建設されたカルタヘナは、南米各地の物産を輸出する港として栄え、17世紀から18世紀にかけて繁栄の絶頂期を迎えました。

町の旧市街には、当時の繁栄を物語るカラフルなスペイン・コロニアル風の街並みが見事に残されています。

世界遺産カルタヘナの夜★カフェ・ハバナでライブ演奏を楽しむ♪【コロンビア14】
南アメリカ大陸北西部に位置する国「コロンビア」。コロンビア第二の都市「メデジン」から夜のフライトで、カリブ海に面した港町「カルタヘナ」へと向かいます。カルタヘナに到着した後は、ライトアップされた夜の世界遺産「カルタヘナ旧市街」を散策。そして、「カフェ・ハバナ」でキューバ音楽のライブを楽しみます♪
世界遺産カルタヘナ旧市街のカラフルな街を散策する★【コロンビア15】
コロンビア最大の観光都市、カリブ海に面した港町「カルタヘナ」を訪れました。世界遺産に登録されているカルタヘナ旧市街を街歩き。カラフルな建物が並ぶコロニアル風の街並みはとても華やか♪カリブの海賊から街を守ったという城壁や、16世紀に建てられた荘厳なカテドラルなど、歴史を感じられる見どころを巡ります。

カルタヘナ②【コロンビア15】カルタヘナ旧市街の夜

カルタヘナ旧市街【コロンビア13】ライトアップされた夜の時計塔

カルタヘナ旧市街【コロンビア13】夜の「サン・ペドロ・クラベール寺院」

 

しかしながら、この繁栄に目を付けた海賊たちは、度々町を襲撃し、略奪を繰り返していたのだそう。

そんな海賊たちの襲撃を防ぐため、カルタヘナの人々は旧市街を取り囲む約4㎞に渡る堅牢な城塞を築きました。建設の労働力として使役されたのはアフリカから連れてこられた黒人奴隷でした。

カルタヘナの旧市街は世界遺産に登録されています。

カルタヘナ観光★ポパの丘&サン・フェリペ要塞&ボカグランデ【コロンビア16】
コロンビア最大の観光都市、カリブ海に面した港町「カルタヘナ」を訪れました。午前中、世界遺産に登録された旧市街を散策した後、午後はカルタヘナの町を一望できる「ポパの丘」、カルタヘナの町を守った要塞「サン・フェリペ要塞」、高層ビルとビーチのあるリゾートエリア「ボカグランデ」を訪れます。
スポンサーリンク

侵略者ピサロが造ったコンキスタ(征服)の中心「リマ」【ペルー】

ペルー リマ

リマのアルマス広場(ペルー)

リマの「マヨール広場(旧アルマス広場)」

ペルー リマリマ、セントロ界隈の青い建物

ペルー リマリマ、セントロの「マヨール広場(旧アルマス広場)」

 

ペルーの首都「リマ(Lima)」

1535年、この町はインカ帝国を征服したスペイン人のコンキスタドール「フランシスコ・ピサロ」によって築かれました。

16世紀から17世紀にかけて、リマはスペインによる南米植民地支配の拠点として、また、ポトシ銀山の銀をヨーロッパに輸出するための中継地点として繁栄します。

その莫大な財によって建てられた豪奢な邸宅や壮麗なカテドラルが、現在でも町の中心部、旧市街のセントロ地区に残されています。

ペルー リママヨール広場(旧アルマス広場)。子どもたちが引率されてます。

ペルー リマカテドラル

ペルー リマカテドラルの身廊

 

世界遺産に登録されたリマの旧市街、セントロ地区の中心「マヨール広場(旧アルマス広場)」には、鮮やかな黄色に彩られた大統領府、カテドラル、市庁舎、市の主要公共施設が建ち並んでいます。

カテドラルの入ってすぐ右手の部屋にはガラスケースに収められたミイラが安置されていました。インカ帝国を滅ぼしたスペイン人の征服者、フランシスコ・ピサロの遺体です。

このカテドラルの礎石は彼自身の手によって置かれたといわれています。

首都「リマ」のアルマス広場。侵略者ピサロが造ったコンキスタ(征服)の中心【ペルー】
ペルーの首都リマ。1553年に造られたコンキスタ(征服)の中心、アルマス広場。 建物の色は全てが目に鮮やかな黄色!アルマス広場の正面にはカテドラルがあります。内部には金箔や銀箔で彩られた豪華な祭壇が置かれています。
スポンサーリンク

銀の採掘で栄えた、世界最高所にあるコロニアルタウン「ポトシ」【ボリビア】

ボリビア ポトシ

ポトシ(ボリビア)

ポトシの町と真っ赤な山「セロ・リコ」

ボリビア ポトシコロニアル風の建物が並ぶポトシの町

ボリビア ポトシ標高4070mのポトシの町

 

ボリビアの首都ラパスから南東に440kmのところにある町「ポトシ(Potosí)」

標高は4070mもあり、人が住む都市としては世界最高所に位置しています。

人口は約13万人、インディヘナの血を多く受け継ぐ者が多く、ケチュア語が主言語です。

 

町の起源は1545年にまで遡ります。

16世紀半ば、南米を侵略したスペイン人は、赤い山「セロ・リコ」に豊富な銀が埋蔵されていることを発見します。

そして、その噂を聞いた多くのスペイン人が一攫千金を求めてこの町にやってきました。

銀の採掘は地元のインディヘナを強制労働させて行われました。

鉱山での労働は苛酷で多くの犠牲者を出し、一説によると800万人が犠牲になったと言われています。

そして、このポトシで採掘された銀により、スペインは世界史上屈指の繁栄を謳歌することとなったのです。

ボリビア ポトシラ・コンパニーア・デ・ヘスス教会から見たポトシ市街

ボリビア ポトシサン・マルティン教会

ボリビア ポトシ旧国立造幣局

 

ポトシの町には、カラフルな赤や黄色、水色に塗られたコロニアル風の建物が建ち並び、スペイン植民地時代の繁栄を想起させる、壮麗な教会や修道院がいくつもあります。

上の写真は、旧国立造幣局。

赤い山「セロ・リコ」から採掘された銀を貨幣にするために1572年に建てられたのだとのこと。

当時、スペインで流通していた銀貨はここで造られたのだそうです。

ポトシの町は、世界遺産に登録されています。

寂れた風情が魅力的!銀の採掘で栄えた「ポトシ」は、世界最高所(標高4070m)にある町【ボリビア】
かつての繁栄も今は昔。スペイン植民地時代に銀の採掘で栄えたこ「ポトシ」(Potosi)の街は、寂れた風情でいっぱいでした。この町は、標高4070mの所にある世界最高所の町でもあります。
ポトシ鉱山ツアー。コカの葉を噛みながら、4070mの鉱山の中を探検!【ボリビア】
標高4070mのポトシ鉱山の内部を、ヘッドランプを点灯させ、コカの葉を噛みながら探索しました!「鉱山ツアー」は鉱夫たちが鉱物を採掘している現場を生で見ることができる、ポトシ観光の目玉です。

 

アジアのコロニアルタウンについてはこちら↓

ヨーロッパ風の街並みが魅力♪アジアのコロニアルタウン《おすすめ》7都市
16世紀から20世紀初頭にかけて。ヨーロッパの国々は、アジアに進出し、植民地支配を行いました。その時造られたヨーロッパ風の街並みが、アジアの各地に現在でも残されています。アジアにあるヨーロッパ風の町、コロニアルタウンを7都市、ご紹介します。