グアテマラ・ホコテナンゴのコーヒー農園「ラ・アゾテア」でグアテマラコーヒーを飲む♪

【グアテマラ11:アンティグア3】 エスニックな旅
記事内に広告が含まれています。

グアテマラ旅行最終日。

アンティグアからチキンバスに乗って、ホコテナンゴのコーヒー農園『La Azotea(ラ アゾテア)』へ。

敷地内には、コーヒー博物館や音楽博物館も併設されていて、のんびりと見学することができます。

ホコテナンゴの町もコーヒー農園も、穏やかな雰囲気でとても癒されました。

【グアテマラ11:アンティグア3】

スポンサーリンク

グアテマラ旅行最終日の朝

グアテマラ旅行最終日。

Hotel Mesón de María【グアテマラ11:アンティグア3】

アンティグアで、とびとびで3泊宿泊した『Hotel Mesón de María(ホテル メゾン デ マリア)』での最後の朝食です。

新鮮なフルーツがたくさんあって、素敵な中庭でいただく朝食は、とても爽やかでした。

Hotel Mesón de María【グアテマラ11:アンティグア3】

ホテルの屋上からの景色も見納め。

アグア山が綺麗です。

Hotel Mesón de María【グアテマラ11:アンティグア3】

パノラマも撮ってみました!

高い建物がないので、視界が開けていて気持ちがいいです。

スポンサーリンク

コーヒー農園「La Azotea(ラ アゾテア)」へ

コーヒー農園のあるホコテナンゴまでは、チキンバスで10分ほど。

チキンバスのターミナルから乗ります。

【グアテマラ11:アンティグア3】

チキンバスターミナルに隣接する市場では、カラフルなお花もたくさん売られていました。

グアテマラっぽい色彩です。

チキンバス【グアテマラ⑦:アンティグア1】

バスターミナルで、ホコテナンゴ行きのバスを探します。

「Jocotenango(ホコテナンゴ)」の文字を見つけましたが、何台もあってどれが先に出発するか分かりません。

ウロウロしていると、運転手なのか客集めのおじさん(お兄さん)なのかが「Jocotenango(ホコテナンゴ)?」と言い、こっちだよと、手招きして案内してくれました。

チキンバス乗り場では、行先を伝えると、大抵みんな親切に教えてくれたり、連れて行ってくれます。

ホコテナンゴは、アンティグアからチキンバスで北へ10分ほどのところ。歩いても行ける距離です。

乗るときに、「La Azotea」に行きたいと運転手さんに伝えていたので、降りる場所で声をかけてくれました。みんな親切です。

【グアテマラ11:アンティグア3】

降りたところの目の前に、ありました!『CENTRO CULTURAL La Azotea』です。

【グアテマラ11:アンティグア3】

Azotea の目の前の通りです。

人も少なく、とてものんびりとしていて、いいところです。

ホコテナンゴは、腸内洗浄が安くできることで、有名?なのだそうです。

興味ありますが、グアテマラで腸内洗浄。。ちょっと怖いですね。。

【グアテマラ11:アンティグア3】

Azoteaコーヒー農園へ入って行きましょう~!

トゥクトゥクも入って行きました。

【グアテマラ11:アンティグア3】

かわいい看板。

【グアテマラ11:アンティグア3】

緑がたくさんで、とても爽やかです。

人も少なく、どこかの避暑地にでも来たような感じ。

【グアテマラ11:アンティグア3】

3~4分歩いて行くと、入場料を払って入る入口がありました。

ブーゲンビリアがとても綺麗です。

入場料は一人50ケツァール(約750円)。意外と高いです。

 

敷地内に入ると、ちょうどスペイン語圏のお客さんの博物館ガイドツアーが始まるところだったので、一緒について行ってみました。

【グアテマラ11:アンティグア3】

グアテマラの伝統楽器の ”マリンバ”

マリンバは、木琴の一種で、アフリカが起源だと言われています。

【グアテマラ11:アンティグア3】

グアテマラ南西部のマヤ先住民の間で信仰されている神様 ”マシモン” と演奏する人たち。

【グアテマラ11:アンティグア3】

何の衣装なのか分かりませんが、花柄と色合いがかわいいです。

【グアテマラ11:アンティグア3】

サン・アントニオ・アグアス・カリエンテスの織物を織る女性。

【グアテマラ11:アンティグア3】

中庭を囲む廊下には、伝統的なマリンバが置いてあって、自由に演奏できるようになっていました。

ちょっと叩いてみましたが、柔らかく深みのある音が出ます。

【グアテマラ11:アンティグア3】

【グアテマラ11:アンティグア3】

【グアテマラ11:アンティグア3】

”MUSEO DEL CAFE(コーヒー博物館)” の入口。

【グアテマラ11:アンティグア3】”コーヒーって何?”

【グアテマラ11:アンティグア3】世界のコーヒー生産量

コーヒー博物館には、コーヒーについての説明やコーヒー生産量の世界ランキングなど、色々な掲示がされていました。

1位はブラジル! グアテマラは、8位でした。

【グアテマラ11:アンティグア3】グアテマラ国内のコーヒー生産地マップ。

【グアテマラ11:アンティグア3】生豆から焙煎までのコーヒー豆。

【グアテマラ11:アンティグア3】

ここでコーヒー豆を干して乾燥させるらしいのですが、時期が違ったようで、何もありませんでした。残念。。

【グアテマラ11:アンティグア3】素敵なコーヒーカップが!

 

古いもののようですが、どれもデザインや色使いがとても綺麗でした。

【グアテマラ11:アンティグア3】

敷地内にあるお土産屋さん。

アゾテア農園のコーヒー豆やTシャツや石鹸などいろいろ販売されています。ここで、お土産を買うことに。

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

グアテマラのカラフルな伝統柄の織物で包まれたコーヒー豆。

お友達のお土産に。

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

自分たち用に Azotea のコーヒー豆。

こちら、まだ飲んでません。

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

コーヒー豆をチョココーティングしたお菓子。

小さくてちょっとオシャレなパッケージなので、お土産にいい! ってことで、いくつか購入。

自分用にも買いましたが、食べやすくとても美味しかったです。

 

お土産も買えて満足♪

【グアテマラ11:アンティグア3】

コーヒー豆の苗木が植えられていました。

もっとこういう景色が見られるのかと思っていたのですが、この辺りだけで、時期も違ったらしく、人も少なく静かな感じでした。のんびりしてて、良かったですけど。

【グアテマラ11:アンティグア3】

コーヒー豆、発見!! 赤くてかわいいです。

【グアテマラ11:アンティグア3】

敷地内に、小学校なのか分かりませんが、子供たちが走り回って遊んでいました。

【グアテマラ11:アンティグア3】

馬~!

なんて爽やかで平和な光景でしょう。

しばし、草を食べるお馬さんを眺めていました。

 

人が少なかったこともあって、のんびりとしていて、とても癒されました♪

コーヒー農園を後にして、ホコテナンゴの町を歩きながら、チキンバスが来るのを待ちます。

スポンサーリンク

ホコテナンゴ

「Jocotenango(ホコテナンゴ)」は、アンティグアの北西、徒歩10分ほどの所にある町。

町の名前は、ナワトル語で、“ホコテ(すももや梅の仲間の果実)があるところ”という意味であるとのこと。

人口は約18,000人ほどで、その昔、アンティグアがグアテマラの首都だった頃は、職人が多く住む町として知られていたのだそう。

Ricardo Arjona – Fuiste tú feat. Gaby Moreno

 

上の動画は、グアテマラを代表する歌手として知られる「リカルド・アルホナ(Ricardo Arjona)」の名曲「Fuiste tú」のPVです。

アルホナは、ホコテナンゴの出身で、町にはアルホナ通りもあるのだとか。

「リカルド・アルホナ」は、社会問題を題材としたメッセージ性の強い歌詞で知られ、2009年には第49回グラミー賞最優秀ラテン・ポップ・アルバム賞を受賞。グアテマラで最も世界的に成功したミュージシャンのひとりです。

名曲「Fuiste tú」のPVは、映像にグアテマラ各地の名所や風景が映し出されていて、見るとグアテマラが懐かしくなります。

ちなみに、フィーチャリングしている女性アーティスト「ギャビー・モレノ」もグアテマラの出身で、彼女も2013年のラテングラミー賞の新人賞を受賞している人気アーティストです。

【グアテマラ11:アンティグア3】

チキンバスが通るのを待ちつつ、アンティグア方面に歩いて行きます。

すると、何軒か飲食店やコンビニのようなお店が並ぶ中に、カラフルなお花のオブジェが天井からたくさんぶら下がっているのを発見。

【グアテマラ11:アンティグア3】

近づくと、そこはスーパーマーケットでした。

海外旅行に行くと、必ずその国のスーパーはチェックするので、ちょっと覗いてみました。

が、特にグアテマラっぽい食べ物や日用品は見当たらず、すぐに退散。

確かに メイド イン グアテマラのお菓子とか、日用品メーカーとかって、あまり聞かないですよね。。

スーパーで色々物色する楽しみがなかったのは、ちょっと残念でした。

【グアテマラ11:アンティグア3】

公園のような広場に教会がありました。

レンガ色に白のコントラストが印象的なファサード。可愛らしい感じです。

【グアテマラ11:アンティグア3】

教会の入口から覗いてみると、礼拝中。熱心にお祈りをしている人たちがたくさんいました。

 

教会前の公園の脇に、チキンバスが止まっていたので、「アンティグア?」と聞いてみると、「そうだ。」とのことだったので、バスに乗り込みアンティグアまで戻ってきました。

チキンバス【グアテマラ11:アンティグア3】

こちらが、乗ってきたチキンバス。

後ろのドアが開いたので、後ろから降りてみました。

チキンバスは2回(往復で4回)乗りましたが、近距離であれば、特に心配もないと思いました。

地元の人たちの足である ”チキンバス” に乗って、現地の人の生活に触れられたような気がして、楽しかったです。

スポンサーリンク

フライドチキンのお店『Pollo CAMPERO』

グアテマラ旅行最後の食事は、フライドチキンのお店『Pollo CAMPERO(ポヨ カンペーロ』で。

Pollo Campero【グアテマラ11:アンティグア3】

『Pollo CAMPERO(ポヨ カンペーロ)』は、グアテマラのフライドチキンチェーン店で、とても人気のお店です。

訪問した昼間は空いていましたが、夜見たときは、お店の外に行列ができていました。

今は、ロサンゼルスやサンフランシスコを中心にアメリカでも人気のお店だそうです。

かつては、ケンタッキー(KFC)がグアテマラにも進出したのですが、このお店の存在の影響で、撤退してしまったとか。。

Pollo Campero【グアテマラ11:アンティグア3】

昼間は、こんなにガラガラ。

広々とした、キレイなレストランです。

Pollo Campero【グアテマラ11:アンティグア3】

Pollo Campero【グアテマラ11:アンティグア3】

メニューは、フライドチキンや、サンドウィッチやハンバーガーにフライドチキンを挟んだものなど。

Pollo Campero【グアテマラ11:アンティグア3】

サルサケチャップとサルサピカンテ

Pollo Campero【グアテマラ11:アンティグア3】

オレンジジュース

お店オリジナルのサルサケチャップとサルサピカンテ。ピカンテが何かは良く分かりませんが、辛いソースです。

オレンジジュースの色がスゴい。。汗

Pollo Campero【グアテマラ11:アンティグア3】

チキンアリタス(手羽)(44.50ケツァール)

チキンのソースを ”Buffalo” “Barbacoa” “Oriental” の3種類から選べるのですが、どれにしたか失念。。

付け合わせのソースは、店員さんにオススメを聞いて、”Ajo Cilantro” に。

“Ajo” はガーリック、”Cilantro” は調べたけど、分かりませんでした。

チキンはスパイシーで美味しい! なんとなくタバスコの味がするような感じでした。

フライドポテトが嬉しい。

手がベトベトになりながら、かぶりつきます。

Pollo Campero【グアテマラ11:アンティグア3】

なんと、トルティーヤがついていました。

メキシコやグアテマラは、何でもトルティーヤで包んで食べるんですね~。

トルティーヤは、すぐ飽きてしまうので、少しでいいです。。

Pollo Campero【グアテマラ11:アンティグア3】

サンドウィッチカンペーロ(40ケツァール)

パンが大きくてボリューミー!

チキンはサクサクのクリスピータイプです。

お味は、普通に美味しかったです。

でも、サンドウィッチじゃなくて、チキンだけで良かったかな。

Pollo Campero【グアテマラ11:アンティグア3】

お店のキャラクターのリュックを背負ってる店員さん発見。

すかさずパシャリ! なんていう名前なんだろう。

Pollo Campero【グアテマラ11:アンティグア3】

お店の入口を入ったところに、テイクアウトのカウンターがあって、ここでお支払いをします。

特別美味しい!という訳ではありませんでしたが、普通に美味しいので、旅ではこういう地元のファーストフードで食事をするのも、いいものですよね。

スポンサーリンク

CAFE BARISTA(カフェ バリスタ)

食後にコーヒー飲みたいねってことで、カフェを探します。

Cafe Barista【グアテマラ11:アンティグア3】

中央公園の周りには、チェーン店カフェもいくつかあるので、まだ入ってない『CAFE BARISTA』へ。

黄色の壁がオシャレ♪

Cafe Barista【グアテマラ11:アンティグア3】

店内入ると、普通のチェーン系カフェな感じ。

席を確保して、カウンターでオーダーします。

店員さんの愛想が良くなかった。。

Cafe Barista【グアテマラ11:アンティグア3】

カフェスペースが広々としていて、写真が飾られていたりと、オシャレな雰囲気。

窓も大きく、明るくて爽やかな雰囲気です。

奥にはソファ席があったので、そちらに座り、まったりとコーヒータイム♪

Wi-Fi も繋がるので、のんびりと長居できそうです。

Cafe Barista【グアテマラ11:アンティグア3】

Cafe Barista【グアテマラ11:アンティグア3】

アメリカーノ(10ケツァール)カフェラテ(15ケツァール)

チェーン系のカフェだと、大体10ケツァール(約150円)でコーヒーが飲めます。

美味しくいただきました!

 

15時頃にはアンティグアを出発して空港に向かわなければいけないので、一旦ホテルに戻り、荷物をピックアップして、予約していたシャトルバスで空港に向けて出発です。

ついに、アンティグアとさよならです。。

治安が悪いと言われているグアテマラの印象を覆す、のんびりとしていて、本当に素敵な町でした。

アンティグアMAP

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

グアテマラの織物★現地で購入したカラフルな布6点をご紹介!
中米の国、グアテマラ。この国は手織物の宝庫。 古代マヤの時代に生まれた染織の技術は現在でも人々に受け継がれており、グアテマラの街には「ウィピル」と呼ばれるカラフルなブラウスを着た女性たちでいっぱいです★ 今回は、そんなグアテマラの織物についてご紹介します。
グアテマラの古都「アンティグア」で訪問したレストラン《6店舗》ご紹介♪
中米グアテマラのアンティグアで訪問したレストラン6店(含ファーストフード店)をご紹介します。グアテマラ料理はもちろんですが、現地料理が飽きてしまったときに行きたい、カレー屋さんやマクドナルドなどもあります!
本場グアテマラのコーヒーが飲める現地カフェ【7店舗】ご紹介♪
中米グアテマラで訪問したカフェ7店をご紹介します。コーヒー豆の名産地グアテマラの美味しいコーヒーが、どこでも大体150~300円でいただけます。しかも、なかなかオシャレなカフェも多いので、カフェ好きなら楽しめること間違いなしです!
グアテマラ名物「チキンバス」★派手なデコレーションがインパクト大!
グアテマラの乗り物と言えば、「チキンバス」!グアテマラの道には写真のようなカラフルでゴテゴテした「チキンバス」がたくさん走っています。グアテマラの都市間を結ぶ公共路線バスは、ほとんどがこのバスが使われています。派手にデコレートされたチキンバスの車体は、グアテマラの風物詩のひとつです★
世界遺産の古都「アンティグア」★十字架の丘・市場・コロニアルな史跡を巡る【グアテマラ】
メキシコの南、中米にある国「グアテマラ」。世界遺産の古都「アンティグア」を見て回ります。植民地時代のコロニアルな街並みと3つの火山を望む美しい風景が「アンティグア」の見どころ★ 「十字架の丘」から街並みのパノラマを俯瞰したあと、市場やチキンバスターミナル、古都の史跡をのんびりと巡りました。
密林の中に佇むマヤ文明最大の都市「ティカル遺跡」(世界遺産)を訪れる【グアテマラ】
グアテマラ北部、ペテン低地のジャングル地帯の中に、マヤ文明の都市遺跡として最大規模の遺跡「ティカル(Tikal)」はあります。ユネスコの世界遺産のひとつであり、グアテマラ最大の見どころである「ティカル遺跡」。密林の中に佇む巨大な石造ピラミッドは見応えがありました★
タバコと酒を嗜む神様「マシモン」に会う! 【グアテマラ:サンティアゴ・アティトラン】
メキシコの南、中米にある国「グアテマラ」。アティトラン湖の南岸にある町「サンティアゴ・アティトラン」。この町で目的がひとつありました。それは、“マシモン”に会うこと。“マシモン”とは、アティトラン湖周辺のマヤ先住民の間で信仰されている神様のこと。その御姿はかなりインパクトあるとの噂です!
カラフルな雑貨がてんこ盛り☆チチカステナンゴ日曜市【グアテマラ】
毎週木曜と日曜に露店市が開催されるチチカステナンゴ。サント・トマス教会を中心にたくさんの露店が立ち並び、カラフルな織物や雑貨がひしめき合っていて、雑貨好きな人にはたまらない市です。観光客や地元の人でとても賑わっていて、グアテマラに行ったら必ず行くべきところの一つです。
「火の山のマリア」”火の山”に暮らすマヤ人女性の過酷な現実と力強い”母性”【映画】
「火の山のマリア」は、グアテマラの先住民族マヤ人の一家のドラマを通して、先住民族の過酷な現実と、そのリアルの中で”火の山”のように熱く闘う女性たちの「母性」を描いた作品。2015年ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞、2016年アカデミー賞外国映画賞グアテマラ代表に選ばれた作品です。

コメント