ラトビアの首都「リガ」街歩き②:旧市街から中央市場へ【世界遺産】

リガ旧市街(バルト三国⑦:ラトビア:リガ) エスニックな旅
リガ(ラトビア)>
記事内に広告が含まれています。

朝からラトビアの首都「リガ」旧市街を散策。

聖ペトロ教会の展望台から見るリガの街は、とてものどかで綺麗な風景でした。

そして、お買い物をしたり、中央市場を見学してリガの街を堪能しました。

リガ旧市街(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)

スポンサーリンク

⑧ブラックヘッドの会館

リガ旧市街(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)ブラックヘッドの会館

 

市庁舎広場に建っている、このインパクトのある建物は「ブラックヘッドの会館」です。

15世紀、未婚の貿易商人の友愛会だったブラックヘッドのメンバーにより、コンサートやダンスパーティーが行われていたとのこと。

1941年にドイツ軍によって破壊されたのち、1999年に再建が完了しました。

色使いや、建物の形に特徴がありますよね。

リガ旧市街(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)ギリシャ神話の神々

 

青い大きな時計の下には、ハンザ都市である、リガ・ハンブルグ・リューベック・ブレーメンの紋章があり、ギリシャ神話の像が4体置かれています。

リガ旧市街(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)聖ローランドの像

 

ブラックヘッドの会館の前、市庁舎広場の中央には、リガの守護聖人である聖ローランドの像が建てられています。

リガ旧市街(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)市庁舎

 

市庁舎も再建されていて、白いきれいな建物になっています。

スポンサーリンク

⑨聖ペテロ教会

リガ旧市街(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)聖ペテロ教会

 

聖ペトロ教会は、13世紀初めに最初の教会が建てられ、18世紀にほぼ現在の姿に改築されました。塔は、第2次世界大戦後に改修されていて、高さは123.25m。この塔は、展望台になっていて、エレベーターで72mのところまで上がることができます。

展望台は、一人9ユーロ。

エレベーターは6~7人乗りくらいで、操作をする係の人も一緒に乗り込みます。

リガ旧市街(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)リガ旧市街

 

エレベーターを降りると、すぐにリガ旧市街を眺めることができます。

ダウガヴァ川と旧市街の風景が、とても絵になります♪ リガ大聖堂も見えます。

お天気もいいし、最高ですね!

リガ旧市街(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)聖ペテロ教会からの眺め

 

川の向こうの街並み。いくつか大きなホテルもあるようです。

リガ旧市街(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)聖ペテロ教会からの眺め

 

旧市街のさきほどとは反対側の眺めです。

リガ中央市場や、リガ駅が見えます。

右奥に見える塔は何だろうと思い、後で調べてみたら、「ラジオ&テレビタワー」でした。

高さは368.5mあり、ヨーロッパでは3番目、世界では11番目に高い塔であるとのこと。

リガ旧市街(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)旧市街(北側)

 

再び、旧市街北側の眺め。

この景色、かなり癒されます♪ 川があるのが、またいいですね!

リガ旧市街(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)雄鶏

 

塔のてっぺんに取り付けられている雄鶏。

リガ旧市街(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)聖ペテロ教会内部

 

天井が高く、落ち着いた雰囲気の教会内部。

リガ旧市街(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)

ピアノとチェロ(?)の演奏が行われていました。カジュアルな服装なので、練習のようですね。

広い教会の中での演奏は、音が響き、とても素敵な音色で、幻想的な雰囲気になります。

リガ旧市街(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)

リガ旧市街(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)

展望台もあって、なかなか見応えのある教会でした。

リガ旧市街(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)民芸品を売るお店

 

外では、ニット製品や琥珀、マトリョーシカなどのかわいいお土産ものが色々売られている露店が出てました。

スポンサーリンク

⑩聖ヨハネ教会

リガ旧市街(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)

聖ペテロ教会の向かい、写真の奥に見える建物が、聖ヨハネ教会です。

リガ旧市街(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)聖ヨハネ教会の内部

 

聖ヨハネ教会は、13世紀に創立され、その後16世紀に入ってから再建されたゴシック様式の教会です。天井がとても美しいです。

リガ旧市街(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)

リガ旧市街(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)

床に鏡が置いてあり、鏡に映った美しい天井を見ることができます。

真っ白の天井に、蜘蛛の巣のような模様が素敵です☆

リガ旧市街(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)聖ヨハネ教会の祭壇

 

小さい教会ですが、真っ白な壁や天井にゴシック様式の造りがとても綺麗でした。

スポンサーリンク

11.メデュス・イスタバ

リガ旧市街(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)メデュス・イスタバ

 

聖ヨハネ教会からすぐのところに、ハチミツのお店『メデュス・イスタバ Medus Istaba』があります。

ハチミツは、ラトビアの名産品を代表するものの一つです。とても良質なハチミツが取れるそうです。

リガ旧市街(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)メデュス・イスタバの店内

 

こじんまりとした店内の棚には、たくさんのハチミツが並べられていました。

ハチミツ関連の雑貨も売られています。

リガ旧市街(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)ハチミツの試食

 

たくさんの種類があり、それぞれ試食もできます。

お店の人が、説明して味見をさせてくれました。

白っぽい色から濃い色まで色々なハチミツがあります。

リガ旧市街(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)かわいいディスプレイ

 

ハチミツの石鹸やキャンドルなどもあります。

ディスプレイもかわいいですね!

リガ旧市街(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)棚に並べられたハチミツ

 

色々な種類、色々な大きさのハチミツ♪

何種類か味見をしたなかで、店員さんもオススメだった「キイチゴ」のハチミツを購入しました!

バルト三国のお土産

180gx1個と、お土産用にミニサイズ×2個で 6.75ユーロ。

スポンサーリンク

12.リガ中央市場

リガ中央市場(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)リガ中央市場

 

旧市街を出て、リガ中央市場へ行きます。

リガ中央市場(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)新鮮な野菜や果物

 

中央市場は、5つのドームからなっているのですが、外にもたくさんのお店が出ています。

リガ中央市場(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)

スイカ、ザクロ、オレンジ。。美味しそう。

リガ中央市場(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)リガ中央市場内

 

ドームの中は、こんなに広いのです! これが5つもあるとはかなり巨大ですよね。

こちらはお肉のドーム。

リガ中央市場(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)ハラルミート

リガ中央市場(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)やっぱりサーモン!

リガ中央市場(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)ザワークラウト

リガ中央市場(バルト三国⑦:ラトビア:リガ)チーズ

 

かなり見応えのある大きな市場でした。

見るだけでもとても楽しめます!

リガ中央市場についての詳細は↓

スポンサーリンク

●スィリチーテス・ウン・ディリーテス

リガのレストラン(スィリチーテス・ウン・ディリーテス:バルト三国⑦:ラトビア:リガ)スィリチーテス・ウン・ディリーテスの外観

 

市場の中では、イートインのお店や食堂もいくつかあります。

この日のランチは、魚ドームにある魚料理のお店『スィリチーテス・ウン・ディリーテス』で。

かわいらしい外観です♪

リガのレストラン(スィリチーテス・ウン・ディリーテス:バルト三国⑦:ラトビア:リガ)店内の様子

 

店内は食堂風ですが、よく見ると、オシャレなインテリアが。

リガのレストラン(スィリチーテス・ウン・ディリーテス:バルト三国⑦:ラトビア:リガ)

昼間からビールです!

リガのレストラン(スィリチーテス・ウン・ディリーテス:バルト三国⑦:ラトビア:リガ)

「フィッシスープ」「揚げたスプラットイワシ(ニシンの一種)とフライドポテト 」「ニシンのマリネとベイクドポテト 」をいただきました。

これが、どのお料理も絶品で、サイコーに美味しかったです。

今回のバルト三国旅の食事の中で、1,2位を争う美味しさでした♪

『スィリチーテス・ウン・ディリーテス』についての詳細は↓

リガMAP1(バルト三国⑦)リガ街歩き午前

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

中世の面影を色濃く残す「タリン旧市街」(世界遺産)の街並みをぶらぶら散歩♪【エストニア】
バルト三国の一番北の国、エストニア(Eesti Vabariik)の首都「タリン(Tallinn)」です。前日、フィンランドのヘルシンキからフェリーで到着しました。ヘルシンキからの所要は約2時間。近いです!この日は、世界遺産にも登録されているタリンの旧市街を見て回ります。
タリン街歩き♪旧市街から新市街へ。夜景も堪能!【エストニア】
エストニア(Eesti Vabariik)の首都、世界遺産に登録されている「タリン旧市街(Tallinn)」の街歩き。午後は旧市街の北側をぐるりと歩き、そこから東側の新市街へと足を伸ばしてみることにしました。旧市街の下町をぐるりと歩き、新市街のショッピングモールでお買い物。ラエコヤ広場の夜景も堪能しました♪
タリンからリガへバスで4時間半。クリッパン工場でブランケットを購入♪【エストニア・ラトビア】
エストニアの首都タリンからラトビアの首都リガへと向かいます。タリンからリガまではバスで4時間半ほど。利用したのは「Lux Express」というバス会社です。快適なバスの旅でした。リガでは、スウェーデンのウール製品のブランド「クリッパン」の工場(クリッパン・サウレ)を訪問。ブランケットをいくつか購入しました★
ラトビアの首都「リガ」街歩き③:ユーゲントシュティール建築巡り【世界遺産】
バルト三国、ラトビアの首都リガの街歩き(午後)は、新市街にあるユーゲントシュティール(アールヌーヴォー)建築巡りです。アルベルタ通りには、過度に装飾された建築物が並んでいて見応え十分。圧倒されます!
リガからシャウレイの「十字架の丘」を見てビリニュスへ【ラトビア・リトアニア】
ラトビアからリトアニアへ。まず、リガからバスでリトアニアのシャウレイという街へ行き、そこから「十字架の丘」へ。おびただしい数の十字架に圧倒されました!十字架の丘からシャウレイへ戻り、列車でリトアニアの首都ビリニュスへ向かいます。
リトアニアの首都「ビリニュス」街歩き③:「バルトの道」の敷石と杉原千畝の碑
リトアニアの首都ビリニュス。20世紀、この町は激動の時代を過ごしました。ナチス・ドイツによるホロコーストの嵐が吹き荒れた第二次大戦期に6,000人の命を救った杉原千畝の功績。ソビエトからの独立を勝ち取ったバルトの道。それらの記念碑を見て回りました。
モスクワ・シェレメチェヴォ空港、トランジット6時間で「赤の広場」へ【ロシア】
リトアニアの首都ビリニュスから帰国の途につきます。アエロフロート航空でビリニュスからモスクワへ。モスクワで成田行きの便に乗り継ぐ行程です。ちなみに、モスクワでのトランジット時間は、なんと6時間20分もあったので、トランジットがてら入国し、モスクワの街をちょこっと観光することにしました★

コメント