チェンナイのショッピングモール「Express Avenue」(Super Market & Food Court)

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】 エスニックな旅
記事内に広告が含まれています。

南インド・タミルの旅の最終日。

ミュージックアカデミーでダンスを鑑賞後、ショッピングモール「Express Avenue」へ。

「Express Avenue」は、とても大きくて綺麗なショッピングモールで、スーパーマーケットやフードコートもある、便利なモールです。

スポンサーリンク

インド古典舞踊「バラタナティヤム」を鑑賞

チェンナイ到着後、ランチを食べ、ホテルにチェックインした後は、インド古典舞踊を鑑賞しに、ザ・ミュージック・アカデミーへやって来ました。

バラタナティヤム【南インド(タミル)⑬】

「ザ・ミュージック・アカデミー」は、チェンナイ市内のメインの大通りであるカテドラル通りとモーブレーズ通りのぶつかる大きな交差点沿いにある白い大きな建物です。

チケットを購入して館内へ。

客層は、明らかに上流そうな、洗練された身なりをした人ばかりです。

 

来賓挨拶が終わり、公演が始まりました!

バラタナティヤム【南インド(タミル)⑬】

今回の公演の演者は、新進気鋭のダンサー、レンジット(Renjith)&ヴァイナ(Vijna)のペアです。

バラタナティヤム【南インド(タミル)⑬】

ムリダンガムやヴァイオリン、フルート、ヴォーカリストなどで構成されたインド古典音楽の伴奏。

バラタナティヤム【南インド(タミル)⑬】

レンジットとヴァイナの息の合ったパフォーマンスが繰り広げられました。

軽快なリズムで、見ていると楽しくなってきます。

インド古典舞踊を堪能し、あっという間の約1時間半の公演でした。

 

ザ・ミュージック・アカデミーでのインド古典舞踊鑑賞の詳細はコチラ↓

スポンサーリンク

ショッピングモール「Express Avenue」

古典舞踊鑑賞後は、ショッピングモール「Express Avenue」へ。

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

ミュージックアカデミーの前には、公演後のお客さんを捕まえようと、たくさんのリキシャが。

通りに出てちょっと立ち止まると、すぐさまクラクションを鳴らしてリキシャが近づいてきます。

行先(ショッピングモール)を伝え、値段交渉。

折り合いのついたリキシャで、「Express Avenue」へ。

乗ったリキシャは、鼻歌歌いながら、かなり調子のいい感じのお兄さんでした。

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

「Express Avenue」に到着!

おー、デカい!!

新しくて、かなり立派なショッピングモールです。

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

入口を入ると、吹き抜けになっていて、広々とした空間。

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

4階建てで、エスカレーターとエレベーターがあります。

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

タミル語のスターバックス発見!

なんかカワイイ。

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

地下には、スーパーマーケットが入っています。

海外のスーパーは、見るだけでも楽しいので、必ず行きます。

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

ステンレスの食器。

カトリがたくさん~!

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

南インドでは、露店とかでも、バナナがよく売られています。

南インド特有のレッドバナナを食べてみたかったけど、食べる機会なかった。。

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

色んな種類のオクラ?やインゲン?

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

インドの玉ねぎは、この紫玉ねぎですよね。

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

お米や豆の量り売り。

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

カボチャとキャベツ以外は、よく分からない野菜たち。

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

ドラゴンフルーツ、スイカ。

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

ギーがたくさん!

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

ホールスパイス

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

ダール(豆)

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

お米

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

南インドは米食文化なので、色々な種類のお米が10kgくらいの大袋でたくさん売られていました。

10kgどころじゃないかな。20kg?

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

オシャレなパッケージのジュース。

美味しそうだったので、マンゴーとキウイを購入。

身体に良さそうで美味しかった。

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

ミターイ(インドのスイーツ)

インドスイーツは、激甘で最初は苦手だったけど、食べ慣れてくると以外とイケるもの。

上の段にある”ソアンパプディ” は結構好き。

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

夕方だったということもありますが、それほどお客さんは多くない感じでした。

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

インドのアーユルヴェーダコスメブランド「KAMA」「FOREST ESSENTIALS」

前回のインド旅行では、「KAMA」で色々購入しましたが、今回は購入なしで。

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

インドのファッションブランド「fabindia」「soch」

「fabindia」は、洋服のほか、雑貨やスパイス類なども販売していて、オーガニックの豆とスパイスを購入しました。

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

海外ブランドのお店もあります。

イギリスの「MARKS & SPENSER」や、韓国の「innisfree」。

まさか、インドでinnisfree を見るとは。変な感じ。

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

「mamagoto(ままごと)」という、アジア料理のお店。

力士のイラストがどーんと!

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

北朝鮮をイメージしてるのでしょうか。

なんとも奇抜なイラストです。

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】バーガーキング

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】ケンタッキー

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】ピザハット

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】タコベル

ファーストフード店も色々あります。

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

広いフードコートもありました。

本当は行きたいレストランがあったのですが、時間も遅くなってしまい、翌日は早朝出発だったので、夕食はフードコートで済ますことに。

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

疲れてたので、なんとなくインド料理以外のさっぱりしたものが食べたいかも。

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

このキャッシュカウンターで、プリペイドカードを購入して、それぞれのお店で注文をするシステムです。

お釣りがでないので、先に何を食べるか決めてから、その金額分だけのプリペイドカードを購入した方がいいですね。

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

このお店に決めました!

”MOMO(モモ)”のお店です。

メニューにスープ麺があったので、スープ麺とモモのセットが食べたいと思ってこのお店にしたのですが、いざ注文しようと思ったら、なんとスープ麺が売り切れ。。

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

モモ2種類を購入。

チェンナイ(ダンス&モール)【南インド(タミル)⑬】

スープ麺が食べられなかったので、他の中華のお店で、ビーフンみたいな麺を購入しました~。

お味は、まずまず。

インド料理以外のものが食べられて良かったです(笑)

 

南インド(タミル)の旅もこれで終わり。

翌日は、朝5時起きです。

ショッピングモールの前でリキシャを捕まえて、ホテルへ戻ります。

この時は、最後に慌てることになるとは、予想もしていませんでした。。

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

カライクディに行くなら「ザ・バンガラ(The Bangala)」のランチミールスは必食!
マドゥライから車で約2時間。タミルナードゥ州南部に位置するチェッティナード地方の中心都市「カライクディ」にあるヘリテージホテル「ザ・バンガラ(The Bangala)」に宿泊しました。宿泊施設としてはもちろん、お食事が美味しいことでも有名なのです。
インド・カライクディのホテル「ザ・バンガラ(The Bangala)」楽園のような素敵な場所
マドゥライから車で約2時間。タミルナードゥ州南部に位置するチェティナード地方の中心都市「カライクディ」にあるヘリテージホテル「The Bangala」に宿泊しました。そこは、流れている空気や時間が他とは違うような、とても素敵な空間で、リラックスして過ごせる楽園のような場所でした。
豪華絢爛な邸宅に圧倒!インド・カライクディ近郊「チェティナード・マンション」を巡る
南インド、タミル・ナードゥの旅。3日目の午後。車をチャーターし、カライクディ近郊の村「アッタングディ」と「カナドゥカタン」へと向かいました。2つの村にはチェティナード地方に点在する豪華な邸宅「チェティナード・マンション」があります。訪れた邸宅は豪華絢爛のひと言でした★
海峡沿いにある聖地「ラーメシュワラム」で新年初日の出を拝む★
南インド、タミル・ナードゥの旅。前日、チェッティナード地方の中心都市「カライクディ」から列車に乗って、スリランカとの海峡沿いにある聖地「ラーメシュワラム」に到着しました。ラーメシュワラムは、日の出を拝みながらの沐浴風景が必見の見どころです。早朝、早起きして、さっそく海沿いの沐浴場「アグニ・ティーターム」へと向かいます。
インド最古の海上橋「パンバン橋」を列車が渡る光景
南インド、タミル・ナードゥの旅。ホテルで少し休憩し、インド本土とラーメシュワラムのあるパンバン島をつなぐ橋「パンバン橋」を見に行きます。パンバン橋は、1914年に開通したインド最初の海上橋で、長さは2,065mもあります。訪問した時、ちょうど列車が通過する様子を見ることができました★
南インドの古都マドゥライで、コットン手織り(ハンドルーム)タオル工房を見学する★
南インドの古都マドゥライは、インドコットンの手織り(ハンドルーム)タオルの生産で有名です。手織りタオルのお店「サラスワティ・ハンドルーム・テキスタイル」に訪問しタオルを購入。タオル工房も見学させてもらいました!インダス文明の時代から受け継がれた手織りの技術を目の当たりにして大感動!
ラトナ・カフェ(南インド・チェンナイ)|ミールスが美味しいと評判の老舗レストラン
南インド、タミル・ナードゥ州の州都チェンナイに、ミールスが美味しいと評判の人気レストランがあります。お店の名前は『ラトナ・カフェ(Ratna Cafe)』。1948年創業の老舗の南インド料理専門店です。 評判通り、これまで食べた中で一番!と思えるほど美味しいミールスでした★
インド古典舞踊「バラタナティヤム」観賞♪ in チェンナイ
南インド、タミル・ナードゥ州の州都チェンナイで、インド古典舞踊「バラタナティヤム(Bharata Natyam:பரதநாட்டியம்)」を鑑賞しました★ 新進気鋭のデュオ「レンジットとヴァイナ」の演技は素晴らしく、インド古典舞踊の奥深さを垣間見ることができました♪

コメント