日本唯一!ミャンマー北部カチン料理のお店『オリエンタルキッチン マリカ』@高田馬場

マリカ、オリエンタルキッチン

日本のミャンマータウンと呼ばれる高田馬場。JR山手線の早稲田口から徒歩5分、早稲田通り沿いの右手に『オリエンタルキッチン マリカ』はあります。

このお店、日本でも珍しい「カチン料理」のお店。

「カチン」とは、ミャンマー北部にある「カチン州」(Kachin:ကချင်ဘာသာ)および、そこに住む「カチン族」のことです。

「カチン料理」とは、いったいどんなものなのか。

期待に胸を膨らませながら、行ってまいりました〜『オリエンタルキッチン マリカ』

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

場末のスナックみたいな『オリエンタルキッチン マリカ』の入り口

マリカ、オリエンタルキッチンスナックみたいな『マリカ』の看板

『マリカ』は雑居ビルの3階にあります。

1階の階段下には、目立つ看板が出ていました〜。

落ち着いたブルー地に、カタカナとアルファベットで『マリカ』の文字が書かれています。

アダルトな感じで、まるで場末のスナックみたいな雰囲気🍸

どんなお店なのか興味津々❗️

エレベーターで3階まで登って、行ってみましょう〜🎵

マリカ、オリエンタルキッチンお店の入り口

お店の入り口です。

飾り気のないシンプルな店構え。

「オリエンタルキッチン」と銘打っていますが、少しもオリエンタル風情を感じさせず、素っ気ない現地の食堂の風情満点なのが良いです😊

マリカ、オリエンタルキッチンミャンマー祭りの案内ポスター

マリカ、オリエンタルキッチン『マリカ』の英語の案内板

扉を開け、店内に入ります。

「いらっしゃいませ〜!」と年配の女性が日本語でご挨拶❗️

だけど、日本の方ではない様子。

話によると、このお店を営んでいるのは「カチン族」の夫婦だそうです。

ちなみに、「カチン族」は、ミャンマーのカチン州、シャン州、中国雲南省、インドのアッサム州に住む民族でミャンマー国内での人口は約90万人、ミャンマー人口の1.5%を占めているのだとのこと。

宗教はイギリス統治時代に広まったキリスト教と祖霊・精霊信仰が共存していて、生計は、主に水田耕作や焼畑農業によって立てられているとのこと。

カチン州の州都はミッチーナ。州は山岳地帯で占められており、ミャンマー最高峰の「カカボラジ山」(5,881m)も州内にあります。

マリカ、オリエンタルキッチン店内の様子。カラオケがあります。

店内は本当に場末のスナック風。もしくは、昭和のカラオケ喫茶みたいな雰囲気です。

席数は30席で、すべてテーブル席。

縦長の空間で、レジを中心に部屋が2つに分かれていて、どちらの部屋にもカラオケ用の立派なテレビとDVDデッキが置かれています。

マリカ、オリエンタルキッチンいろいろ貼られた店内の壁

壁にはミャンマーの絵やミャンマー祭りのポスターなど、いろいろ雑多なものが貼られています。

天井の隅にはスピーカーが取り付けられています。

食べログの口コミによると、このお店、お昼はランチをとる日本人のお客さんが多いそうですが、夜はカラオケ目当てのミャンマー人客がメインであるとのこと。

夜はカラオケがかなり盛り上がるので注意!みたいなことが書かれていました❗️

とりあえず、お店に入った時点ではカラオケモードにはなっていない様子。

カチン族のおかみさんに案内されて席に座ります。

マリカ、オリエンタルキッチンお店のメニュー

お店のメニューをパラパラとめくりながら、何にしようかなーと考えます。

初めて聞く料理ばかり❗️

だけど、どの料理も中華やタイ、ベトナム料理に似た雰囲気があって親しみやすい感じ。

ヤンゴンやバガンで食べたミャンマー料理とはちょっと違う雰囲気です。

マリカ、オリエンタルキッチンミャンマービール

マリカ、オリエンタルキッチンミャンマービール

とりあえずはビール🍺

ミャンマーと言えば、「ミャンマービール」です❗️

ミャンマーではどこでも飲まれている国民的ビールです。

爽やかな苦味とキレがあるしっかりした味わいのビールで、国際的なビールコンテストでの数々の受賞歴があります。

アルコール度数は5%。

ラベルはグリーン地で、インレー湖の黄金の筏が描かれています。

ラベルも豪華っぽいし、味もしっかりしているしで、なんだかリッチな気分になれるビール。

美味しいです❗️

マリカ、オリエンタルキッチンマリカサラダ(700円)

お料理で最初に頼んだのが、この「マリカサラダ」

ミャンマー家庭のサラダだそうです。

このサラダ、かなり美味しかったです❗️

オクラ、インゲン、小松菜、ニラ、ワラビ、たけのこなどの野菜や山菜、エリンギやエノキ、しめじなどのキノコなどの素材をピーナッツやにんにく、揚げた玉ねぎ、すりゴマなどで和えた、リッチでヘルシーなサラダ。

サラダと言うよりは野菜の和え物って感じですが、日本人の味覚にぴったりの一品です。

毎日食べても飽きなそうな、食べやすいサラダでした✨

マリカ、オリエンタルキッチンカチン・ガーオウン(900円)

こちらは、「カチン・ガーオウン」

バナナの葉の魚蒸しです。

バナナの葉っぱに包まれた、見た目、とっても魅力的なお料理です✨

魚は白身の川魚が使われていて、にんにくやショウガ、ハーブ類、唐辛子などの香辛料で味付けされています。

それと、この「カチン・ガーオウン」には、乾燥納豆が使われているのだとか。

ミャンマーでは納豆はよく食べられている食材で、日本とは違って乾燥させたものを使うそうです。

日本のように糸は引かないですが、味と匂いは日本のと同じ。

「カチン・ガーオウン」、ちょっとクセはある感じでしたが、ハーブや香辛料で臭みが消されたお魚のお味、なかなかのものでした😊

マリカ、オリエンタルキッチンカチンア・メーター・シンコー(950円)

「カチンア・メーター・シンコー」

牛肉そぼろのハーブ和えです。

カチン族の伝統料理だそうで、牛肉のそぼろに、パクチーや唐辛子、山椒などのハーブやスパイスが絡んだスパイシーそぼろ。

辛さはそれほどなく、これも日本の食卓にあっても違和感ない感じ。

結構くせになりそうな一品。

ご飯によく合いそうです❗️

マリカ、オリエンタルキッチンミーシエー・カオッスオエ(750円)

「ミーシエー・カオッスオエ」

北部ミャンマー風スープうどん。「豚肉、特製豚肉汁とうどん、塩味」だそうです。

「ミーシエー」は、中太麺のこと。「カオッスオエ」(カウスエ)は、タイ北部やラオスで食べられている「カオソーイ」と同じ系統の麺料理です。もともとはこのミャンマーのものが起源であるとのこと。

あっさり塩味で、小さく切った豚肉に、パクチー、刻みネギ、唐辛子などで味付けされています。

とっても食べやすいです❗️

ミャンマー北部のお料理は、スパイシー感がそれほどなく、和食にも通じる優しさ。

安心できるお味です🌟

マリカ、オリエンタルキッチンカラオケが始まりました❗️

マリカ、オリエンタルキッチンミャンマー語の歌が店内に響きます。

マリカ、オリエンタルキッチンミャンマー語のため全然わかりません。

しばらくお食事を楽しんでいると・・・、

急にテレビから歌のイントロが・・・💧

そうです❗️ついに始まったのです。カラオケが❗️

店内にいたお客は、4組ほど、15人くらいでしたが(全員ミャンマー人)、そのうちの学生風の6人組男女がカラオケを歌い始めました🎵

曲は、ちょっと前のJ-POPか、そのもうちょっと前の歌謡曲風で、タイのポップスに似た雰囲気の曲もあります。

もちろん、ミャンマー語のため、内容は全然わかりません💦

カラオケの音のボリュームは結構大きく、曲によっては大盛り上がり❗️

店内は彼らの歌う歌声に包まれてしまいました。

マリカ、オリエンタルキッチンお店のおかみさんも熱唱❗️

そのうち、お店のおかみさんも飛び入り参加❗️

熱唱しておりましたー😆

日本唯一のカチン料理のお店『オリエンタルキッチン マリカ』

カラオケがちょっと喧しいけど、本場カチン州のローカルな雰囲気と、他ではなかなか味わえないお料理をいただける、かなりディープなお店です😊


オリエンタルキッチン マリカ

関連ランキング:東南アジア料理(その他) | 高田馬場駅西早稲田駅学習院下駅


スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク