『ブラントン・ボートヤード』で朝食。海を眺めながらドーサとイドゥリをいただく!@コーチン

Brunton Boatyard フォートコーチン(南インド・ケララ州2)

南インド、ケララ州最大の都市コーチンの歴史地区「フォート・コーチン」

この「フォート・コーチン」にあるホテルの中でも、最も格調の高い高級ホテルが『ブラントン・ボートヤード(Brunton Boatyard)』です。

今回は、別のもっとリーズナブルなホテル、『No. 18 Hotel』に宿泊しましたが、朝食をいただきに、訪問してみることにしました。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

高級ホテル『ブラントン・ボートヤード』で、海を眺めながらいただく南インド風ブレックファースト

Brunton Boatyard フォートコーチン(南インド・ケララ州2)『ブラントン・ボートヤード』の入り口

『ブラントン・ボートヤード』の入り口です。

場所は、「フォート・コーチン・バススタンド」から「ベラー・ロード(Bellar Road)」を東へ進み、「ヴァイピーン島(Vypeen Island)」へのジェッティーの船着場を過ぎて少し歩いたところ。

クリーム色の壁をした、いかにも高級そうな門構えのホテルが『ブラントン・ボートヤード』

このホテル、オンシーズンだと一泊最低3万円〜。

インドの物価から考えるとかなり高額なホテルです。

Brunton Boatyard フォートコーチン(南インド・ケララ州2)ボートのオールが飾られた格調高いロビー

ロビーの入り口は、ホテルの名前の通り、ボートのオールが飾られた格調の高い雰囲気。

『No. 18 Hotel』とは、やっぱり違いますね。『No. 18 Hotel』もアットホームな感じがしていいホテルですけど。

Brunton Boatyard フォートコーチン(南インド・ケララ州2)『ブラントン・ボートヤード』のレストラン「ARMOURY」店内

こちらが、『ブラントン・ボートヤード』のレストラン「ARMOURY」の店内です。

店内にはお客さんが誰もいませんでしたが、窓の向こうを見るとテラス席があり、数組のお客さんの姿が!

さっそく、テラス席に案内してもらいました★

Brunton Boatyard フォートコーチン(南インド・ケララ州2)テラスの食堂でブレックファースト

こちらが、レストラン「ARMOURY」のテラス席。

簡素な感じのテーブル&椅子が10卓ほど。お客さんは、ほぼ『ブラントン・ボートヤード』の宿泊客のようです。

Brunton Boatyard フォートコーチン(南インド・ケララ州2)緑の芝生と白亜の建物のコントラストが美しい

『ブラントン・ボートヤード』の客室が見えます。

緑の芝生と白亜の建物のコントラストが美しいです★

Brunton Boatyard フォートコーチン(南インド・ケララ州2)船着場のすぐ横というロケーション

テラス席からは、コーチンの海が見えます!

ホテルのすぐ横は船着場。

潮の香りが漂ってきます♪

Brunton Boatyard フォートコーチン(南インド・ケララ州2)渡し船が往来しているのが見えます。

船着場からは、「ヴァイピーン島(Vypeen Island)」行きジェッティー(渡し船)が往来しているのが見えます。

「ヴァイピーン島」行きジェッティーは、車も一緒に載せる船になっていて、甲板には乗用車やリキシャなどが載せられていました。

コーチンは、海上貿易の要衝の町。海には大きな貨物船やタンカーなどが行き来しているのが見えます。

行き交う船を眺めながらのお食事、なかなかのロケーションです♪

Brunton Boatyard フォートコーチン(南インド・ケララ州2)レストランの名前は「ARMOURY」

Brunton Boatyard フォートコーチン(南インド・ケララ州2)「ARMOURY」BREAKFASTのメニュー

レストラン「ARMOURY」のブレックファーストタイムは、7:30〜10:30まで。

メニューは、ベーシックなコンチネンタル・ブレックファーストがメインですが、イドゥリやサンバル、ワダ、ドーサなど南インドの「ティファン(軽食)」もチョイス可能です。

今回は、「Express Breakfast」でイドゥリ&サンバルを選択、ドーサも別で頼むことにしました(料金は、ひとり850ルピー:1,530円)。

Brunton Boatyard フォートコーチン(南インド・ケララ州2)フレッシュ・フルーツジュースとコーヒー

Brunton Boatyard フォートコーチン(南インド・ケララ州2)フルーツ盛り合わせ

Brunton Boatyard フォートコーチン(南インド・ケララ州2)ブレックファースト・ロール

注文をすると、まず、コーヒーにフレッシュ・フルーツジュース、カットフルーツの盛り合わせ、ブレックファースト・ロールがテーブルに並べられます。

カットフルーツとジュースが新鮮で美味しい★

Brunton Boatyard フォートコーチン(南インド・ケララ州2)イドゥリ&サンバル(ワダ付き)

そして、「イドゥリ&サンバル」が登場!

イドゥリが2つ、カップに入ったサンバル、チャツネが2種、そして、ワダも付いていました。

「イドゥリ(Idli)」とは、発酵させた米粉(イドゥリソジ)、ウラドダール(ケツルアズキのひき割り)をベースに生地を作り、専用の容器に入れて蒸して作る蒸しパン。ドーサと並ぶ、南インド定番の朝食メニューのひとつ。少し酸味のあるお味が特徴です。

「ワダ(Vada)」は、ウラドダールをペースト状にした生地を発酵させたものをドーナツ状にし、油で揚げたもの。こちらも南インド朝食の定番。日本のがんもどきに似た感じの食感です。

どちらも、豆をベースにしたスープ「サンバル」や、ココナッツやトマト、ピーナッツなどのペースト「チャトニ」に付けて食べます。

Brunton Boatyard フォートコーチン(南インド・ケララ州2)ドーサ

こちらは、「ドーサ(Dosa)」

ウラドダールをペースト状にして発酵させた生地を鉄板の上で薄く引き伸ばして焼いたクレープのような料理で、こちらも南インド定番のティファンのひとつです。

ドーサの中にジャガイモの香辛料炒めが入ったものは、「マサラ・ドーサ」と呼ばれます。

「イドゥリ」や「ワダ」と同じく、「ドーサ」もサンバルやチャトニに付けていただきます。

Brunton Boatyard フォートコーチン(南インド・ケララ州2)イドゥリとワダ

Brunton Boatyard フォートコーチン(南インド・ケララ州2)ココナッツとトマトのチャツネ

Brunton Boatyard フォートコーチン(南インド・ケララ州2)サンバル(お豆のスープ)

Brunton Boatyard フォートコーチン(南インド・ケララ州2)ドーサの中身

『ブラントン・ボートヤード』のティファンは、本場らしくバナナの葉っぱの上に載って出てきました★

高級ホテルのレストランらしく、サンバルもチャトニもドーサの中のポテトマサラも、上品で丁寧なお味。

特にお豆の味が濃厚でグレイビー感たっぷりのサンバルがとっても美味しかったです♪

この『ブラントン・ボートヤード』、今回は朝食でティファンをいただいただけでしたが、ランチやディナーでは、新鮮なシーフードを使った「シーフード・ミールス」やケララ州の料理をベースにフレンチのテイストを取り入れたレベルの高いお料理を提供しているのだとか。

次回、コーチンに行く機会があれば、ぜひ、賞味してみたいです。

Brunton Boatyard フォートコーチン(南インド・ケララ州2)『ブラントン・ボートヤード』のロビー

コーチンの歴史地区「フォート・コーチン」にある高級ホテル『ブラントン・ボートヤード』のレストラン「ARMOURY」

国際貿易港コーチンらしい船舶の行き交う様子を眺めながら、コンチネンタル・ブレックファーストと共に、ドーサやイドゥリ、ワダなど南インドのティファンをいただけるお店。

お値段はちょっとお高めですが、雰囲気&お味が抜群のレストランです。


◉ Brunton Boatyard HistoryThe History & Terrace Grill

  • 住所:Brunton Boatyard, Calvetty Road, Near Aspine Wall, Fort Kochi, Kochi, Kerala 682001
  • 電話:+91 484 221 5461

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)

フォローする

スポンサーリンク