カニとスパイスの幸せな出会い!『アムダスラビー』の蟹づくしミールス@西葛西

西葛西、アムダスラビー

日本在住インド人が集まる街、西葛西。

東京メトロ東西線西葛西駅北口から徒歩2分、駅前ロータリーから大通りを北へ進み、最初の交差点の角の地下1階に『アムダスラビー』があります。

2014年4月10日にオープンしたこの『アムダスラビー』、インド料理店がひしめく西葛西の中でも、美味しい南インド料理が食べられるとあって、最近人気が高まっているお店です。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

カニの旨みとスパイスの絡みがたまらない❗️「蟹づくしスペシャルミールス」

西葛西、アムダスラビースパイス屋が作った南インド料理店『アムダスラビー』

西葛西、アムダスラビー『アムダスラビー』の看板

西葛西、アムダスラビーランチメニュー「マムダスラビー」って間違えてます💦

西葛西、アムダスラビー『アムダスラビー』の入り口

お店は地下1階にあります。

インド人によるインド料理店らしい看板とメニュー案内と入り口の雰囲気。

お店の看板によると、「スパイス屋が作った南インド料理店」だそうです。

メニュー案内の文字が「マムダスラビー」って、間違えてました💦

西葛西、アムダスラビー『アムダスラビー』の店内

これまた、インド料理屋さんらしい雰囲気の店内。

インドにもありそうな雰囲気です。

お洒落な日本人オーナーのインド料理店もいいけれど、こういうインド・ローカルな風情も、なんだか落ち着いていて好きです。

座席はテーブルが16卓の32席。

お客さんは訪問した時は自分ひとりでしたが、しばらくして女性のお客さんが1組、カップルが1組来ました。どちらも日本人でした。

西葛西、アムダスラビー店内に飾られていた刺繍布

西葛西、アムダスラビー南インド料理屋さんに必ずある「これ」

西葛西、アムダスラビー孔雀の壁飾り

お店の壁には、図柄と色合いがなかなか魅力的なインドの刺繍布や、凝った造形の孔雀の壁飾り。

それと、ヒンドゥー教の神さまのオブジェでしょうか。南インド料理店には必ず飾られている、カラフルな色で縁取られている黄金色の飾り物がありました✨

西葛西、アムダスラビー『アムダスラビー』のご紹介

西葛西、アムダスラビー蟹づくしスペシャルミールス

さて、テーブルに置かれていたメニューを見てみます。

すると、真っ先に目を奪われたのが、これ。

「蟹づくしスペシャルミールス」❗️

カニのスパイシーカレー、カニのマサラ炒め、ラッサム、チャパティー。

めちゃめちゃ美味しそうです😋

カレーとかドーサとか、他にもメニューはありましたが、問答無用でこれ一択です❗️

西葛西、アムダスラビータージマハルビール」(350円)

お料理前にビールを注文🍺

「タージマハルビール」です。

黄色地のラベルに白亜のタージマハルが燦然と輝く「タージマハルビール」

爽やかでキレのある飲みやすいビールです。

グビグビ飲みながら待っていると…。

西葛西、アムダスラビーお通しの「パパド(アッパラム)」

お通しの「パパド(アッパラム)」がやってきました❗️

インド全土で食べられている豆で作られたインドせんべいです。

南インドでは料理の付け合せとして、ミールスなどの上に載っかっていることが多く、ミールスのご飯に振りかけて食べたりする「パパド」ですが、このお店ではお通しとして先に出てきました。

ビールのつまみとして最高です❗️

西葛西、アムダスラビー「蟹づくしスペシャルミールス」(1,700円)

そして、しばらくして、やってきましたー❗️

ジャジャーン🌟

「蟹づくしスペシャルミールス」です😊

丸い銀のプレートの上にバナナの葉が敷かれ、ライスやカレー、おかずがどっちゃりと載っています。

メニューによると、お料理の内容は、

Chettinadu Crab Meals 蟹づくしスペシャルミールス・・・・・・1,700円

  • Crab Kuzhambhu カニのスパイシーカレー、南インドスタイル
  • Crab Varuval カニのマサラ炒め
  • Rasam 黒胡椒のコンソメ、ニンニクのうまみ、タマリンドの酸味
  • Chapathi 全粒粉の丸パン、Salada サラダ

とにもかくにも、手前にある「カニのマサラ炒め」の赤いカニのハサミと殻がビジュアルインパクト大❗️

バナナの葉の緑と、カニの赤のコントラストが食欲を多いにそそります😋

さぁー食べましょうー❗️

西葛西、アムダスラビー「カニのスパイシーカレー 南インドスタイル」

まずは、「ラッサム」をすすります。

黒胡椒、ニンニク、タマリンド。サラサラスープ状の大好きなタイプのラッサム。

この酸味と辛さがたまりません❗️

そして、「カニのスパイシーカレー」

チェッティナードゥ風のスパイスたっぷり濃厚なカレーの中に、ゴロリとカニが入っています。

そのカニの旨みがカレーソースの中にしっかりと染み込んでいて、味のバランスが絶妙❗️

これは、本当に美味しい🌟

びっくりしました、この美味しさ😋

西葛西、アムダスラビー「カニのマサラ炒め」

そしてそして、「カニのマサラ炒め」

真っ赤なカニのハサミや足や胴の周りに、見た目からしてスパイスたっぷりのマサラが絡み付いています。

カニの殻を手やフォークで割り、中の身をかき出しながら、マサラソースと共にいただきます❗️

美味しい〜😋

手がマサラでぐちゃぐちゃになるけど、美味しい🌟

重層的なスパイスの味、カニの旨み、一緒に炒められたお野菜との絡み。

なんて美味しいのでしょうか❗️

さらに、全粒粉の素朴な味わいが大好物の「チャパティー」、そして、カレーやマサラ炒め、ラッサムをかけて混ぜて混ぜて食べるバスマティーライスも、すべてが自分好み。

一生懸命カニの身を取り出して、カレーとラッサムと共にライスにかけて、その複雑なブレンドを堪能しながら、「蟹づくしスペシャルミールス」、完食いたしましたー😊

あー美味しかった🌟

西葛西、アムダスラビー「グラブジャムン」と「チャイ」

食後は、「グラブジャムン」と「チャイ」でホッとひと息。

スパイシーなカレーの後は、甘いデザートとチャイがいけます❗️

西葛西、アムダスラビー「グラブジャムン」

西葛西、アムダスラビー「グラブジャムン」

西葛西、アムダスラビー「チャイ」

「グラブジャムン」は、ボール状の揚げドーナツを甘々のシロップで漬け込んだ、世界一甘いとの呼び声も高い、インドのデザート。

インドで初めて食べた時は、「これはさすがに甘過ぎ!」と思いましたが、今では大好物❗️

この甘々さがたまらないんです😋

「グラブジャムン」が甘いので、チャイは付いてきたお砂糖を入れず、そのままいただきました。

ミールスからデザートまで、美味しかった❗️

大満足のお食事となりました🌟

日本の「リトル・インディア」西葛西にある南インド料理店『アムダスラビー』

他のお店では味わえない、この店オリジナルの「蟹づくしスペシャルミールス」は、絶対にオススメ❗️

ぜひ、一度ご賞味あれ✨


関連ランキング:インド料理 | 西葛西駅


スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク