『三燈舎』★センスの良い素敵な店内で、南インドの絶品ミールスがいただけます@小川町

神保町、三燈舎南インド料理

神保町、三燈舎

2019年5月にオープンした小川町の南インド料理店『三燈舎』。

シンプルでスタイリッシュな店内は、細部までおしゃれでとても落ち着きます。

そんな素敵な空間でいただくミールスは、最高に美味しく大満足でした♪

 

おしゃれな空間でいただく絶品ミールス!

神保町、三燈舎

神保町、三燈舎

スポーツ用品店や本屋、そしてカレー屋が多くある小川町と神保町の間の靖国通り沿いに、今年の5月にオープンした『三燈舎』はありました。

まさかの大通り沿いにありビックリ。

白い入口に、赤い英字で『SOUTH INDIAN  MEALS & TIFFINS SANTOSHAM』。

シンプルでかっこいい!

インスタで度々目にして気になっていたので、伺うのをとても楽しみにしていました。

 

神保町、三燈舎

1階の入口には、メニューが貼られていました。

”ミールス”に”ドーサ”に”えびカレー バナナの葉包み”!

わー全部美味しそう♪

階段で2階に上がります。

神保町、三燈舎

神保町、三燈舎

「MEALS READY」「TIFFINS READY」

この看板を見るとテンションが上がります!

いよいよ店内へ。

 

神保町、三燈舎

このテーブルセッティングを見ただけで、またまたテンションUP!

インドの食堂でよく使っていそうなシンプルなテーブルに、カラフルなブロックプリントのコースターが映えます。

インドのチャイグラスも好きだし、ステンレスの水差しや壺?(ポット?)も、とても合っていて素敵。

 

神保町、三燈舎

天井からは、インドのお弁当箱がインテリアとして飾られていてオシャレ~☆

これは、販売されているのかも!?

インスタで見たのですが、お弁当箱を購入してカレーをテイクアウトすると、お弁当箱にカレーを詰めてくれるとか。

天井から下がっているランプは、店主さんがインドから運んできたらしいです。

素敵なランプですよね~。

色々なところにこだわりを感じます。

 

神保町、三燈舎

神保町、三燈舎

インド料理には、いつも大体ビールを注文するのですが、この日は何となくワインな気分だっので、赤・白ワインをオーダー。

インドワインのようですが、銘柄は失念。。

飲みやすくて美味しかったですが、カレーの時はやっぱりビールぐびぐびが合うかも!?

 

神保町、三燈舎

ミールスの登場!!

ステンレスのトレーにバナナの葉っぱが敷かれています。

バナナの葉が乗るだけで、なんだか豪華になるし、見映えしますよね。

パパドが大きい~

こちらは、ベジミールス(1,750円)。

・野菜カレー・サンバル・ラッサム・トーレン・バスマティライス・バトゥーラ・パパダム・ダヒ・アチャール・マサラワダ

 

神保町、三燈舎

こちらは、三燈舎ミールス(ノンベジ)(1,850円)

・チキンカレー・魚カレー・サンバル・ラッサム・トーレン・バスマティライス・バトゥーラ・パパダム・アチャール・マサラワダ

ベジ・ノンベジ共、ミールスはライス・サンバル・ラッサムのおかわりができます。

 

神保町、三燈舎

神保町、三燈舎

お味はというと、かなり美味しい~♪

サンバル・ラッサムは、あっさりめでとても食べやすい!

豆の入った濃厚サンバルも好きだけど、さらさらサンバルもいいですね。

チキンカレーは、チェッティナードチキンのようなスパイス濃厚チキン。

魚カレーは、ココナッツとの相性抜群でいいお味。

野菜カレーは、具だくさんで濃厚だけどやさしいお味。

ビーツのトーレンが、あっさり系でとても食べやすかったです。

そして、パパドが大きくて美味しかったのと、バトゥーラ(ナンの生地を揚げたもの)が油っぽくなくて美味しかったです。(お店によっては、油でベトベトになることがあるので。。)

メニューには書いてなかったマサラワダ。

挽いた豆を揚げたものですが、結構固くて食べ応えがあり、カリカリ(ガリガリ?)食感がいい感じ。

 

神保町、三燈舎

とにかく全部美味しくて、夢中で食べました(笑)

絵的にも美しい☆

 

神保町、三燈舎

もう一品注文したのが、「えびカレーバナナの葉包み」(1,280円)。

dancyu でも紹介されていて、絶対食べたいと思っていました。

 

神保町、三燈舎

オープン!

いい香り~えびがゴロゴロ入っています♪

うわっ、これすっごく美味しい~

えびがプリプリで、カレーリーフの香りがとても良い♪

止まらない美味しさです!

 

神保町、三燈舎

サンバルとラッサムのおかわりは、インドでお馴染みのバケツのような入れ物で登場!

これいいなぁ~

この柄がまっすぐのインドのお玉、料理教室で使ったんですが、意外と使いやすいんですよー。欲しい。。

 

神保町、三燈舎

サンバル、ラッサム、トーレンなどを混ぜ混ぜして、パパダムを砕いていただきます。

うーん、ホントに美味しい♪

とても好みのお味で、あっという間に平らげてしまいました。

 

神保町、三燈舎

食後は、デザートとチャイ・マドラスコーヒーをいただきます。

チャイとマドラスコーヒーは、お店のお姉さんが、空気を入れて泡立てるパフォーマンスをやってくれます。

素敵!

 

神保町、三燈舎

空気を含んできれいに泡が立っています。

 

神保町、三燈舎

デザートは、マンゴークルフィー(300円)と、

神保町、三燈舎

グラブジャムン(300円)

このステンレスの器もかわいい☆

 

神保町、三燈舎

神保町、三燈舎

マンゴークルフィーは、マンゴーの味は薄めかな。

クルフィって、ねっとりというか密度が濃くて濃厚なイメージですが、こちらのクルフィは、ザクザクした感じでさっぱりしていました。

グラブジャムンは、やっぱり甘い~

でも、カルダモン香るこの甘さが、ちょっとクセになる(笑)

 

ミールス食べて、えびカレーも食べて、デザートまで食べて、大満足!!

 

神保町、三燈舎

神保町、三燈舎

シンプルだけど、細かいところまで手を抜いていないオシャレな内装が、とても気に入りました。

 

神保町、三燈舎

お店の出入口にあるテーブルには、食後のフェンネルと氷砂糖が。

インド料理屋さんのレジのところによくあるやつです。

フェンネルは、口臭予防や消化促進の働きがあるので、食後に少量食べるといいのです。

 

神保町、三燈舎

カウンターの上に目を向けると、センスの良いインドの本屋、雑貨が飾られていました。

お弁当箱が表紙の本、素敵ですね~☆

 

神保町、三燈舎

お料理の美味しさはもちろん、お店のインテリアや接客など、すべて満足でした♪

今度は、ドーサやティファンもいただいてみたい。

必ずリピートしたいオススメのお店です!


◉ 三燈舎

  • 住所:東京都千代田区神田小川町3-2 古室ビル 2F
  • アクセス:都営新宿線・三田線・東京メトロ半蔵門線 神保町駅 A5出口より徒歩5分
  • 営業時間:11:00~15:30 17:30~22:00
  • 定休日:月曜日