エメラルドグリーンの海に突き出た2000の奇岩、ハロン湾【ベトナム】

※前回の記事→しっとりと落ち着いた雰囲気のベトナムの首都「ハノイ」の町【ベトナム】

「ベトナム」(Vietnam)

美味しい!「フォー」や「ゴイクン(生春巻き)」を食べて。

かわいい!「バッチャン焼き」や「刺繍入りの巾着」など雑貨を買って。

熱気あふれる市場や魅力いっぱいのお店を歩き、風光明媚な風景を眺めて、風情満点の街をめぐるベトナムの旅!

今回は、ハロン湾です!

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

緑の海に奇岩がニョキニョキ!ベトナム最大の景勝地「ハロン湾」


ベトナム ハロン湾ハロン湾の風景

「ハロン湾」は、トンキン湾北西部にある湾。ハノイからバスで4時間ほどの場所にあります。

エメラルドグリーン色の海に大小2000もの奇岩がニョキニョキと立つ様はとても幻想的。

中国の広西チワン族自治区の「桂林」には、ここと似たような陸の奇岩地帯があります。「桂林」は水墨画の題材として有名なところ。

その桂林の海バージョンが、ここ「ハロン湾」です。ハロン湾は「海の桂林」とも呼ばれています。

ベトナム ハロン湾エメラルドグリーンの海と奇岩

この風景がどのようにして出来たかというと、石灰岩台地が沈降し、長い年月の間に侵食作用が進んでこのような景観になったのだそうです。

けれども伝説では、昔、中国が侵攻してきた時、この地に龍の親子が降り立って中国軍を打ち破ります。その時、龍は口から宝玉を吐き出しました。その宝玉が湾内の島々になったのだそうです。

ベトナム ハロン湾ハロン湾の風景

ハロン湾の観光は、クルーズ船に乗って奇岩を巡るのが一般的な方法です。

クルーズ船に乗るにはツアーに参加する必要があり、ハロン湾の拠点となる町「バイチャイ」や「ホンガイ」、または、ハノイで申し込むことができます。

個人でクルーズ船に乗るには船を一隻借りなければならず、ツアーに参加した方がベターです。

クルーズ船の乗船料金は、ひとり12万ドン〜40万ドン(600円〜2000円くらい)、その他に入域料金として5万ドン〜17万ドン(ルートによって異なる)かかります。

ベトナム ハロン湾林立する奇岩

クルーズには、いくつかのコースがありますが、日帰りでハノイに帰る1日ツアーの場合、所要約3時間半くらい。

多くのツーリストは、1日ツアーで巡ります。

ベトナム ハロン湾海に浮かぶお店登場!

ベトナム ハロン湾果物売りの船もやってきます。

クルーズ船には、テーブルが並べられていて、ツアーだとたいてい船の中でランチをとります。

クルーズ船には、土産物を売る船や、果物を売る船など色々な船が近づいてきます。

上の写真は、船上の海産物屋さん。船の上で魚を養殖していました。

ベトナム ハロン湾奇岩の風景の中、木造の小舟がゆらゆら

ベトナム ハロン湾ティエンクン洞

ハロン湾にはいくつかの鍾乳洞が点在しています。

写真は、ダウゴー島にある「ティエンクン洞」。クルーズ船が立ち寄る鍾乳洞の中で一番ポピュラーな鍾乳洞です。

鍾乳洞の内部は高さ約20m、幅10mほどの広さがあって、青や緑、黄色、赤などでライトアップされていて、とても幻想的!

内部は観光用に通路が整備されていて、とても歩きやすくなっています。

ベトナム ハロン湾ライトアップされたティエンクン洞

ベトナム ハロン湾ハロン湾の風景

水上家屋が見えます。

あの水上家屋、漁師がわざわざ陸から海まで出て行くのが面倒だというのが生まれた起源であるとのこと。

内部には発電機や水道も完備されていて、結構快適だそうです。

けれども、ベトナム政府が陸で生活することを奨励しているようで、年々海で生活する人の数も減ってきているのだとか。

※次の記事→黄色い建物の並ぶ、かつて日本人が暮らしていた町「ホイアン」【ベトナム】

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク