《SUNSET》世界の夕日と夕焼け写真まとめ【アジア・アフリカ・アメリカ】

トルコ イスタンブール エスニックな旅
記事内に広告が含まれています。

世界中、どんな所でも、都会でも山林でも住宅街でも、スラムでも被災地でも紛争地でも、また今日も夕日は沈みます。

夕日を浴びた光景は美しく、そして、圧倒的です。

人々は、この光景を見た瞬間、ふと足を止め、仕事の手を休め、読んでいた本を閉じ、盛り上がっていた会話を中断させ、太陽が生み出す一大スペクタクルをじっと眺めるのです。

世界の日没の風景、ご紹介します。

スポンサーリンク
  1. トルコ:イスタンブール(ガラタ橋の夕日)
  2. トルコ:パムッカレ(石灰棚からの夕日)
  3. エジプト:ギザ(ピラミッドの夕日)
  4. イエメン:アデン(アラビア海の夕日)
  5. バングラデシュ:ダッカ(ショドルガットの夕日)
  6. セネガル:ダカール(大西洋に沈む夕日)
  7. インド:アグラ(タージマハルの夕日)
  8. インド:コヴァーラムビーチ(椰子の木の海岸の夕日)
  9. インド:ジャイサルメール(砂漠に沈む夕日)
  10. インド:ゴア(旅人の楽園の夕日)
  11. シリア:パルミラ(砂漠の岩山に沈む夕日)
  12. 台湾:九份(ノスタルジックな街に沈む夕日)
  13. モロッコ:メルズーガ(サハラ砂漠の夕景)
  14. ラオス:ルアンパバーン(メコン川の夕日)
  15. ミャンマー:バガン(広大な遺跡に沈む夕日)
  16. ウズベキスタン:ヒヴァ(イチャン・カラから見た夕日)
  17. ペルー:アレキパ(白い町に沈む夕日)
  18. タイ:コタオ(南の島に沈む夕日)
  19. アメリカ:ニューヨーク(マンハッタンの夕日)
  20. ギリシャ:サントリーニ島(エーゲ海の夕日)
  21. 台湾:墾丁(最南端の夕陽)
  22. 台湾:枋寮(急行莒光号から見た夕陽)
  23. インド:アレッピー(バックウォーターの夕陽)
  24. キルギス:カラコル(高原都市の夕陽)
  25. グアテマラ:フローレス(ペテン・イツァ湖に沈む夕陽)
  26. アラブ首長国連邦:ドバイ(ブルジュ・ハリファからの夕景)
  27. コロンビア:カルタヘナ(城壁の上から眺めるカリブの夕陽)
  28. スロベニア:リュブリャナ(ザグレブへの列車から見た夕陽)
  29. ラオス:コーン島(メコン川に沈む夕陽)
      1. 今日もどこかで陽が沈み、人々は眺める
  30. 関連記事
  31. 旅まとめ関連記事

トルコ:イスタンブール(ガラタ橋の夕日)

イスタンブールの夕陽

トルコイスタンブールの夕陽です。

夕暮れ時、何千とあるジャーミィの尖塔から響き渡る、礼拝の呼び声(アザーン)。

その呼び声は海峡中に反響し、数千年の歴史を持ったこの町の日没を演出します。

イスタンブールの夕陽

イスタンブール、ガラタ橋の夕陽。

ガラタ橋には、毎日大勢の人が釣りをしています。彼らは釣りを生業とする人々。

夕暮れ時、そろそれ仕事を切り上げる時間です。

スポンサーリンク

トルコ:パムッカレ(石灰棚からの夕日)

パムッカレの夕陽

トルコパムッカレの夕陽。

水を湛えた石灰棚で有名なパムッカレ。夕暮れ時、真っ白だった石灰棚は、白からオレンジ、オレンジから紅、紅から紫へと徐々に色を変えていきます。

スポンサーリンク

エジプト:ギザ(ピラミッドの夕日)

ギザの夕陽

エジプトギザの夕陽。

ギザの町の西端に位置するピラミッド。その向こうは広大なサハラ砂漠です。

巨大な四角錐のシルエットの向こう、砂漠の地平線に、かつて神と崇められた太陽が沈んでいきます。

スポンサーリンク

イエメン:アデン(アラビア海の夕日)

アデンの夕陽

イエメンアデンの夕陽。

アラビア半島南端の通商の要衝、アデン。詩人アルチュール・ランボーが過ごした町でもあります。

海の向こうは、もうアフリカ

スポンサーリンク

バングラデシュ:ダッカ(ショドルガットの夕日)

ダッカの夕陽

バングラデシュダッカの夕陽。

定期運行船、ロケット・スティーマーがダッカの港を出港していきます。

ごちゃごちゃと猥雑なダッカの街、夕暮れ時は街全体がオレンジ色に染め上げられます。

スポンサーリンク

セネガル:ダカール(大西洋に沈む夕日)

ダカールの夕陽

セネガルダカールの夕陽。

ダカールの浜辺では、夕暮れ時、多くの青年たちがランニングやストレッチなどを行っていました。

日の沈む向こうは、大西洋、そして、アメリカ大陸です。

スポンサーリンク

インド:アグラ(タージマハルの夕日)

アグラの夕陽

インドアグラタージ・マハルの夕陽。

タージ・マハルの裏手にあるヤムナー川の対岸に行き、夕陽を眺めました。

夕暮れ時の、青紫色に染まったタージの姿です。

アグラの夕陽

タージ・マハルの夕暮れ時のシルエットです。

自転車で川沿いに行った時、このシルエットを目にしました。

まさに、息を飲む美しさ。

スポンサーリンク

インド:コヴァーラムビーチ(椰子の木の海岸の夕日)

コヴァーラムビーチの夕陽

インドコヴァーラム・ビーチの夕陽。

椰子の木のシルエットの向こうに沈む夕陽です。

南インドの海岸。アラビア海に沈む夕陽を眺めるため、人々は毎日のように海岸を訪れます。

コヴァーラムビーチ(南インド・ケララ州8)

コヴァーラムで2番目にメジャーなビーチ、広々とした「ハワ・ビーチ」からの夕陽です。

夕陽を眺めながら波と戯れるインド人たちのシルエット。

波の打ち寄せる音、子供たちのはしゃぎ声、足元から聴こえる砂を踏みしめる音。

スポンサーリンク

インド:ジャイサルメール(砂漠に沈む夕日)

ジャイサルメールの夕陽

インドジャイサルメールの夕陽。

ジャイサルメールの城塞を遠目に見るビューポイント。夕陽は城塞と反対側の、パキスタンへと続く広大な砂漠に落ちていきました。

スポンサーリンク

インド:ゴア(旅人の楽園の夕日)

ゴアの夕陽

インドゴアの夕陽。

バガ・ビーチの砂浜には、夕陽を見る人々がたくさん。

享楽的な西欧人ヒッピーも、地元のゴアのインド人も、沈む夕陽をじ〜っと眺めていました。

スポンサーリンク

シリア:パルミラ(砂漠の岩山に沈む夕日)

ペトラの夕陽

シリアパルミラの夕陽。

パルミラ遺跡の周囲には広大な砂漠とテーブルマウンテンが広がっています。

そのだ〜れもいない砂漠の中に、夕陽はぽつんと沈んでいきました。

スポンサーリンク

台湾:九份(ノスタルジックな街に沈む夕日)

九份の夕陽

台湾九份の夕暮れ。

観光客でごった返す九份の町、せわしなく動き回る彼ら(私含め)ですが、この夕暮れ風景を見ると、しばし立ち止まってうっとり。

スポンサーリンク

モロッコ:メルズーガ(サハラ砂漠の夕景)

メルズーガの夕陽

モロッコメルズーガ砂漠の夕暮れ。

砂漠の夕暮れ。砂丘は陽の傾き具合によって、その色をどんどん変えていきます。

そして、陽が沈み切ったとき、砂漠は漆黒の闇に包まれ、ガイドなしでは自分の居場所すらわからなくなるのです。

スポンサーリンク

ラオス:ルアンパバーン(メコン川の夕日)

ルアンパバーンの夕陽

ラオスルアンパバーンの夕陽。

メコン川の中流域、のんびりとした山間の町に夕陽が沈みます。

これから屋台に行って、肉串を食べながらラオビールでも飲もうかな。そんな時間です。

スポンサーリンク

ミャンマー:バガン(広大な遺跡に沈む夕日)

パガンの夕陽

ミャンマーバガンの夕陽。

広大な平原に無数の仏塔が林立し、それが夕陽を浴びてシルエットを形作っています。

スポンサーリンク

ウズベキスタン:ヒヴァ(イチャン・カラから見た夕日)

ヒヴァの夕陽

ウズベキスタンヒヴァの夕陽。

イチャン・カラの城壁の上には、夕暮れ時、多くのツーリストたちが集まってきていました。

スポンサーリンク

ペルー:アレキパ(白い町に沈む夕日)

アレキパの夕陽

ペルーアレキパの夕陽。

標高2300メートルの白い町、アレキパ。

夕暮れ時、石畳の街路には長い影が伸び、夕陽を浴びて白い街並みはオレンジ色に染まります。

スポンサーリンク

タイ:コタオ(南の島に沈む夕日)

コタオの夕陽

タイコタオの夕陽。

タイランド湾に浮かぶ島、タオ島の日没。

波の寄せ返す音と、虫の鳴き声を聞きながら、太陽が沈み切るまでずっと眺めていました。

スポンサーリンク

アメリカ:ニューヨーク(マンハッタンの夕日)

ニューヨークの夕陽

アメリカニューヨークの夕陽。

エンパイア・ステートビルの屋上からマンハッタンに沈む夕陽を眺める人々。

はるか麓からは、車のクラクションやサイレンの音など都市のBGMが聞こえてきます。

スポンサーリンク

ギリシャ:サントリーニ島(エーゲ海の夕日)

サントリーニの夕陽

ギリシャサントリーニ島の夕陽

エーゲ海の島、サントリーニ島に夕陽が沈みます。

カルデラの断崖の上にあるこの町では、夕陽の光景が見事。島じゅうの観光客が夕陽を見に集まります。

スポンサーリンク

台湾:墾丁(最南端の夕陽)

砂島の夕陽【台湾3(最南端)】

台湾最南端の町、墾丁の夕陽。

電動自転車をレンタルし、最南端までサイクリング♪

最南端の夕陽です。

スポンサーリンク

台湾:枋寮(急行莒光号から見た夕陽)

枋寮から列車で台南へ【台湾6(恒春〜四重渓〜台南)】

台湾南部の枋寮という町から、列車で台南へと向かいました。

列車の中からは美しい夕陽が見えました。

スポンサーリンク

インド:アレッピー(バックウォーターの夕陽)

ハウスボート2(南インド・ケララ州)

ハウスボート2(南インド・ケララ州)

南インドケララ州。水路や入り江が網の目のように入り組み、広大なデルタ地帯を形成しているバックウォーター

その玄関口である「アレッピー」からハウスボートに乗船し、椰子の木の茂る水路を遊覧。バックウォーターに沈む美しい夕陽を眺めることができました。

スポンサーリンク

キルギス:カラコル(高原都市の夕陽)

カラコル観光【キルギス旅⑥】

キルギス。イシク・クル湖東端にある高原都市カラコル

天山山脈の麓にあるのどかな町に夕陽が沈みます。日が沈むと、街は中心街を除いて真っ暗になり、とても静かになります。

スポンサーリンク

グアテマラ:フローレス(ペテン・イツァ湖に沈む夕陽)

Hotel Isla de Flores【グアテマラ⑧:フローレス】

グアテマラ。ティカル遺跡観光の拠点、湖に浮かぶ島フローレス島

フローレス島のホテルの窓からは、「ペテン・イツァ湖」の向こうに沈むきれいな夕日を見ることができました♪

【グアテマラ⑧:フローレス】

こちらは、フローレスの空港「ムンド・マヤ国際空港」に沈む夕陽です。

スポンサーリンク

アラブ首長国連邦:ドバイ(ブルジュ・ハリファからの夕景)

ドバイ②(ブルジュハリファ)【オマーン旅⑥】

アラブ首長国連邦ドバイにある世界一高い高層ビル「ブルジュ・ハリファ」

地上452mの展望台から眺めるドバイの風景は、やっぱり格別★

砂漠の中に高層ビルが建ち並ぶ近未来的な風景、そのパノラマが夕陽に赤く染まっていく様子。見応えがありました♪

スポンサーリンク

コロンビア:カルタヘナ(城壁の上から眺めるカリブの夕陽)

カルタヘナ②(サンセット)【コロンビア15】

コロンビア、カリブ海に面した港町カルタヘナ

旧市街の城壁の上から、沈みゆく夕陽を眺めます。

1741年のイギリス海軍による襲撃から町を守ったという城壁。美しい夕陽と城壁の織り成す光景を眺めながら、歴史に思いを馳せるひと時。

スポンサーリンク

スロベニア:リュブリャナ(ザグレブへの列車から見た夕陽)

リュブリャナ〜ザグレブ【バルカン④】

スロベニアリュブリャナからクロアチアザグレブまで鉄道で移動。

列車の車窓からは、スロベニアの大地に沈む美しい夕陽を見ることができました。

スポンサーリンク

ラオス:コーン島(メコン川に沈む夕陽)

シーパンドン(ソンパーミットの滝)【タイ・ラオス⑤】

ラオス最南部、メコン川中流域シーパンドンにある楽園のような島「コーン島」

島のホテルの食堂からは、メコン川の向こうに沈む、壮大な夕陽を眺め見ることができました。

今日もどこかで陽が沈み、人々は眺める

旅先って夕陽を眺める機会が結構多いものです。

夕陽を眺めている人を見ると、一様にうっとり、穏やかな表情をしていました。

 

世の中、いろんな問題がありますよね。不幸な出来事も多いです。

でも、日没の瞬間だけは、その圧倒的なスペクタクルを眺めることで、全てを忘れてしまえるのです。

今日もどこかで人々が、大切な人と肩を寄せ合いながら、または、ひとりで物思いに耽りながら、夕陽が沈むのをうっとりと眺めていることでしょうー。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

旅まとめ関連記事

世界各地で見た絶景《厳選》50カ所をご紹介します★
世界各地で見た絶景の写真をご紹介します★大自然が造り出した雄大な景観、歴史的な街並み、神秘的な古代遺跡、圧倒的な大都会のパノラマ。アジア、ヨーロッパ、アフリカ、中南米各地のオススメの絶景スポットを50カ所、ピックアップしました♪
世界の遺跡おすすめランキング★1位〜15位★
世界の魅力的な遺跡(これまで訪問した遺跡)をおすすめ順にランキングにしました★ 失われた文明、栄華を誇った王都や隊商都市、神に捧げられた神殿や寺院。いずれも太古のロマン溢れる遺跡です。アジア、中南米、アフリカ、ヨーロッパの15遺跡をご紹介します★
アジアの仏教遺跡《7箇所》ご紹介★(東南アジア・インド・スリランカ)
アジアの世界宗教である「仏教」。2500年の歴史の中、その教えは発祥したインドから、スリランカ、タイなどの東南アジア諸国、中央アジア、中国、チベット、モンゴル、韓国、日本へと伝わり、その教義や信仰形態は様々に発展・変化しました。アジア各地には仏教の信仰の歴史を物語る仏教遺跡がいくつも遺されています。
世界の旅先で訪れた魅力的な「夜景」★16箇所をご紹介♪
世界中のどんな町でも見ることができる「夜景」。あの街明かりの一つ一つに人々の営みがあることを考えると、なんだかとても不思議な感じ。旅情を掻き立てられる瞬間です。これまで世界各地で見た数多の夜景の中で、特に美しかった夜景、印象に残った夜景を16箇所をご紹介します★
世界の旅先で訪れた穴場「ビーチ」★7箇所をご紹介♪
旅先で一番「至福」を感じられるひと時。それは、“ビーチでのんびり!”です♪世界には無数の美しいビーチがありますが、日本ではまだあまり知られていないマイナーなビーチの中にも、魅力的な穴場ビーチがあります。今回は、これまで世界各地で訪れた、個性溢れる穴場ビーチを7箇所、ご紹介します★
ヨーロッパ風の街並みが魅力♪アジアのコロニアルタウン《おすすめ》7都市
16世紀から20世紀初頭にかけて。ヨーロッパの国々は、アジアに進出し、植民地支配を行いました。その時造られたヨーロッパ風の街並みが、アジアの各地に現在でも残されています。アジアにあるヨーロッパ風の町、コロニアルタウンを7都市、ご紹介します。
スペイン風の街並みが魅力♪中南米のコロニアルタウン《おすすめ》7都市
1492年、コロンブスがアメリカ大陸を「発見」すると、スペインは中南米カリブ地域に進出し、植民地支配を開始しました。その時造られたスペイン風の街並みが、中南米の各地に現在でも残されています。中南米にあるスペイン風の町、コロニアルタウンを7都市、ご紹介します。
世界の市場・バザール・スーク《50市場》をまとめました!
世界各国で訪れた市場・バザール・スーク・メルカド・マルシェなどの記事をまとめました。インドや東南アジア、東アジア、中東アラビア、中南米、アフリカ、ヨーロッパなどの50市場をご紹介します。その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。
世界の街角で聴いた音楽♪(①ライブハウス・コンサート・ミュージックバー編)
旅行の楽しみのひとつが、音楽を聴くこと♪人々に代々受け継がれ、親しまれている音楽を聴くと、その土地の文化や暮らしている人々を、より身近に感じられるようになります。今回は、世界の各地で鑑賞した音楽の動画(ライブハウス・コンサート・ミュージックバー編)をご紹介します★
世界の街角で聴いた音楽♪(②ストリート・店頭ライブ・クラブ.etc編)
旅行の楽しみのひとつが、音楽を聴くこと♪人々に代々受け継がれ、親しまれている音楽を聴くと、その土地の文化や暮らしている人々を、より身近に感じられるようになります。今回は、世界の各地で鑑賞した音楽の動画(ストリート・店頭ライブ・クラブ.etc編)をご紹介します★
アジアのすごい人形劇を3つご紹介★【ベトナム・ミャンマー ・インドネシア】
アジアは人形劇の宝庫と言われ、数百〜数千年の歴史を持った人形劇が現在でも各地で上演されています。今回は、アジアの魅力的な人形劇を3つご紹介します★。ベトナムの水上人形劇「ムアゾイヌオック」・ミャンマーの伝統糸操り人形劇「ヨウッテー・ポエー」・インドネシアの影絵人形芝居「ワヤン・クリッ」
世界の旅先で宿泊したホテル《45ホテル》をご紹介★
旅行先で宿泊したホテルをご紹介します。宿泊したホテルの良し悪しによって、町の印象は大きく変わります。そのためにホテル選びは重要!部屋の快適さ、広さだけでなく、ロケーション、バスやトイレなどの水回り、窓からの眺め、スタッフの対応など、色々要チェック!インドや東南アジア、台湾、中南米、中東、中央アジア、アフリカ、ヨーロッパで宿泊した45のホテルをご紹介します★
《SUNSET》世界の夕日と夕焼け写真まとめ【アジア・アフリカ・アメリカ】
世界で一番美しい風景、それは夕陽を浴びた光景です。人々は、この光景を見た瞬間、ふと足を止め、仕事の手を休め、読んでいた本を閉じ、盛り上がっていた会話を中断させ、太陽が生み出す一大スペクタクルを目を細めながらじっと眺めるのです。世界で見た日没の風景、ご紹介します。
《SUNRISE》世界の日の出写真まとめ【アジア・アフリカ・ヨーロッパ】
一日のはじまり!世界各地の日の出の写真です。日の出は観ようと思えば観ることができます。こんなにも壮大で美しい日の出の風景。せっかくいつでも観れるのに観ていないのがもったいない気がしてきました。旅先で観た日の出の風景を集めました。
世界の旧市街42カ所ご紹介(アジア・中南米・アフリカ・ヨーロッパ:世界遺産33カ所)
世界各地の旧市街の街並み42カ所をご紹介します★アジア20カ所、アフリカ3カ所、中南米10カ所、ヨーロッパ9カ所。世界遺産に登録された街は33カ所。いずれも、幾世代にも渡る歴史の連なりと、古の風情を感じさせる魅力的な街並みです。
世界の教会・大聖堂76カ所ご紹介(アジア・中南米・アフリカ・ヨーロッパ:外観と内観・ステンドグラス)
世界各地の教会・大聖堂76カ所をご紹介します★ヨーロッパだけでなく、中南米、アジア、アフリカなどの各地にある教会・大聖堂の外観と内観、ステンドグラスやミサをご紹介。ゴシック・ロマネスク・ルネサンス・バロック・ビザンチンなど、キリスト教の教会や聖堂には様々なスタイルがあります。
世界一周過去旅記録|宿泊したホテル・ビザ取得・国境越え
過去の旅行の際に、記録を付けていましたので、まとめました。 2003年〜2004年にかけて旅した世界一周の内容がメインです。古い記録なので役には立ちませんが、当時の状況を知りたい方は、参考にしてみてください。