【世界遺産】ヒヴァのイチャン・カラ(ウズベキスタン) | ヒヴァ観光 – 砂色の城壁と青のタイルの町

オタ・ダルヴァザ門(西門)【ウズベキスタン(ヒヴァ)】 ウズベキスタンの旅
記事内に広告が含まれています。

朝起きたら、そこは「ヒヴァ」

中央アジアのオアシスの街、カラリと晴れた「ヒヴァ」の風景です。

スポンサーリンク

中世イスラム都市がそっくりそのまま残る博物館都市「ヒヴァ」の「イチャン・カラ」

中央アジアの国、ウズベキスタン(Uzbekistan・Oʻzbekiston・Ўзбекистон)。その首都であるタシケントから西に約750Kmのところに「ヒヴァ」(Khiva・Xiva・Хива・خیوه)の町はあります。

「ヒヴァ」は、17世紀の中世イスラム都市の面影が残っていることで有名です。

世界でもこれほど保存状態のいい町はほとんどないのだとか。

 

どうしても見てみたい!

ということで、はるばる10何時間もかけて、「ヒヴァ」の町に行ってきました。

ヒヴァ、イチャン・カラを歩く 【世界遺産】【ウズベキスタン(ヒヴァ)】

ヒヴァ、イチャン・カラの路地を散歩 【世界遺産】【ウズベキスタン(ヒヴァ)】

「ヒヴァ」には、2つの城壁(外城と内城)があります。

有名なのは内城の方。

内城は、「イチャン・カラ」(Itchan Kala・Ichan Qa’la)と呼ばれています。

「イチャン・カラ」には、20のモスク、20のメドレセ、6基のミナレットをはじめとする多くの歴史的建造物が残されていて、博物館都市として街全体が保存されています。

もちろん、「イチャン・カラ」は、世界遺産にも登録されています。

イスラーム・ホジャ・メドレセ【ウズベキスタン(ヒヴァ)】

イスラーム・ホジャ・メドレセ【ウズベキスタン(ヒヴァ)】

歩いていると、もう雰囲気満点!

まさに、中世にタイムスリップな感じ。

どこからか、こんな↓音楽が聴こえてきそうな雰囲気です!

スポンサーリンク

ヒヴァ最大のミナレット「イスラーム・ホジャ・メドレセ」のミナレット

イスラーム・ホジャ・ミナレット【ウズベキスタン(ヒヴァ)】

さて、町歩きを始めましょう〜!

町には、たくさんのモスクやメドレセ(神学校)があります。

こちらは、「イスラム・ホジャ・メドレセ」

1910年に建てられた、わりと新しいメドレセです。

「イスラム・ホジャ」とは、大臣の名前だそうで、とても進歩的な大臣だったのだとのこと。

ロシアに訪問した際に得た知識で、ヨーロッパ式の学校を作ったり、病院や郵便局を建てたり、橋や道路を造ったり、近代化に貢献したそうです。

だけど、それを妬んだ人々によって暗殺されてしまったのだそうな。

イチャン・カラを歩く。結構暑い【ウズベキスタン(ヒヴァ)】

あの高い塔は、「イスラーム・ホジャ・メドレセ」のミナレットです。

「ヒヴァ」で一番高い建物で、高さは45mあります。

町のどこからでも見ることのできる、「イチャン・カラ」のランドマークです。

イスラーム・ホジャ・メドレセのミナレット。

イスラーム・ホジャ・メドレセのミナレット

イスラーム・ホジャ・メドレセとミナレット

ミナレットは、色タイルで模様が付けられています。

ミナレットには登ることもできます。料金は、4,000CyM(スム)、150円ほどです。

イスラーム・ホジャ・メドレセのミナレットを登る【ウズベキスタン(ヒヴァ)】

イスラーム・ホジャ・メドレセのミナレット【ウズベキスタン(ヒヴァ)】

ミナレットの内部の階段です。

階段は、118段もあって、狭いし、降りる人ともすれ違うしで、結構大変。

イスラーム・ホジャ・メドレセのミナレット頂上からの眺め

118段を登りきり、やっとミナレットの頂上に到着しました!

頂上から見えるのは、見事なパノラマ!

「イチャン・カラ」の全景を眺め見ることができます。

イスラーム・ホジャ・メドレセのミナレット頂上からの眺め【ウズベキスタン(ヒヴァ)】

青い空、砂色の町にキラリと輝く青のタイルのドームとミナレット。

しばし、我を忘れて風景に見入ります。

スポンサーリンク

青のモザイクタイルが美しい歴史的建造物の数々

未完成のミナレット、カルタ・ミナル【ウズベキスタン(ヒヴァ)】

さて、町歩きを続けましょう〜。

これは、未完成のミナレット、「カルタ・ミナル」です。高さは26m

完成していたら約80mの高さにまでなっていたのだとのこと。

全体が美しい青のタイルで彩られていて、「イチャン・カラ」の町にひときわ鮮やかな彩りを与えています。

パフラヴァン・マフムド廟で行われていた祈り【ウズベキスタン(ヒヴァ)】

パフラヴァン・マフムド廟で行われていた祈り【ウズベキスタン(ヒヴァ)】

「パフラヴァン・マフムド廟」です。

「パフラヴァン・マフムド」は、13世紀の人物。

彼は、毛皮職人であり、詩人であり、哲学者であり、ウズベキスタン武道の名手でもあったという、文武両道でなかなかに格好良い人だったようです!

一面にタイルで覆われた廟内では、人々が祈りを捧げている様子を見ることができました。

ジュマ・モスクの列柱礼拝室【ウズベキスタン(ヒヴァ)】

これは、「ジュマ・モスク」の列柱礼拝室です。

「ジュマ・モスク」は、10世紀に建てられたというかなり古いモスク。

木造の柱が林立している間がかなり有名です。

ジュマ・モスクの列柱礼拝室【ウズベキスタン(ヒヴァ)】

木造の柱の数は213本あり、それぞれに違った模様の彫刻が彫られています。

このうちの4本は10〜11世紀のもの、25本は17世紀までのものだそうです。

タシュ・ハウリ宮殿

タシュ・ハウリ宮殿【ウズベキスタン(ヒヴァ)】

タシュ・ハウリ宮殿【ウズベキスタン(ヒヴァ)】

タシュ・ハウリ宮殿

「タシュ・ハウリ宮殿」です。

ここは、ハン(君主)の宮殿。1838年に創建されました。

163もの部屋と8つの中庭を持つ建物で、接見の間、くつろぎの間、ハーレムなどがあります。

建物の壁面は見事な青い幾何学模様のタイルで埋め尽くされています。

タシュ・ハウリ宮殿

「ヒヴァ」のハンは、かなりの権力を持っていたようです。

そして、その政治は拷問や処刑を公衆の面前で行うなど、恐怖による統治であったとのこと。

そんなハンも、この建物の創建の約40年後(1873年)にはロシアによって攻略され、「ヒヴァ」はその支配下に置かれてしまいます。

スポンサーリンク

黄昏と夜。「イチャン・カラ」の暮れの風情を味わう

イチャン・カラの路地

そろそろ、日が傾いてきました。町の路地に長い影が差してきます。

アクシェイフ・ババの見張り台から眺めるイチャン・カラの夕景【ウズベキスタン(ヒヴァ)】

サンセットを眺めるため、町を見渡せる「アクシェイフ・ババの見張り台」に登ることにしました。

登ってみると、案の定、見張り台には、各国の旅行者たちが集まってきていました!

アクシェイフ・ババの見張り台から眺めるイチャン・カラの夕景【ウズベキスタン(ヒヴァ)】

見張り台から眺める「イチャン・カラ」の街並みです。

夕日を浴びてオレンジ色に染まっていく砂色の城壁。

青いミナレットのタイルも黄金色に輝きはじめます。

アクシェイフ・ババの見張り台から眺めるイチャン・カラの夕景【ウズベキスタン(ヒヴァ)】

日没です。

辺りは闇に包まれ、空には星々が瞬きはじめています。

「ヒヴァ」の一日が終わりました。

夜のイチャン・カラ

夜のイチャン・カラ

闇に包まれた「イチャン・カラ」の路地を歩きます。

人通りのなくなった路地は、本当に静か。

一人で歩いていると、怖くなってくるほど。

だけど、「ヒヴァ」の治安はとても良好だから安心です。

イチャン・カラの入り口(ヒヴァ) 【ウズベキスタン(ヒヴァ)】【ウズベキスタン】【世界遺産】

モスクやメドレセは、間接照明でライトアップされています。

とっても幻想的です。

ヒヴァのイチャン・カラ、他では味わえない、特別な雰囲気を感じることができる町です。

スポンサーリンク

人懐こい笑顔で「アッサローム・アレイクム!(こんにちは!)」

イチャン・カラの朝。宿の屋上から。

一夜明けて、翌朝。

朝日を浴びた美しい「ヒヴァ」の風景。

しかしながら、「ヒヴァ」の町の魅力は、建物や風景だけではありません。

そこに住む人々と、売られている珍しい商品の数々、街角の何気ない風情。

そんなものを見て回るのが、この街のもう一つの楽しみです。

 

さあ、街歩きに出かけましょう〜♪

BGMは、ウズベキスタンの人気ユニットBojalarの曲、Blandinka

スポンサーリンク

朝のイチャン・カラの路地の風景

ウズベク田舎観光客でごった返す朝のヒヴァ、イチャン・カラ

ウズベク田舎観光客でごった返す朝のヒヴァ、イチャン・カラ

朝の「イチャン・カラ」の路地。

朝早いのに、既に大勢の人々が街を歩いています。

この日は日曜日。

買い出しに来たんでしょうか。休日だから、観光地であるこの街に遊びに来たのでしょうか?

ヒヴァの女の子

イチャン・カラでお買いもの中

ウズベク人の娘さんたち。

カメラを向けるとニコニコ!

すれ違うと、恥ずかしげに「ハロー!」と挨拶。

振り返ると、こちらをじろじろと眺めています。

興味津々の面持ちです。

「一緒に写真を撮って欲しい」と言ってくる青年たちもいました。

日本人が珍しいのでしょうか。歩いているだけですごい注目されます(汗)

ヒヴァ、イチャン・カラの路地を散歩 【世界遺産】

「ヒヴァ」は、観光地だし、外国人は多く訪れるから珍しくないはずだし、どうしてなんだろう?

そう思っていたのですが、後でその理由がわかりました!

彼らも観光客だったのです。

彼らは周辺の地域から、観光地であるこの「イチャン・カラ」に遊びに来た人々。

周辺の村々には外国人などほとんど見かけないでしょうから、きっと珍しかったのでしょう。

売店の女の子

売店で売られていた黄金色の砂糖

こちらは、地元の娘です。商店の店番をしています。

右の写真は、砂糖。

コーヒーシュガーみたいに色のついた、黄金色をした砂糖が売られていました。

イチャン・カラの路地にて

「イチャン・カラ」の路地を歩く子供たち。

この写真、結構気に入ってます!

眩しい日差しを浴びた路地、何も考えずに思いっきり遊んだ、一番楽しかった夏の日の思い出的な。

スポンサーリンク

イチャン・カラのメインの入口「オタ・ダルヴァザ門」(西門)

オタ・ダルヴァザ門(西門)

イチャン・カラのメインの入口、オタ・ダルヴァザ門」(西門)

大勢の人々で賑わっています。

この町の人口はそんなに多くないでしょうから、たぶん、このほとんどの人が観光客(ウズベク人、外国人含む)です。

ヒヴァ、イチャン・カラで記念撮影。

記念撮影をしているウズベク人の家族連れ。

日本の観光地と似たような感じです。

真ん中に置かれたぬいぐるみが意味不明だけど、なんだかユーモラス。

記念撮影用のラクダ

こちらは、ラクダ。

こちらも記念撮影用だそうです。

ガイドブックには、「ヒヴァのアイドル、ラクダのカーチャ」と書いてありました。

イチャン・カラの土産物露店とロシア系女性

ウズベキスタンは人種のるつぼ。

様々な民族がいて、混血もかなり進んでいます。

そのせいか、美人が多い!

特にこの「ヒヴァ」では、思わず振り返ってしまうような、綺麗な女性をたくさん見かけました。

スポンサーリンク

ウズベキスタンは、民芸品の宝庫

イチャン・カラの所々にあるスザニ工

工房でスザニを縫うウズベク女の子たち

ウズベキスタンは、民芸品の宝庫でもあり、この「ヒヴァ」にも、様々な民芸品が売られています。

写真は、ウズベキスタンの刺繍「スザニ」のお店と、スザニを縫う女の子たちです。

スザニは、ウズベク語で「刺繍」を意味します。

女の子が生まれると母親は結婚の持参品として、このスザニを縫うのだそうです。

スザニは地域によって、その柄や模様が異なっています。

木彫り細工を行う少年達

ニスを塗る

こちらは、木細工や家具を製作する少年たち。

木彫りの小箱や家具の柱の彫刻など、ウズベキスタンの木細工は見事です。

お土産の人形(ヒヴァ、イチャン・カラ)

人形屋さんです。

人形劇で使う人形のようです。

アリベック・ホテルのテラスからチャイを飲みながら

「オタ・ダルヴァザ門」を望むカフェからの一枚。

「ヒヴァ」は日差しが強く、暑いので、お茶を飲みながらのひと休みは大事です。

イチャン・カラの路地

路地の向こうに見える「カルタ・ミナル」

スポンサーリンク

夕暮れ、そして、夜の賑わい

アクシェイフ・ババの見張り台から眺めるイチャン・カラの夕景【ウズベキスタン(ヒヴァ)】

夕暮れ時の「アクシェイフ・ババの見張り台」

ホテルに戻る途中、ウズベク音楽とダンスのパーティーに出くわす【ウズベキスタン(ヒヴァ)】

夜、街をぶらぶら歩いていると、賑やかな音楽が聴こえてきました。

音楽の流れるお店に入ってみると・・・

 

ダンス・パーティーが行われていました♪♪

旅行時期:2012年4月〜5月

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

コメント