【インド】ヒンドゥー教の聖地「バラナシ」で見た、ガンジス川に昇る日の出

インド バラナシ ガンジス川 朝 エスニックな旅
記事内に広告が含まれています。

インド。ガンジス川沿いにあるヒンドゥー教の聖地「バラナシ」

日の出前、ガンジス川沿いにある「ガート」(石段)には、大勢の人々が集まってきます。自らの穢れや罪を洗い流すため、神そのものでもある大河ガンジスに祈りを捧げるため、彼らは毎朝ガートにやってくるのです。

今回は、ガンジス川の日の出をご紹介します。

スポンサーリンク

日の出前の聖地「バラナシ」。ガンジス川沿いにある「ガート」(石段)には、大勢の人々が集まってきます。

インド バラナシ ガンジス川 朝

空と建物のシルエットの境が、まだはっきりと判別できないような漆黒の早朝。

裸電球が疎らにあるだけの暗く細い路地をひたひたと歩いていました。

行き先は聖河「ガンジス」(ガンガー:गंगा Ganges)

川岸にある一番大きなガート(石段)「ダサシュワメードガート」です。

私はガンジス川の向こうに昇る日の出を見に行こうとしていました。

インド バラナシ ガンジス川 朝

ダサシュワメードガートには既に大勢の人々の姿がありました。

サリー姿の女性もルンギー姿の男性も、髭もじゃのサドゥーたちも、大人も子供も男も女も、ありとあらゆる人がガートに群れ集っていました。

人々は朝の沐浴をするためにガートにやってきます。

自らの穢れや罪を洗い流すため、神そのものでもある大河ガンジスに祈りを捧げるため、彼らは毎朝ガートにやってくるのです。

 

カンカンと鳴り響く寺院の鐘の音。スピーカーから延々と流される祈りの文句。人々のざわめきと物売りや客引きの甲高い呼び声が方々から聴こえてきます。

そんな音をBGMとして聴きながら日の出の瞬間を待ちました。

 

そのうち、ガンジス川の対岸が赤みを帯び始めてきます。

人々が川向こうを一斉に見つめます。

いよいよ日の出です!

スポンサーリンク

不浄の地、ガンジス川の対岸から昇る日の出

インド バラナシ ガンジス川 朝

インド バラナシ ガンジス川 朝

インド バラナシ ガンジス川 朝

ガンジス川の対岸は不浄の地といわれます。

バラナシの街は川の西岸にあり、向こう岸の東岸に建物はただのひとつもありません。

 

人々の生活する「生」の街としてのバラナシ、「死」の土地としての対岸。

まるでバラナシが此岸、向こう岸が彼岸であるかのようです。

 

此岸と彼岸を分かつ「三途の川」、ガンジスがとうとうと流れています。

川面には昇り立ての太陽がまるで人魂のように映っていました。

私はそれを見て、何だか妙におどろおどろしく感じてしまいました。

インド バラナシ ガンジス川 朝

太陽の光は圧倒的です。

モノクロだったバラナシの街を瞬く間に極彩色に変えていき、闇に隠されていた、雑然とした街の風情が一気にあからさまになります。

闇の中、どことなく「聖」の面持ちをしていたバラナシの街は、地平線いっぱいに放射された陽光によって、あっという間に「俗」世界に成り下がってしまったかのようでした。

インド バラナシ ガンジス川 朝

インド バラナシ ガンジス川 昼

街のギアは既に2速から3速へ。

街全体の音が次第に喧しくなっていくのがわかります。

ガートには観光客の一団がひっきりなしに現れ、続々とボートに乗り込んでゆくのが見えます。

その周りを物売りや物乞いたちがハエのように群がっています。

 

遠くで洗濯物を叩くバン!バン!という音が聴こえてきます。

バスのクラクションやリキシャのベルの音も引っ切り無しに聴こえてきます。

私の隣にはいつの間にか物売りの少年が座っており、ポストカードを売り込んでいました。

しつこい物売りの本日第一号です!

俗にまみれた聖地、バラナシのいつもと変わらぬ一日がまた始まったのです。

 

旅行時期:1994年2月・1996年10月・2003年10月

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

「ガンジスに還る」死を待つ父と、それを見守る家族の物語【映画】
この作品「ガンジスに還る」は、ガンジス川の聖地バラナシで最期を迎えたいと願う父と、それを見守る息子、そして、家族たちの日々を綴ったヒューマン・ドラマ。監督は、弱冠27歳のインドの新進気鋭の監督「シュバシシュ・ブティアニ」。2016年公開の作品です。
海峡沿いにある聖地「ラーメシュワラム」で新年初日の出を拝む★【南インド】
南インド、タミル・ナードゥの旅。前日、チェッティナード地方の中心都市「カライクディ」から列車に乗って、スリランカとの海峡沿いにある聖地「ラーメシュワラム」に到着しました。ラーメシュワラムは、日の出を拝みながらの沐浴風景が必見の見どころです。早朝、早起きして、さっそく海沿いの沐浴場「アグニ・ティーターム」へと向かいます。
【インド】ブッダが悟りを得た地「ブッダガヤ」 - 2500年前、この地で仏教が生まれた!
ネーランジャラー川のほとりにある仏教発祥の地「ブッダガヤ」。のんびりとしたこの地で釈迦(ブッダ)は、世の中の真理としての四法印(諸行無常、一切皆苦、諸法無我、涅槃寂静)を悟ったと言われています。悟りを開いた場所にある「マハーボーディ寺院(大菩提寺)」や各国の仏教寺院、川向こうのセーナー村を訪れます。
【インド】ターバンを巻いたシク教徒の聖地「アムリトサル」の黄金寺院
ターバンを巻き、髭を生やしたシク教徒の人々。インドの人口の数%しかいない彼らですが、結構目立ちます。 シク教の聖地は、アムリトサルにある黄金寺院(ハリ・マンディル)。ここには誰でも入ることができて、食事を食べることができます。
南インド最大の巡礼地、マドゥライの「ミーナークシー・アンマン寺院」
南インドの古都マドゥライにある「ミーナークシー・アンマン寺院」は、南インドのヒンドゥー教徒にとって、北インドのバラナシに相当する南インド最大の巡礼地です。3000体もの神々の彫像で飾られた巨大な門塔(ゴプラム)は圧倒的な存在感です★

コメント