ピピラの丘から見た昼間のグアナファトの街は白く輝いていました☆【世界遺産】

ピピラの丘(グアナファト④昼)【メキシコ】 メキシコの旅
記事内に広告が含まれています。

メキシコ中央高原にあるコロニアル都市「グアナファト」

ピピラの丘から見えるカラフルなグアナファトの街並みは、まさに絶景です!

早朝に続き、お昼にもピピラの丘に登り、朝とは違った景色を堪能しました♪

スポンサーリンク

①お昼のラパス広場

購入したセルビン焼きやお菓子のお土産を置きに、一旦ホテルに戻ります。

ラパス広場(グアナファト④昼)【メキシコ】

お昼のラパス広場は、たくさんの人で賑わっていました。

お天気も良く、とても気持ちのいい気候です。

ラパス広場(グアナファト④昼)【メキシコ】

スポンサーリンク

②ケーブルカーでピピラの丘へ

ピピラの丘に登りに行きましょう~♪

朝もピピラの丘に登ったので、本日2回目です!

この日は日曜日だったので、ケーブルカーの運行は10時から。なので、朝は歩いて登ったのですが、今度はケーブルカーを利用します。

朝のピピラの丘はこちらで↓

ピピラの丘から下る(グアナファト④昼)【メキシコ】ケーブルカー乗り場の入口

 

ファレス劇場の裏手に、ピピラの丘に登るケーブルカー乗り場があります。

ちょっと分かりずらいですが、こちらが乗り場。

”FUNICULAR” は ”ケーブルカー”、”TAQUILLA” は ”切符売り場” の意です。

ピピラの丘へ(グアナファト④昼)【メキシコ】

窓口で切符を買います。片道ひとり25ペソ。

ピピラの丘へ(グアナファト④昼)【メキシコ】

丘から降りてくる人たちもたくさん。

5分おきくらいに運行しているので、すぐに次のケーブルカーがやってきます。

ピピラの丘へ(グアナファト④昼)【メキシコ】

山の傾斜に沿った造りをしているので、かなり斜めった面白い形。

傾斜は45度! ケーブルカーの長さは100mらしいです。

ピピラの丘へ(グアナファト④昼)【メキシコ】

ケーブルカーからの眺め

ピピラの丘へ(グアナファト④昼)【メキシコ】

途中、とてもひょろ長いサボテンが!! メキシコですね~。

約1分で、あっという間に丘の上に到着です。

スポンサーリンク

③お昼のピピラの丘からの眺め

ピピラの丘へ(グアナファト④昼)【メキシコ】

ケーブルカーでらくらく丘に登ると、丘の上には、朝はなかったお土産屋さんなどのお店や露店がたくさんで賑わっていました。

そして、見えたのが・・・

ピピラの丘(グアナファト④昼)【メキシコ】

わー綺麗♪

朝はまだ陽も上りきってなく、モヤがかかっている感じでしたが、お昼の眺めはとても明るく爽やか! 白く輝いている感じがします☆

何とも贅沢♪

ピピラの丘(グアナファト④昼)【メキシコ】

山の斜面に、たくさんのカラフルな建物が建ち並んでいて、これぞグアナファト!な景色です。

ピピラの丘(グアナファト④昼)【メキシコ】

バシリカ(教会)は、やはり大きくて目立ちます。

相変わらず、宿泊しているホテル(Hotel de la paz)もいい場所キープしてます(笑)

(黄色い教会の奥、左隣り2軒目の水色の建物です。)

動画も撮りましたよ~♪ ホテルをズームしてみました!

ピピラの丘(グアナファト④昼)【メキシコ】

観光客もたくさん!

みなさん、写真撮影大会です。

ピピラの丘(グアナファト④昼)【メキシコ】

こんなゴールドな人がいたり。。。

ピピラの丘(グアナファト④昼)【メキシコ】

絵を売っているおじさんもいたりして、まさに観光地ですね。

朝とはまったく違う雰囲気です。

ピピラの丘(グアナファト④昼)【メキシコ】

色々な屋台が出ているのですが、とても美味しそうだったのが、このトウモロコシ屋さん。

結構繁盛してて、次々とお客さんがきます。

ピピラの丘(グアナファト④昼)【メキシコ】

焼きトウモロコシそのままのものと、粒をほぐしたものがあって、ほぐしたものは、カップにコーンと一緒にマヨネーズも入れていました。

ピピラの丘(グアナファト④昼)【メキシコ】

それが、このマヨネーズ。

コーンとマヨネーズ、合わない訳がないけど、焼きトウモロコシはそのまま食べたい!と思いました。

見てるとホントに食べたくなったのですが、この後ランチに行く予定になっていたので、ここは我慢です。。

ピピラの丘(グアナファト④昼)【メキシコ】

途中、ちょっと黒い雲が出てきたリしましたが、雨に降られることもなく無事でした。

ピピラの丘(グアナファト④昼)【メキシコ】

パノラマです!

結構雲が立ち込めていますが、光も差してるので明るいです。山に囲まれているのがよく分かりますよね。

この景色をずっと見ていたいと思いながらも、お腹も空いてきたので、降りてランチに行きましょう!

ピピラの丘から下る(グアナファト④昼)【メキシコ】

ケーブルカーのガラス越しに撮った写真ですが、なかなか綺麗に撮れました。

手前に見える赤茶色の建物は「サンディエゴ教会」です。

スポンサーリンク

④店頭でチキンがぐるぐる『ラ・カレータ』

ピピラの丘から来た道を戻り、ラパス広場を通り過ぎてイダルゴ市場に行く途中に、チキンがぐるぐると回転して焼かれているのが目を引く鶏肉料理のお店『ラ・カレータ(La Carreta)』があります。

ラ・カレータ(グアナファト③午前)【メキシコ】

薪がくべられた煉瓦造りの窯の中に、美味しそうな焼き色の付いたチキンがたくさん、ぐるぐると焼かれています。

ラ・カレータ(グアナファト③午前)【メキシコ】

ランチは、グアナファトで人気のこのお店でいただきます!

ラ・カレータ(グアナファト④昼)【メキシコ】

シンプルで素っ気ない食堂風の店内。壁には昔のお店やグアナファトの街の写真でしょうか。モノクロの写真がたくさん飾られていました。

お客さんはメキシコ人がほとんどで、地元ではかなり人気店であるようです。

ラ・カレータ(グアナファト④昼)【メキシコ】

こちらでいただくのは、もちろんコレ!

ミドルサイズの「Chicken Midle」(100ペソ: 約800円)。

2人で食べるのにちょうど良い量です。

スパイスなどは使っていないようで、シンプルなお味でしたが、お肉が柔らかくジューシーで、たまらない美味しさ!

ご飯やキャベツとのマッチングも良くて、お腹いっぱい食べたいランチにぴったりです。

ほんとに美味しくて、2人でペロっと食べてしまいました~。

オススメです★

『ラ・カレータ(La Carreta)』の詳細記事はコチラ↓

スポンサーリンク

⑤シルバーアクセサリーのお店「コラソン・デ・プラタ」

グアナファトは18世紀に、世界の約3分の1の銀を産出していました。

その富が、メキシコで一番美しい街グアナファトを造り上げたとのこと。

ということで、グアナファトに来たら、銀細工が買えたらいいなーと思っていました。

ガイドブックに載っていた「コラソン・デ・プラタ」を覗いてみました。

グアナファトの街(グアナファト④昼)【メキシコ】

グアナファトの街(グアナファト④昼)【メキシコ】

お店は、ファレス通りの裏のグアナファト大学へ続く路地にありました。

看板も小さく目立たないですが、こじんまりとした素敵なお店です。

店内は、銀アクセサリーがガラスケースに入って飾られていて、ちょっとお値段お高そうな感じ。

結構個性的なデザインが多く、気軽に買えるようなものは、あまりなかったかも。

ひととおり物色して、お店を出ました。。

スポンサーリンク

⑥サンフェルナンド広場の『CLUB CAFE(クラブ・カフェ)』

食後のお茶をしに、サンフェルナンド広場を目指します。

グアナファトの街(グアナファト④昼)【メキシコ】

途中、賑わっているカフェを発見!

店内は狭く、お店の外にまでお客さんが待っていました。

グアナファトの街(グアナファト④昼)【メキシコ】

店頭に焙煎機が置いてあり、きっと本格的な美味しいコーヒーが飲めるんだろうなーと思いましたが、お店は満席で、あまり落ち着かなそうだったので、ここはやめました。

 

この辺りの路地道は、とても素敵な雰囲気でした♪

グアナファトの街(グアナファト④昼)【メキシコ】

グアナファトの街(グアナファト④昼)【メキシコ】

グアナファトの街(グアナファト④昼)【メキシコ】

グアナファトの街(グアナファト④昼)【メキシコ】

グアナファトの街(グアナファト④昼)【メキシコ】

黄緑色の建物は珍しかったですね。この色合い、とても綺麗です☆

サン・フェルナンド広場(グアナファト④昼)【メキシコ】

サンフェルナンド広場に到着しました!

サン・フェルナンド広場(グアナファト④昼)【メキシコ】

広場の北側にある『BOSSANOVA CAFE』

「ラテン音楽がかかっていて・・・」と、ガイドブックに載っていたので、ここもいいなーと思ってたのですが、オープンエアで音楽も聴こえなかったので、ここもやめました。

サン・フェルナンド広場(グアナファト④昼)【メキシコ】

サン・フェルナンド広場(グアナファト④昼)【メキシコ】

サン・フェルナンド広場(グアナファト④昼)【メキシコ】

サン・フェルナンド広場(グアナファト④昼)【メキシコ】

サンフェルナンド広場は、カフェやレストランが建ち並んでいて、ほとんどのお店にオープンエアの席があって、賑わっていました。

クラブカフェ(グアナファト④昼)【メキシコ】

事前にネットで調べていて、行ってみたかったカフェ『CLUB CAFE』を発見!

ここもオープンエアのテラス席があります。

クラブカフェ(グアナファト④昼)【メキシコ】

素敵な感じ♪

看板もかわいく、茶色とオレンジという色合いも美味しそう(笑)

クラブカフェ(グアナファト④昼)【メキシコ】

店内は、こじんまりとしていて、落ち着く感じ。

フラっとお茶をしにくる地元の人も多そうです。

クラブカフェ(グアナファト④昼)【メキシコ】

店内から撮った写真。

落ち着いた茶色のドアと、外のカラフルな建物のコントラストがいいです。

天井から吊り下げられた電気や、ドアの上についている模様もさりげなく素敵♪

クラブカフェ(グアナファト④昼)【メキシコ】CLUB CAFEのメニュー

注文したのは、アメリカーノとカフェラテ。

クラブカフェ(グアナファト④昼)【メキシコ】Americano 20ペソ

クラブカフェ(グアナファト④昼)【メキシコ】Latte 26ペソ

お味は、忘れちゃいましたが(汗)、普通に美味しかったと思います。

ソファっぽい椅子で、ゆったりと落ち着けるので、ゆっくりとお茶をしたいときには、ここ『CLUB CAFE』オススメです☆

 

カフェで寛いだ後は、一旦ホテルに戻って、夕方から再びピピラの丘へ!

夕暮れ時~夜の景色を堪能します★

昼ピピラ〜ラ・カレータ〜クラブカフェ(グアナファト④昼)

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

夕日を浴びた夕暮れのグアナファト。宝石を散りばめたような夜のグアナファト★【メキシコ】
メキシコ中央高原にあるコロニアル都市「グアナファト」。早朝、お昼に続き、三度ピピラの丘に登り、今度は夕方から夜にかけての風景を眺めます。夕闇の中に沈み、宝石のように灯りが灯り始めるその光景は、まさに絶景!「グアナファト」の町が最も美しく見える瞬間です★
【メキシコ・グアナファト】『ラオレハ・デ・バン・ゴッホ』@生演奏を楽しめる落ち着いた雰囲気のバー♪
メキシコ中央高原北西部にある「グアナファト」の町。サン・フェルナンド広場の一画にあるレストラン&バー『ラオレハ・デ・バン・ゴッホ』は、その名の通り、ゴッホの絵のレプリカが至る所に飾られています。20:00頃からはライブ演奏が行われ、落ち着いた雰囲気の中、音楽を聴きながらお酒とお食事を楽しむことができます。
ピピラの丘から見た昼間のグアナファトの街は白く輝いていました☆【世界遺産】
メキシコ中央高原にあるコロニアル都市「グアナファト」。ピピラの丘から見えるカラフルなグアナファトの街並みは、まさに絶景です!早朝に続き、お昼にもピピラの丘に登り、朝とは違った景色を堪能しました♪
【メキシコ・グアナファト】『ラ・カレータ』@店頭でぐるぐる焼かれているチキンが美味しい♪
メキシコ中央高原北西部にある「グアナファト」のメインストリート「フアレス通り」をラパス広場から西に進み、イダルゴ市場に向かう途中の左手に、チキンがぐるぐると回転して焼かれているのが目を引く大衆食堂があります。グアナファトで人気の鶏肉料理のお店『ラ・カレータ(La Carreta)』です。
グアナファトの教会や市場を見学し、焼き物「セルビン焼き」を買う!【メキシコ】
朝の教会や市場を見学した後、グアナファト観光の目的の一つである ”セルビン焼き” を求めて、「リンコン・アルセナル」へ。かわいい陶器がたくさんで興奮★ 悩みに悩んで、いくつか購入しました!その後、メキシコの伝統菓子などが売られている「ラ・カトリーナ」で、お土産を購入。
古い駅舎を使った2階建て市場「イダルゴ市場」(メキシコ・グアナファト)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、メキシコ・グアナファト、イダルゴ市場です。
早朝、誰もいないピピラの丘で世界遺産「グアナファト」のパノラマを満喫★【メキシコ】
メキシコ中央高原にあるコロニアル都市「グアナファト」の朝。宿泊していたホテル『ホテル・デ・ラパス』は、歴史地区の中心「ラパス広場」の真ん前にあり、バシリカ聖堂の鐘の音が15分おきに鳴り響きます。そんな、趣のある鐘の音を微かに聴きながらまどろむ夜も明け、街が薄っすらと光を帯びてきました。
本場の味が楽しめる「メキシコ料理店」《おすすめ》8店舗をご紹介!
本場の味が楽しめるメキシコ料理店をご紹介します。アメリカナイズされたテクス・メクス料理ではない、本場メキシコのお料理を提供しているお店は都内でも数えるほどしかありません。東京にある、本場メキシコの味が楽しめるお店を8店舗ご紹介します★
♪メキシコ・ロック界の大御所「マナー(Maná)」の名曲「Mariposa traicionera」
メキシコのU2と言われることもあるメキシコ・ロック界の大御所「マナー(Maná)」。日本ではあまり知られていませんが、メキシコを始めラテン・アメリカでは有名なバンドで、これまでのアルバムの総販売枚数は全世界で4000万枚以上。世界で最も成功したラテン・アメリカのバンドと言われています。
♪システマ・ボム/エレクトロ・ハローチョ(メキシコの伝統音楽をハイブリッド化)
メキシコ東海岸、ベラクルス州発祥の音楽「ソン・ハローチョ」。スペインとアフロ・カリビアンの音楽がミックスされた伝統のアコースティック音楽です。この「ソン・ハローチョ」を現代的なエレクトリックを使ってハイブリッド化したのが、「システマ・ボム」のアルバム「エレクトロ・ハローチョ」です。

コメント