インド&バングラレストラン タイガー(東十条)|バングラデシュ料理7品をリクエストしていただく♪

東十条、インド&バングラレストラン タイガー グルメ
記事内に広告が含まれています。

東京都北区東十条。この街は、都内で最も多くのバングラデシュ人が暮らす町。”リトルダッカ”とも呼ばれ、メディアでも度々紹介されています。

今回訪れたのは、そんな在住バングラ人御用達の食堂のひとつ『インド&バングラレストラン タイガー』

2016年10月にオープンしたこのお店、東十条におけるバングラデシュ料理店の先駆け的な存在のお店であるとのこと。

ネットの情報によると、お店のメニューには無いものの、頼めばバングラデシュ料理を作ってくれるということでしたので、前日に電話して、食べてみたいものを伝えたところ、電話に出た店主さん、快くOKしてくれました♪

スポンサーリンク

”リトルダッカ”にあるバングラデシュ料理店の先駆け的な存在のお店

東十条、インド&バングラレストラン タイガー『インド&バングラレストラン タイガー』の外観

 

こちらが、『インド&バングラレストラン タイガー』の外観です。

場所は、JR京浜東北線東十条駅から徒歩2分。駅の北側の住宅街の一角にお店はあります。

12時半頃訪問すると、店頭で店員さんが、激甘なお菓子「ジュレビー(ジャレビ)」を販売していました。

東十条、インド&バングラレストラン タイガー虎が2頭描かれた『インド&バングラレストラン タイガー』の看板

東十条、インド&バングラレストラン タイガー激甘なお菓子「ジュレビー(ジャレビ)」

 

「ジュレビー(ジャレビ)」は、小麦粉と水をこねて作った緩い生地を熱した油に落とし、円環状になるように揚げ、砂糖のシロップに漬けて作るスイーツ。インドやバングラデシュの街角でよく見掛ける定番のスイーツです。

「ジュレビー」を囓ると、プレッツェル状の皮の中から甘〜いシロップが口の中にほとばしり出てきて、かなりの甘さなのですが、暑いインドやバングラデシュでは、この甘さが病みつきになります♪

さて、店内へと入っていきましょう〜!

東十条、インド&バングラレストラン タイガー『インド&バングラレストラン タイガー』の店内

 

こちらが、『インド&バングラレストラン タイガー』の店内です。

お店に入ると、前日に電話でお話ししたオーナーさんがにこやかに出迎えてくれました!

東十条、インド&バングラレストラン タイガー座席は、4人掛けテーブルが5つの合計20席

 

座席は、4人掛けテーブルが5つの合計20席。あまり広くはなく、飾り気のない内装ですが、清潔に保たれている感じ。

東十条、インド&バングラレストラン タイガーお客さんは他にもうひと組

 

ランチタイムでの訪問でしたが、お客さんは自分たち以外にもうひと組のみ。

日本人女性とバングラデシュ人男性の2人組でした。

ネットの情報によると、バングラデシュ人で賑わうのはディナータイムであるとのこと。

東十条、インド&バングラレストラン タイガーレジとその奥の厨房

 

店員さんは、日本語が達者なオーナーの方と、厨房で調理している方、店頭でジュレビーを売っている方の3名。いずれもバングラデシュの方と思われます。

さて、今回いただくお料理ですが、前日に電話で食べたいバングラデシュ料理をリクエストしていました。

そのため、メニューから選ぶ必要はないのですが、通常はどんなお料理を提供しているのか、テーブルの上に置かれたメニューを見て確認!

スポンサーリンク

『インド&バングラレストラン タイガー』のメニュー

東十条、インド&バングラレストラン タイガーサラダとスナック。チキン65やパコダ、枝豆チャットマサラなど

東十条、インド&バングラレストラン タイガーケバブ系もいろいろあり

東十条、インド&バングラレストラン タイガーチキン、ベジ、マトンのカレー

東十条、インド&バングラレストラン タイガービーフカレーとナン。ケサディージャもあり

東十条、インド&バングラレストラン タイガーディナーセット。ビリヤニもあり

東十条、インド&バングラレストラン タイガードリンクメニュー

こちらが、『インド&バングラレストラン タイガー』のメニューです。

メニューは、インネパ系のお店と似たような、チキンカレー・バターチキン・キーマカレー・ほうれん草チキン・マトンカレーなどのカレーとナンがメイン。ビーフカレーがあるのが、イスラム多数派のバングラデシュっぽいところ。

シークケバブやタンドリーチキンなどの焼き物系、ビリヤニもあります。

なぜか、メキシコ料理のケサディージャもありました。オーナーのトファエルさんによると、以前、メキシコ料理店で働いていたことがあるのだそう。

東十条、インド&バングラレストラン タイガーホワイトボードの手書きメニュー

 

グランドメニュー以外にもホワイトボードの手書きメニューもありました。

ここで初めて、バングラデシュ料理の「ALU VORTA(じゃがいものボルタ)」を発見!

バングラデシュ人が多いディナータイムには、このホワイトボードにもっと多くのバングラデシュ料理が記載されるのかもしれません。

 

それでもって、今回、電話で事前リクエストしたお料理は↓になります(2名での予約)。

  • チキンブナ(ドライなチキンのカレー)
  • ベグンバジ(茄子の炒め物)
  • ボルタ(野菜や魚などをマッシュしたお料理。内容はお任せ)
  • 魚料理(バングラデシュ定番の魚「ルイ」を使った料理。内容はお任せ)
  • ミシュティドイ(バングラデシュのデザート)

はじめ、お魚は「ルイ」ではなく、バングラデシュの国民魚とも言われる「イリシュ」というお魚をリクエストしたのですが、普段お店で扱っていない魚のため、わざわざ買いに行く必要があり、お値段が高くなってしまうとのことだったので、「ルイ」にしました。

お店に着いてからは、電話で注文した上記に加え、豆のスープである「ダールスープ」と、お飲み物の「ラッシー」を追加注文。

オーナーのトファエルさんに、ちょっと時間が掛かると言われたので、気長に待つことにします。

スポンサーリンク

リクエスト注文した、本場のバングラデシュ料理の数々を堪能♪

東十条、インド&バングラレストラン タイガーお通しのサラダ

 

まず、提供されたのが、こちらのお通しのサラダ。

通常メニューのセットにも付いている、レタスときゅうりとトマトにフレンチドレッシングが掛かったスタンダードなサラダです。

出て来た時に、バングラデシュ定番の「ベンガルサラダ」(細切り野菜にスパイスが掛かったサラダ)をリクエストしておけば良かったと、ちらっと思いましたが、これはこれで美味しい!

さくさく食べながらお料理を待っていると、しばらくして、注文したバングラデシュ料理が運ばれて来ました!

東十条、インド&バングラレストラン タイガーチキンブナ、ボルタ(じゃがいも・トマト)、ダールスープ

 

どーん!

ボリューミーなおかず群が一気に登場!

「チキンブナ」(2人分2皿)、「ダールスープ」(2人分2皿)、「じゃがいものボルタ」(2人で1皿)、「トマトのボルタ」(2人で1皿)

合計6皿が並ぶ壮観なビジュアル♪ 一緒にライスも来ました!

他のお料理も追々到着するとのことなので、さっそくいただきましょう〜!

東十条、インド&バングラレストラン タイガーダールスープ

 

まずは、「ダールスープ」

水分多めだけど、ほど良くトロみがあるダールは、青唐辛子が効いていて結構な辛さ。お味はクセが無くて飲みやすく、日本の味噌汁的な、お食事のベースとなる汁物として活躍してくれる感じ。

美味しいです♪

東十条、インド&バングラレストラン タイガーじゃがいものボルタ

東十条、インド&バングラレストラン タイガートマトのボルタ

 

続いて、2種のボルタ「じゃがいものボルタ」「トマトのボルタ」

「ボルタ」とは、野菜や魚などをマスタードオイルや唐辛子などとマッシュしたおかずのことで、バングラデシュ家庭料理の定番中の定番の一品です。

ボルタの代表選手とも言える「じゃがいものボルタ」は、マスタードオイル感が控えめで食べやすいお味。旨味のあるじゃがいものほくほくした食感。赤唐辛子がピリッと効いていて、コリアンダーの爽やかさもあり美味★

「トマトのボルタ」は、トマトの酸味が効いた爽やかなボルタ。アチャール的な感覚でいただけます。お口の水分奪いがちな「じゃがいものボルタ」とみずみずしい「トマトのボルタ」のバランスがGood!

ちなみに、バングラデシュでは、ボルタ同士は混ぜず、それぞれダールスープやライスと一緒に混ぜていただくのだそう。

東十条、インド&バングラレストラン タイガーチキンブナ

 

「チキンブナ」です。

「ブナ」とは、汁気がないドライタイプのカレーのこと。ちなみに、汁気があるカレーは「ジョル」と呼ばれます。

柔くて身の締まった骨付きチキンに、ほど良くマスタードオイルが効いたグレイビーが絡んだ、ジョル寄りのチキンブナ。マイルドで奥深いお味のグレイビーが、何とも言えない美味しさ♪

東十条、インド&バングラレストラン タイガールイのマスタードカレー

 

続いて、「ルイのマスタードカレー」が運ばれて来ました〜♪

「ルイ」はバングラデシュでポピュラーなコイ科の淡水魚。その「ルイ」の胴体を輪切りにして小麦粉をまぶして揚げた後、たっぷりのマスタードを入れて煮込んだカレーです。

まさに、ベンガル(バングラデシュ)という感じの強烈なマスタード風味がインパクト大! 淡白なルイの白身のお味&食感と、ツンとしたマスタードの風味のマッチングがGood♪

バングラデシュ料理を食べてるって気分にさせられる、美味なバングラ味です★

東十条、インド&バングラレストラン タイガーベグンバジ(茄子のバジ)

 

そして、こちらもバングラデシュ料理の定番「ベグンバジ(茄子のバジ)」

ナスに、チリやターメリック、塩、マスタードオイルなどで味付けしたシンプルなお料理ですが、これがまた香ばしくて美味しい♪ 大好物です★

東十条、インド&バングラレストラン タイガーシュキボルタ

 

こちらは、「シュキボルタ」

バングラデシュでポピュラーな、魚の干物を使ったボルタです。

干し魚の独特な発酵の臭みがあり、お味はちょっと煮干しに近い感じ。細かい小骨が無数にありますが、柔らかいので食べられます。

ちょっと苦味が強めで、オーナーさんによると、作る時間が間に合わず、苦味が強くなってしまったとのこと。

かなりクセがありますが、ご飯と一緒に食べるとなかなかGood!

東十条、インド&バングラレストラン タイガー『インド&バングラレストラン タイガー』のバングラデシュ料理

 

じゃがいもボルタ、トマトボルタ、ダールスープ、チキンのブナ、ルイのカレー、ベグンバジ、シュキボルタ。そして、ライス。

バングラデシュ料理の定番を堪能♪

オーナーさんによると、このバングラデシュ料理の数々、結構作るのは大変だったようで、特にルイのマスタードカレーは作るのに2時間掛かったとのこと(実際に調理したのはオーナーさんではないようですが)。

ちなみに、お値段ですが、トータルでひとり2,000円(2人で4,000円)でした。

東十条、インド&バングラレストラン タイガーラッシー

 

お料理と一緒にいただいたお飲み物は「ラッシー」

さっぱりと飲みやすいシンプルラッシーで、マスタードオイルギンギンなバングラデシュ料理のお供として最適な感じ。

ちなみに、デザートの「ミシュティドイ」も注文していたのですが、どうやらシェフの方が準備するのを失念してしまっていたらしく、今回はいただくことはできませんでした。

東十条、インド&バングラレストラン タイガーバングラ満喫♪

 

東京の”リトルダッカ”東十条にあるバングラデシュ料理店『インド&バングラレストラン タイガー』

メニューにはありませんが、事前にリクエストしたところ、素晴らしいバングラデシュ料理の数々を提供してくれました。

バングラデシュ人シェフの作る、3種のボルタ、ダール、チキンブナ、ベグンバジ、ルイのカレー。いずれも美味しい♪ 本場バングラデシュのお味です★

スポンサーリンク

◉『インド&バングラレストラン タイガー』の地図・アクセス

  • 住所:東京都北区東十条4-4-9
  • アクセス:JR京浜東北線東十条駅から徒歩2分
  • 営業時間:11:00~23:00
  • 定休日:無休

スポンサーリンク

バングラデシュ料理が食べられるお店

スポンサーリンク

ベンガル料理(東インド・バングラデシュ)店

東京都内の「バングラデシュ料理店」《ガチな》12店舗をご紹介!
川の国「バングラデシュ」の料理は、お米と川魚が中心。近年、日本で働くバングラデシュ人が増加し、東京都北区には“リトル・ダッカ”と呼ばれるコミュニティも形成され、バングラデシュ料理を提供するレストランも増えてきました。今回は、東京都内にある「バングラデシュ料理店」《ガチな》12店舗をご紹介します。
バングラデシュ料理店
バングラデシュ料理のお店・レストランをご紹介。東京を中心に日本各地のバングラデシュ料理をご紹介しています。実際に訪問したお店の様子やメニュー、食べたお料理を掲載。お店は下記リンク先の地図からも探せます。
東インド料理店
東インド料理のお店・レストランをご紹介。東京を中心に日本各地の東インド料理をご紹介しています。実際に訪問したお店の様子やメニュー、食べたお料理を掲載。お店は下記リンク先の地図からも探せます。
エスニック料理店マップ|グルメ記事まとめ
地図から探す「エスニック料理」!インド料理(南インド料理・北インド料理)から、タイ料理やベトナム料理などの東南アジアの料理、トルコ料理やモロッコ料理などのアラブやアフリカ料理、ペルー料理やメキシコ料理などの中南米の料理、中華料理や韓国料理、カレー屋さんまで。これぞ!というエスニック料理店をご紹介します★

コメント